市町村の生活支援!生活福祉資金貸付制度でお金を借りる方法

生活福祉資金貸付制度とは

県内の市区町村社会福祉協議会が窓口となり、お金を貸付してくれる制度です。

対象となる世帯の在宅福祉や社会参加を手助けするための、いわばセーフティーネットです。

どのような家庭がお金を借りることができるのか?

  • 収入の少ない低所得な世帯

    →必要な支援を受けることで独立自活できると認められるが、その必要な資金を金融機関や他社などから借り受けることが困難な世帯

  • 障害者がいる世帯

    →身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人がいる世帯

  • 高齢者がいる世帯

    →65歳以上の高齢者がいる世帯

お金を貸す目的

条件に合った世帯へ、現在の生活の安定と生活の自立を目的にお金を貸してくれます。

資金は税金でまかなわれています。お金は付与されるものではありません。確実に返済することが必要です。

また世帯ごとに貸すお金なので、申請には家族全員の理解が必要です。

連帯保証人が原則必要

教育支援金、緊急小口資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金を除くすべての生活福祉資金の借入には、原則連帯保証人が必要です。

連帯保証人の条件は、借りた世帯が返済できなくなった際、返済の意思があることが確実である必要があります。

連帯保証人には、同世帯で生活している人ではなれない(ただし教育支援費は世帯内での連帯借受人が必要)ので、
別の場所に住んでいて生計を立てていて、所得証明ができ、
借りる人が返済ができなくなった時にかわりに返済できる返済能力があることを証明しなくてはなりません。

借りた際の利息に関して

金利は無利息~年利3%か長期プライムレートです。

連帯保証人を立てた場合や借り入れする項目により利息が変わりますが、
利息が高くても年利3%か長期プライムレートに設定されます。
無利息になる場合もありますので詳しくは公式HPを確認してください。

お金を借りる~返済までの流れ

  • 1.協議会、民生委員との相談
  • 2.申し込み
  • 3.審査 (承認、非承認)
  • 4.貸付の通知
  • 5.借用書の提出
  • 6.お金の貸しつけ
  • 7.お金の利用を確認できる書類の提出
  • 8.分割返済

利用用途の多い費用

  • 技能の習得、学費
  • 住宅修繕
  • 福祉用具の購入
  • 障害者用の自動車購入
  • 医療費
  • 介護サービス費用
  • 障害者サービス費用
  • 災害をうけた場合の費用
  • 結婚式費用
  • 葬儀費用

など

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

審査甘い借入先でお金を借りたい…意外な2つの事実と審査通過のコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…

生活費が不安な年金受給者の人必見!おすすめのお金借りる方法2選

「年金しか収入がなくても、お金を借りることってできるの?」 …

はじめての人がアコムでお金を借りる3つの理由

「お金を借りたいんだけど、CMでよく見かけるアコムってどうなのかな?」…

即日キャッシングは難しい!最短で借りる為の条件3つと手続き5つ

「今日中にお金を借りられなかったら、支払いが本当にヤバい…」「

有価証券・株を担保にお金を借りる方法と注意すべき担保割れについて

投資を生業とする人の中には「有価証券」などの資産を持ってはいるけれど、時期的に今手放すことができ…