【注意】携帯代金滞納、スマホ料金の延滞でブラックリスト者続出の危険

ブラックリスト

一般的に「ブラックリスト」と聞けば、借金返済を滞納したり、自己破産をした人たちのことを言うと思っていませんか?

もちろん、それも間違いではありませんが、実は近年スマホ利用者が増えたことで、「自分が知らないうちにブラックリストに登録されてしまっていた」というケースが相次いでいます。

《一時的な借入れに最適なカードローン》

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンバナー
  • 楽天ユーザーにおすすめ
  • ネット銀行ならではの金利
  • ネットから振り込んでもらえるので土日や深夜でも大丈夫

じぶん銀行に申し込む

おすすめ度

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行バナー
  • 口座を持っていれば手続きカンタン&キャッシュカードで借入可能
  • 口座を持っていなくても提携ATMの手数料無料なので、いつでもおろして支払える

みずほ銀行カードローンに申し込む

スマホ料金の遅延や滞納でブラックリストに登録されてしまう

そうなんです、スマホの普及率が上がると共にブラックリスト登録者が増加していることが問題視されています。

どうしてスマホとブラックリストが関係しているのか?その疑問について解説していきたいと思います。

ブラックリストとは?

そもそもブラックリストという言葉は聞いたことがあるけど、その内容までは具体的に知らないという人も多いと思いますので、ブラックリストについて解説していきます。

ブラックリストという言葉は、多くの方に認知されていますが、実際にブラックリストというような物は存在していません。そもそもブラックリストというのは、借金の返済が遅れてしまったり、返済をできなくなった人たちが「個人信用情報機関」に金融事故情報として登録されてしまうことを指しています。

このように個人信用情報機関に登録されてしまうと、その情報が消去されるまでの数年間(5年~10年)は、クレジットカードが作れなくなったり、新たなローンなどを組むことができなくなってしまいます。このような状況下にある人のことを一般的に「ブラックリストに登録されている」という言い方をするのです。

しかし、たった一度数日間だけ返済が遅れたような状況では、ブラックリストに登録されることはありません。ブラックリストに登録される状況としては以下の様なケースが考えられます。

ブラックリストに登録される可能性が高いケース

  • 毎月のように返済が遅れる
  • 数ヶ月返済が遅れている(3ヶ月が目安と言われている)
  • 数ヶ月に渡り返済をしていない
  • すでに多くに金融機関から借金をしている
  • 新たな借金ができないほど借り入れがある
  • 自己破産や任意生理などの債務整理をした

他にも色々な状況がありますが、一般の人がブラックリストに登録されるのは、上記のような理由が大半を占めていると思います。

なぜスマホ利用者がブラックリストに登録されるのか?

それではここで話をスマホとブラックリストに戻したいと思います。なぜスマホを利用することでブラックリストに登録されるのか不思議におもう人もいるでしょうが、そのカラクリはスマホの購入方法にあります。

最近のスマホは高額になり、1台5万円~する商品ばかりだと思います。購入方法には一括現金支払いと分割払いが選択できるようになっており、ココで分割を選択するとスマホの料金を毎月のスマホ利用料(基本料金や通信料)と一緒に分割返済できるようなシステムになっています。

つまりこのスマホ本体の分割支払いというシステムが、クレジットカードを使っているような状態になっているわけです。携帯のサービス料(基本料金やパケット料金など)を過去に滞納したことがある人も多いと思いますが、そのときは携帯の通話ができなくなるだけで、料金を支払えばすぐに利用できるようになっていました。

しかし、今は違います。スマホの本体料金はローンで購入していることになっているので、スマホの料金支払いを滞納するということは、ローンで買った商品の支払いを滞納しているのと同じことなになるのです。当然ローンで買った商品の支払いを滞納したりすると、そのローン会社から督促状が届きますし、それでも支払いを行わずにいると、悪質な客としてブラックリストに登録されていまいます。

子供のスマホ料金大丈夫?

上記で紹介したケースというのは、少なからず自分がスマホ料金を遅延したり滞納したのが原因なので、まだ状況が理解できることでしょう。しかし本当に最悪のケースではこのような例もあります。

例えば子供が大学進学で上京したときなど、卒業するまでは親が携帯代金を払っている家庭もあるでしょう。このとき、携帯の名義は子供にしておき、料金の支払いだけを親が行うという契約になります。もし親御さんが携帯代金の支払いを遅延したり滞納したりすると、その名義は子供なので、子供が信用情報機関にブラックリスト登録されることだってあるのです。

こうなってしまうと、その本人はなぜ自分がブラックリストに登録されているのか皆目検討もつかないでしょう。

どれくらい支払いが遅れるとブラックリストに登録されるのか?

これは一般的な話になるので、すべてのケースにあてはまる訳ではありませんが、数日程度支払いが遅れてもすぐにブラックリストに登録されるなんてことはありません。住宅ローンでさえ、数日遅れただけではブラックリストには登録されず、一つの目安といわれているのが滞納期間が3ヶ月を超えたあたりです。

スマホの分割も同じで、料金を3ヶ月滞納すればほぼ高い確率でブラックリストに登録されることとなるでしょう。一度ブラックリスト登録されてしまうと、それから最低5年間はブラック情報が消えることはありません

大学生のときに生活に困り、スマホ料金を滞納したばかりに、社会人になってからもクレジットカードを作れなかったり、車をローンで購入できないという最悪の事態も想定できます。そうならないためにも、たかが携帯代と考えずに、スマホの利用は計画的に行うようにしましょう。

この記事のまとめ

これまでの携帯代金のように、「支払いが遅れても通話ができなくなるだけ、料金を払えばいつでも通話ができるようになる」という考えで携帯を使っていると、いつのまにか知らないうちにブラックリストに登録される可能性が非常に高くなります。

スマホ本体を分割支払いで購入した場合は、それはローンで購入した商品であり、その支払いが遅れることは、クレジットカードや住宅ローンの支払いを遅らせているのと同じだという自覚をもつようにしなければなりません。

実際にスマホの料金滞納問題は、内閣府などでも議論されているくらい社会問題となっており、今後も益々ブラックリストに登録される人が増えると予測されています。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら