申し込みブラックとは?判断の目安と避けたい人が意識すべきポイント

お金借りる ブラック

ローンに3件も申し込んでしまった...これって"申し込みブラック"になる?

クレジットカードやカードローンに申し込む時、審査が不安で、2件目、3件目と申し込んでしまうこともあるかもしれません。

ですが、そうするともっと審査に通りにくくなるといわれています。
これがいわゆる「申し込みブラック」といわれるもの。

この記事では、審査が不安で何社も申し込んでしまった人、申し込みブラックかもしれないと考えている人に向けて、申し込みブラックの目安などを解説していきます。

申し込みブラックって?

  • 一般的に1~6ヵ月の間に3件以上カードローン等に申し込むと申し込みブラックになるといわれている
  • 申し込みブラックは長いと半年続くことも。その間は審査に通りづらいといわれている

申し込みブラック状態とは?審査への影響と継続期間

お金借りる ブラック

申し込みブラックとは?

短期間に多数のクレジットカード、カードローン、キャッシングなどに申し込んだ状態のこと。”お金に困っている”印象を強く与える為、返済能力を疑われ審査に通りづらく、融資が受けにくくなるといわれている。

お金を貸す側が「短い間に何件も申し込んでいるが、本当に返済能力はあるのか?使うだけ使って踏み倒さないだろうか?」と疑っている状態ともいえるでしょう。

しかしながら、実は「申し込みブラック」と呼ばれる制度や規制のようなものはありません。上のような状態の通称として「申し込みブラック」があるのです。

とはいえ、名前が付くほど有名で、かつ陥りやすい状態であることは確かです。

まずは「申し込みブラック」について具体的にみていきましょう。

申し込みブラックは最長6カ月続く

一度申し込みブラックになってしまうと、約半年はその状態が続きます。

カードローンやクレジットカードの申込情報は、信用情報機関に6カ月間保存されるためです。

信用情報機関とは

個人の信用情報(属性、クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済等の取引情報など)を集めて管理しているところ。必要に応じて信用情報を金融業者や個人にも提供している。

この信用情報の中には、「申込情報」というものはありません。ですが、信用情報を各金融機関が照会した履歴があり、それをもとに申し込みを判断しています。

信用情報機関は3つあり、それぞれ特徴が違います。

信用情報機関ごとの情報保存期間と主な加盟機関

情報保存期間 主な加盟機関
JICC(日本信用情報機構) 申込日から6ヵ月を超えない期間 プロミス、アコム、アイフルなど
CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関) 照会日から6ヵ月間 プロミス、アコム、アイフルなど
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 当該利用日から、6ヵ月を超えない期間 三菱UFJ銀行、みずほ銀行など

JICC,CICの二つは消費者金融のカードローンが比較的多く、KSCは銀行のカードローンが比較的多く加盟しています。(※ただし各機関は提携しています。)

各機関で情報の保有期間や定義は少し違いますが、基本的に6ヵ月間保存されます。

つまり、6ヵ月経つまでは申し込み情報が消えないと考えられます。申し込みブラックである限り、半年の間は申し込んでも審査落ちする可能性が高いといえるでしょう。

3社以上申し込んだらアウト?申し込みブラックになる目安

カードローン審査に通らない原因

ここまで、「短期間に多数の申し込み」で申し込みブラックになるといわれている、と説明してきました。

ここからは、もう少し具体的な「申し込みブラック」となりやすい目安をお伝えします。

ただし、「申し込みブラック」となる明確な基準はどの企業も公開していません。あくまで目安としてお考え下さいね。

1ヵ月に3社以上申し込んだ時点で申し込みブラックに!

一般的に、1~6ヵ月の間に3件以上の申込をすると申し込みブラックになりやすいといわれています。

3件目から申し込みブラック扱いで、審査に通りにくくなる可能性があるということです。

クレジットカードやカードローンを申し込む際に、審査に通るか不安で「あと何社か申し込もう」と一度に複数申し込む人もいるでしょう。

しかし、それをしてしまうと申し込みブラックになる可能性が高くなってしまいます。

仮審査や、申込のキャンセルは件数に含まれる?

申し込みブラックといっても、どこまでが「申込」として数えられるのか気になりますよね。

簡単にまとめると以下の表のようになります。

「申込」の判断
借入シミュレーション 申込にならない
仮審査 ほとんどの場合申込になる
申込キャンセル キャンセルのタイミング次第

まず、仮審査は基本的に申込情報が記録されるので申込件数に含まれます。

実際には仮審査を申告情報だけで審査し、本審査で信用情報の照会を行っている場合もあるので一概には言えませんが、ほとんどの金融機関は仮審査で照会していると考えたほうが良いでしょう。

次に、申込をキャンセルした場合です。
これはキャンセルしたタイミングによって大きく変わります。

申し込んだ金融機関が審査を始める前にキャンセルしたのなら、申込情報はまだ照会されていないので申込件数として数えられません。

しかし、審査はすぐに始まることが多く申込書を送ってすぐキャンセルしないと、審査が始まってしまいます。

インターネット申し込みの場合は、申し込んですぐに自動審査が始まることが多く、審査前のキャンセルは困難と言えるでしょう。

あれ?もしかして自分は申し込みブラックじゃないかも?

ここまで申し込みブラックになる目安を解説しましたが、

「申し込みブラックだと思い込んで、申し込みを控えていたけど違った」
「申し込みブラックで審査落ちたと思っていたけど、どうやらそうではなさそう」

という人もきっといるはず。

そんな人は次の点をチェックしてみてください。
これらの点を満たしていないと、申し込みブラックではなくても落ちてしまう可能性があります。

審査時に見られるポイント

  • 安定した収入がない
  • 滞納歴がある
  • 収入に対し希望額が高すぎる
  • 個人情報の入力ミスor虚偽の情報

対策はある?申し込みブラックを避けたい人が意識すべきポイント

どうにか支払いを切り抜けたい

申し込みブラックになると、審査に通りにくくなるといわれています。

それは返済能力や不正を疑われるから。

実際にそうでなくともそれが原因で審査落とされるのは嫌ですよね。ここでは申し込みブラックを回避したい人に向けて、意識すべきポイントをお伝えします。

2つのポイント

  1. 期間を空けて、多くても2社に絞り込んでみる
  2. カードローンに申し込むなら、申し込み先を銀行または消費者金融にかえてみる

期間を空けて、多くても2社に絞り込んでみる

個人の申し込み情報は信用情報機関に6ヵ月間保存されます。また、一般的に1~6ヵ月に3件以上の申し込みで申し込みブラックになるといわれています。

ということは、申し込む際は2社に絞り込み、次に申し込むまで6ヵ月の間を空けることが必要です。

また、1日に2件申し込むのではなく、数日おいて申し込むと、同時申し込みも回避できるでしょう。

カードローンに申し込むなら申し込む先をかえてみる

先に述べた通り、金融機関によって加盟している信用情報機関は異なります。

  • 銀行→KSC
  • 消費者金融→JICC,CIC

各信用情報機関は連携しているものの、同じ信用情報機関に加盟している金融機関は避けたほうが審査に通る可能性はあります。

したがって、消費者金融に申し込んでるなら銀行、銀行に申し込んでいるなら消費者金融というように申し込む先を替えるのは一つの手です。

本当に半年待つしかない?申し込みブラックになってしまった時の2つの対処法

「申し込みブラックだけど、どうしてもお金借りたい」

正直なところ、申し込みブラックになったうえでお金を借りられる方法はいろいろなところで紹介されていますが、あまりおすすめできないものばかりです。

ここでは、申し込みブラックを解消してから再度申し込む方法を紹介します。

申し込み情報が消えるのを待つ

信用情報の保有期間は6ヵ月です。
最後に申し込んだ日から半年間待つことで申し込みブラックは解消されます。

6ヵ月待てば申し込みブラックを気にせずに申し込むことができます。
ですが、6ヵ月も待てないという人は使えない方法です。

この記事のまとめ

  • 申し込みブラックになると審査に通りづらくなるといわれている
  • 半年間に3件以上申し込むと申し込みブラックになるといわれている
  • 申し込みブラックは最長6ヵ月間続く
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

カードローンやキャッシングの月額返済額の計算例!

目次利息を含めた月々の返済額について返済計画の重要性とは 利息を含めた月々の返済額について キャッシングやカードローンは、限度額内であればいくらでも自由に借り入れできるのが大きな特徴であり、メリットで ...

女性専用キャッシングって一般借入より金利低い?メリットと特徴4つ

「レディースローンって一般のキャッシングと何が違うの…?」

お金を借りる前に知っておきたい「総量規制」とは?例外も含め解説

「総量規制って何?なんだか難しそう…」 聞いたことがなくとも、…

【要確認】キャッシングの必要書類は2つ!審査申込3つの注意点

「キャッシング会社でお金を借りたいけど、何か提出するものがあるのかな……

60歳以上でもキャッシングやカードローンの申し込みはできるの?

キャッシングやカードローンは、急にお金が必要になった際に活用しやすいサービスとして有名です。利用…