一度キャッシングの審査に落ちたらアウト?審査落ちの5つの特徴

なぜかキャッシングの審査に落ちてしまった…

一度落ちたらもうお金を借りるのは無理?

お金を借りたいのに、キャッシングやカードローンの審査に落ちてしまうと、不安になりますよね。

実は、審査に落ちたという情報は消費者金融や銀行間で共有されます。そのため、ほかで新たに申し込んでも、理由によってはまた落ちる可能性が高いのです。

しかし、一度キャッシングやカードローンの審査に落ちたら、二度と通らないというわけではありません。

審査に落ちる理由と通るためのくテクニックさえ押さえれば、通る可能性は十分にあるのです。

審査に通るためのテクニックの一つとして、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンを使い分けることをおすすめします。

なぜなら、それぞれ審査基準や加盟している信用情報機関(※後述)が違うからです。

そこで、消費者金融のキャッシングで審査に落ちた人は銀行のカードローンに、銀行のカードローンに落ちた人は、消費者金融のキャシングに申し込んでみましょう。

おすすめ度

楽天銀行スーパーローン

アコムバナー
  • 消費者金融に申し込んだ人におすすめ

申込

詳細

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 銀行に申し込んだ人におすすめ

申込

詳細

キャッシングやカードローンの審査に落ちてしまう「5つ」の理由

キャッシングやカードローンに申し込んだが審査に落ちてしまったとき、その理由が分からない人も多いはず。

しかし、消費者金融や銀行のほとんどが審査基準を明らかにしていないので、問い合わせをしても納得のいく回答はもらえません。

実は、キャッシングやカードローンの審査に落ちる人には、共通点があるのです。

ここでは、審査に落ちる人に共通した理由を5つ紹介します。

《審査に落ちる5つの理由》

  1. 年収の3分の1以上の借入希望額で申し込んだ
  2. すでに3社以上の金融機関から借入がある
  3. 携帯料金やクレジットカードの支払いを滞納している
  4. 申込情報に誤りがある
  5. 1ヵ月に2社以上のクレジットカードやキャッシングに申込

審査に落ちた人で、このなかの1つでも当てはまるなら、それが原因である可能性は高いです。

1.年収の3分の1以上の借入希望額で申し込んだ

アコムやプロミスなどのカードローンは法律で申込者の年収の3分の1までしか顧客にお金を貸せません。この法律を「総量規制」といいます。

つまり、年収300万円の人は消費者金融から総額100万円までしか借りられないのです。

そのため、自分の年収の3分の1以上の金額を申込時に記入していたら、総量規制の範囲外になり審査に落ちた可能性が高いです。

総量規制で定められている貸金業者とは消費者金融、クレジットカード会社、信販会社になります。消費者金融で高額の申込をして審査に落ちたなら自分の年収を見て借入額を見直しましょう。

2.既に3社以上の金融機関から借入がある

金融機関は審査のとき、申込者が借りている金額と借りている貸金業者の数をチェックします。

多数の貸金業者から借入をしていると、少額を借りる収入しかない、多重債務者で返済に苦しんでいる、貸したお金を回収できない恐れがあるなどと推測できるためです。

この点、明確に何社からとは言えないものの、3社以上から借りていると審査に通るのは難しくなるでしょう

3.携帯料金やクレジットカードの支払いを滞納している

携帯料金やクレジットカードの支払い、あるいは他社での借入を滞納していると、信用情報(※契約内容や返済状況など、客観的な取引の事実)に傷がつき、審査に通りにくくなります。

《滞納すると信用情報に傷がつくもの》
  • 携帯電話の機種代分割料金
  • クレジットカードの支払い
  • 住宅ローン

携帯料金などを2~3ヶ月以上滞納した、債務整理をしたなどの場合、金融事故として、信用情報機関という金融機関が審査時に情報を提供してもらうところに登録されます。

こういった信用情報は各金融機関に共有されるので、滞納したという情報は、ほかの消費者金融や銀行などにも知られてしまいます。

携帯料金の滞納をしたという情報が信用情報機関に伝わる理由は、携帯料金に端末の分割支払い代が合算されているからです。

つまり、端末の分割費用はローンを組んでいるのと同じなので、携帯料金の滞納はローンの滞納と同じ扱いになるのです。

また、他社での借入やクレジットカードの支払いを延滞している人も、同じ理由で審査に通りにくくなります。

4.申込情報に誤りがある

キャッシングの申込にあたって、間違った情報や嘘の情報を入力すると、審査に通らないことがあります。

特に電話番号の入力を間違えると、本人確認や職場への電話による在籍確認ができないので、審査に落とされてしまいます。

また、年収を盛った、嘘の職業を入力したなどの場合も、前述のように信用情報が共有されるので、基本的にはバレると思ってください。

5.1ヵ月に複数のキャッシングやカードローンに申し込んだ

1ヶ月などの短期間にキャッシングやカードローンへの申込件数が多いと、いわゆる「申込ブラック」と判断され、審査に落ちてしまう可能性があります。

これは、先述のように、信用情報機関に申込に関する情報が登録され、それが金融機関の間で共有されるためです。

短期間でたくさんのところに申し込んでいる人は、「どのキャッシングやカードローンでもすぐ落とされている=返済能力がないのかもしれない」と思われ、信用がないと判断されるためです。

お金を貸す側にとっては、「貸したお金が返ってこないこと」が一番怖いのです。

そのため、他社での審査状況などは必ずチェックし、本人の返済能力を推測して、危ない人は審査に通さないようにするのが普通です。

主婦や学生、派遣社員はキャッシングの審査に落ちる?各社の申込条件とは?

キャッシングやカードローンの申込では、必ず職業や年収といった情報を入力します。

しかし、主婦や学生、派遣社員という人は、どうしても正社員に比べて年収が少なく、「審査に落ちるのではないか?」と不安になるはず。

それでは、主婦や学生、派遣社員の人は、審査に落ちてしまうのでしょうか。

キャッシングの申込では、必ず職業や年収の情報を入力します。

しかし、主婦や学生、派遣社員はどうしても社会人の正社員に比べて年収が少なく、審査に落ちるのではないか?と不安になりますよね。

では主婦や学生や派遣社員というだけで審査に落ちてしまうのでしょうか?

安定した収入があれば主婦や学生、派遣社員でも大丈夫

主婦や学生、派遣社員はキャッシングやカードローンの審査に落ちるかというと、そんなことはありません。

消費者金融や銀行では、審査のときに「本当にこの人にお金を貸して、ちゃんと返してもらえるのか」ということを見ています。

つまり、ある程度の額の収入が安定してもらえている人でないと、お金を貸してくれないのです。

高額でも給料が入る頻度が不安定である、勤続年数が短すぎる、少額しか収入がないといった人は、返済能力がないとみなされ、審査で落とされてしまいます。

そのため、主婦や学生、派遣社員でも、本人に安定した収入があれば審査に通ると言えます。

消費者金融や銀行では、申込条件として「安定した収入がある」というのを定めているところが多いです。

なお、専業主婦やアルバイトをしていない学生などは、そもそも申込条件を満たさないため、審査で落とされてしまいます。

キャッシングやカードローンごとの申込条件をチェック

ここでは、キャッシングやカードローンごとに申込条件がどのようになっているかを紹介します。

楽天銀行のカードローン

【1】満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)

【2】日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)

【3】お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方

【4】楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 (※2)

※1 但し、パート・アルバイトの方は60歳以下
※2 当行が認めた場合は不要です

アコム
20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
アイフル
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方 なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

上記を見ると、どのキャッシングやカードローンにも共有するのは「安定した収入があること」です。

つまり、この条件を満たせば、雇用形態(就業形態)は問わないことが分かります。

キャッシングの審査が不安な人のための、通過率を上げる「5つ」のテクニック

キャッシングの審査に落ちてしまったけど、お金は必要という人は、あきらめずに以下の方法を試してみましょう。

審査に確実に通るとは言えないものの、通過する可能性は上げられます。

1.消費者金融と銀行のカードローンを使い分ける

消費者金融と銀行とでは、加盟している信用情報機関が違います

そのため、消費者金融(あるいは銀行)の審査に落ちた場合でも、銀行(あるいは消費者金融)の審査には通る可能性があるのです。

金融機関は、以下の信用情報機関のいずれかに必ず加盟しています。

信用情報機関 概要
CIC(株式会社シーアイシー) クレジットカード会社と信販会社が主な会員
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融と信販会社が主な会員
全銀協(全国銀行個人信用情報センター) 銀行と銀行系カード会社などが主な会員

例えば、CICに加盟している金融機関であれば、審査時に個人の信用情報をCICに問い合わせるわけです。

そのため、消費者金融のキャッシングの審査に落ちた場合でも、加盟している信用情報機関が違う銀行のカードローンの審査には通る可能性があるのです。

2.保証会社の違う消費者金融や銀行に申込

消費者金融や銀行では、申込のときに審査を行っていると説明しました。

正確に言うと、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンでは、保証会社が審査を行っています。

つまり、保証会社が同じだと、消費者金融や銀行を分けて申し込んでも審査に落ちてしまう可能性があるわけです。

以下では、各消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンの保証会社をまとめています。

審査に通る可能性を上げるためにも、チェックしておくといいでしょう。

《キャッシングやカードローンの保証会社》
キャッシング・
カードローン
保証会社
アコムバナー 楽天カード株式会社

詳細

アコムバナー アコム

詳細

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー 三菱UFJ銀行

詳細

アイフルバナー アイフル

詳細

プロミスバナー SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

詳細

三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

詳細

みずほ銀行バナー 株式会社オリエントコーポレーション

詳細

3.「お試し診断」で借入可能と判断されたところに申し込む

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンのホームページでは、数項目の入力で借入の可否が分かる「お試し診断ツール」が用意されている場合があります。

金融機関によっては「お借入診断」や「3秒診断」などと記載されています。

このツールでの入力するのは、年収や他社からの借入状況など、2〜3項目だけです。

診断結果に「融資可能」などと表示されれば、審査に通る可能性が高いと言えます。

そのため、まずは「お試し診断ツール」を使ってみて、融資可能の結果が出たところに申し込むのがよいでしょう。

ただし、このツールはあくまでも一つの目安であり、実際の審査とは異なる場合があるので、その点には注意しましょう。

《お試し診断があるおすすめキャッシング》
キャッシング・
カードローン
お試し診断ツール
の入力項目
三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー ・生年月日
・性別、独身既婚
・他社からの借入状況

詳細

アコムバナー ・年齢
・年収
・他社からの借入状況

詳細

ACマスターカードバナー ・年齢
・年収
・他社からの借入状況

詳細

4.審査の通過率が高い時期に申し込む

キャッシングやカードローンの審査基準は、消費者金融や銀行によって異なります。

それに加えて、時期によっては新規顧客獲得に力を入れていることもあり、そのタイミングを狙って申し込めば、審査に通る可能性は十分にあります。

例えば、閑散期(※ボーナスが入った後など)や決算期といった、普段より新規顧客獲得に力を入れている時期に申し込むと、以前は審査に落ちていても今回は通るという場合もあるわけです。

ただし、これも「お試し診断ツール」と同様、あくまでも一つの目安と考えてください。

審査が不安という人は、このキャッシングとカードローンがおすすめ

ここでは、審査に不安な人におすすめしたいキャッシングとカードローンを紹介します。

それは楽天銀行スーパーローン(楽天銀行のカードローン)アイフルです。

このページの最初でも言いましたが銀行のカードローンに申し込んだなら消費者金融のキャッシング、その逆なら銀行のカードローンへの申込をおすすめします

どちらかに申し込んで、審査で落ちたとしても、あきらめるのは早いです。

前述のように、銀行と消費金融では加盟している信用情報機関が違います。 そのため、一方の審査に落ちたとしても、他方の審査に通る可能性があります。

楽天銀行スーパーローン

        
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇!
  • 最大利用限度額:800万円
  • 借入可能最低金額:1万円から!
  • 最低返済額:2,000円~OK!
  • スマホ利用時の快適さ◎
おすすめポイント

楽天銀行スーパーローンは、名前のとおり楽天銀行が提供するカードローンです。

すでに楽天IDを持っている人なら、手続きが簡単なのでおすすめ(※もちろん、持っていなくても申込は可能)。

楽天銀行はネット銀行なので、全国のコンビニATMからでお金を引き出せます。

ただし、一度審査に落ちると、6ヵ月間は申込ができないので、その点には注意が必要です。

アイフル

  • 1秒診断で事前に融資可能か確認ができる
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円
おすすめポイント

アイフルは、ほかの大手消費者金融のように銀行グループには属していないため(※独立系)、保証会社は「アイフル株式会社」になります

これはつまり、ほかのキャシングやカードローンに申し込んでいても、保証会社が被る可能性はほとんどないことを意味します。

そのため、アイフルの審査に落ちたとしても、全銀協に加盟している銀行には情報共有がなされてはおらず、銀行カードローンの審査に通過する可能性が高いと言えるわけです。

しかも、最短30分で審査が完了、初めての利用なら最大30日間無利息など、借りる人にうれしいサービスを提供しています。

さらに、全国の提携コンビニや銀行ATMでお金を引き出すことができるので便利です。

【まとめ】キャッシングやカードローンの審査が不安でもあきらめない

最後に、この記事のポイントをまとめておきます。

  • キャッシングやカードローンの審査は、一度落ちたらアウトではない
  • 総量規制や申込ブラックなど、審査に落ちる理由に該当しないように注意すること
  • 消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンを使い分ける

急にお金が必要になり、頼みの綱としてキャッシングやカードローンに申し込んだのに、審査に落ちたらかなりショックですよね。

この記事を参考に、審査に落ちやすい状況と審査通過率を上げるポイントを把握し、万全の体制で申込ましょう。

安心の大手銀行で借りたいなら!

三菱UFJ銀行カードローン

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

プロミス

楽天会員ランクに応じて審査優遇!楽天ユーザーはこちら!

楽天銀行スーパーローン

限度額最大800万円

楽天カードがあれば申込カンタン

関連記事

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

「バイクを買いたい」 「学費が払えない

学生ローンは親バレしない?バレずに済むサービスを各社比較してみた

「学生ローンって親にバレるのかな?」 「親にバレ…

お金を今すぐ借りたい学生は必見!親バレなく即日借りられる方法を…

「お金が今すぐ必要だけど、親や友達に借りられない」 「

派遣がお金を借りるときのテクニックとおすすめのカードローン4選

「派遣社員でも金融機関からお金を借りられるのかな?」 「

お金を借りる前に要注意!審査が甘い消費者金融・銀行・闇金の真実

「お金を借りたいけど、なかなか審査に通らない…」「