年収480万円以下だと、住宅ローン控除の恩恵は受けれない

年収480万円以下だと、住宅ローン控除の恩恵は受けれない

記事の概要

マイホームの購入を考えている人であれば、住宅展示場やモデルハウスを見学に行ったことがある人も少なくないと思います。

そのとき、営業マンの人から「今は住宅ローン控除もこれまでの2倍でお得です」とか「すまい給付金という制度があり、期間限定で最大30万円のキャッシュバックがあります」と言われたことがありませんか?

でもこれって本当に営業マンの人が言うように、お得な制度なのでしょうか?

住宅ローン控除もすまい給付金のカラクリ

たしかに住宅ローン控除もすまい給付金も貰えないことを考えれば、消費者にとって非常にありがたい制度であることに間違いありません。

しかし、営業マンの言葉を鵜呑みにするのは、少しばかり早計ではないでしょうか。

年収によっては、何も変わっていない

住宅ローン控除は、平成26年4月より、従来の制度に対して2倍の恩恵が受けられるように拡充しました。
10年間のトータルで考えると200万円だったのが、400万円の還付を受けれることになったという意味です。

これまで200万円だったのが、400万円になるのですから、一見すると大変お得なように感じますよね。
しかしこれはあくまでも最大限、この制度を利用した場合に限定した話です。

解りやすく説明するなら、年間の所得税額が20万円を超えている人にはお得でも、20万円以下の人にしてみれば、これまでの制度と何も変わらないことになります。

所得税20万円以上の人とは?

その人の家族構成や住んでいる都道府県によって多少計算式に違いがあるので一概には言えませんが、平均的なケースでいうと、所得税を年間20万円払うには、年収480万円くらいが必要という計算になります。(※扶養2人)

つまり、年収が480万円以上の人であれば、住宅ローン控除が拡充した恩恵が受けられるけど、年収480万円以下の人であれば、これまでとほぼ何も変わらない計算になりますよね。

ただし、すまい給付金という制度はこれまで無かったので、この制度については充分利用価値があります。
それでも、年収450万円だと給付額は20万円なので、それだけでマイホームの購入を決断するには少し物足りない感じも否めません。

少し難しい内容になってしまったかもしれませんが、住宅販売会社の営業トークに騙されないようにしましょう!というお話でした。

申込み&利用で楽天スーパーポイントが最大31,000ポイント!

楽天銀行カードローンボタン

安心の大手銀行で借りたいなら三菱東京UFJ銀行バンクイックへ

三菱東京UFJ銀行バンクイックボタン

無利息でお金を借りたいならプロミスへ

プロミスボタン
運営