住宅ローンが返せない。競売までの期間と如何にお金を作るかのまとめ

「突然会社をリストラされてしまった」や「突発的な病気で入院することになった」など、不足の事態で住宅ローンを滞納してしまう人が急増しています。

もし、住宅ローンの支払いを滞納してしまった場合、今後どのようになってしまうのでしょうか?

今回は、住宅ローンを滞納してしまった場合のケースを簡単に説明していきたいと思います。

目次

住宅ローンの滞納が3ヶ月続くとマイホームが競売に

keibai-stop

通常ですと1ヶ月~2ヶ月程度の滞納・遅延であれば、金融機関からの催促の電話やハガキなどが届きます。まだこの時点ではそこまで深刻な状況ではありません。

しかし、住宅ローンの滞納が3ヶ月以上になると事態は深刻です。

2ヶ月以上の滞納があると、融資を受けている金融機関から「代位弁済に関する通知」が届くはずです。

これは、金融機関側が保証会社へ対して、融資額の一括返済の申請を始めますという通知です。

保証会社による一括返済が実行されてしまうと、抵当権者は保証会社へ移行することになりますので、当然保証会社は一括返済した金銭を取り戻そうと、あなたのマイホームを強制的に売却する手続を始めます。

これが俗にいう「差し押さえ」や「競売」と呼ばれる手段です。

『競売』と『任意売却』の比にならないほどの違いについて

万が一マイホームを手放す場合の売却方法は2パターンあります。

それが任意売却と競売。違いを表でまとめてみます。

項目 任意売却 競売
売却額 市場相場の売却額とほぼ同額で売却 自宅の売却相場の5~7割低い売却額
プライバシー 普通の売却と変わりないのでただの物件売却 競売物件と公開されてしまう。近所への体裁も良くはない
引越代 出せる なし
退去日 交渉・協議可能 強制執行もあり
その他 - 競売費用の負担・住宅ローン遅延損害金の支払い

※上記をみていただてわかるように一番の問題点は、競売になってしまうと不動産の売却相場の50~70%の値段でしか売れないということです。

例:3000万円の住宅ローンの残りがあり。 お持ちの不動産の売却相場が2500万円だとすると、競売になると1250万円の価格で売れてしまう可能性があります。

  • 競売:3000万円-1250万円=1750万円の住宅ローンの残り
  • 任意売却:3000万円-2500万円=500万円の住宅ローンの残り
  • この差は1250万円

同じ不動産の売却をするとしてもこんなに差が出てしまい借金ばかりが手元に残ることとなってしまいます。

でも売るというのは避けたい!

せっかく購入したマイホーム 世間の体裁や子供の学校での影響など

家はできれば残したい・・・ このまま家に住みながらローンを解決する方法はないの?

待っていても、残念ながら競売への流れは止めることはできません。

解決方法を知ることが重要です

家を残しながら、住宅ローンの滞納状況を打開する方法!これは、銀行や、不動産屋に相談してもいい回答は得られません。

とにかくなんとかしてお金を工面すること。カードローンなどでお金を借りるのは最後の手段だと思ってください。

任意売却なども頭に入れながら、何とかしてお金をつくる方法を考えましょう。

競売までの時系列・流れ

  1. 住宅ローンの滞納
  2. 債権者(銀行など)からの督促状・催告状が届く。 郵便・電話など
  3. ローンの一括返済を要求
  4. 【ここまでが1~5ヶ月】

  5. 保証会社が代位弁済を行う
  6. 債権者(銀行)から債権回収会社(保証会社)へ債務の移管(住宅ローンの移行)
  7. ローンの一括返済を要求
    銀行から保証会社へ住宅ローンの債権が動きます。
  8. 【1~2ヵ月間】

     
  9. 保証会社からの競売の申し立て
  10. 【1ヵ月】

  11. 裁判所からの競売開始通知書
  12. 【1ヵ月】

  13. 不動産鑑定士と執行官が現状の不動産の状況調査のために自宅にやってくる
  14. 【約1ヵ月】

  15. 競売物件の公開が始まる
  16. 【約1~2週間】

  17. 裁判所から競売入札の通知書が届く
  18. 競売の入札開始
  19. 【約2ヶ月】

  20. 裁判所から売却許可決定が下りるる
  21. 住宅からの退去・物件の引き渡し

ここまで最短で住宅ローン滞納からの8~10カ月で退去というところまでいってしまいます。

この記事のまとめ

競売は非常に住宅ローンの債権者からすると損な売却方法。かならず専門家に相談をした上でカテゴリ内に住宅ローンにまつわる記事やお金を作る方法をまとめていますので合わせて参考にしてみてください。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

みずほ銀行

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

カテゴリー内記事一覧

失敗しない購入方法!分譲マンション、一戸建てを購入で注意する4ポ…

分譲マンションでも戸建て住宅でもそうなのですが、これからマイホームを購入しようと考えているのであ…

賃貸派 VS 持家派論争!3000万円の家を買うと2000万円損するカラクリ

賃貸派の人が「3000万のマンションを買うってことは、買ってすぐに2000万円損するのと同じだ」と言うの…

「住宅ローン」ペアローン、親子ローンとは?メリットよりもデメリッ…

夫婦それぞれが住宅ローンを組んだり、親子で住宅ローンを組むことをペアローンと言います。 …

若年層であれば、団体信用生命保険で節約が可能

多くの金融機関では、住宅ローンの融資条件として「団体信用生命保険」への加入を義務としています。

譲渡損失の繰越控除と住宅ローン控除の違いは?理解してお得に買い…

今回はマイホームの買い替えをして、損益がでた場合の減税処置について話をしていきたいと思います。

住宅ローン金利差シュミレーション!1%低金利で678万円の違い

坪単価が少しでも安い住宅会社を探したり、頭金を1割貯めてからマイホームを購入しようとする人が多い…

買い替えローンなら、住宅ローンの残りの借金があっても借りられる!

マイホームを買い替えることを考えた場合、住宅ローンに目を向けてみましょう。 現在のマイホー…

住宅ローンの審査が厳しい理由。住宅ローン金利の低下と関係あり!

私は今でも住宅メーカーと不動産会社の両方に携わる仕事をしているのですが、少し前に比べ住宅ローンの…

遺産相続した自宅を売却した場合の相続税が変わった!それは「譲渡…

親が残してくれた遺産のなかに不動産があるケースは珍しくありません。 この場合、相続税や売…

法律改正で敷金が全額返ってくるって本当?敷金の返還義務とは?

何かとトラブルが絶えなかった賃貸の敷金問題ですが、なんと120年振りに法改正されることがほぼ確実と…