生活費の内訳を計算!ファイナンシャルプランナーの生活費アドバイスツール

ファイナンシャルプランナー 大畑さん監修

月の収支アドバイスツール

月の収入

月の支出

0

改善プラン

ローン返済

長期にわたって返済が続くようでしたら、借り入れ金利、返済方法、借入先など見直しが必要な可能性があります。

家族構成にもよりますがこのまま返済していくことが困難になる可能性があります。低い金利に借りかえるなど早急に対策を検討してください。

住宅ローン/持家

ローンの支払いが今後10年以上続くようでしたら、返済が生活を圧迫する可能性がある注意レベルです。条件変更、借り換え、一部繰上などとで改善されることもあります。一度検討してみてください。

毎月のローン支払いが家計を圧迫している可能性が高い危険レベルです。返済完了まで10年以上ある場合は住宅ローンの見直しをすることで、今後の生活の安全を守ることができます。見直しをおすすめします。

生命保険・医療保険・がん保険

収入に対して保険料負担が重くなっています。見直しを検討してみてください。

一般から比べると保険料が多い傾向があり改善が必要なレベルです。無駄な保険がないか、一度専門家に相談してみてください。

火災保険・自動車保険・傷害保険

改善の余地がある注意レベルです。もう少し保険料が安くならないか、本当に特約なども必要かどうか検討してみてください。

一般から比べると保険料が多い傾向があり改善が必要なレベルです。補償内容を把握してから加入していますか?必要のない特約を外すなど、保険料の見直しをお勧めします。

ネット料金

最近は接続料などかなり安くなっています。無駄なオプションがついていないか一度見直してみてください。

セット割引などヘビーユーザ向きの料金体系がありますので通信費トータルで見直しをしてみましょう。

電話料金

料金プランをこまめに見直しをするなど、安くなる方法をショップで相談してみてください。

家族全体でプランの見直しをしたり、ネットとまとめて料金を抑えるなど検討してください。

共済

この位なら家計の負担にならないというような理由で加入していませんか?本当に必要なものかチェックしてみましょう。

他の保険と重複加入しているかもしれません。一度保険をトータルでチェックしてみてください。無駄が見えてくることもあります。

家賃/借家

収入に対する家賃比率が若干高めです。家賃を抑えるための転居も考慮して、日頃から安い物件情報の収集をしてみましょう。

収入に対する家賃比率が高めです。家賃が生活を圧迫していませんか?転居の検討をするために、安い物件情報の収集やルームシェアなども考えてみましょう。

食費

支出に対する食費の割合をエンゲル係数といいますが、総務省発表の最新データでは勤労者世帯の平均値が22.1%となっています。外食などが多くなっていませんか?※家族の人数、年齢によってはあてはまらないこともあります。平成26年4月の人事院の算定によると1人世帯26,790円、2人帯35,980円、3人世帯44,890円、4人世帯53,800円、5人世帯62,710円となっています。

支出に対する食費の割合をエンゲル係数といいますが、総務省発表の最新データでは勤労者世帯の平均値が22.1%となっています。必要な食材だけ購入、弁当持参など毎日の節約と外食の回数を減らすなど平均値に近づける工夫をしてみてください。※家族の人数、年齢によってはあてはまらないこともあります。平成26年4月の人事院の算定によると1人世帯26,790円、2人帯35,980円、3人世帯44,890円、4人世帯53,800円、5人世帯62,710円となっています。

光熱費

光熱費の支出割合が総務省のデータよりすこし高い傾向があります。家族全員が節約の意識をもつことだけでも改善されることがありますよ。 *総務省発表のデータ(2015年1月~3月調査)によりますと世帯人数3.38人、手取り月収約37万円の家庭では電気代14,512円、ガス代8,010円、他の光熱2,526円、上下水道料5,427円です。(冬季の暖房費が影響してiいますので1年平均より高めになっています。)

光熱費の支出割合が総務省のデータより高い傾向があります。家族全員がエコを意識し、地球にも家計にも優しい生活をする努力が必要です。 *総務省発表のデータ(2015年1月~3月調査)によりますと世帯人数3.38人、手取り月収約37万円の家庭では電気代14,512円、ガス代8,010円、他の光熱2,526円、上下水道料5,427円です。(冬季の暖房費が影響してiいますので1年平均より高めになっています。)

日用品費

必要なものだけを購入し、家の中にストックをしないようにしましょう。

どうしてもないと困る物だけを買うという気持ちを持ってください。この項目は節約の効果が出やすいですよ。

理美容費

2ヶ月に一度の理美容院行きを2.5ヶ月に一度にするなど少し節約を意識しましょう。

化粧品のランクを少し下げる、理美容院行きの回数を減らすなど、ストレスにならない範囲で出費を抑えることを実行してください。

衣料費

バーゲンで安いから、と必要でない物まで買っていませんか?まずは必要になってから買うという習慣を身につけましょう。

衣料品への出費が一般の方から比べるとかなり多い傾向があり危険レベルです。必要でないものは「買わない」と決心できるよう頑張ってみてください。

医療費

健康に差し支えないもので削れるものはありませんか?

サプリメントや健康食品の購入費がある場合は本当に必要なのか、見直してみてください。

娯楽費

一般から比べると娯楽費の出費がすこし多く注意が必要です。お金のかからない遊びや、安い遊びを探してみましょう。

娯楽への出費が一般の方から比べるとかなり多い傾向があり危険レベルです。娯楽費の内容と金額を書き出し、削減できる娯楽を考えましょう。

交通費(車・車関連のガソリン代等)

総務省のデータから比べると交通費がすこし多く注意が必要です。無駄な外出や交通費はありませんか?毎月500円でも節約しようと意識しましょう。 地域差、家族構成にもよりますが総務省発表の全国平均は26,069円(自動車等購入費を除く)となっています。

地域差、家族構成にもよりますが総務省発表の全国平均は26,069円(自動車等購入費を除く)となっています。車を保有している場合は買い替えのときにはコンパクトなもの、燃費の良いものなどよりコストのかからない車を心がけましょう。

交際費

一般から比べると交際費がすこし多く注意が必要です。継続して交際費が高い状況が続く場合は、工夫したお付き合いを心がけてみてはいかがでしょう。

交際費が一般の方から比べるとかなり多い傾向があり危険レベルです。本当に重要で必要なお付き合いと、そこまで必要のないお付き合いのすみわけをして、交際費の削減をしてみましょう。

小遣い・使途不明金

一般から比べると、小遣いや使途不明金がすこし多い傾向があります。生活していくのに必要でないものの購入を控えるなど、普段からセーブすることを意識しましょう。

一般から比べると小遣いや、使途不明金が多い傾向があり危険レベルです。本当に必要な出費かどうか財布の紐を締めましょう。

収支で注意すべき項目は見られませんでした。支出割合はおおむね問題がない状態です。

申込み&利用で楽天スーパーポイントが最大31,000ポイント!

楽天銀行カードローンボタン

安心の大手銀行で借りたいなら三菱東京UFJ銀行バンクイックへ

三菱東京UFJ銀行バンクイックボタン

無利息でお金を借りたいならプロミスへ

プロミスボタン
運営