プロミス

SMBCグループのカードローンであるプロミス。最短1時間でお金を借りることも可能なカードローンです。

すべての手続きをWeb上で完了できる「Web完結申込」や、はじめての契約で最大30日間無利息になる「無利息サービス」など、魅力的なサービスを提供しています。

基本情報

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 郵送物なし・カードレスが選べるWeb完結申込も可能
  • はじめての契約で初回利用日から最大30日間無利息(メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録が必要)
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 1万円~500万円
審査回答 最短30分
融資時間 最短1時間
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 収入証明書※(源泉徴収票など)
申込条件

年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある人。主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある人は審査のうえ利用が可能。

※収入証明書は、希望の借入額が50万円を超える場合、もしくは希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合に必要

プロミスの特徴

まずはプロミスの金利や審査時間・融資時間などについて確認しておきましょう。

プロミスの金利

プロミスの金利は年4.5%~17.8%

プロミスの審査時間・融資時間

プロミスの審査時間は最短30分融資時間は最短1時間となっています。

プロミスの申込条件

プロミスに申し込むには、

  • 20歳以上69歳以下であること
  • 安定した収入があること

といった条件を満たす必要があります。

主婦やパート・アルバイトでも申し込みは可能です。

プロミスの親会社

プロミスは三井住友銀行の系列にあたるSMBCコンシューマーファイナンス(SMBCグループ)のカードローンです。

SMBCグループは、他にもSMBCモビットなどのカードローンも提供しています。

プロミスの信用情報機関

プロミスの審査では、過去のクレジットカードやカードローンの利用履歴(信用情報)を照会されます。

この信用情報を管理しているのは以下3つの信用情報機関です。

個人信用情報機関

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

プロミスが提携している信用情報機関は、JICCとCICの2つになります。

プロミスの注目ポイント

ここではプロミスの注目ポイントを、他の大手消費者金融のカードローンと比較しながら紹介していきます。

プロミスの注目ポイント3つ

  1. 最短1時間で借入も可能
  2. Web完結申込も可能
  3. 最大30日間無利息サービス

(1)最短1時間で借入も可能

プロミスは申し込んでから最短1時間でお金を借りることもできます。(場合によっては当日中の融資ができないこともあります)

プロミスの審査や融資の早さを、他の即日融資も可能なカードローンと比較してみました。

最短即日で借りられるカードローン一覧

カードローン 審査時間(目安) 融資時間(目安)
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短即日
SMBCモビット 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある) 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

(2)Web完結申込も可能

プロミスにはすべての手続きをWeb上でできる「Web完結申込」があります。

Web完結申込を利用すれば、郵送物なし・カードレスを選べるので、周囲の人にバレにくいというメリットがあります。

Web完結申込の条件は3つ。

  • Eメールアドレスを登録すること
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すること
  • 口フリ(口座振替)による返済を選択

誰にもバレずにお金を借りたい!と考えている人は、プロミスのWeb完結申込の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

(3)最大30日間無利息サービス

プロミスをはじめて利用する人は30日間無利息になります。

プロミスの無利息期間サービスは初回「利用」から30日間なので、プロミスに申し込んで実際にお金を借りるまでに日にちが空いたとしても、借入をするまでは無利息期間のカウントが始まりません

無利息期間が適用されるには、

  • プロミスでの契約がはじめてであること
  • Eメールアドレスを登録すること
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すること

といった条件がついてくるので、必ず確認しておきましょう。

プロミスの申込・返済について

プロミスの申込方法

プロミスには、

  • Web
  • 電話
  • 店頭
  • 郵送

といった4つの申込方法があります。

おすすめは24時間いつでも申込ができるWeb申込です。

Web申込で借りるまでの手順6つ

  1. 申込フォームに入力
  2. ホームページから申込画面に進んで必要な情報を入力します。
  3. 本人確認の電話
  4. 基本的には本人の確認のために電話がかかってきます。
  5. 書類の提出
  6. 運転免許証や健康保険証、場合によっては勤め先の在籍確認が取れる書類などを提出します。 会社によっては写真データをメールで送るところもあります。
  7. 職場への在籍確認
  8. 銀行であれば必ず電話できます。 消費者金融であれば審査の内容によっては電話ではなく書類の提出で可としているところもあります。
  9. 審査、審査結果連絡
  10. 審査結果が電話やメールできます。プロミスの場合、最短30分で審査が回答されます。
  11. カード発行
  12. カードローンでお金を借りるにはカードが必要です。プロミスの場合カードレスも選べるので、カード発行を待たずに借りることもできます。
プロミス

詳細は こちら

プロミスの返済方法

プロミスでは以下の返済方法が選べます。

プロミスの返済方法

  • インターネット
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • コンビニ(マルチメディア端末)

プロミスの提携ATMと手数料

プロミスは様々なATMと提携を行っています。提携ATMによって手数料がかかるものとかからないものがあるので、利用の前にチェックしておきましょう。

  • プロミスATM・三井住友銀行ATM
取引額 借入 返済
いくらでも 無料 無料
  • ゆうちょ銀行ATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・E-net(ファミリーマートなど)
取引額 借入 返済
1万円以下 100円 100円
1万円超 200円 200円

※手数料には別途消費税がかかります。

【まとめ】こんな人はプロミスの利用も検討してみては

  • 急ぎでお金が必要な人
  • 早ければ最短1時間ほどで借りることも可能なため(場合によっては当日中の融資ができないこともあります)
  • 周囲にバレたくない人
  • 郵送物やカードを無しにできるため

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい