ソフトバンクの強制解約で裁判に発展?携帯料金滞納に潜む5つのリスク

ソフトバンクの強制解約で裁判に発展?携帯料金滞納に潜む5つのリスク

ソフトバンク画像

ソフトバンクから強制解約と書いた通知が来た。放置したらまずいの?
強制解約になっても何とかなるでしょ

ソフトバンクから「このままだと強制解約になります」という通知が届いたあなた。
放置していると強制解約になり、携帯電話やクレジットカードの契約ができなくなる可能性があります。

強制解約になる前に、キャッシングやカードローンを利用して滞納した料金をきちんと払いましょう。

《この記事のまとめ》
  • 延滞して約1〜2週間で携帯回線が停止してしまう
  • 延滞して約2〜3か月で強制解約される
  • 強制解約になると金融ブラックに登録され裁判になることも…
  • 強制解約から免れるためにはカードローンを利用するのが1番良い!

携帯代金を滞納して強制的に解除されないために、キャッシングやカードローンを利用して今すぐ滞納分を払いましょう。
「たかが携帯料金を滞納しただけし…どうにかなるでしょ」と思っているあなた。

実は、携帯料金の滞納はクレジットカードの支払いを滞納したことと同じ扱いになり、ブラックリストに登録される可能性があります。

金融ブラックにならないためには、できるだけ迅速に対応することが大切です。ほとんどの人は、強制解約になるのを免れるために銀行カードローンを利用しています。

銀行カードローンの中でも、楽天銀行のカードローンは最短で今日中にお金を借りられるのでおすすめです!

楽天銀行のカードローンの詳細

ソフトバンクの強制解約は避けたい…銀行のカードローンを利用して免れよう

銀行のカードローンを利用すれば、今まで滞納したソフトバンクの携帯料金を一括で支払うことができます。
滞納金を支払ってしまえば、強制解約は免れるので安心できますね。

銀行カードローンの返済は、計画を立てて毎月自分が払える金額を返済していくので、自分のペースで返済することができます。

ここで気になるのが利息ですが、実は携帯料金程度であれば利息は月々数百円にしかならないことがほとんどなのです!

ぜひ銀行のカードローンを利用して、強制解約を回避しましょう。

《おすすめの銀行カードローン》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行のカードローンバナー 最短即日で利用できる
スマホからかんたん申込
楽天銀行のカードローンの詳細
おすすめ度 ★★
横浜銀行バナー 関東在住の方はこちら
3万円を30日で返済すれば利息は360円だけ
横浜銀行カードローンの詳細

借りたい額が少額で1ヶ月以内に返済できるならキャッシング会社の無利息期間を利用しよう

滞納金額が1~2万円程度の滞納金額で、1ヶ月以内に返済できる見込みがあるのであれば、銀行のカードローンよりもキャッシング会社を利用することをおすすめします。

なぜかというと、キャッシング会社の多くは初めての方なら最大30日間無利息で利用できるといったサービスがあるからです。

「お金を借りるのは1〜2万円程度でいい」「来月になれば払える」という方はぜひキャッシング会社を利用しましょう!実質、利息0円で強制解約を免れることができます。

《おすすめのキャッシング》
おすすめ度 ★★★★
アコムバナー 初めての方なら最大30日間無利息
最短即日融資可能
アコムの詳細
おすすめ度 ★★★
アイフルバナー はじめての利用で30日間利息0円サービス
1000円から借入可能
アイフルの詳細

何ヶ月延滞したらアウト?ソフトバンクから強制解約されるまでの流れ

ソフトバンクで料金未払いのままにしていると、強制解約になってしまいます。一体どれくらいの時間を料金滞納したら、強制解約になってしまうのでしょうか?

結論から言うと、支払いの催促を無視し続けて2ヶ月以上経つと強制解約の危機に陥ります

具体的には、支払いを無視しはじめてから約2ヶ月後に督促状が送られてきます。
督促状に強制解約の日付が書いてあるので、その日までに支払いを行わないと強制解約となってしまうのです。

【約1~2週間後】携帯の発信が停止

ソフトバンクの支払い期限は毎月6日、16日、26日の3通りあるため、まずは契約内容を確認しましょう。

契約内容によって個人差はありますが、1~2週間前後を超えると順次携帯の発信が停止されます。

ソフトバンクは決済指定日に口座残高が足りなかった場合、別日に口座振替を行う再振替ができません。

また、いつ発信停止になるかの事前通知がなくシステムによって自動的に停止するため、割と早い段階で差し迫った状況になります。

【約2週間から~1か月後】請求書が郵送で届く

発信停止前後に振込用紙が郵送で届きます。 振込用紙をコンビニにもっていくことで支払いが可能です。

また、振込用紙が無くても、ソフトバンクショップや銀行などの金融機関で、延滞金を支払うことができます。

ソフトバンクショップ窓口やコンビニなどで支払いをすれば、回線はすぐに再開されます。 すぐに支払えば延滞料金は発生しませんが、1か月程度支払わないと延滞利息がかかります。

電話料金が14.5%の利息、スマホ本体の分割払いが6%の利息を追加で請求されます。

1万円を1か月間、延滞してしまった場合

10,000× 0.145×30 ÷ 365 = 約119円

と約120円延滞料金が発生してしまいます

料金自体は安いように感じるかもしれませんが、それ以上に延滞履歴が残ったりや信用情報が失われたりしてブラックリストにのる可能性が高まってしまいます。

【約2ヶ月後】督促状が郵送で届く

最初の支払い期限から約2ヶ月を超えたあたりで、督促状が郵送で届きます。
督促状には、いつ強制解約になるのかが書かれています

発信停止後は滞納の状況に応じて、段階的に各通知が郵送で届きますが、届く日は厳密に定められていません。

それだけにのんびりしていると、気づいた時には督促状が届いて回線が解約になっていたという事態も考えられます。 ソフトバンクからの郵便物やメールの無視はやめましょう!

どうしてもお金が用意できないという場合、カスタマーセンターに電話しましょう。 待ってもらえるかもしれないので相談してみましょう。

【約2ヶ月~3か月後】強制解約される

解約日が記載された督促状を放置すると、そのあとに通知が届くことは無く、記載された期日通り自動的に強制解約が執行されます。 督促状が最終通知なので、一刻の猶予もありません。

明記された解約日までに急いで支払いの手配をしましょう。 支払い後、電話でも連絡を忘れないようにしましょう。

最悪裁判になることも…?延滞や強制解約になったときの5つのリスク

料金を延滞したり強制解約になったりしても、「なんとかなるだろう」と思っていませんか?
実は、延滞や強制解約はたくさんのリスクを抱えることになるのです。

発生するリスクを、延滞・強制解約それぞれ見ていきましょう。

【延滞した場合】1.延滞料金が必要に!

毎月の支払期日までに支払いができなかった場合、延滞利息を取られます

請求月の支払期日翌日~入金日の前日まで、以下の利率で利息を計算します。

対象 利率
電話料金 基本料金や通話料金 14.50%
割賦債権 機種代金など割賦金 6.00%

請求月の支払期日翌日~入金日の前日まで、14.5%の利息は一見高いように見えますが、年利なので1万円を1か月延滞としたとしても119円しかかかりません。

しかし払う必要のないお金なのでもったいないです。 さらに、支払い期限から15日以内に払ってしまえば、延滞利息は免除されるので、早めに支払うことが大事です。

【延滞した場合】2.緊急速報や災害用伝言ダイヤルが使えない

利用停止後は基本的に発信ができないため、災害用伝言ダイヤルは利用できません。

また滞納状況によって、システム判断で着信ができる人とできない人が分かれています。

どの程度の滞納状況だと着信ができないというはっきりとしたガイドラインはありません。 そのため、緊急エリアメールも届かない可能性があります。

【延滞・強制解約になった場合】3.ブラックリストに登録!クレジットカードやローンの審査に落ちる

延滞や強制解約になった場合、信用情報機関の信用情報に「延滞」や「強制解約」という情報が記録されてしまいます。

これらの情報があると「ブラックリスト」として認定されてしまうのです…

ブラックリストに登録されてしまうと、支払い能力がないとみなされ、クレジットカードやローンの審査に通らない可能性が高くなります

クレジットカードが作れなかったり、住宅ローンが組めなくなったりするのは非常に困りますよね。なんとしてでも強制解約は逃れましょう。

【強制解約の場合】4.5年間はソフトバンクと再契約できない

信用情報が失われブラックリストに登録されると、5年間登録され続けます。 そのため、
5年間ソフトバンクと再契約できないようになってしまいます。

強制解約されたけど、携帯を使いたい場合は、まずは未納の延滞金や端末料金を完済しましょう。 その上で新規契約をするしかありません。

はじめに契約していた、電話番号やメールアドレスは使うことができませんので注意しておきましょう。

また滞納額が大きかったり、返済状況が悪いなど信用情報がひどい場合には、要注意です。

信用情報は各携帯会社にも共有されるため、auやドコモなど他社に乗り換えをしようとしてもできない場合があります。

【強制解約の場合】5.料金未納のままだと裁判に発展する

強制解約をされた後も、ずっと未納のままでいると、ソフトバンクが簡易裁判所に訴えます

裁判所は「支払督促」を送ってきます。 支払督促を受け取ったら2週間以内に異議申し立てができます。

もししない場合、ソフトバンクが契約者の預金や給与などの財産を差し押さえ可能な状態になります。

差し押さえになる前に異議申し立てをしましょう。 この場合の異議申し立てとは「未払いは認めるけど、分割払いしたい」という意思を表しています。

異議申し立てを行うと通常訴訟に移行します。 通常訴訟の中で裁判所の和解をする必要がありそうです。

和解することで、どのように滞納料金等を支払っていくかが決まるので、きちんと守るようにしましょう。

料金を延滞してもソフトバンクの強制解約を免れる唯一の方法

携帯の料金を延滞し続けると、大きなリスクが出てくることがわかったと思います。

これらのリスクを回避するための対処法は、今すぐお金を準備して滞納した携帯料金を支払う以外ありません。

とにかく払ってしまうことが大切なのです。でも、いきなりお金を準備するなんて無理!という方も多いのではないでしょうか。

もしお金が準備できないようであれば、カードローンを利用しましょう。

以下、支払い方法や注意点について説明していきます。

延滞金の支払い方法は窓口・コンビニ、口座振込の4つ

もし滞納してしまったら、ソフトバンクショップまたはコンビニで支払うか、銀行などの金融機関に振り込みましょう。

それぞれの料金表は以下のようになっています。

 

《支払い方法と手数料》
支払窓口 ソフトバンクショップ コンビニ 銀行などの金融機関
支払方法 現金 現金
(30万円まで)
振込
払込処理
手数料
不要 必要 不要
払込処理手数料 200円
請求書発行手数料 200円
その他手数料 0円 1万円未満:60円
1万円以上5万円未満:100円
15万円以上:300円
各種金融機関毎の
振込手数料

ソフトバンクでは,口座にお金がなくて引き落としができなかった場合、再振替や再引き落としはできないようになっています。

必ず窓口や銀行等にいき、自分で支払うようにしましょう。

【注意】実は延滞金は分割できない…一括で完済しよう

実は、ソフトバンクは延滞金の分割払いができません
支払いが遅れた場合は、それまでの延滞金を一括で支払う必要があります。

しかし、今まで滞納した分を一括で支払うのが厳しい人も多いのではないでしょうか?

一括払いが厳しい人は、カードローンでお金を借りて滞納金を返済するのが良いでしょう。

カードローンなら自分のペースで少しずつ返済することができるので、月々の負担も軽くなります。

滞納金支払い後は最短5分で回線停止解除!コンビニでの支払がおすすめ

お金を支払ってから回線が再開するまでの時間はどれくらいかかるのでしょうか?

支払い方法によって携帯の回線停止が解除されるまでの時間が異なるので、表にまとめました。

《回線が再開されるまでの時間》
ソフトバンクショップ コンビニエンスストア
10分〜60分 5分〜30分
※振込用紙が必要

コンビニエンスストアで支払いを済ませると、最短5分で利用再開できます

ただし、5分で再開するためには8時〜20時の間に支払わなければなりません。
20時以降に支払った場合、反映されるのは翌朝8時になってしまうのでそれまでは利用することができません。

またコンビニで支払う時は振込用紙が必要です。振込用紙は携帯会社から送られてくるので、必ず準備していきましょう。

強制解約後は遅い?キャッシングやカードローンで今すぐ支払いを

「延滞や強制解約になった時のリスクはわかったけど…でもそんな簡単にお金なんて用意できないよ。」

そんな方も多いのではないでしょうか。実は、カードローンを利用することで解決できるのです。

カードローンについて詳しくみていきましょう。

実は怖くない!おすすめのカードローンは楽天銀行のカードローン

カードローンは、端的に言ってしまえば「お金を借りることができるサービス」です。
聞いたことはあっても、不安だったり怖いといった印象を持っているがは多いでしょう。

しかし近年は、法整備もされ安心して借りられるようになっています。

テレビに出てくるようなしつこい取り立てなどは一切なく、誰でも気軽にお金を借りることができるのです。
カードローンを利用してソフトバンクの強制解約を乗り切りましょう。

カードローンにもたくさんの種類がありますが、1番おすすめなのは楽天銀行のカードローンです。

誰もが知っている楽天の銀行カードローンなので安心できますし、計画を立てて自分のペースで毎月返済することができます。

楽天銀行のカードローンは、金利も年1.9%〜14.5%と他のカードローンに比べて比較的に低いので、利用しやすいと思います。

楽天銀行のカードローン案件box

強制解約になる前にカードローンを使うべき3つの理由

1.分割で返済できる

ソフトバンクの延滞金は一括返済しか認めていません。

一方、カードローンだと借りたお金を分割で返済できます。 今月はピンチという人も数か月かけて少しずつ返せるため、返済計画が立てやすくなります。

2.何度でもキャッシングできる

一度、カードを作成してしまえば、次回以降はすぐに何度でもキャッシングできます

延滞してしまった時や冠婚葬祭、事故、病気で緊急でお金が必要になってしまうことは、誰にでも起こり得ることなので、そんな時に頼るところがあるというのは精神的に安心できますよね。

3.申込に必要なものは免許証と収入証明書のみ

「申込が面倒くさい」や「必要書類を準備できるのか不安」思っている人も多いと思います。

しかし、キャッシングは、免許証と収入証明書があればどこでも申し込むことができます。 免許証が無くても、個人を証明できます。

  1. パスポート
  2. 健康保険証

があれば、ほとんどのカードローンは申込できます。 カードローンにもよりますが、

  1. 住民票
  2. 印鑑証明証書
  3. 在留カード(外国人)
  4. 特別永住者証明書(外国人)

などでも、申し込むことができるようです。 詳しくは、各カードローンのHPをチェックしてみてください。

いますぐ返せるおすすめのカードローン

今すぐ返したいときにおすすめのカードローンを紹介していきます。

《いますぐ返せるおすすめカードローン》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行のカードローンバナー 楽天IDがあれば即日融資
楽天ポイントもらえる
楽天銀行のカードローンの詳細
おすすめ度 ★★
横浜銀行バナー 関東在住の方はこちら
3万円を30日で返済すれば利息は360円だけ
横浜銀行カードローンの詳細
おすすめ度 ★★★
アコムバナー 最短30分審査
最大30日間無利息
アコムの詳細
おすすめ度 ★★★
アイフルバナー はじめての利用で30日間利息0円サービス
1000円から借入可能
アイフルの詳細

強制解約まで時間があるなら楽天銀行のカードローンがおすすめ

おすすめ度 ★★★★★

支払日から日が浅く、強制解約までは時間があるけど、お金の目処が立っていないという方は、楽天銀行がおすすめです。

楽天銀行は、楽天市場を運営している楽天グループで知名度がある銀行のため安心してキャッシングができます。

さらに、今なら最大31000ポイントの楽天スーパーポイントが手に入るため、非常におすすめのカードローンになっています。このポイントだけでも携帯料金を3か月分ぐらい賄えるのではないでしょうか?

楽天銀行のカードローンボタン

支払い期限から2週間以上経過して、すぐに滞納金を返済したいならアコムがおすすめ

おすすめ度 ★★★

支払い期限から2週間以上経っている方におすすめしたいのはアコムです。

理由は3つ

  1. 初めての方なら最大最短30日の無利息期間があるので、支払い期限を延ばせる
  2. 審査時間が最短30分なので、すぐに結果がわかる
  3. 最短即日でお金を借りれるので、強制解約を回避することができる

請求書や督促状が来ていて、強制解約まで日数が差し迫っている人にとって、とてもうれしいスピード感です。

パートやアルバイト、学生、派遣社員の方でも安定した収入があれば申込OKです。審査が不安なあなたも安心して申し込めます!

アコム案件BOX

【まとめ】ソフトバンクから強制解約されないためには延滞金をすぐに支払おう

  • 支払いを延滞すると約2〜3ヶ月で強制解約されてしまう
  • 強制解約になるとブラックリストとして扱われてしまう
  • ブラックリスになるとクレジットカードやローンの審査に通りにくくなったり最悪裁判にもなる
  • 強制解約を免れるためにはカードローンでお金を借りるのが1番
  • たかが携帯の強制解約といっても、実は後々クレジットカードや車・住宅といったローンの審査に影響してしまいます。支払いの滞納は最悪、裁判になることもあり得ます。

    お金に関する信用を無くさないためにも、絶対に強制解約はされないようにしましょう。
    強制解約になる前に、カードローンやキャッシングを利用して解決するべきです。

    カードローンだと、計画的に利用すれば自分のペースでお金を返していけるので安心できますよ。

    • 銀行ボタン
    • 即日ボタン
    • 主婦ボタン
    • おまとめボタン
    • 無利息ボタン
    • 審査が通らない
    運営