ドコモを強制解約で裁判に?料金未払いに潜む5つのリスクと対処法

ドコモを強制解約で裁判に?料金未払いに潜む5つのリスクと対処法

ドコモ画像

強制解約ってまずいのかな
他社で契約すれば大丈夫でしょ…

ドコモから「強制解約」という通知が来たあなた。携帯料金の支払いを延滞したままにしていませんか?

放置し続けると、強制解約になってしまいます。強制解約されると、携帯電話の契約ができないのはもちろん、クレジットカードやローンの審査にまで影響が出るのです。

また、料金未納のままでは裁判になることもあります。絶対に強制解約は免れましょう。

《この記事のまとめ》
  • 支払日から約1〜2週間で携帯回線が停止する
  • 支払日から約2~3ヶ月で強制解約になる
  • 強制解約後は金融ブラックとなりローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる
  • 滞納したままだと裁判になることも…
  • 強制解約から免れるにはカードローンを利用するのが1番良い

たかが携帯料金の滞納と思っていても、強制解約されるまで放置しているとクレジットカードの支払いを滞納したことと同じ扱いになります。

「来月になればまとめて払える」と思っていても、その前に強制解約された方が今後の生活へのリスクは高いです。強制解約を免れるためにほとんどの人が銀行のカードローンを利用しています。

銀行のカードローンの中でも楽天銀行のカードローンは最短で今日中にお金を借りられます。

楽天銀行のカードローンの詳細

銀行のカードローンでの支払いはドコモの強制解約から免れるたった一つの方法

銀行のカードローンを利用すれば、今まで滞納したドコモの携帯料金を一括で支払うことができます。また、カードローンの返済は自分が払える金額を毎月返済していくので、自分のペースに合わせて返済できます。

利息が気になると思いますが、携帯料金程度であれば利息は月々数百円にしかならないことがほとんどなので安心してください。

《おすすめのカードローン》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行のカードローンバナー 最短即日で借りられる
スマホからかんたん申込
楽天銀行のカードローンの詳細
おすすめ度 ★★
横浜銀行バナー 関東在住の方はこちら
10万円を30日で返済すれば利息は1,217円
横浜銀行カードローンの詳細

上記の中では楽天銀行のカードローンが融資までのスピードが速いため、一日も早く返済をしたいならおすすめです。

楽天銀行のカードローンに申し込む

1ヶ月以内に返済できる少額ならキャッシング会社の無利息期間を利用しよう

銀行のカードローンは滞納の返済に向いていますが、1~2万円程度の滞納金額で1ヶ月以内に返済できるなら銀行のカードローンよりもキャッシング会社でのキャッシングがおすすめです。

多くのキャッシング会社には最大30日間無利息でお金を借りられるサービスがあるためです。

「来月になれば払える」という方は、キャッシング会社でお金を借りて返済すれば実質、利息0円で返済できます。1~2万円の滞納ならキャッシング会社で借りてください。

《おすすめのキャッシング》
おすすめ度 ★★★★
アコムバナー 最大30日間無利息
アコムの詳細
おすすめ度
アイフルバナー 5万円を30日借りても金利は740円
アイフルの詳細

アコムは初めての方なら30日間無利息でお金を借りれます。来月には返済できる予定なら迷わずアコムで借りて滞納した住宅ローンに充ててください。

アコムに申し込む

ドコモから強制解約されるのは支払日から約2〜3ヶ月後!強制解約までの流れ

ドコモの携帯料金を未払いのまま延滞し続けていると、支払日から約2〜3ヶ月で強制解約になってしまいます。

もう少し具体的にいうと、ドコモで強制解約されるのは支払い期限から1ヶ月半後に届く最終通告書を無視した人です。

半月後 再振替の引き落とし
1ヶ月〜1ヶ月半後 催告状(請求書付き)
約1ヶ月半後 最終通告書

延滞が続いた場合、3度に渡り通知が来ます。支払い通知は絶対に放置しないようにしましょう。

強制解約に至るまでの流れは以下のようになります。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

【約半月後】再振替の引き落とし

ドコモの1ヶ月間の利用料金は、その翌月末が支払い期限になっています。 そこで支払いを確認できなかった場合は、翌月の15日ごろに再振替が行われます。

再振替日に引き落としができないと、利用料金以外のお金(延滞利息)が発生してしまいます

1日も早く支払いを済ませ、負担を軽くしましょう。

【約1ヶ月後】回線停止になる

引き続き支払いができなかった場合は、再振替月の20日~月末までの間に回線が止まり利用停止になります。

もし再振替日にのときに料金未納のままでも、この約5日の間に滞納料金を支払えば携帯電話の利用停止にはなりません。

【約1ヶ月~1ヶ月半後】催告状が郵送で届く

回線停止のまま放置すると、再振替月の翌月初めごろに利用停止中の催告書が郵送で届きます。

この時点で支払えば回線再開は可能ですが、催告状は最後通告のようなものです。

再三にわたって支払いをお願いしたのに、連絡もないしどうなっているのか? というような内容の文面が届きます。
いよいよ契約解除の一歩手前です。

【約1ヶ月半後】最終通告書が届く

催告状を放置した場合、ドコモから再振替月の翌月15日ごろに契約解除予告と契約解除について書かれた通知書が郵送で届きます。

さらに放置すると同月22日ごろ、最終通告書が届きます

この頃には、すでに次の利用料金の請求分が再振替されているので、今回分だけ払っても回線は再開されません。

【約2ヶ月後】強制解約になる

最終通告書が届いてもなお放置した場合は、最終通告書が届いた翌月に入って強制解約になります
期間でいうと最初の支払い期限から約2ヶ月後になります。

裁判になることもある?ドコモを強制解約されたときの5つのリスク

もし強制解約になっても、「他の携帯会社にすればいいや」と思っていませんか?

実は、強制解約はたくさんのリスクを抱えることになるのです。発生するリスクを見ていきましょう。

1.約金や延滞利息が発生!放置すると払う金額が膨れ上がる

2年契約をしていて強制解約になると違約金(解約金)が9,500円が無条件で発生してしまいます。

さらに、支払い期限から15日後の再振替が終わっても支払わない場合、延滞利息がかかるようになるのです。

延滞利率は、年14.5%で支払い期限からの日数で計算します。

つまり、10000円を30日間延滞した場合 10,000円×0.145×30÷365=約119円 を追加で支払わなければなりません。

延滞すればするほど、払う金額が多くなってしまいます。さらに、支払いが遅れれば自分の信用情報が傷ついてしまうので、早めに支払いましょう。

2.ドコモの強制解約でブラックリストに?クレジットカードやローンの審査に落ちる

携帯電話会社は、信用情報機関に対して契約者の信用情報を書き込む仕組みになっています。
もし「延滞」や「強制解約」をしてしまうと事故情報として残ってしまうのです

信用情報機関に支払いをしていないという事故情報がたまっていくと、「ブラックリスト」になってしまいます。

ブラックリストになると、最低5年間はクレジットカードやローンの申込をしても審査に落ちる可能性が非常に高くなるのです

3.再契約は難しい…携帯電話の契約をするためには滞納金をすべて払うことが大切

強制解約後はドコモで基本的に同じ番号で再契約することはほとんど不可能です。

ドコモでの新規契約はもちろん、auやソフトバンク、格安SIMなどの他社と契約する際も、油断はできません。

強制解約は、他社契約すれば解決されるわけではないのです。

強制解約後に、確実に契約するためには滞納金や延滞金をすべて支払うことが重要です。

ただ延滞金を長い間支払わないでいたり、何度も延滞を繰り返していたりしていると、ブラックリストに登録されているでしょう。

新規契約時も、過去の延滞履歴などを見られ、断られる可能性もあります。

信用情報は、信用情報機関で扱っており、契約者の支払い能力があるかを管理しています。 情報は、他キャリアにも共有されています。

4.延滞金は一括払いでないと回線停止解除がされない

延滞金や滞納金は、基本的に一括払いでの支払いが求められます。

ただし、ドコモお客様サポートに電話して本当に生活が苦しい旨の内容を話すと、
分割払いで支払いを待ってどうか、ドコモ料金センターで判断してくれることもあります。

切迫している状況ならきちんと説明・相談することが大切です。

分割払いでも、延滞金や滞納金は完済するまでは電話やメール、ネットの利用はできません。

5.強制解約後も支払いを放置すると裁判に発展

強制解約後も携帯料金を未納のままでいると、ドコモが簡易裁判所に訴える可能性があります。

裁判所は「支払督促」を送ってきます。 支払督促状を受け取ったら2週間以内に異議申し立てをすることができます。 もし異議申し立てをしない場合は、ドコモが契約者の預金や給与などの財産を差し押さえ可能な状態になります。

ここで言う、異議申し立ては「料金未払いは認めるけど、分割払いをしたい」という主張です。 異議申し立てをすると次は、通常訴訟に進みます。 通常訴訟でドコモと和解しなければなりません。

和解をすると、滞納料金の支払いのプランが決定します。

料金延滞してもドコモから強制解約されない唯一の方法

携帯の料金を延滞し続けると、大きなリスクが出てくることがわかったと思います。

これらのリスクを回避するための対処法は、今すぐお金を準備して滞納した携帯料金を支払う以外ありません。

とにかく払ってしまうことが大切なのです。でも、いきなりお金を準備するなんて無理!という方も多いのではないでしょうか。

もしお金が準備できないようであれば、カードローンを利用しましょう。

おすすめのカードローンは楽天銀行のカードローンです。

誰もが知っている楽天の銀行カードローンなので安心できますし、計画を立てて自分のペースで毎月返済することができます。

楽天銀行のカードローンは、金利も年1.9%〜14.5%と他のカードローンに比べて比較的に低いので、利用しやすいと思います。

楽天銀行のカードローン案件box

再振替がおすすめ!ドコモの延滞金の支払い方法は全部で4つ

ドコモでは次の支払い方法が用意されています。

  • 再振替(支払い期限から半月のみ有効)
  • クレジットカード
  • 請求書
  • iモード

また、以下の場所で支払えます。

  • ドコモショップ
  • コンビニ

ただし、コンビニでクレジットカードや請求書で支払う場合、追加で「コンビニエンスストア所定の取扱手数料」がかかかります。

カードローンも今は安心!契約方法など

ドコモの料金支払いの延滞を続けていると、信用を失ってしまって、ブラックリストに登録されてしまうかもしれません。

その前に、滞納料金をカードローンを使ってまとめて支払いましょう

カードローンには怖いイメージもありますが、近年は法律も厳しくなり、法律に準ずるところしかカードローンができなくなました。

そのため、安心してキャッシングできるカードローンが増えてきました。

カードローンのメリットは何があるのでしょうか?

カードローンで支払うメリット

分割払いできる

ドコモの延滞金は、基本的には一括払いしか認めていません。 一方でキャッシングサービスでは、どのカードローンも分割の返済ができます。

そのため、毎月一定の支払いだけをすることで返済できるため、月々のお金のプランを設計しやすくなります。

30日間無利息期間がある

アコムやプロミスといったカードローンを初めて使うなら、最大30日間の無利息期間があります。 この最大30日間の無利息期間を使えば、利息を1円も払わないでドコモの支払いができます。

1ヶ月間返済を待ってもらえるので、1ヶ月以内にまとまったお金が入って返済できるという人は、使わない手はないでしょう。

何度でもキャッシングできる

1度カードローンのカードを作ってしまえば、何回もキャッシングをできます。

キャッシングが何度もできるので、 「毎月の給料日前にお金が足りなくなってしまう。。」 「給料日の手前にドコモの支払いがあって足りなくなる。」 という人におすすめです。

おすすめのカードローン比較

ここで紹介するカードローンは、申し込んでからお金を借りるまでの期間が比較的短いため、早くドコモの料金の滞納を解消したい方におすすめです。

《支払いの目処が立たないならこちら》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行のカードローンバナー 最短即日で借りられる
スマホからかんたん申込
楽天銀行のカードローンの詳細
おすすめ度 ★★★
アコムバナー 最短30分審査
最大30日間無利息
アコムの詳細
おすすめ度 ★★
横浜銀行バナー 関東在住の方はこちら
安心の銀行カードローン
横浜銀行カードローンの詳細

申込簡単な楽天銀行

  • 審査時間 最短即日
  • 融資時間 最短即日
  • 年利 年1.9%~14.5%

楽天銀行のカードローンは金利が1.9%~14.5%で限度額最大800万円と銀行ならではのスペックです。

また、楽天IDがあれば申込が簡単なのですぐに申込が完了します。
楽天銀行のカードローンボタン

即日融資も可能なアコム

  • 審査時間 最短即日
  • 融資時間 最短即日
  • 年利 年3.0%~18.0%

CMでおなじみのアコムは、素早い対応をしてくれることで有名です。WEBで申し込んでから、最短でその日にお金が借りられます。
滞納している携帯代金をすぐに支払いたいならおすすめです。

アコムボタン

【まとめ】ソフトバンクから強制解約されないためには延滞金をすぐに支払おう

  • 支払い日から約2〜3ヶ月延滞すると強制解約されてしまう
  • 強制解約になるとブラックリストとして扱われてしまう
  • ブラックリスになるとクレジットカードやローンの審査に通りにくくなる
  • 最悪裁判で訴えられる可能性もある
  • 強制解約を免れるためにはカードローンでお金を借りるのが1番
  • たかが携帯の強制解約といっても、実は後々クレジットカードや車・住宅といったローンの審査に影響してしまいます。支払いの滞納は最悪、裁判になることもあり得ます。

    お金に関する信用を無くさないためにも、絶対に強制解約されないようにしましょう。
    強制解約になる前に、カードローンやキャッシングを利用して解決するべきです。

    カードローンだと、計画的に利用すれば自分のペースでお金を返していけるので安心できますよ。

    • 銀行ボタン
    • 即日ボタン
    • 主婦ボタン
    • おまとめボタン
    • 無利息ボタン
    • 審査が通らない
    運営