ドコモで支払い遅れたら強制解約に?料金滞納の5つのリスクと対処法

ドコモで支払い遅れたら強制解約に?料金滞納の5つのリスクと対処法

docomo forced termination

えっ?携帯止まった…!!
実は、ドコモは支払い遅れに対しとても厳しく延長はできません

支払いが遅れるとすぐに利用停止・強制解約になってしまうのです。
この記事では料金滞納の恐ろしいリスクと対処法をお伝えします。

《※対処法はカードローンで即支払うこと》
みずほ銀行バナー

おすすめ度★★★★★
みずほ銀行のキャッシュカードでお金が借りられるので手間いらず。
口座を持っていれば24時間いつでも手続きできるので、
コンビニでお金をおろしてすぐに携帯料金を払えます。
今すぐ申込む >
詳細を見る >
楽天銀行のカードローンバナー

おすすめ度★★★★☆
携帯が止まる前に申し込めば手続きまでスマホで完結できる!
月々の返済は2,000円〜OK
コンビニATMが利用できるので、すぐに滞納料金を支払えます。
今すぐ申込む >
詳細を見る >
《料金滞納の5つのリスクとたった1つの対処法》
【リスク1】支払い遅れから約1ヶ月で利用停止約2ヶ月で強制解約になる
【リスク2】再契約や他の携帯会社との新規契約が難しく携帯が持てなくなる
【リスク3】信用情報に傷がつき、車や住宅購入のローンが組めなくなる
【リスク4】延滞金・遅延損害金・違約金を払わなければならない
【リスク5】支払いを放置すると裁判に発展

【対処法】一刻も早く滞納分を払うことが大事!月々2000円~返済OKな「カードローン」を利用しよう。

※重要※ドコモの強制解約を免れる方法は「カードローン」で今すぐ立て替えること

カードローンを利用すれば、滞納したドコモの携帯料金を一括で支払うことができます。

また、自分が払える金額を毎月返していくので、自分のペースに合わせて返済できます。

利息が気になると思いますが、携帯料金程度であれば利息は月々数百円にしかならないことがほとんどなので安心してください。

みずほ銀行ボタン
楽天銀行カードローンボタン

ドコモの支払い遅れで強制解約に?支払い遅れから強制解約までの流れ

ドコモの携帯料金を未払いのまま延滞し続けていると、支払日から約2ヶ月で強制解約になってしまいます。

もう少し具体的にいうと、ドコモで強制解約されるのは支払い期限から1ヶ月半後に届く最終通告書を無視した人です。

では、11月分(12月末日払い)を例に、いつ何が届くのか見てみましょう。

料金締め日 毎月の月末
例:11月31日
料金支払日 翌月末
例:12月31日
支払い遅れから
約1週間
料金支払通知書
例:1月7日頃
支払期限の
翌月15日
※ゆうちょ銀行は20日
再振替
例:1月15日頃
支払い遅れから
20日前後
利用停止予告の通知
(請求書付き)
例:1月20日頃
支払い遅れから
25日前後
サービスの利用停止
例:1月25日頃
支払い遅れから
約45日前後
契約解除予告兼契約解除通知
例:2月15日頃
支払い遅れから
約50日前後
最終通告書
例:2月20日頃
支払い遅れから
約60日前後
強制解約
例:2月31日頃

延滞が続いた場合、三度に渡って通知が来ます。支払い通知は絶対に放置しないようにしましょう。
強制解約に至るまでの流れを図にすると、以下のようになります。

では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

【支払い遅れから約1週間】料金支払通知書が届く

支払期限を過ぎると、約1週間後にメールやハガキで料金支払通知書が届きます。

金額や支払方法は個人によって異なり、送られてくる料金支払通知書に詳細が書かれるので、そのときに確認しましょう。

場合によっては、通知手数料等を払わなければなりません。

【支払期限の翌月15日】再振替の引き落とし

ドコモの1ヶ月間の利用料金は、その翌月末が支払い期限になっています。 そこで支払いを確認できなかった場合は、翌月の15日頃(ゆうちょ銀行の場合は20日頃)に再振替が行われます。

再振替日に引き落としができないと、利用料金以外のお金(延滞利息や遅延損害金)が発生してしまうので、1日も早く支払いを済ませ負担を軽くしましょう。

【支払い遅れから20日前後】利用停止予告の通知(請求書付き)が届く

15日の再振替ができなかった場合、その5日後くらいに利用を停止する旨が書かれた「利用停止予告」が届きます。

利用停止予告書には請求書と支払期限が記載されているので、利用停止されるまでに必ず支払いを済ませましょう。
ここで支払わなければ、回線が止まってしまいます。

【支払い遅れから25日前後】サービスの利用停止になる

引き続き支払いができなかった場合は、再振替月の20日~月末までの間に回線停止になります。

もし再振替日にのときに料金未納のままでも、この約5日の間に滞納料金を支払えば携帯電話の利用停止にはなりません。

【支払い遅れから約45日前後】契約解除予告兼契約解除通知が郵送で届く

回線停止のまま放置すると、支払い遅れから約1ヶ月半ごろに「利用停止中の催告書」が郵送で届きます。
要するに、契約解除予告兼契約解除通知です。

この時点で支払えば回線再開は可能ですが、催告状は最後通告のようなものです。

再三にわたって支払いをお願いしたのに、連絡もないしどうなっているのか? という内容の文面が届きます。いよいよ契約解除の一歩手前です。

【支払い遅れから約50日前後】最終通告書が届く

催告状を放置した場合、ドコモから再振替月の翌月15日ごろに契約解除予告と契約解除について書かれた通知書が郵送で届きます。

さらに放置すると同月22日ごろ、最終通告書が届きます

この頃には、すでに次の利用料金の請求分が再振替されているので、今回分だけ払っても回線は再開されません。

【支払い遅れから約60日前後】強制解約になる

最終通告書が届いてもなお放置した場合は、最終通告書が届いた翌月に入って強制解約になります
期間でいうと最初の支払い期限から約2ヶ月後になります。

ドコモで支払い遅れたら約1ヶ月で利用停止に!支払い遅れのデメリット

ドコモの携帯料金を滞納したままにしておくと、支払日から1ヶ月で携帯が止まってしまいます。さらに、利用停止になるだけでは終わりません。

他にも延滞金などの支払わなければいけない料金が発生したり強制解約されたりなど、少し支払いが遅れるだけで様々なデメリットが発生してしまうのです…

これらのデメリットは、あなたの人生に大きく関わります。

ドコモ携帯料金の支払い遅れのデメリットについて以下詳しく見ていきましょう。

【デメリット1】携帯が利用停止になる

まず携帯料金の支払い遅れによって携帯が使えなくなってしまいます。
ドコモキャリアの利用停止で使えなくなる機能は以下の通りです。

  • 電話
  • メールの送受信
    (緊急警報などのエリアメールの受信は可能)
  • インターネット
  • LINEなどのネットを通じたアプリ

支払い遅れで利用停止になると使える機能が少なくなりますが、全く使えなくなるというわけではありません。

利用停止中でもWi-Fiがある環境を利用すればインターネットやアプリに接続することができますよ。

ただし、Wi-Fiがあれば使えるからといってそのままにしていると大変危険です。

これから詳しく説明しますが、携帯料金の他にもお金が発生したり強制解約になったりするので、一刻も早く滞納料金を支払ってしまいましょう

滞納金を支払うのには銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングがおすすめです。

【デメリット2】延滞金や遅延損害金も支払わなければならない

支払い期日の翌月15日に行われる再振替のときに料金の支払いが確認できなかった場合、延滞利息や遅延損害金がかかってしまいます

《延滞利息と遅延損害金》
延滞利率 概要
延滞利息 年率14.5% 支払い予定日~支払う前日までの滞納金額で発生する利息のこと
遅延損害金 年率6% 支払い予定日~支払う日までの滞納金額で発生する利息のこと
《10.000円を30日間延滞した場合》
  • 【延滞金】10,000円×0.145×30÷365=約119円
  • 【遅延損害金】10,000円×0.06×30÷365=約49円
  • この場合3ヶ月で504円無駄に支払うことになります。

    さらに、延滞金や遅延損害金を含めた滞納金は基本的に一括払いしかできません…

    一括払いがどうしても厳しい場合の解決方法としては、ドコモお客様サポートに問い合わせて相談するという方法があります。

    本当に生活が苦しい旨の内容を話すと、分割払いにして支払いを待ってくれるかどうかや、支払期限を延長できないかなど、ドコモ料金センターで判断してくれることもあります。

    切迫している状況ならきちんと説明・相談することが大切です。

    ただし分割払いでも、滞納金を完済するまでは回線停止が解除されないので、電話やメール・ネットの利用はできません。

    延滞すればするほど払う金額が多くなってしまい、自分の信用情報に傷がついてしまうので、早めに支払いましょう。

    【デメリット3】支払いが遅れたら3ヶ月は機種変更等で端末の分割払い(割賦払い)ができない

    携帯料金を未払いのままにしてしまうと、実は支払い遅れから3ヶ月は携帯端末の分割払いができなくなってしまうのです。

    機種変更や新規契約で新しい携帯端末にしても、分割払いができなければ携帯本体の端末代を一気に数万円用意しなければなりません

    端末代を一括で支払うのは大変なので、機種変更や新規契約を考えている人は絶対に支払い遅れのないよう、すでに支払いが遅れてしまった人は今すぐに料金を支払ってしまいましょう。

    【デメリット4】強制解約される

    最初の支払い期限から約2ヶ月ほどで強制解約になります。

    強制解約になるとドコモでの再契約や他の携帯会社との新規契約は難しくなるのです。

    それだけでなく、住宅やクレジットカードといった様々なローンの審査に通りにくくなったり、裁判になったりもするのです…

    意外かもしれませんが、強制解約されると大きなリスクを伴ってしまうのですよ。
    それでは、強制解約についてもう少し詳しくみていきましょう。

    ドコモの支払い遅れで強制解約されたら裁判に発展?強制解約の3つのリスク

    もし強制解約になっても、「他の携帯会社にすればいいや」と思っていませんか?

    実は、強制解約はたくさんのリスクを抱えることになるのです。発生するリスクを見ていきましょう。

    【リスク1】信用情報に傷がつきブラックリストに?クレジットカードやローンの審査に通らなくなる

    支払い遅れが続いて強制解約になると、信用情報に記録が残り傷がついてしまいます。
    信用情報についた傷が増えると、いわゆる「クレジットカードの滞納」と同じでブラックリストに登録されてしまうのです。

    ブラックリストになると、最低5年間はクレジットカードや住宅・車のローンに申込をしても、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

    【リスク2】再契約や他社との新規契約も難しくなる…滞納金をすべて払うことが大切

    強制解約後はドコモで基本的に同じ番号で再契約することはほとんど不可能です。

    ドコモでの新規契約はもちろん、auやソフトバンク、格安SIMなどの他社と契約する際も、油断はできません。
    新規契約時も、過去の延滞履歴などを見られ、断られる可能性があるのです。

    なぜなら、信用情報は信用情報機関で扱われており、 情報は他キャリアにも共有されているからです。
    よって、他社契約すれば解決されるわけではないのです。

    強制解約後に確実に契約するためには、滞納金や延滞金をすべて支払うことが重要です。

    【リスク3】強制解約後も支払いを放置すると裁判に発展

    強制解約後も携帯料金を未納のままでいると、ドコモが簡易裁判所に訴える可能性があります。

    裁判所は「支払督促」を送ってきます。 支払督促状を受け取ったら2週間以内に異議申し立てをすることができます。

    ここで言う異議申し立てとは、「料金未払いは認めるので分割払いで料金を支払いたい」という主張のことです。 異議申し立てをすると、次は通常訴訟に進みます。

    通常訴訟でドコモと和解しなければなりません。和解をすると、滞納料金の支払いのプランが決定します。

    異議申し立てをしない場合は、ドコモが契約者の預金や給与などの財産を差し押さえ可能な状態になってしまいます。

    ドコモの支払い遅れの時効は5年だが信用情報に傷がつく

    携帯料金の滞納の時効は「5年」と言われています。
    5年経過し、時効の援用をすることで、携帯料金の滞納分を支払わなくてよいことがあります。

    しかし、携帯代を滞納し強制解約になった場合は、信用情報に傷がついてしまいます。
    (これがいわゆるブラックリストです)

    携帯の新規申し込みや再契約、住宅・車購入の際、ローンが組めなくなるので、充分注意してください。
    支払い遅れは放置せず、必ず即対応しましょう。

    ドコモの支払いが遅れたら滞納料金を今すぐに払うしかない

    ドコモの料金を延滞し続けると、大きなリスクが出てくることがわかったと思います。

    これらのリスクを回避するための対処法は、今すぐお金を準備して滞納した携帯料金を支払う以外ありません。

    とにかく払ってしまうことが大切なのです。
    でも、いきなりお金を準備するなんて無理!という方も多いのではないでしょうか。

    もしお金が準備できないようであれば、カードローンを利用しましょう。
    おすすめを2つご紹介します。

    申込簡単なみずほ銀行のカードローン

    • キャッシュカードがそのまま使える
    • 24時間いつでもWEB完結申込可能!
    • 年利 年2.0%~14.0%

    みずほ銀行のカードローンは金利が2.0%~14.0%で融資限度額が最大800万円と銀行ならではのスペックです。

    普段からみずほ銀行の口座を利用している方は、キャッシュそのまま使えるので申込の手間をかなり省けます。
    みずほ銀行ボタン

    即日融資も可能なアコム

    • 審査時間 最短即日
    • 融資時間 最短即日
    • 年利 年3.0%~18.0%

    CMでおなじみのアコムは、素早い対応をしてくれることで有名です。WEBで申し込んでから、最短でその日にお金が借りられます。
    滞納している携帯代金をすぐに支払いたいならおすすめです。

    アコムボタン

    ドコモの滞納した料金の支払い方法は全部で4つ!ドコモショップでの支払いがおすすめ

    ドコモでは次の支払い方法が用意されています。

    《滞納金の支払方法》
    ドコモショップ コンビニ 各金融機関
    必要書類 本人確認書類 振込用紙 振込用紙
    営業時間 10時〜19時 24時間 金融機関で異なる

    1番おすすめなのはドコモショップでの支払いです。
    ドコモショップで支払いを済ませると、最短5分で回線が復活します

    コンビニや金融機関で支払う場合は、振込用紙が必要です。振込用紙は携帯会社から送られてくるので、必ず準備していきましょう。

    支払いがどんどん増える…違約金を払わなければならない場合も

    もし強制解約されてしまったら、とにかく滞納金を早く支払うことが最重要です。

    先ほどもお伝えしましたが、支払いが遅れてしまうと延滞金に加え遅延損害金も発生してしまいます。

    さらに、もし機種変更後2年未満であれば、違約金(解約金)9,500円も発生します。

    この違約金とは契約更新月以外に解約した場合に発生する金額です。
    ドコモは2年間の契約を条件に、端末代や月額基本料を割引するシステムをメインにしています。

    ですので、強制解約された場合滞納金とは別に、1万円以上払わなければならないのです。

    支払う金額をできるだけ少なくするためにも、一刻でも早く滞納金を支払ってしまいましょう。

    滞納料金を支払えない人にカードローンをおすすめする3つの理由

    ドコモの料金支払いの延滞を続けていると、信用を失ってしまって、ブラックリストに登録されてしまうかもしれません。

    その前に、滞納料金をカードローンやキャッシングを使ってまとめて支払いましょう

    カードローンやキャッシングは怖いイメージもありますが、近年は法律も厳しくなり、法律に準ずるところしかカードローンやキャッシングの営業ができなくなました。

    そのため、安心してキャッシングできるカードローンが増えてきました。
    カードローンのメリットは何があるのでしょうか?

    【おすすめ理由1】分割払いができる

    ドコモの滞納金は、基本的には一括払いしか認めていません。 一方でキャッシングサービスでは、どのカードローンも分割の返済ができます。

    そのため、毎月一定の支払いだけをすることで返済できるため、月々のお金のプランを設計しやすくなります。

    【おすすめ理由2】30日間無利息期間がある

    アコムやプロミスといったカードローンを初めて使うなら、最大30日間の無利息期間があります。 この最大30日間の無利息期間を使えば、利息を1円も払わないでドコモの支払いができます。

    1ヶ月間返済を待ってもらえるので、1ヶ月以内にまとまったお金が入って返済できるという人は、使わない手はないでしょう。

    【おすすめ理由3】何度でもキャッシングできる

    1度カードローンのカードを作ってしまえば、何回もキャッシングをできます。

    キャッシングが何度もできるので、 「毎月の給料日前にお金が足りなくなってしまう…」 「給料日の手前にドコモの支払いがあって足りなくなる…」 という人におすすめです。

    ドコモの支払いが遅れた人におすすめのカードローン

    ここで紹介するカードローンは、申し込んでからお金を借りるまでの期間が比較的短いため、早くドコモの料金の滞納を解消したい方におすすめです。

    《支払いの目処が立たないならこちら》
    おすすめ度 ★★★★★
    みずほ銀行バナー みずほ銀行のキャッシュカードでお金が借りられるので手間いらず。
    口座を持っていれば24時間いつでも手続きできるので、
    コンビニでお金をおろしてすぐに携帯料金を払えます。
    みずほ銀行詳細
    おすすめ度 ★★★☆☆
    楽天銀行のカードローンバナー 携帯が止まる前に申し込めば手続きまでスマホで完結できる!
    さらに返済は月々2,000円〜OK
    申込から融資まで最短即日で利用可能。すぐに滞納金を支払えます。
    楽天銀行のカードローン詳細
    おすすめ度 ★★☆☆☆
    アコムバナー 初めての利用で最大30日間無利息!
    最短30分で審査回答、即日振込もできるから
    その日に料金を払って強制解約されるのを防げます。
    アコム詳細
    おすすめ度 ★☆☆☆☆
    アイフルバナーリンク 最短30分で審査完了、即日融資も可能。
    ネットから申込後に電話をすると審査時間を短縮してくれる
    すぐに滞納金を支払いたい方におすすめ。
    アイフル詳細

    申込簡単なみずほ銀行のカードローン

    • キャッシュカードがそのまま使える
    • 24時間いつでもWEB完結申込可能!
    • 年利 年2.0%~14.0%

    みずほ銀行のカードローンは金利が2.0%~14.0%で融資限度額が最大800万円と銀行ならではのスペックです。

    普段からみずほ銀行の口座を利用している方は、キャッシュそのまま使えるので申込の手間をかなり省けます。
    みずほ銀行ボタン

    即日融資も可能なアコム

    • 審査時間 最短即日
    • 融資時間 最短即日
    • 年利 年3.0%~18.0%

    CMでおなじみのアコムは、素早い対応をしてくれることで有名です。WEBで申し込んでから、最短でその日にお金が借りられます。
    滞納している携帯代金をすぐに支払いたいならおすすめです。

    アコムボタン

    【まとめ】ドコモの支払い遅れで強制解約されるのを免れるためには今すぐ延滞金を払おう

    いかがでしたか?
    この記事では料金滞納のリスクと対処法について紹介しました。

    《料金滞納の5つのリスクとたった1つの対処法》
    【リスク1】支払い遅れから約1ヶ月で利用停止約2ヶ月で強制解約になる
    【リスク2】再契約や他の携帯会社との新規契約が難しく携帯が持てなくなる
    【リスク3】信用情報に傷がつき、車や住宅購入のローンが組めなくなる
    【リスク4】延滞金・遅延損害金・違約金を払わなければならない
    【リスク5】支払いを放置すると裁判に発展

    【対処法】一刻も早く滞納分を払うことが大事!月々2000円~返済OKな「カードローン」を利用しよう。

    たかが携帯の強制解約といっても、実は後々クレジットカードや車・住宅といったローンの審査に影響してしまいます。支払いの滞納は最悪、裁判になることもあり得ます。

    お金に関する信用を無くさないためにも、絶対に強制解約されないようにしましょう。
    強制解約になる前に、カードローンやキャッシングを利用して解決するべきです。

    カードローンだと、計画的に利用すれば自分のペースでお金を返していけるので安心できますよ。

    安心の大手銀行で借りたいなら三菱東京UFJ銀行バンクイックへ

    三菱東京UFJ銀行バンクイックボタン

    今日、今すぐお金を借りたいならプロミスへ

    プロミスボタン

    ネット銀行ならではの金利!申込で楽天ポイントもらえる!

    楽天銀行カードローンボタン
    運営