一番早く借りる方法はどれ?

即日お金を借りる

「流れ」をチェック!

hayai

①申込速度

ネット: 急ぎOK
電話: 急ぎOK
店舗・ATM: 移動が必要

今すぐ申込ができる「ネット」か「電話」がおすすめですよ。

ネット申し込みから店舗でカード受け取りもできる場所が多いので、最短で借りるのにはいますぐ申込める方法を選びましょう!

 

②審査回答

メール回答: 急ぎOK
電話回答: 急ぎOK
郵送: 遅すぎる

基本的に大手銀行やキャッシング会社の審査時間は短く、回答が早いところが多いです。

返答が遅い場所になると、地方銀行で審査回答が郵送の場所があるので、これには注意が必要です。

キャッシングの審査時間が非常に早く、最短30分回答が普通です。

大手銀行の回答スピードは30分~1時間の場所もあれば、数日かかる場所もあります。

③契約

ネット契約: 急ぎOK 大手キャッシング
店舗・ATM: 移動時間あり
FAX: コンビニなど移動時間あり
郵送: 投函~数日で遅すぎる

大手のキャッシング会社の契約方法はネットやアプリから可能で、非常に利便性が高いのが特徴です。

キャッシング会社では本人確認書類をスマホの写真で撮ってメールで送るなど、銀行では考えられないようなサービスがあります。

地方銀行大手銀行では契約書をFAXで送る場所や、店舗に来店が必要な場合などがあり、審査通過後の契約で時間ロスが発生する場合があります。

※しかも銀行は平日15時までしか空いていない。

どの金融機関でも店舗での契約の場合、本人確認書の「運転免許証など」が必要ですので忘れないようにしましょう!

④出金

口座振り込み: 急ぎOK
店頭・ATM: 急ぎOK
カード郵送後のATMで出金: 遅い

急ぎの方は「口座振り込み対応」のキャッシングが良いでしょう。

「口座振込キャッシング」のメリットは、申込から入金までネットでできる点です。

契約後すぐに振込が完了し、口座に入金があります。

その後は、いつものATM出金と同様で、銀行またはコンビニATMに行き、いま利用している手持ちのキャッシュカード(入金口座のカード)で出金ができます。

振込キャッシングではない「銀行カードローン」によくある話ですが、契約まで済んでいるにも関わらず、カードが送られてくるまでに数日~数週間かかる銀行があります。

カードが手元にないと出金ができないのがカードローンですので、契約からカード郵送までの時間に注意が必要です。

 

「結論」借りるまでが早い場所

プロミス: 口座振込「瞬フリ」
アコム: 口座振込
アイフル: 口座振込
大手銀行: ATM融資/カード郵送
地方銀行: 来店融資/カード郵送

「瞬フリ」「口座振込」とはローン契約後に銀行口座へ振り込みで入金してくれるサービスのことです。
振込対応のキャッシングは以下の3つです。

プロミスの詳細
アコムの詳細
アイフルの詳細

銀行で早い場所を探している方は楽天銀行の詳細へ

 

それでは、「振込キャッシング」の中でのサービス比較をしていきましょう。

furikomi-6

上記の表より、いち早く借りたいと考えている方に

3サービスの中からお金丸がおすすめするのはプロミスです。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方はアコムも早いですよ!

金利差などはほとんどないので、この2サービスから選ぶことで「急ぎ」の場合の対処は間違いないでしょう。

ちなみに「プロミス」※ 「アコム」は無利息の期間のサービスがあるので、短期で借りる場合、大変お得です。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

p-3

即日で借りたいなら楽天銀行のカードローンへ

楽天銀行カードローンボタン

安心の大手銀行で借りたいなら三菱東京UFJ銀行バンクイックへ

三菱東京UFJ銀行バンクイックボタン

無利息でお金を借りたいならプロミスへ

プロミスボタン
運営