更新日:2020-04-03

お金を借りるのにおすすめなのは?初めて借りるならどこがいい?

おすすめ借入先2選|お金借りる初心者が絶対失敗しないカードローン

「お金を借りるのは初めてで不安…消費者金融から借りても大丈夫?」

「おすすめのカードローンが知りたい!」

消費者金融、銀行、キャッシング、カードローンなど、様々な金融機関からお金を借りるための様々なサービスが提供されています。

初めてお金を借りる人は、どのサービスを利用するのがいいのでしょうか?

この記事では、初めてお金を借りる人に向けてお金を借りるのにおすすめのカードローンを中心に紹介していきます

また、選ぶ際の基準や目的別におすすめのカードローンも紹介しているので、自分に合ったカードローン選びの参考にしてみてください。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融のカードローン

  • カードローンによって融資時間やバレにくさ、金利などが異なる
  • 大手消費者金融ならバレずに即日融資が可能
  • 金利を抑えたいなら銀行のカードローン
  • カードローン以外の選択肢には8つある

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

目次

《最短即日キャッシングのおすすめ》

プロミス

プロミスバナー
  • Webなら最短1時間融資!
  • インターネット返済で24時間土日でも返済可能!
  • 初めての利用で最大30日間無利息※メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要

※当メディアの価格表記は、すべて税抜です。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融のカードローン

初めてお金を借りるなら、「大手消費者金融」の「カードローン」を選ぶのが良いでしょう。

まず、金融機関からお金を借りるには、主に、以下のような金融機関や商品が存在します。

主な借入先

  • 消費者金融
  • 銀行

主な商品

  • カードローン(お金を借りることに特化したサービスのこと)
  • キャッシング(クレジットカードの機能の一部のこと)

キャッシングはクレジットカードの機能の一部であるため、気軽にお金を借りることができるイメージがありますが、比較的高い金利が設定されているのが特徴です。

お金を借りることだけが目的なら、お金を借りる専用のサービスであるカードローンを利用する方がメリットが大きいでしょう。

そして、銀行のカードローン、消費者金融のカードローン、それぞれ異なる特徴がありますが、初めてお金を借りる人で、特に今すぐバレずに借りたいと考えている人には消費者金融のカードローンが向いています

続いて、本当に消費者金融からお金を借りても大丈夫?と不安を感じている人に向けて、消費者金融のカードローンを利用するメリットを説明していきます。

「総合力なら大手消費者金融のカードローン」な理由

「大手消費者が総合力で優れている」とおすすめできる理由は以下の3つです。

大手消費者金融が優れているポイント

  1. 即日融資に対応しているところがある
  2. Web完結ならバレずに借りられる可能性がある
  3. 初めての借入なら無利息期間を設定しているところがある

このように、大手消費者金融なら、今すぐお金が必要、周囲にバレたくない、単発的にお金が必要などの事情に柔軟に対応できるサービスが揃っています。

初めてお金を借りる人に検討してほしいのはプロミス

大手消費者金融であれば、先ほど説明した即日融資、Web完結、無利息期間に対応しているところがほとんどですが、中でもプロミスが特に優れているポイントは以下の2つです。

プロミスの利点

  • 最短1時間でお金を借りることができる
  • 実際にお金を引き出した日から30日間の無利息期間が適用される(※)

※メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要です。

プロミスは融資までの時間が他の消費者金融と比べて短いので、なるべく早くお金が必要という人には嬉しいでしょう。

また、プロミスが他とは違うポイントは、無利息期間のカウントが契約成立日からではないという点です。

無利息サービスが適用されるのは初めてお金を借りる人に限られるため、利用しない手はないでしょう。

プロミス

  • 原則24時間振込可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

ここからは、借入先を選ぶ際に見るポイント、金融機関によって異なるポイントをさらに詳しく見ていきましょう。

お金を借りる際に重視するポイント別に借入先を紹介

どのカードローンが合うのか

続いて、以下の3つの観点からおすすめの借入先を紹介します。自分に合ったカードローンを選んでみてください。

  1. 今すぐバレずに借りたい
  2. 金利を抑えたい
  3. 審査に通るか不安

今すぐバレずに借りたいならプロミス

「とにかく今すぐにお金が必要!」

「家族や職場の人にバレたりしないかな…」

先ほども紹介したように、プロミスなら最短1時間でお金を借りられる可能性があります。申込後には審査がありますが、審査時間を含めても、早ければ申し込んだ当日中にお金を借りることができるでしょう。

また、絶対に周囲にバレたくないという人は、プロミスのWeb完結申込を利用すると良いでしょう。Web申込サービスを導入しているカードローンは他にもありますが、プロミスのWeb完結申込ならならカードなどの郵送物がありません。(※)

※メールアドレスの登録とWeb明細の登録が必要

プロミス

  • 原則24時間振込可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

即日、バレずにお金を借りたいなら、他にも以下のような消費者金融のカードローンがあります。

優先的に審査をしてもらいたいならアイフル

アイフルならお急ぎの人にもすぐに対応してくれることがあります。Webで申し込んだあとに電話で連絡すると、審査を優先的に進めてくれる可能性がアップします

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!今日お金が手に入る可能性高
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

自動契約機で当日中にお金を借りるならアコム

アコムは、自動契約機「むじんくん」の設置数が多いのが特徴で、全国に約1,000台程度も設置されています。

また、自動契約機の営業時間も9時~21時と長いなど利便性も高く、自動契約機を利用して即日お金を借りようと考えている人におすすめできます。

Web申込後に自動契約機に行くことで、その場でカード発行、現金の引き出しに対応してもらえる可能性があります。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

金利を押さえたいなら三菱UFJ銀行カードローン

「金利が高いのが一番心配…」

「やっぱり消費者金融からお金を借りるのは抵抗がある…」

しっかり返済できるか不安、消費者金融から借りるのは何となく怖いというイメージがある人は、銀行のカードローンに申し込んでみましょう。

特に返済に不安がある人にとっては、三菱UFJ銀行カードローンが安心でしょう。なぜなら、消費者金融と比べて金利が低いだけでなく、月々の返済額が最低1,000円からでOKな場合があるからです。(条件によって異なる。)

金利が低い分、審査が厳しい傾向がありますが、収入などに問題がなさそうであれば一度申し込んでみると良いでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

三菱UFJ銀行カードローン以外にも、金利を抑えることができる銀行のカードローンには以下のようなものがあります。

手持ちのキャッシュカードが使えるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%となっています。さらに、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人であれば、金利をさらに年0.5%引き下げることができます。

※引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%

その他、みずほ銀行カードローンのメリットは、みずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合に、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を付けることができる点です。

みずほ銀行の口座を持っている人にはおすすめできるカードローンです。

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

新規口座開設不要で借入・返済ができる楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの金利は年1.9%~14.5%と、他の銀行のカードローンと同じく低水準です。

楽天銀行スーパーローンの便利な点は、楽天銀行の口座を持っていない場合でも、手持ちの他行口座に振込をしてもらえたり、引き落としの設定ができるということです。

楽天銀行スーパーローン

  • 1万円から融資OK。"今の自分の口座"に振り込んでもらえる
  • ネット銀行ならではの金利
  • 楽天IDを持っている人は特に手続きが簡単

審査が不安ならアコム

「審査に通るか不安…」

「学生や主婦でもお金を借りられるの?」

学生や主婦の人は、返済能力がないとみなされてなかなか融資してもらえないのが現状です。特に銀行のカードローンの中には規約上NGとなっているところもあります。

しかし、一部の消費者金融には、学生や主婦にも融資をしてくれるところがあります。

※アルバイトやパートなどの収入があることが条件
※融資希望額が50万円を超える場合には収入証明書が必要

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

お金を借りる先を選ぶ時に見るポイント

もう少し色々な項目を踏まえて検討したいという人のために、より詳細に説明していきます。

どのカードローンを選んでもあまり変わらないこと

カードローンごとの違いを見る前に、どのカードローンを選んでも変わらないことを押さえておきましょう。

どのカードローンにも共通すること

  • 20歳以上で安定した収入があることが申込条件
  • 必要書類は本人確認書類と収入証明書のみ
  • 原則利用目的自由で借り入れることができる
  • 借入と返済を繰り返し行うことができる
  • 返済期間が長引くと利息が高くなる
  • 延滞した場合には遅延損害金が発生する

上記の6つの項目は、どのカードローンを選んでも同じです。

まず、申込条件に当てはまらない人は申し込むことができませんので、カードローンによって「無職でもOK」ということはありません。

無職の人がお金を借りる方法はこちら

申込条件に当てはまり、本人確認書類と収入証明書を用意することができればカードローンの申込に進むことができます。

カードローンは用途自由で、返済が終わっていなくても追加の借入ができるのが最も大きな特徴です。

一方、返済期間が長くなるとその分利息も増えるようになっているので、なるべく短期間で、期限に遅れることなく返済を進めるのがコツです。

カードローンによって異なること

続いて、各種カードローンによってどのようなことが変わってくるのか詳しく見ていきましょう。

カードローンの種類には銀行が提供するものと消費者金融が提供するものがあると説明しましたが、この種類の違いが主なサービス内容の違いを生み出しています。

銀行と消費者金融のカードローンの違い

銀行 消費者金融
融資までの時間 数日~2週間 最短即日
金利 年1.8%~14.6%
※三菱UFJ銀行カードローン
年4.5%~17.8%
※プロミス
その他サービス 返済手数料無料のところが多い 無利息サービスを設けているところが多い

銀行と消費者金融の大きな違いは、融資までに時間がかかるかどうか、金利は安いかどうかの2つです。

銀行は消費者金融より金利が低く設定されていますが、比較的厳格な審査が行われるため融資までには最大で2週間ほど時間がかかります。

一方消費者金融は、先ほど説明したように最短即日融資が可能です。銀行より金利は高く設定されていますが、無利息サービスを利用し、短期間で返済できれば銀行より低い金利で借りることができる場合もあります。

それぞれ、具体的なカードローンごとに比較してみましょう。

(1)融資時間の違い

銀行のカードローンは即日融資不可

銀行と消費者金融では、具体的に以下のように融資時間が異なります。主な金融機関で比較しました。

カードローンの融資時間

カードローン 融資時間
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 翌日以降
みずほ銀行カードローン 2~3営業日
三井住友銀行カードローン
消費者金融のカードローン プロミス 最短1時間
アコム 最短1時間
アイフル 最短1時間

(2)金利の違い

以下の表の通り、銀行のカードローンは消費者金融と比べて上限金利が低いのが特徴です。

カードローンの金利

カードローン 金利
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
消費者金融のカードローン プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年4.5%~17.8%
アイフル 年3.0%~18.0%

銀行のカードローンのように金利が低いところを選んで地道に返済すれば、返済総額は安く済みます。 実際に、50万円借りた場合の返済総額の差を比べてみましょう。

50万円借りた場合の返済総額の差

返済期間 大手消費者金融 銀行のカードローン 差額
1年 549,503円 540,128円 -9,375円
3年 650,721円 620,444円 -30,268円
5年 758,514円 705,810円 -52,704円

※大手消費者金は金利年17.8%+30日間無利息サービス込みの場合、銀行のカードローンは金利年14.5%で計算

こうして見ると、返済年数が長くなるにつれて銀行のカードローンで借りたほうが返済総額が安く済むことがわかります。

(3)返済手数料の違い

借入時の手数料の有無は利用するカードローン、提携しているATMなどで変わってくるために一概にはいえませんが、銀行のカードローンは返済手数料が無料であることが多いです。

利用頻度が高い場合は、銀行のカードローンを利用した方が節約できるでしょう。

ここでは、大手消費者金融のアコムと三菱UFJ銀行カードローンの返済手数料を比較してみました。

カードローンの返済手数料

返済方法 いくらまで 手数料
アコム アコム専用ATM いくらでも 無料
提携銀行ATM 10,000円まで 100円
提携コンビニATM 10,000円以上 200円
三菱UFJ銀行カードローン 三菱UFJ銀行ATM いくらでも 無料
提携コンビニATM 無料

返済にする際には「利息+ATM借入手数料+ATM返済手数料」を支払うことになります。返済手数料が無料であるだけでも、コスト削減につながるのです。

(4)無利息サービスの有無

大手消費者金融であれば、初めてお金を借りる人に限定して無利息期間を設定していることがほとんどです。

カードローンの無利息サービス

カードローン 融資時間
銀行のカードローン 三菱UFJ銀行カードローン 無し
みずほ銀行カードローン 無し
三井住友銀行カードローン 無し
消費者金融のカードローン プロミス あり
アコム あり
アイフル あり

無利息期間を利用するとどれくらいメリットがあるのかを見ていきましょう。

30万円借りた場合の利息差

借入期間 大手消費者金融 銀行のカードローン 差額
1ヵ月 300,000円 303,600円 -3,600円
2ヵ月 304,438円 305,485円 -1,037円
3ヵ月 306,691円 307,328円 -587円
4ヵ月 311,333円 309,178円 2,155円

※大手消費者金は金利年17.8%+30日間無利息サービス込みの場合、銀行のカードローンは金利年14.5%で計算

こうして見ると、無利息期間を利用して3か月以内に返済できれば、消費者金融のほうが金利を抑えられることがわかります。

無職の場合などにカードローン以外でお金を借りる方法

無職でもお金を借りられる方法
  • 金融機関からお金を借りるのには抵抗がある人
  • 金融機関の審査に落ちてしまって借りられなかった人
  • 無職なのでカードローンの申込条件に当てはまらない人

などに向けて、カードローン以外でお金を借りる方法を紹介します。

カードローン以外でお金を借りる方法一覧

  1. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  2. 生命保険の契約者貸付を利用する
  3. ろうきんからお金を借りる
  4. 勤務先の従業員貸付制度を利用する
  5. 不動産担保ローンを利用する
  6. 質屋からお金を借りる
  7. 身近な人からお金を借りる
  8. 日本政策金融公庫からお金を借りる
  9. 総合支援資金制度を利用する

それぞれの方法において、お金を借りられる条件やメリットデメリットが存在します。

詳細は以下の記事で説明していますので、カードローン以外の方法も選択肢に入れたいという人は参考にしてみてください。

【お金を借りる11の方法】金利・申込条件・融資時間など借入方法総まとめ

さらに、無職の人がお金を借りる場合には、以下のように選択肢が限られてきます。

無職の人がお金を借りる方法

  1. 総合支援資金制度を利用する
  2. 生命保険の契約者貸付制度を利用する
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  4. 不動産担保ローンを利用する
  5. 個人間融資を利用する
  6. 質屋を利用する
  7. 身近な人からお金を借りる

完全に収入のない無職の人は、上記の7つの方法ならお金を借りられる可能性があります。1~4の方法の中から選んでお金を借りるのが良いでしょう。

5,6,7の方法に関しては、デメリットが大きく危険も伴うため、あまりおすすめできません

個人間融資とは、消費者金融や銀行を通さず、個人がインターネット上の掲示板などでお金の貸し借りを行うことですが、闇金などのように違法業者が潜んでいることがあるので利用するのは避けましょう。

また、質屋は非常に高金利ですし、身近な人からお金を借りるのもトラブルになりかねません。

無職の人がお金を借りる方法については以下の記事でも紹介しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

無職でもお金を借りる7つの方法

審査

詳細を見る>

【Q&A】お金を借りる際のウソ・ホント

最後に、初めてお金を借りる人のよくある疑問をまとめました。カードローンに申し込む前に一度確認しておきましょう。

消費者金融でお金を借りると取り立てに来るってホント?

大手消費者金融であれば、いきなり家や職場に押しかけて取り立てを行うことはありません。消費者金融の取り立ては貸金業法によって厳しく制約されているからです。

貸金業法第二十一条

貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

出典:貸金業法第二十一条 取立て行為の規制より

通常、本人のみに電話やハガキでの督促となり、脅されることもありません。

ただし、返済が終わっていないにもかかわらず、借入先からの連絡を無視し続ければ、家への訪問や一括返済を迫られる場合もあるでしょう。

しかし、これはカードローン会社としても最終手段です。きちんと返済を続け、返済が厳しくなってもちゃんと相談をすれば、こういった状況に陥ることはまずありません。

銀行のカードローンならブラックリストに載らないってホント?

いわゆるブラックリストというのは、一定期間返済が滞ったり、破産鉄続きなどをした場合に「事故情報」として登録されてしまうことを指します。

借入後、銀行であっても消費者金融であっても計画通りに返済を続けていれば、借金をしただけで事故情報として登録されてしまうということはありません

一方、銀行であっても消費者金融であっても、61日以上滞納してしまった場合には事故情報として登録されることがあります。銀行だから安心ということはありません。

返済日までにお金を用意することが難しければ、早めに連絡をするようにしましょう。

審査に通りやすくなる方法があるってホント?

審査を通過するための裏技というようなものはありません。しかし、申込内容に不備があると、本人確認などがスムーズに進まず審査に落ちてしまうこともあるので、申込時はミスなく入力するようにしましょう

また、融資希望額を入力する項目で、返済能力を超えた金額を希望してしまうと審査に落ちる可能性が高くなるので、審査が不安な人は少額を希望しておくと良いでしょう

この記事のまとめ

初めてお金を借りる人にとって、今すぐバレずに借りることができる大手消費者金融のカードローンはメリットが大きいでしょう。また、金利を抑えることが優先という人は銀行のカードローンから選ぶといったように、自分が優先すべき項目を考えて、自分に合ったカードローンを見つけてください。

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

カテゴリー内記事一覧

記事がありません