【お金借りる方法おすすめ】迷っているあなたが選ぶべき借入先を紹介

「お金借りたいけど損したくない…
結局どこにすればいいの?

お金を借りる方法はいくつかありますが、その中でもより多くの人が借りることができ、使い道も自由なカードローンがおすすめです。

カードローン選びの際には、借りる金額と返済期間で選ぶことで失敗することなくお金を借りられます

なぜなら、返済時に多くの人が苦しんでいるのが、予想以上に支払うことになってしまった利息だからです。

この記事では、お金を借りる方法で迷っているあなたにピッタリのおすすめをご紹介します。

お金の借り方で迷っている人におすすめ

  1. 30万円以下を借りて3ヵ月以内に返すなら無利息期間のある消費者金融でお得に借りる
  2. 30万円以上借りて地道に返すなら低金利の銀行のカードローンで手堅く借りる
  3. おすすめはプロミス三菱UFJ銀行カードローン

目次

《おすすめカードローン》

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 初めての利用で最大30日間無利息
  • 郵送物無しのWeb完結申し込みで周りにばれない
  • 少ない入力項目で最短3分!カンタン申し込み

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能
  • 年1.8%~14.6%と銀行ならではの金利
  • 返済額は最低 1,000円からOK!返済が不安な人にもおすすめ

※プロミスの無利息期間サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

30万円以下を借りて3ヵ月以内に返せる人には消費者金融がおすすめ

今月もあと少しなのに、このままじゃ生活費が足りなくなりそう…

給料日前によくあると思います。こういう方には、無利息期間を設けている大手消費者金融がおすすめです。

消費者金融って何か危ないんじゃないの?という声が聞こえてきそうですね。確かに、消費者金融といえば取り立てが厳しいイメージがあり、あまりいい印象を持たれないかもしれません。

しかし、どこを借入先に選ぶにしろ、お金を借りるという行為に変わりはありません。

実際、催促や取り立てといった皆さんが一番不安に感じる部分では、消費者金融も銀行も大きな差が無いそうです

それならば、無利息期間を上手に利用してお得に借りる方が賢いやり方でしょう。

消費者金融業者はたくさんありますが、その中でも特におすすめはプロミスです。なぜなら、初回借入の翌日から30日間利息無料で借りることができるからです。

お得なサービスを利用して、賢くお金を借りましょう。

《3ヶ月で返済する人におすすめのカードローン》

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 初めての利用で最大30日間無利息
  • 郵送物無しのWeb完結申し込みで周りにばれない
  • 少ない入力項目で最短3分!カンタン申し込み

※プロミスの無利息期間サービスを利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

では、次から大手消費者金融のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

【メリット】即日で借りられて無利息期間あり

大手消費者金融のメリットは何と言ってもこの2つ。

  • 最短即日融資
  • 「最短30分で審査回答」を売りにしている業者もあります。早ければ申し込んだその日にお金を借りられるので、急いでいる方におすすめです。
  • 無利息期間あり
  • 大手消費者金融では「初めての申込なら最大30日間無利息」サービスがあるところが多いです。無利息サービスを利用すれば、銀行のカードローンより安く済ませられることも。

どこでお金を借りるにしても、少額融資であれば基本的に設定されている最高金利が適用されます。 なので、3ヶ月間以内で返せる人には最大30日間の無利息サービスがお得に使えるのです。

実際に30万円借りた場合で比較してみましょう。

30万円借りた場合の利息差

借入期間 大手消費者金融 銀行のカードローン 差額
1ヵ月 300,000円 303,600円 -3,600円
2ヵ月 304,438円 305,485円 -1,037円
3ヵ月 306,691円 307,328円 -587円
4ヵ月 311,333円 309,178円 2,155円

(大手消費者金は金利17.8%+30日間無利息、銀行のカードローンは金利14.5%で計算)

こうして見ると、3ヶ月以内であれば消費者金融でお得に借りられることがわかりますね。

さらに、申し込みから借り入れまでに時間がかからないところも消費者金融のカードローンの魅力です。

大手消費者金融を中心に短時間で借りられるサービスが充実しており、申し込みの方法だけでも複数の選択肢を設けていることが多いです。

消費者金融の主な申込方法

  • Web
  • 自動契約機
  • 電話
  • 窓口

窓口に行く時間がない場合は、Webや自動契約機などで窓口の営業時間外でも申込の手続きを進めることができます。

また、申込後に審査がありますが、最短30分の審査回答を実施しているところもあり、早ければ申し込んだ当日中にお金を借りられます

その日のうちにお金を借りるなら親や知人を頼る方法もありますが、だいたい10~30万円くらいの額を確実に借りるなら消費者金融のカードローンを利用するのがいいでしょう。

またプロミスであれば他社と違い契約成立日からではなく、実際に借りる目的でお金を引き出した日から30日間無利息がカウントされるのでとてもお得です。

プロミス

申し込みは こちら

【デメリット】長期借入でトータルの負担が重くなる

消費者金融を利用するデメリットは、銀行のカードローンなどと比較して金利がやや高めに設定されていることです。

借り入れが長引くほど利息が膨らみ、トータルの支払額が多くなってしまいます

では、少額でも返済期間が長くなってしまいそうな人は、どこで借りればお得に借りられるのでしょうか。次でご紹介します。

30万円以上借りて地道に返済なら銀行のカードローンがおすすめな理由

引っ越し資金にまとまったお金が欲しい…
今すぐ海外旅行に行きたいのにお金がない!

 大きなお金を借りて分割返済するなら、上限金利の低い銀行のカードローンがおすすめです。

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

銀行のカードローンで借りるメリット

  • 【メリット1】返済総額が下がる
  • 【メリット2】月々の返済が軽くなる
  • 【メリット3】返済期間が短くなる

一つずつ見ていきましょう。

【メリット1】返済総額が下がる

銀行のカードローンのように金利が低いところを選べば、地道に返済しても返済総額は安く済みます。

実際に、50万円借りた場合の返済総額の差を比べてみましょう。

50万円借りた場合の返済総額の差

返済期間 大手消費者金融 銀行のカードローン 差額
1年 549,503円 540,128円 -9,375円
3年 650,721円 620,444円 -30,268円
5年 758,514円 705,810円 -52,704円

(大手消費者金は金利17.8%+30日間無利息、銀行のカードローンは金利14.5%で計算)

こうして見ると、返済年数が長くなるにつれて銀行のカードローンで借りたほうが返済総額が安く済むことがわかりますね。

【メリット2】月々の返済が軽くなる

また、金利が低いと当然ながら毎月の返済額も少なくて済みます。

実際に、50万円借りた場合の月々の返済額を表にしてみました。

50万円借りた場合の一か月の返済額

返済期間 大手消費者金融 銀行のカードローン
1年 45,792円 45,011円
3年 18,026円 17,210円
5年 12,642円 11,764円

(大手消費者金は金利17.8%+30日間無利息、銀行のカードローンは金利14.5%で計算)

返済期間が長引くほど、毎月の返済額に影響することがわかりますね。

【メリット3】返済期間が短くなる

さらに、返済総額が下がることで返済期間を短くすることができます。

実際に、50万円借りて毎月の返済額を1万5千円とすると、以下のような返済期間の差になりました。

50万円借りた場合の返済期間の差

返済期間の比較
大手消費者金融 47ヵ月(約4年)
銀行のカードローン 43ヵ月(約3年半)

(大手消費者金は金利17.8%+30日間無利息、銀行のカードローンは金利14.5%で計算)

こうして見ると、銀行のカードローンで借りたほうが早い段階で返済のプレッシャーから解放されることがわかりますね。

【その他のメリット】返済手数料の無料サービスを行っているところもある

借入時の手数料の有無は利用するカードローン、提携しているATMなどで変わってくるために一概にはいえませんが、銀行のカードローンは手数料無料であることが多いです。

利用頻度が高い場合は、銀行のカードローンを利用した方が節約できるでしょう。

実際に、代表的な大手消費者金融と銀行のカードローンの返済手数料を比較してみました。

返済手数料比較

返済方法 いくらまで 手数料
アコム アコム専用ATM いくらでも 無料
提携銀行ATM 10,000円まで 108円
提携コンビニATM 10,000円以上 216円
三菱UFJ銀行カードローン 三菱UFJ銀行ATM いくらでも 無料
提携コンビニATM 無料

「利息+ATM借入手数料+ATM返済手数料」と考えると削減すべきコストです。提携しているATMがあれば手数料が無料になり、コスト削減に繋がります。

銀行のカードローンの中でも、三菱UFJ銀行カードローンは特におすすめです。 年1.8%~14.6%と銀行ならではの金利で融資を行っており、また最低返済額が1,000円からと軽い負担で返済できるようになっています

《少しずつ返したい人におすすめのカードローン》

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 返済額、最低 1,000円からOK!返済が不安な人にもおすすめ
  • 年1.8%~14.6%と銀行ならではの低金利
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能

【デメリット】審査が厳しくすぐには借りられない

 このようなメリットだらけの銀行のカードローンでも、以下のようなデメリットが存在します。

  • 審査基準が厳しく、学生や主婦など審査に自信のない人には向かない
  • 借り入れまでに数日かかるので、すぐにお金が必要な人には向かない

こうした条件に引っかかってしまう人には、消費者金融がおすすめです。安定した収入があれば学生や主婦に融資しているところもあり、即日で借りられるサービスも充実しています。

プロミス

申し込みは こちら

実はデメリットだらけの目的ローン…審査は厳しく使い道も不自由

銀行といえばお金を借りるところというイメージがある人も多く、カードローン以外にも借りる方法があるのではと期待する人も多いかもしれません。  確かに、銀行にはカードローンの他に以下の目的ローンがあります

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン

 しかし、これらのローンを利用するのはおすすめしません。 なぜなら、以下のような欠点があるからです

目的ローンのデメリット

  • 借りたお金の使い道が決められている
  • 目的通りに使ったか証明するために領収書などを提出しなければならない

使い道を制限されたくないなら、絶対にカードローンがおすすめです。

お金借りているのはバレたくない…Web完結カードローンがおすすめ

お金を借りることには未だ偏見が多く、場合によっては家族や友人、同僚からお金にだらしない人という悪印象を持たれかねません。
そういった事態を回避したい人には、絶対にカードローンがおすすめです。

現在、多くのカードローン会社でWeb完結申し込みやアプリ返済などのサービスを行っており、誰にもバレたくないというあなたの希望をかなえられるようになっています。

その中でも、どうしても、絶対にバレたくない、という人に特におすすめなカードローンをご紹介します。

郵送物なしで誰にも見られずに済むプロミス

プロミスでは、カードなどの郵送物がないWeb完結申し込みサービスがあるので、家族にばれる心配がありません。
またプロミスを展開するのは、三井住友ファイナンシャルグループです。大手グループの消費者金融で安心感もあります。

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

カードを指定の時間に受け取れるアイフル

 カードを発行したいものの、家族や周りに知られたくないならアイフルの「配達時間えらべーる」が便利です。 PCまたはスマホ限定のサービスとなりますが、会員手続き時にカードの配達時間を指定することができます。

これで自動契約機に足を運ぶことなく、家族にバレずに自宅でカード受け取りが可能になるでしょう。

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!今日お金が手に入る可能性高
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

テレビ窓口で契約できる三菱UFJ銀行カードローン"バンクイック"」

三菱UFJ銀行と他の銀行のカードローンとで違うのが、テレビ窓口設置の有無です。
テレビ窓口とは、消費者金融カードローンでいうところの自動契約機のようなもの。

テレビ窓口であれば、その場でローンカードの発行・受け取りが可能なので、郵送物でお金を借りたことがバレる心配はありません。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 返済は月1,000円からOK!

その他Web申込できる銀行のカードローン

以下の銀行では、Webで申込が出来るサービスを行っています。
ただしローンカードなどの郵送物があるので、絶対に誰にもバレたくないという人は注意が必要です。

Web完結で申し込める銀行のカードローン

学生・主婦の借入は難しい?審査に自信がない人におすすめ2選

 お金を借りるという行為には、信用が非常に重視されます。信用とは、あなたがきちんとお金を返せるか?ということです。

 では、学生や主婦など審査に自信がない人が借りることはできないのでしょうか?実は、そのような人たちにもおすすめ出来る借入先があります。

審査に自信がない人におすすめ

  • 顧客平均年齢が若いアコム
  • 女性のオペレーターに相談出来るレディースプロミス

大前提として安定した収入がない人に貸してくれるところはない!

そもそも、一般的なカードローンの利用条件は次のように定められています。

カードローンの利用条件

20歳以上であり安定した収入と返済能力のある方

学生や主婦などは返済に不安があると思われてなかなか融資が下りません。特に銀行のカードローンなどでは規約でNGになっているところもあります。

しかし、全てではありませんが消費者金融会社には学生・主婦にも融資をしているところがあります。

以下でおすすめするところでは、パートやアルバイトなどで定期的な収入があれば学生や主婦でも借入をすることが出来ます

顧客の55.2%が29歳以下で学生も安心して借りられるアコム

アコムでは初めてお金を借りる学生さんに嬉しい以下のサービスがあります。

  • 借入が初めてであれば最大30日間無利息
  • 融資希望額が50万円以下であれば収入証明書不要

ただし、無利息期間は契約日翌日からなので、すぐに借りなければ逆に損になってしまいます。お気を付けください。

アコム

申し込みは こちら

オペレーターが全員女性だから安心して相談できるレディースプロミス

レディースプロミスでは、お金を借りるのがバレたくない主婦に嬉しい以下のサービスがあります。

  • Web完結申し込みのカードレス利用で誰にもバレない
  • 女性オペレーターによる女性専用ダイヤルで安心して相談できる
レディースプロミス

申し込みは こちら

専業主婦がお金を借りるには配偶者貸付制度というものもありますが、こちらは配偶者の同意書が必要になるなど多くの書類が必要なので、誰にもバレたくない人には向いていません。

年金生活者はお金を借りられない?厳選おすすめ借入先2つ

年金受給者がお金を借りるのは難しいのでしょうか?

結論として、年金収入のみの人に貸してくれるところはほとんどありません!

年齢制限を設けているところも多く、またアルバイトなどの定期収入を作るなどがなければ厳しいです。それでも借りたいという人には以下の方法がおすすめです。

保証人が必要な年金担保融資制度

年金担保融資制度とは、年金を担保として国から融資を受けることが出来る制度です。

この制度であれば、年金収入のみでもお金を借りることができます。
しかし、以下のデメリットがあります。

年金担保融資制度のデメリット

  • 年金を担保にして借りるので、少額融資になる
  • 連帯保証人が必要

これらを満たせない人が借りるには向かない方法でしょう。

69歳まで申込可能でガン保証が付くちば興銀カードローン

ちば興銀カードローンでは、他のカードローンとは違ったおすすめポイントがあります。

  • 69歳まで申し込み可能
  • 申し込み後にガンと診断されたらローン残高が0円になるガン保証付きプランあり

おすすめ度

ちば興銀カードローン

千葉興業銀行カードローンバナー
  • 69歳まで」申込可能
  • ガン保証付きカードローン!ガンと診断されたらローン残高なんと0円
  • 普通預金口座がなくても利用可能

他にお金を借りる方法は?カードローン以外をおすすめしない理由

お金を借りる人は、もちろんお金に困っているから借りたいのでしょう。正直、高い金利を払ってまで借りたくないのが本音かと思われます。

しかし、カードローン以外の方法でお金を借りようとして苦戦する人も多く、またお金を巡ってのトラブルも絶えません。

親や知り合いに借りるとトラブルや贈与税で結局損することも

「契約が面倒」「できるだけ利息を支払いたくない」場合は、親や知り合いに頼ってみるのが方法として考えられるでしょう。 上手くすれば借入期間など理想に近い形で借りられるかもしれません。

しかし、身内との金銭トラブルは人間関係が壊れる原因として最も多く上げられるうちの一つでもあります。

また、大きい金額になると贈与税がかかってしまい、税金として取られてしまって結局損、ということもあります。

人間関係を壊すような危険を冒してまでお金を借りるよりも、やはりカードローンを選ぶ方が無難です。

国から借りるには厳しい対象者基準に入っていないといけない…

「生活福祉資金貸付制度」といって国からお金を借りることもできます。
大きな特徴は、非常に低金利でお金を借りられることです。

生活福祉資金貸付制度のメリット

  • 保証人あり無利息
  • 保証人なし年1.5%の利息

ただし、低所得者世帯の他、高齢者世帯、障害者世帯と借りられる人が限定されるのがデメリット。
好条件でお金を借りられますが、だれでも借りられるわけではありません。

郵便局で借りるならゆうちょ口座に残高が絶対必要!

郵便局の定額貯金や財形定額貯金など簡単に引き出せない口座を契約していれば、その定額貯金などを担保にお金を借りることも可能です。

ただし、貸付の上限はすでにゆうちょ口座に預金してある金額の90%なので、既にゆうちょ口座にお金がない状態での利用はあまり期待できません。

この記事のまとめ

お金を借りるなら、使い道自由で多くの人が借りることが出来るカードローンがおすすめです。


それぞれ特徴やメリットが異なるので、どれくらいの金額を借りたいのか、どれくらいの期間で返せるのかを目安に選びましょう。

プロミス

申し込みは こちら

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

楽天銀行スーパーローン

申し込みは こちら

カテゴリー内記事一覧

カードローン7社比較!審査厳しすぎ?金利高すぎ?口コミランキング

「カードローンってどこがいいのかわからない…」 「