お金を借りるのにおすすめなのは?カードローン比較まとめ

お金借りるなら結局どこがおすすめなの?

カードローンとかって何がどう違うの?

急にお金が必要になったとき、手元に使用できるお金がないならお金を借りる必要があります。

お金を借りる方法にはいくつかありますが、借りるまでの時間や手間を考えるとカードローンがおすすめです。
では、なぜカードローンがおすすめなのかその理由と、色々あってよく分からない方におすすめのカードローンを紹介します。

  • お金を借りるのにおすすめなのはやっぱりカードローン
  • スピード重視なら消費者金融、金利重視なら銀行のカードローン
  • おすすめはプロミス三菱UFJ銀行カードローン

目次

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

申込

詳細

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 返済は月1,000円からOK!

申込

詳細

お金を借りる方法でおすすめなのは使途自由なカードローン

お金を借りる方法はいくつかあります。 中でもおすすめなのはカードローンの利用。 お金を借りる方法それぞれを比較してみました。

方法1.親や知り合いに借りる

メリット 契約や手続きがないので楽
デメリット トラブルに発展しやすい

「契約が面倒」「できるだけ利息を支払いたくない」場合は、親や知り合いに頼ってみるのが方法として考えられるでしょう。
上手くすれば借入期間など理想に近い形で借りられるかもしれません。

しかし、知っている仲で借りる側が「少しくらい返すのが遅れてもいいか」という気持ちになってしまうとトラブルに発展することもあります。

方法2.国から借りる

メリット 無利息、または年1.5%でお得に借りられる
デメリット 低所得者世帯など借りられる人は限定的

「生活福祉資金貸付制度」といって国からお金を借りることもできます。
大きな特徴は、保証人ありなら無利息、保証人なしで年1.5%の利息で借りられることです。

ただし、低所得者世帯の他、高齢者世帯、障害者世帯と借りられる人が限定されるのがデメリット。 好条件でお金を借りられますが、だれでも借りられるわけではありません。

方法3.郵便局で借りる

メリット 利用している残高の何割かを借りるので審査の心配が少ない
デメリット 郵便局の定額貯金や財形定額貯金などの担保が必要

郵便局の定額貯金や財形定額貯金など簡単に引き出せない口座を契約していれば、その定額貯金などを担保にお金を借りることも可能です。

ただし、すでに口座を利用していて残高があることが前提なので、生活に困るくらいお金がない状態での利用はあまり期待できません

方法4.カードローンを利用して借りる

メリット Webを利用してスピーディーに借りられる
デメリット 金利がやや高め

お金を借りる方法としては、カードローンを利用する方法も考えられます。
消費者金融または銀行でローンカードを作成してお金を借りる方法です。
大手消費者金融に関しては、銀行グループに入っているものも多いため安心感もあります。

ここまでお金を借りる方法をいくつか紹介してきましたが、カードローン利用は特におすすめの方法です。

理由としては以下が挙げられます。

  • 申込や契約手続きが簡素化されている
  • Webで申し込めて近くのATMで借入可能
  • 家族や知人間の金銭トラブルになることがない

まず、国や郵便局での借り入れなどで面倒な契約が簡素化されていること。
カードローンは国などとは違いWeb上からも申し込みができるので、受付時間や場所を気にせずに契約の申し込みをすることができます。

わざわざ仕事と重なるような営業時間内を目指して窓口に足を運ぶ必要もありません。
さらに借り入れや返済がATMで手軽にできるのもポイントです。

そして、親や知人を通して借りるのとは違い、正式に金融機関などと契約を結ぶために金利や融資額などの面でトラブルに発展することもほとんどありません。

【カードローン】スピーディーな審査はすぐに借りたい人向け

そもそもカードローンとは利用者の所得を信用し融資するもので、住宅ローンや自動車ローンのような担保は必要ありません。

また、契約者が返済できなくなったとき、代わりに返済義務を負う保証人を立てる必要もほとんどの場合ありません。
無担保、保証人なしで借りられる利用用途が限定されない個人向けの融資です。

なお、無担保、無保証人ということは、それらに付随する証明書や承諾書のような書類が必要ないということ。
必要な書類が、担保ありや保証人ありのローンと比べると少ないため、その分審査の時間も短く済みます。

さらに1回の借り入れで終わりではなく、契約した限度額までなら何度でも繰り返して借りられるのがカードローンの特徴です。

また、カードローン、特に消費者金融のカードローンは審査のスピードが速く、申し込みから最短30分で融資を受けられることがあります。
土日であっても、審査や融資を受けることが可能です。

また審査があるとはいっても、生活福祉資金貸付制度のような低所得者世帯や郵便局のように定額貯金など条件が狭いわけではないので、定期的に安定した収入があればお金を借りられる可能性があります。

さらに、初回30日間無利息サービスを実施しているところもあるので、はじめてカードローンを利用する人にもおすすめです。

今すぐお金を借りるのにおすすめなのは消費者金融

今すぐ、もしくは数日以内にお金を借りたい人は「最短即日融資」をうたっている消費者金融のカードローンに申し込みましょう。

また、カードローンと言っても、アコムやアイフルといった、消費者金融のいわゆるキャッシングと、三菱UFJ銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンなどの銀行のカードローンがあります。

銀行のカードローンについては後程紹介しますが、申込~借りるまでのスピードを重視する方なら断然消費者金融の方がおすすめです。

最短30分で審査回答が来たり、申し込んだその日にお金が借りられる即日融資のところがほとんどだからです。

すぐにお金を借りたい人向けのサービスが充実しているのも消費者金融なのでおすすめです。

以下、詳しく見ていきます。

【メリット】急にお金が必要なとき頼りになる

カードローンには消費者金融のものと銀行のものがありますが、とにかく早く借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめです。
理由は、大手消費者金融を中心にスピーディーに借りられるサービスが充実しているためです。

大手消費者金融なら、申し込みの方法だけでも、Web、自動契約機、電話、窓口などと複数の選択肢を設けていることが多いです。
窓口に行く時間がない場合は、Webや自動契約機などで窓口の営業時間外でも申し込みの手続きを進めることができます。

また、申し込み後に審査がありますが、最短30分で審査を実施しているところもあり、早ければ申し込みをした当日中にお金を借りることも可能です。
その日のうちにお金を借りるなら親や知人を頼る方法もありますが、ある程度(だいたい10~30万円くらい)の必要な額を確実に、さらに誰にもバレずに借りるなら消費者金融のカードローンを利用するのがいいでしょう。

【デメリット】長期借り入れでトータルの負担が重くなる

消費者金融を利用するデメリットは、銀行のカードローンなどと比較して金利がやや高めに設定されていることです。
借り入れが長引くほど利息が膨らみ、トータルの支払額が多くなってしまいます。
まとまった額を長期間借りたい場合は注意が必要です。

ただし、消費者金融の場合、初回に限り30日間無利息サービスを実施しているところもあるので、短期の場合は金利負担を気にしなくていいこともあります。

消費者金融でお金を借りるには?

消費者金融でお金を借りるのには以下の方法があります。

  • Webや自動契約機などで申し込み
  • 審査
  • 融資

はじめて利用する場合は申し込みが必要です。
Webや自動契約機、郵送、電話など各カードローンの申し込み方法に従って申し込みを行ないます。
とにかく早くお金を借りたい場合はWebや電話での申し込みがおすすめです。

申し込みが完了したら審査に入ります。
勤務先への電話確認など状況にもよりますが、早ければ審査は30分から1時間ほどで完了します。(審査状況次第ではさらに時間がかかることもあります。)

とにかく早くお金を借りたければ、消費者金融ならではの裏技として、Webで申し込んだ後に電話をするのがおすすめです。

電話で急いでいる旨を伝えると、優先的に審査をしてもらえることがあるからです。

審査によって借り入れが可能と判断されたら融資の段階です。
消費者金融での借り入れの場合、ローンカードの受け取りまたは指定口座への振り込みのいずれかになることが多いです。
指定口座への振り込みの場合は金融機関の営業時間が関係してくることが多いので、当日中にお金を受け取りたい場合は注意しましょう。

金利を気にする人におすすめなのは銀行のカードローン

金利を気にするなら消費者金融よりも銀行のカードローンがおすすめです。
銀行カードローンと消費者金融カードローンとでは何が違うのか、金利を含めいくつか比較してみました。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
金利 1.5~15.0%前後 3.0~18.0%前後
借入額 10~1,200万円 10~800万円
審査 数日 即日~数日
コンビニATM利用手数料 基本かからない かかる
総量規制 〇(厳密に規制)
安心度
サービス

金利は銀行のカードローンの方がお得?

サービスを展開している会社ごとに金利の設定は異なりますが、銀行のカードローンの方がお得な金利であることが多いです。
借入時の金利が異なると総支払額も変わってくるので、お金を長期間借りる場合は銀行のカードローンが向いています。

借入限度額で選ぶなら銀行カードローン

銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも、実際の借入可能額は年収や勤務形態などの属性が関係してくるため、金融機関などの定める最大借入限度額まで借りられるわけではありません。
ただし、限度額まで借りられる可能性は属性によってはあるので、1,000万円を超える借り入れなど高額の融資を受けたい場合は銀行カードローンの方がよいでしょう。

銀行のカードローンなら借り入れの度に手数料がかからない?

借入時の手数料の有無は利用するカードローン、提携しているATMなどで変わってくるために一概にはいえませんが、銀行のカードローンは手数料無料であることが多いです。
利用頻度が高い場合は銀行のカードローンを利用した方が節約できるでしょう。

例えば消費者金融のアコムを例にとると、アコム以外の銀行やコンビのATMでは1万円以内なら108円、1万円以上なら216円の手数料がかかります。
それに対して、三菱UFJ銀行カードローン”バンクイック”ならセブン銀行やローソンATMなどのコンビニでも手数料無料で取引できます。
「利息+ATM借入手数料+ATM返済手数料」と考えると削減すべきコストです。提携しているATMがあれば手数料が無料になり、コスト削減に繋がります。

銀行のカードローンもスマホから申し込める

銀行のカードローンと消費者金融カードローンを比較したときにデメリットになるのが審査のスピードです。
銀行のカードローンの場合、審査に時間がかかってしまうことがあります。

ただしデメリットになり得る部分は審査の時間であって、申込自体は窓口や電話のほか、Web受付を取り入れていることも多いです。
なかなか窓口に行く時間が取れない人でも、利用するカードローンによってはスマホから申し込みを済ませることもできます。

安全おすすめカードローンの選び方のコツと返済時の注意点

銀行にするか消費者金融にするかも大切ですが、具体的にどこのカードローンを利用するかの方が重要です。
安全なカードローンの選び方と、返済時のコツや注意点を紹介します。

安全なところか見極めるポイントを紹介

カードローンの利用は、まず利用する会社を見極めることが大切です。
悪徳業者に引っかからないための選び方は以下の通り。
できるだけ安全性の高い会社を選ぶようにしましょう。

  • 大きな企業であること
  • 審査基準の甘さを売りにしていないこと
  • 担保や保証人が不要であること
  • 説明をしっかりしてくれること

まず大きな企業を選ぶことですが、特に消費者金融のカードローンの場合は、マイナーな会社で契約することで貸金業登録がなされていない悪徳業者にあたってしまうことがあります。
多くの人が利用しているという点で、名が知れた大きな企業を選んだほうが安全です。

また、見極め方としては、審査基準の甘さを売りにしていないことがあります。
カードローンは信用で成り立つ取り引きのため、アピールをしていても一定基準に達していないと利用できません。
甘い言葉を鵜呑みにせずに冷静に見極めましょう。

その他、担保や保証人に関しても確認することをおすすめします。
カードローンの場合、高額な借り入れを除き、無担保、保証人なしがほとんどなので、担保あり保証人ありのカードローンは利用しないようにしましょう。

お金を借りる際の注意点

  • 必要書類と利用条件を確認する
  • 融資のタイミングを確認する
  • 入力内容を確認する

特に銀行のカードローンについては利用条件が細かく設定されていることが多いです。
借りたくても利用条件に合わないと契約に至らないので、はじめに確認するようにしましょう。
必要書類も合わせて確認しておくと安心。
本人確認書類に、利用額に応じて収入証明書が求められるケースが大手では一般的です。

必要書類と利用条件を確認したら、次に融資のタイミングを確認しておきましょう。
利用するカードローンによっては、その日のうちに借りられることもあれば、数日以上かかることもあります。
Webなどで情報を確認できない場合は、直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

ここまで確認していくと利用するカードローン会社はほとんど確定してくると思います。
申し込みの方法には電話や窓口での方法もありますが、Webで申し込む場合は入力フォームの内容に誤りがないように気をつけましょう。
入力内容に間違いがあると利用条件を満たしていても審査に通らないことがあります

返済時の注意点

  • 返済に遅れないようにする
  • 返済方法は口座自動引き落としに設定する
  • 利息の計算を理解しておく
  • 返しきるまで次を借りない

返済で注意することは、まず遅れないことです。
期日までに返済ができないと遅延損害金が発生し、本来の返済額よりも多く支払わなければなりません。

確実に支払いをするために、ATM払いではなく、口座自動引き落としに設定しておきましょう。
残高が不足する可能性もあるので、できるだけ給料日後で直近の引き落とし日に設定するのがポイントです。

また、計画的に返済をするには利息の計算について理解しておくことも大切。
毎月の返済額が少ないと月々の負担は軽いですが、ほとんど元金を返せていないことも少なくありません。

元金返済と利息返済のバランスを見極め、計画的な返済をするためにも、元金に対して毎月の利息はどれくらいか、支払い額に対して適当か確認しましょう。

そして、もう1つの重要な返済のコツが、返済しきるまで次を借りないということ。
困ったからすぐ借りるという行為を続けていると癖になってしまいますし、いつまでもカードローンに振り回される生活から抜け出せません。
返済にはメリハリをつけるようにしましょう。

お金を借りるカードローン、おすすめはどこ?

カードローンを利用してお金を借りるならどこがいいのでしょうか。
銀行カードローンと消費者金融カードローンの各社比較と、お金を借りるときに注目したいポイントを紹介します。

金利 借入限度額 サービス
プロミス 年4.5%~17.8% 最大500万円
  • 30日間無利息(新規)
  • 郵送物なしカードレスのWeb完結
アイフル 年3.0%~18.0% 最大800万円
  • 30日間無利息(新規)
  • 指定時間にカード受け取り
アコム 年3.0%~18.0% 最大800万円
  • 30日間無利息(新規)
  • 返済eメールサービス
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 最大800万円 楽天スーパーポイントが貯まる
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6% 最大500万円 返済eメールサービス
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円
  • 住宅ローン利用で金利を年0.5%引き下げ
    引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%
  • キャッシュカードで利用可

郵送物なしのWeb完結がある「プロミス」

プロミスを展開するのは、三井住友ファイナンシャルグループ。
大手グループの消費者金融で安心感があります。

今すぐお金を借りたいのであれば、プロミスが一番おすすめです。

一番の理由としては、Web完結があることです。
Web完結だと最短1時間で融資可能な上、郵送物がないので、家族にばれる心配もありません。

プロミス

  • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
  • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

また、女性オペレーターによる女性専用ダイヤルを設けたレディースキャッシングもあります。
レディースプロミスは、プロミスの通常のカードローンと同様に、年4.5%~17.8%の金利、限度額500万円まで借り入れることができます。
またWeb完結の申し込みなら、カードレスで利用できるのもポイントです。

レディースプロミス

  • 女性オペレーター対応による女性向けキャッシング
  • WEBなら即日融資も可能!
  • はじめてなら30日間無利息

カードを指定の時間に届けてくれる「アイフル」

カードを発行したいものの、家族や周りに知られたくないならアイフルの配達時間えらべーるが便利です。
PCまたはスマホ限定のサービスとなりますが、会員手続き時にカードの配達時間を指定することができます。

これで自動契約機に足を運ぶことなく、家族にバレずに自宅でカード受け取りが可能になるでしょう。

アイフル

  • 1秒診断で事前に融資可能か確認ができる
  • Webからの申し込み後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

うっかりがなくなるeメールサービス「アコム」

自動引き落としに返済方法を指定していても、うっかりで銀行残高が不足していることもあるものです。
そんなときに便利なのがアコムのeメールサービス。

事前に登録することで返済期日前にメールで知らせてくれます。
また、返済はインターネット返済にも対応。
自動引き落としではなく振込返済にしている場合でも、ATMまで行くことなく自宅で返済が可能です。(インターネットバンキングの利用が前提です。)

アコム

  • 利用者数は業界No.1の1,000万人超
  • 初めての利用であれば30日間無利息
  • 「Web申込+むじんくんでカード発行」なら最短即日で借入れ可能

楽天系サービスと相性がよい「楽天銀行スーパーローン」

楽天サービスをよく利用しているなら、楽天銀行カードローンがおすすめです。
理由は、楽天銀行スーパーローンの利用で、他の楽天系サービスで使える楽天スーパーポイントが貯まるため。
貯まったポイントは、買い物で使用したりマイルに交換したりすることができます。

さらに銀行のカードローンは振込時間が9~15時などと限られていることが多いですが、楽天銀行口座であれば24時間振込対応しているのもポイントです。
審査後、楽天銀行口座があればスピーディーに融資を受けることができます。

楽天銀行スーパーローン

  • Webからカンタン申込!今の自分の口座に振込可能
  • 借入可能最低金額:1万円から!
  • 最低返済額:2,000円~OK!

土日祝もカードを受け取れる「三菱UFJ銀行カードローン"バンクイック"」

三菱UFJ銀行と他の銀行のカードローンとで違うのが、テレビ窓口設置の有無です。
テレビ窓口とは、消費者金融カードローンでいうところの自動契約機のようなもの。

銀行のカードローンは、営業時間が短く、土日祝の申し込みからカード発行までができないこともありますが、三菱UFJ銀行のテレビ窓口なら土日祝にカード発行を受けることが可能です。
もちろん審査状況にもよりますが、銀行のカードローンの発行が通常難しい土日祝でもカード発行でお金を借りられることがあります。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行口座新規開設不要
  • 返済は月1,000円からOK!

キャッシュカードをそのまま使える「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローンの特徴は、普通口座で使用しているキャッシュカードをそのままローンカードとして使用できること。 そのため、正式な契約後にカードの発行を待つ必要がありません。

また、みずほ銀行の住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。(引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%)

すでにみずほ銀行を利用しているならぜひ候補に考えておきたいカードローンです。

みずほ銀行カードローン

  • WEB完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • みずほ銀行のキャッシュカードがあればすぐに利用できる

この記事のまとめ

お金を借りるならカードローンがおすすめですが、カードローンにも銀行、消費者金融があります。

それぞれ特徴やメリットが異なるので、借りるまでの時間を重視したいか、金利を重視したいかで考えましょう。


またカードローンごとにサービスが異なるので、サービスを比較しながら決めていくのもおすすめです。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

アイフル

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

カテゴリー内記事一覧

カードローン7社比較!審査厳しすぎ?金利高すぎ?口コミランキング

「カードローンってどこがいいのかわからない…」 「