審査に通るか不安...お金を借りるときの審査基準は?職業別まとめ

カードローンに申し込みたいけど審査に通るか不安…
そもそも審査では何を見られるの…?

銀行や消費者金融からお金を借りるためには避けては通れない「審査」。
どんな条件をクリアしていれば、審査に通過するのか気になりますよね。

そこで、この記事では審査について職業別にまとめています。

《カードローンの審査前に知っておくべきこと》

  • 適用される審査の基準は個人の状況によって異なるので注意する
  • 申込の前に自分の収入や支出について冷静に考える
  • 総量規制について理解して、審査に通る可能性の高い金融機関に申し込む
  • 申し込む前にアコム・アイフル・プロミスなどの大手消費者金融の公式サイトで匿名の簡易審査を試す早いものでは3秒で結果が出ます)

目次

今すぐに匿名の簡易診断をしたいならコチラ

おすすめ度

アイフル

アイフルバナー
  • 【最速】借入が可能か事前に「1秒診断
  • WEBで24時間申込受付中!
  • 最短30分審査完了!

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 借入が可能か事前に「3秒診断
  • 最短30分審査完了!
  • 申込から最短1時間でお金が手に入る

おすすめ度

アコム

アコムバナー
  • 借入が可能か事前に「3秒診断
  • 最短30分審査完了!
  • はじめての方は契約日の翌日から金利ゼロ円

審査の基準を知ろう!

  • 年齢や性別
  • 職業
  • 勤務先の会社
  • 勤続年数
  • 社会保険/国民健康保険への加入状況
  • 家族構成

審査では上記のような借入する方の収入や支出の割合を統計的に出し、貸し倒れが起きないよう数値化します。

さらに現在の借入金額過去の返済履歴を照会してお金を貸しても問題ないのかの調査をします。

ですので、まずは借入する方の収入などの信用が重要になる部分と、過去の返済、滞納、完済などの信用部分の二点を重点的にみられる事になります。

一般的なサラリーマンで過去クレジットカードの滞納などが複数回発生していなければ、審査に不安を感じることはありませんが、収入が少なく現在の借入額が多い方または過去に滞納を繰り返している方は注意が必要です。

また、短期間でカードローン審査落ちを繰り返すと、さらに審査が厳しくなりますので、3社以上などの申込はやめておくべき。

もし審査落ちが複数ある方は、半年間は審査の申込をやめる必要があります。

既に審査落ちた方はコチラ

わかりやすい審査解説ページはコチラ

総量規制の法律について知っておいてください

多くのサイトで同じようなことが書いてあると思いますので簡単に説明しますが、個人の融資で借り入れできる上限額が法律で決まっています

その借り入れ上限額は年収の三分の一までの借り入れとなります。

  • 月収10万円、年収120万円の方の場合、借り入れできるのは40万円までです。
  • 月収20万円、年収240万円の方の場合、借り入れできるのは80万円までです。

あなたの年収はどのくらいですか?
借り入れできる上限額を確認して現在の借金額がどのくらいあるのか、又は借り入れしたい金額はいくらを考えてみましょう。

※銀行だけは総量規制の規制外ですので、バイク、車、不動産など大きな借り入れをする際は銀行で借り入れすると良いでしょう。

派遣社員なのですが審査通りますか?

基本的に定期収入があるので派遣社員、契約社員さんも審査自身問題はありません

しかし上記でも書きましたが、過去に信用情報に傷がついていると厳しくなるでしょう。

派遣社員が審査を切り抜けるコツ知りたい方はコチラ

フリーターは審査通りますか?

フリーターやアルバイトも基本的には消費者金融やカードローン会社の審査基準は問題ありません

ただ年収が低くなりますので、借入することができる上限額が低くなる可能性が高いです。

本当に借入可能なのか不安な方は事前に、消費者金融の匿名「簡易診断」をためしてみることをお勧めします。

たったの3,4項目を入力するだけで融資が可能か教えてくれるのでとても便利ですよ。

とあるフリーターの借入体験談

学生は審査通りますか?

学生さんでも、二十歳を超えていれば申込はできます。

しかし、アルバイトなどをしていないと申し込めなかったりそもそも審査に通らないので注意が必要です。

学生がカードローンの審査に有利になるコツ

自営業・個人事業主は審査通りますか?

自営業の方も収入がありますので問題ありません。

しかし、借入する場所によっては過去の収入3か月分の明細を出さなくてはいけない金融機関などもありますので、借入審査の際にすこし手間が増える可能性があります。

一般的な正社員と比べると個人事業主は審査スコアは低くなるので厳しいと考えるのが妥当です。

自営業の方はコチラ

高齢者・年金受給者は審査通りますか?

高齢者60歳以上の方の借り入れはできるところが多いですが、定期収入があるかどうかが一番の問題点となります。

年金受給者というのは働いている状態にないので無職です。ほとんど借入審査は通らないと考えてください。

しかし、年金受給者でもお金を借りる方法はあるのです。

年金受給者がお金を借りる方法2パターン

専業主婦は審査通りますか?

専業主婦は非常に審査通過が難しいでしょう。

パートなどの収入があれば審査に問題はありませんが、専業主婦となると無職の判定となります。

そうなると総量規制の問題があるので、一般的な貸金業の消費者金融やカードローン会社では審査通過ができません。

主婦でお金を借りたい方はコチラ

審査のまとめ

審査が不安な方はやみくもに申込をするのではなく、自分の現在の状況を冷静に考え、総量規制の法律をよく理解したうえで審査が通る場所に申し込むようにしましょう。

どうしてもわからない場合は、大手カードローン会社の公式サイトにある匿名の簡易診断(仮審査)などを利用すると、確実に審査落ちの方はわかるので無駄な審査落ちをせずに済みます

とても便利なのでぜひ利用してみてくださいね。

今日、今すぐにお金を借りたいなら!

楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

みずほ銀行

安心の大手銀行で借りたいなら!

みずほ銀行

カテゴリー内記事一覧

お金を借りる時に審査に通らない理由は?最終手段とおすすめ借入先

「お金借りたいのに審査に落ちた…」「なんで審査落ち…

お金を借りる|審査が甘い借入先はない⁉ローン審査通過4つのコツ

「審査甘い借り入れ先ってどこ?」「消費者金融や…

ブラックでも審査なしで作れるクレジットカードはデビットカード

【デビットカード】審査不要で作れるクレジットカードの概要 過去に自己破産などの債務整理をしたことがある人、すでに複数の金融機関から借金をしている人などは、クレジットカードを作りたくても審査の段階で不可 ...

自営業・個人事業主がカードローンでお金を借りる時の2つの注意点

自営業を営む方が借入審査に通りづらいのは本当でしょうか。気になるポイントや注意点をお伝えします。…

カードローンやキャッシングは契約時に「保証人」必要?必要ない?

借金の連帯保証人は基本いりません! 保証人なんて頼める人誰もいない!!! お金を借りるときに「連帯保証人」が必要となると大問題です。 「借金の保証人」というものすごいネガティブな役回りを頼める人はなか ...

お金を借りる審査基準は「属性スコアリング」と過去の「信用情報」…

キャッシングやカードローンの審査基準は「属性」「信用情報」 最近では消費者金融のキャッシングだけでなく、銀行のカードローンでも「スピード審査」が導入されたため、利用者は多くの選択肢の中から現状のご自身 ...

パート主婦と専業主婦は銀行カードローン/キャッシングどちらおす…

実はたくさんの主婦が利用中のカードローン! キャッシングやカードローンに申し込みたいけれど、定職に就いていないから申し込んでも無理だろうと思っている主婦の人はQ&Aの多さからも案外多いのではな ...

派遣社員でも借入可能!在籍確認を乗り越える2つのコツとは

「派遣社員でも銀行や消費者金融から借入できるかな?」 「

【レディースローン】女性専用キャッシングの特徴4つとメリットは?

「レディースローンって一般のキャッシングと何が違うの…?」

カードローン審査落ちを防ぐ!総量規制の法律、審査をする前に

申し込み時に気をつけなければならない総量規制とは? キャッシングやカードローンは申し込み条件が低く、すぐに借り入れができるというイメージでいる方も多いでしょう。 大概、普通の収入がある方は問題なく審査 ...