お金借りたいけど審査通らない...審査に落ちる3つの原因と対策

お金を借りたいのに審査に通らない

急にお金が必要になったけど、カードローンの審査には通らないだろうな…
審査が甘い金融業者ってどこだろう

審査に通らないからといって、他のカードローンにむやみに申し込んだり、「審査が甘い」と宣伝しているところに申し込んだりするのはおすすめしません
理由は2つあります。

  • 短期間で複数のカードローンに申し込むことで、審査に不利な状況になるから
  • 「審査が甘い」と宣伝しているのは危険な闇金である可能性が高いから

審査に通る可能性を上げるためには、審査が甘いといわれている借入先を探すよりも、まずは審査に通らない原因と対応方法を考えることが大切です。

カードローン審査に通らない原因(一例)

  • 過去5年以内に金融事故を起こした
  • 約1~2ヵ月で約3社以上のカードローンに申し込んでいる
  • 借入希望額を年収の3分の1を超える額に設定してい

長期滞納や債務整理などの金融事故を起こすと、事故情報として金融機関に登録され、審査に通りません。

金融事故を起こしていなければ、カードローンに申し込めます。

Web申込も可能なカードローン

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 借入シミュレーションで、借入可能かの目安がわかる(※1)
  • 大手銀行系列のSMBCグループのカードローン
金利 年4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • 保証会社は株式会社アコム
  • 三菱UFJ銀行の口座開設不要で、返済は毎月1,000円~OK(※2)
金利 年1.8%~14.6%
借入限度額 最大500万円
審査時間 翌日以降
融資時間 翌日以降

※1)実際の審査結果とは異なる場合があります。
※2)最低返済額は、借入額によって異なります。

目次

お金を借りるとき、審査に通らない代表的な原因

審査に通らない3つの原因

カードローンなどの審査に通らない原因は、いくつかあるといわれています。

代表的な原因の一例を見ていきましょう。

審査に通らない原因(一例)

  1. 過去5年以内に、61日以上の支払いの延滞や債務整理などの金融事故を起こした
  2. 短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる
  3. 借入希望額を年収の3分の1を超えて設定している

3つの原因に当てはまっていない人は、ちょっとしたミスや勤続年数が審査に影響しているかもしれません。

(1)過去5年以内に、支払いの延滞や債務整理などの金融事故を起こした

金融事故の例

  • 債務整理をした
  • 61日以上の延滞をした
  • 保証会社による代位弁済が行われた
代位弁済とは
返済義務がある債務者に代わり、保証会社、友人などの第三者が金融機関などに返済すること。

金融事故を起こした人は、その情報が信用情報機関に登録されている期間(約5年間)は、カードローンやクレジットカードなどの審査に通りません

なぜなら、同じように金融事故を繰り返す可能性があることや、返済能力がないものとして捉えられるためです。(いわゆる「ブラック」の状態のことを示します。)

金融事故などの信用情報は、JICCやCIC、KSCといった信用情報機関で管理されており、キャッシングやカードローンの審査では必ず確認されます

金融機関によって提携している信用情報機関が異なるので、確認してみてください。

カードローン別、信用情報機関一覧

JICC CIC KSC
セントラル
プロミス
アイフル
三菱UFJ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン

※(△)は保証会社が加盟している信用情報機関です。

信用情報に事故情報が載っている人は、その情報が消えるまでの期間(約5年間)は新たに借入をせず、期間が過ぎるのを待ちましょう

金融機関でお金を借りることが難しければ、身近な人に頼んでみるのも一つの方法です。

信用情報や「ブラック」について詳しく知りたい人はこちら

(2)短期間で複数のキャッシング、カードローンに申し込んでいる

短期間多重申込

キャッシングやカードローン、クレジットカードに短期間(1~2ヵ月)で複数回(3回以上)申込をしていると審査に通らない可能性があります

これはいわゆる「申込ブラック」と呼ばれる状態です。

申込の記録は、信用情報機関に約半年間登録されます。

短期間に複数社への申込記録があると、金融機関側から「複数社に申し込むほど、審査に通る自信がないのかな?貸し倒れのリスクが高いから貸すのはやめよう」などと判断され、審査に通りにくくなります。

すでに他社で借入をしている場合は、新たに申し込むのではなく、借入できる枠はまだ余っていないか、増額できないかなどを確認してみましょう。

また、金融機関によって審査基準が異なるので、審査基準が違うところに申し込むのも対策の一つです。

(3)借入希望額を年収の3分の1を超えて設定している

貸金業法における総量規制により、消費者金融や信販会社などの貸金業社からは、年収の3分の1を超える借入ができません

仮に年収が300万円だった場合、100万円までしか借りられないということになります。

すでに他社から年収の3分の1の借入をしている人は、新たに申し込んでも審査に通る可能性は低いといえます。

借入希望額は、自分が本当に必要な最低額を申し込みましょう。

審査に通らない原因を3つ紹介しましたが、当てはまらなかった人もいるでしょう。

もしかしたらちょっとしたミスなどが原因で、審査に通らない可能性もあります。その一例を見てみましょう。

【その他】ちょっとしたミスや勤続年数が審査に影響することもある

ちょっとしたミスや勤続年数なども審査に影響することがあるので、以下に当てはまっていないか確認してみてください。

審査に影響するものの一例

審査に影響するものの一例
理由
勤続年数が短い 安定した職に就いていない、継続的に返済してくれるかわからないと判断されるから
申込条件を満たしていない 申込条件は、金融機関側にとっての貸し倒れのリスクのリスクを避けるために設定されているもの。条件を満たしていなければ貸し倒れのリスクがあるとして審査に通らない。
記入した内容に誤りがあった 記入した内容に誤りがあると、本人確認ができないから。
嘘をつくと信用できない人物とみなされるから。
メールの確認できなかった 迷惑メールフォルダなど、別のフォルダに振り分けられており、「審査に通らなかった」と勘違いしている可能性がある。

審査に通るためには?お金を借りる前に知っておくべき対策

審査に通らない原因がわかった人は、対策を見つけて審査への申込を検討するとよいでしょう。

対策(一例)

  • 期間をあけて申し込む
  • 審査基準が違う金融機関に申し込む
  • 借入希望額を、必要最低限に設定する
  • 借入できる枠は余っていないか、増額できないか確認する

【対策1】期間をあけて申し込む

「申込ブラック」や「ブラック」の人は、その情報が信用情報機関に載っている期間を避けて申し込みましょう。

「申込ブラック」とは
短期間(1~2ヵ月)に複数(3社以上)のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込んだ状態のこと。

信用情報機関に登録される期間

申込の記録 約半年
金融事故の記録 約5年~10年

申込の情報や事故情報が信用情報機関に登録されている期間は、新たに借入をするのではなく、情報が消えるのを待ちましょう。

身近な人に頼んだり質屋を利用するなど、別の方法を試すのも一つの手です。

【対策2】審査基準が違う金融機関に申し込む

どうしても「申込ブラック」の期間を待てないという人は、以前申し込んだカードローンとは、審査基準が違う金融機関に申し込むとよいかもしれません。

なぜなら、審査基準は金融機関によって異なるといわれているからです。

審査は「自社基準」+「信用情報」の2軸で行われます。

できれば、以前申し込んだ金融機関とはどちらの基準も異なる借入先がよいでしょう。

【対策3】借入できる枠は余っていないか、増額できないか確認する

これまでにカードローンを利用したことがある人は、その借入限度額が余っていないか確認してみましょう。

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、何度でも利用できます

枠が余っていなければ、増額できないか問い合わせてみてください。

問い合わせ方法

カードローン 問い合わせ方法
プロミス インターネット
プロミスコール(電話)
0120-24-0365
※一部時間帯は、自動音声応答となります。
SMBCモビット 電話(9:00~21:00)
0120-24-7217
三菱UFJ銀行カードローン 会員ログインページ
電話(平日9:00~21:00、土日祝日:9:00~17:00(12/31~1/3を除く))
0120-76-5919
みずほ銀行カードローン インターネット
電話(月曜日~金曜日9:00~20:00(12/31~1/3、祝日・振替休日を除く))

※)増額申請をする場合、審査があります。
※)必要書類(本人確認書類や収入証明書類など)が必要になる場合があります。

【対策4】借入希望額を必要最低限にする

借入希望額を、他社借入額と合わせて年収の3分の1を超える金額に設定した人も審査に通りません。

なぜなら、年収の3分の1を超える金額を融資すると、金融機関側が「貸し倒れのリスクが高くなる」と判断するからです。

他社借入状況による、借入限度額と審査通過率

Aさん Bさん Cさん
年収 300万円 300万円 300万円
他社借入合計額 0円 50万円 100万円
借りられる限度額 100万円まで 50万円まで なし

※年収とは、源泉徴収票や給与明細などからわかる年収を指します。

あとから増額申請をすることもできるので、まずは借入希望額を自分が本当に必要なギリギリの金額に設定するとよいでしょう。

解決策を見つけられた人は、カードローンの利用を検討してみましょう。

Web申込も可能なカードローン

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行バンクイックバナー
  • 借入可能かの目安を事前に診断できる(※1)
  • 口座開設不要だから、三菱UFJ銀行の口座を作る手間が省ける
  • 保証会社は株式会社アコム

※1)借入診断の結果は、実際の審査結果とは異なる場合があります。

審査に通らない人こそ絶対NG!審査なし業者でお金借りるリスクとは

闇金でお金を借りるのは危険

残念ながら審査なしでお金を貸してくれる金融機関はありません。

審査なしでお金を借りることができるキャッシング業者は、危険な「闇金」です。

また、「個人間融資」にも注意が必要です。

個人間融資とは
インターネット上の掲示板やSNSなどを通じて、個人間でお金の貸し借りを行うこと。一般的に審査なしでお金を借りることができる。

闇金・個人間融資でお金を借りるリスク

闇金 個人間融資
  • 高額な金利を請求される
  • 違法な取り立てで生活を脅かされ、職場や家族にまで被害が及ぶ
  • 個人情報が流出する
  • 詐欺業者や悪徳業者が潜んでいる可能性がある
  • 個人情報を危険にさらされる可能性がある

闇金と同様、個人間融資も危険なお金の借り方のひとつといえるでしょう。

金融機関がなぜ審査をするかというと、申込者の「返済能力」を知りたいからです。

きちんと貸したお金を返してくれるかどうかを知るために、収入や勤務先、年齢、他社での借入状況などを審査でチェックされます。
逆に言うと、審査があるからこそ私たちは安心してお金を借りられる、ともいえそうですね。

審査が甘いと言われている借入先でお金を借りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい

審査甘い借入先はあるのか

審査甘い借入先でお金を借りたい...カードローン審査3のコツ

お金借りる

詳細を見る>

次に、審査に通るか不安な主婦、学生、派遣の人に向けて説明していきます。

審査が不安な人向けのカードローン2選を知りたい人はコチラ

審査に通らない職業とは?派遣や主婦、学生、無職の人へ

無職や学生、派遣、主婦のお金借りる審査

お金を借りる際の審査においては、他社での借入状況、過去の金融事故以外に、現在の職業や収入も重要な審査項目となります。

カードローンやキャッシングの申込条件

  • 20歳以上の人
  • 安定した収入と返済能力がある人

短期バイトや単発派遣など、継続して安定した収入が得られない人と判断された場合は、審査に通らない可能性が高くなります

ここでは、お金を借りるときの条件を属性別にまとめてみました。

属性別・申込可能診断早見表
派遣バイト
学生 アルバイトによる安定収入があれば〇
主婦 アルバイト・パート等による安定収入があれば〇
年金受給者 不動産やアルバイト等による安定収入があれば〇
※申込可能な年齢の上限に注意
未成年
無職

派遣バイトの人は、カードローンの申込条件に当てはまっているため、申し込むことができます。

学生や主婦、年金受給者も、アルバイトやパート等による安定した収入があれば申込可能ですが、カードローンによっては学生や主婦が申し込めないところもあるので、公式サイトの申込条件を確認してみてください。

カードローン共通の申込条件を満たしていない未成年者や、無職の人は申込できません。

無収入の主婦や未成年の学生、無職の人は別の方法を考えてみてください。

属性別、お金を借りる方法

お金を借りる方法
申込条件
無収入の主婦 配偶者貸付制度を利用する
  • 配偶者に安定した収入がある人
未成年の学生 学生ローンを利用する
  • 高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の人
  • 安定した収入がある人
無職の人 身近な人に借りる
  • 借用書を用意する
  • 金利を設定する
質屋で借りる
  • 担保を用意する

配偶者貸付制度は、配偶者に内緒でお金を借りることはできません

配偶者がすでに年収の3分の1を超える借入をしている場合も、利用できないので注意してください。

詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

お金を借りる時の審査が不安な人向けカードローン2選

審査に不安があるからといって、闇雲にいろんな審査に申し込むことは逆効果です。

お金を借りるときは、借入先選びのポイントを明確にしましょう。

当サイトでは、消費者金融のカードローンならプロミスを、銀行のカードローンなら三菱UFJ銀行カードローンを紹介します。

スピード重視!最短1時間融資のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、大手消費者金融のカードローンの一つです。よくCMでも見かけますよね。

プロミスの特徴

特徴
金利
他の消費者金融のカードローンが上限金利を年18.0%に設定している中、プロミスの上限金利は年17.8%
融資時間
Webなら最短1時間融資が可能
借入シミュレーション
借入可能かの目安を事前に診断できる(※1)
無利息期間
初めての人なら初回利用の翌日から最大30日間(※2)
Web完結
Web完結やアプリ完結も可能で、郵送物なし・カードレス(※3)
信用情報機関
CIC、JICCを参照

※1)実際の審査結果とは異なる場合があります。
※2)メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録が必要です。
※3)口フリ(口座振替)による返済を選択する必要があります。

プロミスを利用したことがない人は、試してみるとよいかもしれません。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

毎月の返済額重視!口座開設不要な三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンは、テレビ窓口でローンカードの受け取りができるという特徴があります。
(※テレビ窓口でのカードお受け取りには運転免許証(有効期限内・現住所記載との原本)が必要です。郵送でもご契約手続き、カード受け取りが出来ます。)

他にもいくつか特徴があるので、以下の表を参考にしてみてください。

三菱UFJ銀行カードローンの特徴

特徴
金利
年1.8%~14.6%と、銀行ならではの金利
口座開設
三菱UFJ銀行の口座がなくても利用可能
口座を持っている人は、カードが手元に届く前でも振り込みで借入可能
借入診断
借入可能かの目安を事前に診断できる(※1)
Web申込
日中忙しくても、24時間いつでも申込可能
最低返済額
月々1,000円~可能(※2)
信用情報機関
KSCを参照

※1)実際の審査結果とは異なる場合があります。
※2)返済額は、借入額によって異なります。

三菱UFJ銀行カードローンを利用したことがない人は、試してみるとよいかもしれません。

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

【番外編】それでも審査に通らない…お金を借りる前にすべきこと

借金を返済しなければならないのにお金がない…
お金がどうしても必要…!

借金や支払いの滞納がある場合は、お金を借りる以外にも現状を変える方法があるかもしれません

ここでは、以下のような人に向けて説明していきます。

  • クレジットカードを滞納している人
  • 家賃を滞納している人
  • 生活費が足りない人
  • 借金問題を解決したい人

お金を借りるよりもまずは、解決できないか相談してみましょう。

相談内容別解決策案

相談内容
相談先
解決策案(※)
クレカ
滞納
  • カード会社
  • 毎月の返済額を減らしてもらう
家賃の
滞納
  • 大家さんや管理会社
  • 保証人
  • 市役所
  • 少しの期間待ってもらう
  • 一時的に立て替えてもらう
  • 住居確保給付金の支給を受ける(条件あり)
生活費の工面
  • 自治体などの専門家
  • 何かしらの支援が受けられる
借金問題
  • 弁護士
  • 債務整理をする

※解決策案はあくまでも可能性のあるものです。

滞納している場合は、新たに借入をするのではなく、返済期限を延ばしてもらえないか、毎月の返済額を減らしてもらえないかなどを相談してみましょう。

このとき、嘘をついたり連絡をしなかったりすると、信用を失う可能性があります。

連絡をする際は、支払う意思や支払い期日などを伝えることが大切です。

また、債務整理をすると今より負担が軽くなる可能性はありますが、「ブラックリスト」に載ったり弁護士費用がかかったりします。

まずは無料相談ができるところに相談するのがよいかもしれません。

この記事のまとめ

お金を借りるときの審査に通らない代表的な原因と対策は、次の通りです。

《審査に通らない原因(一例)》

  • 過去5年以内に金融事故を起こした
  • 約1~2ヵ月で約3社以上のカードローンに申し込んでいる
  • 借入希望額を年収の3分の1を超える額に設定してい

審査に通る可能性を上げるためには、審査に通らない原因を整理し、対応方法を見つけることが大切です。スピードや金利など何を重視したいか考え、自分に合う借入先を見つけましょう。

カテゴリー内記事一覧

どうにかして借りたい…無職でもお金を借りる方法7選

「失業して無職に…どうにかしてお金を借りられないかな」 無職に…

審査甘い借入先でお金を借りたい...カードローン審査3のコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…

ブラックリスト入りでも審査なしで作れるカードはデビットカード

【デビットカード】審査不要で作れるカードの概要 過去に自己破産などの債務整理をしたことがある人、すでに複数の金融機関から借金をしている人などは、カードを作りたくても審査の段階で不可と判断されてしまうこ ...

お金を借りられるかどうかの審査基準は「属性スコアリング」と「信…

キャッシングやカードローンの審査基準は「属性」「信用情報」 最近では消費者金融のキャッシングだけでなく、銀行のカードローンでも「スピード審査」が導入されたため、利用者は多くの選択肢の中からご自身の状況 ...

派遣社員・バイトがお金を借りるなら?カードローンがおすすめな理由

「派遣社員・バイトはどうやったらお金を借りられるんだろう...」…

カードローン審査落ちを防ぐ!総量規制の法律、審査をする前に

申し込み時に気をつけなければならない総量規制とは? キャッシングやカードローンは申し込み条件が低く、すぐに借り入れができるというイメージでいる方も多いでしょう。 大概、普通の収入がある方は問題なく審査 ...

主婦がお金を借りる方法と審査時に気を付けること

「家賃やローンの支払いで生活がカツカツ。夫の収入だけじゃ足りずパート収入を…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

学生がお金を借りる方法は?親へのバレにくさや将来への影響を解説

「旅行や飲み会の予定があるのにお金がなくて参加できない…」

キャッシング審査落ちを絶対回避したいあなたが確認すべき注意点3つ

「クレジットカードのキャッシング枠の審査に落ちたら嫌だな…」「消費者金…