お金借りる|ブラックの判断基準3つと絶対借りられない人の特徴

1ヶ月延滞してしまったけど、ブラックリスト入り…?

ブラックでもお金借りられる?

「ブラック」の人は借り入れできません。でも実は延滞しても2カ月以内に返済していれば「ブラック」にはなりません。

「ブラック」の判断基準3つ

過去5年以内に

  • 2か月以上の延滞をした
  • 保証会社の代位弁済が行われた
  • 債務整理を行った

ただし「ブラック」じゃなくても、安定した収入がない人(無職など)は絶対に借りられないです。

この記事のまとめ

  • 2カ月以上の延滞や代位弁済、債務整理でブラックリスト入り
  • 1ヵ月の延滞や家族がブラックリスト入りしていてもブラックリストには入らない
  • 信用情報を照会することでブラックリスト入りかどうかをチェックできる
  • 「ブラックでも借りられる」という宣伝文句はヤミ金なので利用してはいけない

目次

「ブラックリスト」入りか不安な人にもおすすめのキャッシングはこちら

おすすめ度

プロミス

プロミスバナー
  • 今すぐ借りたいなら絶対おすすめ! Web申し込みなら最短1時間 で借りられる
  • 街金と比べて手間いらず! 最短3分で申し込みが完了
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

お金借るのに「ブラックリスト」入りが心配…見分ける判断基準3つ

お金借りたいけど、ブラックリスト入りしていないか心配…。

「ブラックリスト」とは造語で、実際にリストがあるわけではありません。

ですので、公式に「●●だとブラック」とか「○○はブラックじゃない」といった判断基準ありません。

しかし、CICやJICCといった信用情報機関で、延滞などの「異動情報の登録」が、一般的には【「ブラックリスト」入り】と呼ばれています。

「異動情報」には、延滞や代位返済など、通常のローンの返済とは「異なる動き」をした情報が登録されます。

この異動情報が記載され、いわゆる「ブラックリスト」入りしてしまうと、お金を借りられません

自分が「ブラックリスト」入りしているかどうかを、3つの判断基準で確認してみましょう。

「ブラックリスト」入りか見分ける判断基準3つ

過去5年以内に

  • 2か月以上の延滞をした
  • 保証会社の代位弁済が行われた
  • 債務整理を行った

信用情報機関のCICによると、返済日より2カ月以上の支払遅延(延滞)があると異動(「ブラックリスト」入り)してしまいます。

(引用元:  CIC 「信用情報開示報告書」表示項目の説明

また、支払いが滞ってしまい、保証会社の代位弁済を受けた場合や、自己破産などの債務整理を行った場合も「ブラック」となってしまいます。

これらの情報は、返済や債務整理が完了してから5年間は保持されてしまいます。

次に、「ブラックリスト」に入っているか心配な人に向けて、誤解しやすい「ブラックリスト」には入らない3つの場合をお伝えします。

実は「ブラック」じゃない?審査が不安な人によくある勘違い3つ

よく誤解されがちなのですが、実は以下の3つの場合では「ブラックリスト」には入らないんです。

「ブラックリスト」に入らない場合3つ

  • 延滞したが2カ月以内に返済している
  • キャッシング業者に短期間で複数社に申し込みしている
  • 家族やパートナーが「ブラックリスト」入りしている
  • 以下で詳しく解説していきます。

    延滞しても2カ月以内に返済すれば「ブラック」じゃない

    前述したように、もし延滞してしまっても2カ月以内に返済すれば「ブラックリスト」入りすることはありません。

    なぜなら、信用情報機関CICでの異動情報登録は「返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの」と定められているからです。

    延滞後、2カ月以内に返済すれば「ブラックリスト」入りにはなりませんが、「延滞した」という事実は残るので審査に影響する可能性があります。

    複数社にキャッシング申し込んでも「ブラック」にはならない?申し込みブラックとは

    「 申し込みブラック って聞いたことあるけど、複数社に申し込んだらブラックリスト入りになる…?

    複数社にキャッシングを申し込んでも「ブラック」になることはありません。

    なぜなら、信用情報機関での異動情報登録(「ブラックリスト」入り)と申し込み情報は無関係だからです。

    では「申し込みブラック」というのは、何のことを指すのでしょうか

    申し込みブラックとは

    短期間で複数社にキャッシング申し込みを行い、審査に不利な状況となること

    一般的に「申し込みブラック」となる人は、短期間(1~2か月)で複数社(3社以上)にキャッシング申し込みを行った場合です。

    複数社(3社以上)にキャッシング申し込みすると、業者からは「審査に通らなくて困っているのかな?返済能力ある?」と警戒されてしまいます。

    その結果、審査に不利になることがあるのですね。

    家族が「ブラック」でも自分は「ブラックリスト」入りにはならない

    家族やパートナーが「ブラックリスト」入りしていても、自分が「ブラック」になることはありません。

    なぜなら、信用情報は個人ごとに登録されており、本人の家族の情報は知ることができないからです。

    もし家族が「ブラック」その影響を受けることはないので、安心してお金を借りることができます。

    「ブラック」じゃなくても審査が不安な人には、プロミスがおススメです。

    ブラックじゃないけど審査が心配…そんな人にはプロミスがオススメ

    「ブラック」じゃないけど審査が心配な人には、プロミスがおススメです。

    詳しくプロミスの良さを見ていきましょう。

    どうしても今すぐ借りたい人には最短1時間融資のプロミスがおススメ

    大手キャッシング会社であるプロミスは今すぐお金を借りたい人に絶対おすすめです。なぜなら、業界内でも最速である最短1時間融資が可能だからです。

    また全国のコンビニATMで借り入れできるため、夜間や土日の急な出費にも安心して対応することができます。

    プロミス

    • 入力項目が少なく最短3分で申し込みが完了
    • Web申し込みなら最短1時間で借りることが可能
    • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

    「ブラック」じゃないけどお金が借りられるか不安ならお試し診断がオススメ

    プロミスでは、収入や希望限度額を入力しすると借入が可能かどうかお試し審査をインターネット上で実施しているところがあります。

    お金を借りるのに、借り入れ可能か不安な場合はお試し審査を活用してみるのがおすすめです。

    お試し審査のメリット2つ

  • 大まかに借り入れ可能かわかる
  • 多重申し込みによる審査落ちのリスクを防げる
  • お試し審査では、各キャッシングで借り入れできる審査基準に達しているかをある程度判断することはできます

    ですので、先に借り入れできそうなキャッシングを絞れるという意味で便利なツールです。

    過去に延滞などの金融事故がある場合、お試し審査を利用するのは有効です。

    事前に利用可能かある程度判断できるため、無駄に複数の会社で申し込みをする必要がなくなります。

    さらに、お試し審査は、本審査とは違って、個人信用情報機関で確認を行なわないため登録情報として残りません。

    申し込みブラックを避けてお金を借りられるか判断するという意味でもお試し審査は有効です。

    申し込みブラックで審査落ちしている可能性がある場合は、プロミスのお試し審査をうまく活用して利用してみましょう。

    プロミス

    申し込みは こちら

    次は、「ブラックリスト」に入っているか不安な人へ、各機関への照会方法をご紹介します。

    自分は「ブラックリスト」入り?信用情報機関の照会方法を完全まとめ

    やっぱり自分が「ブラックリスト」入りしているか心配…。」

    「ブラックリスト」入りしてるかどうかは、信用機関に情報を照会することで判断できます。信用情報を管理している機関は以下の3つです。

    信用情報機関

    • JICC(日本信用情報機構)
    • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
    • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

    ちなみに各キャッシングの利用している信用情報機関は異なりますので、以下で確認してみましょう。

    各キャッシングが使用している信用情報機関一覧

    JICC CIC KSC
    セントラル
    プロミス
    アイフル
    アコム
    三菱UFJ銀行カードローン
    みずほ銀行カードローン
    じぶん銀行カードローン

    自分が「ブラック」かどうかは、個人信用情報機関に登録があるかどうかでわかります。

    個人信用情報機関にあたるJICC、CIC、KSCでは、以下のものを準備することで個人での情報開示を請求することが可能です。

    各機関の情報開示で必要なもの

    必要なもの 注意点
    申込書 インターネットでダウンロードし記入
    本人確認書類2つ うち一つは現住所が記載されているもの
    手数料 1000円(窓口の場合は500円)

    お金を借りる申し込みの度に審査落ちした場合、お金を借りるのに不安がある場合はぜひ情報開示で内容を確認してみましょう。

    各機関での情報開示方法・手数料一覧

    JICC CIC KSC
    ウェブ 1000円 1000円 ×
    窓口 500円 500円 ×
    郵送 1000円 1000円 1000円

    インターネットで情報開示を請求する

    JICCとCICはインターネットを利用した情報開示に対応しています。

    サービス時間外を除き、基本的にいつでも自宅で情報開示ができるので手っ取り早く確認したいならおすすめです。

    JICCならアプリをダウンロードしてスマホから、CICならスマホとパソコンの両方から開示が可能です。

    ただし、CICは利用できるクレジットカードを持っていることが条件です。(JICCはコンビニ払い、インターネットバンキング、ATM支払いが可)

    指定のクレジットカード未所持の場合はCICのインターネットでの開示ができないので注意しましょう。

    また所持しているスマホやパソコンのスペックが開示環境に適しているか利用前に公式ページで確認されることをおすすめします。

    窓口で情報開示を請求する

    JICCとCICは窓口での情報開示にも対応しています。すぐに、かつお得に情報を得たい人におすすめです。

    また窓口で情報開示することで、手数料が抑えられます。

    郵送やインターネットでの開示では、JICCとCICどちらも税込み1,000円の手数料がかかりますが、窓口なら税込み500円で済みます。

    ただし、CICの窓口は札幌、仙台、新宿、名古屋、梅田、岡山、福岡の7ヶ所、JICCは東京と大阪となります。

    すぐ行ける距離にない場合は、インターネットや郵送のほうが便利でしょう。

    郵送で情報開示を請求する

    もう1つ、情報開示の方法には郵送があります。

    申し込み用紙と本人確認書類のコピー、手数料分の定額小為替証書を送って請求する方法です。

    郵送の場合は書類作成や書類往復の時間により、情報確認まで1週間ほどかかることに注意しましょう。

    なお、KSCに関して情報開示は郵送のみ受け付けています。

    1つの個人信用情報機関に登録がなくても、情報の共有で審査に影響!?CRINとは

    クレジットカード会社がメインのCIC、消費者金融がメインのJICC、金融機関がメインのKSCはCRINというネットワークでつながっています。

    CIC、JICC、KSCそれぞれの持つ情報が同一なわけではありません.。

    しかし、過剰な貸し付けを抑制するために、現在の延滞情報など一部については相互交流によって共有されています。

    1つの個人信用情報機関に登録がなくても、情報の共有で審査に影響することもあるので注意しましょう。

    なお、交流はあっても情報の開示は別々で行う必要があるため、すべての機関で取り寄せることをおすすめします。

    次に、照会の結果「ブラック」だった人に向けて、ヤミ金についてお伝えします。

    「ブラックでも借りられる」はヤミ金|違法業者に騙されないで

    もし、「ブラックリスト」入りしていても、「ブラックでも借りられる」と宣伝するヤミ金は利用してはいけません

    ヤミ金は「ブラックでも借りられる」など甘い宣伝文句とは裏腹に、利用したら高額な金利や取り立てで生活を脅かす可能性があります

    法外な金利で借金地獄にならないためにもヤミ金は利用せず、「ブラックリスト」入りしている期間が過ぎるまで待ちましょう。

    もし、「ブラック」じゃないのに審査落ちてしまう人は、次の「絶対借りられない人の特徴4つ」を見てみましょう。

    「ブラック」じゃないのに審査落ちる…絶対借りられない人の特徴4つ

    「ブラックリスト」入りはしていないのに、お金を借りるための審査に落ちてしまう…。

    そんな人は、以下の4つの項目に当てはまっている可能性があります。

    キャッシングで絶対借りられない人の特徴4つ

  • 無職で、安定した収入がない
  • 年齢が申込基準を満たしていない
  • 年収の1/3を超えて借入しようとしている
  • 申込の情報を誤る
  • どのキャッシングも、共通して安定した収入が申し込み条件として必須です。なぜなら、お金を返すために収入が必要だからです。

    また申し込み年齢にも気を付ける必要があります。プロミスは20歳~69歳で、セントラルは20歳以上となっております。

    各キャッシングの申し込み年齢一覧

    キャッシング 申し込み可能年齢
    セントラル 20歳以上
    プロミス 20歳~69歳

    また、総量規制という法律により年収の1/3を超えての借入は禁止されているため不可能です。

    最後に、申込の情報を誤ると本人確認ができないため、借り入れはできません。申込の際は、入力情報の正確さに注意しましょう。

    「ブラックリスト」入りか不安な人にもおすすめのキャッシングはこちら

    おすすめ度

    プロミス

    プロミスバナー
    • 今すぐ借りたいなら絶対おすすめ! Web申し込みなら最短1時間 で借りられる
    • 街金と比べて手間いらず! 最短3分で申し込みが完了
    • 郵送物なし・カードレスのWeb完結で周りにばれない

    この記事のまとめ

    • 2カ月以上の延滞や代位弁済、債務整理でブラックリスト入り
    • 1ヵ月の延滞や家族がブラックリスト入りしていてもブラックリストには入らない
    • 「ブラックでも借りられる」という宣伝文句はヤミ金なので利用してはいけない

    今日、今すぐにお金を借りたいなら!

    アコム

    申し込みは こちら

    楽天会員ならココ!ネット銀行ならではの金利

    楽天銀行スーパーローン

    申し込みは こちら

    カテゴリー内記事一覧

    【注意】携帯代金滞納、スマホ料金の延滞でブラックリスト者続出の…

    一般的に「ブラックリスト」と聞けば、借金返済を滞納したり、自己破産をした人たちのことを言うと思っ…