多くの方が、お金を借りる場所を選ぶ際の基準として、「安心」で「低金利」の銀行から借りたいと考えることでしょう。
「お金丸」の立場としても安全に借り入れをしてほしいので大手の銀行で借りることをおすすめします。

しかし、銀行カードローンやフリーローンで借り入れする前に知っておいてほしい点が何点かあります。
具体的には、審査から融資までのかかる「時間・日時」について、「審査の条件」についてなどです。

このようにローンの申し込む前の知るべきことについて、銀行の公式サイトに詳細がのっていないことが多くあります。

そこで、「お金丸」は公式サイトに書いていないことを聞くため、各銀行(計74行、詳細もご覧いただけます)へ直接電話インタビューをしています。

その内容をサイトへ掲載することで、事前確認ができ間違いのないローンの申し込みをしていただくことが、この銀行ローンカテゴリーの趣旨です。

それではインタビュー中で分かった「銀行ローンの注意していきただきたい点」について事例を交え以下にまとめていきます。

要注意!銀行ローンの審査時間・融資までの時間について

保証会社

ほとんどの銀行カードローンやフリーローンはローン申し込みが行われると、保証会社がローン審査をします。
具体的には各銀行や各ローン商品によって保証会社の違いがあります。

流れの例をあげると銀行にローンを申し込み、審査は「オリエントコーポレーション」「アコム」「オリックスクレジット」などが行っているケースがよく見られます。

ローン契約

保証会社の審査を待ち、審査結果が出てから銀行とのローン契約の手続きへ進みます。
契約はネット、郵送、FAX、来店と様々な方法がありますが、来店とネットのケースが多くあります。

カード受け取り

来店の場合は銀行窓口に行き手続きをし、数週間後に融資開始などが想定され、融資までの時間に注意が必要です。
ネットの場合も郵送で書類をやり取りであったり、カードの受け取りが郵送であったりとやり取りの時間にも注意が必要です。
それ以外にも返済用の銀行口座の開設が必要になるなど、各銀行について融資開始まで知っておきたい部分は複数あります。

借りるまでの時間「まとめ」

上記の融資までの注意点をまとめると、「即日審査」と銀行公式サイトに記載がある場合も、審査が即日で早いことを意味しており、融資まで時間がかかる場合も注意点として考えられます。

このことは銀行の公式サイトにはほとんど書いてありませんし、書いてあったとしてもとても見にくい場所にあり不親切といえるでしょう。

融資までが遅い銀行カードローンの例を上げると、なんと「3~4週間」も借りるまでかかる場所があります。
融資まで長く待つことができる場合は上記のようなローンで問題ないでしょう。
しかし、借り入れしたい場合は「急ぎ」の方も多いことでしょう。

このように急ぎの方で、事実を知らずに審査を申し込んでしまい、予想外に融資まで待つことや、融資まで待てず他の早いローン審査を申し込むという二度手間になることなど、ユーザーが不利益を被らないように、「融資までかかる時間」について当サイトは詳しく銀行にインタビューしています。

審査の条件についても知っておいてほしいことがあります。

審査基準として、「年収○○○万円以上」が申し込みには必要という給料の最低条件があったり、「専業主婦は申し込みを断っているローン」があったりと、同じ銀行内でもローン商品によって基準は様々です。

審査落ちの回数が増えることは、ローン審査への影響がマイナス要因になることがあります。
また複数の銀行や貸金業者への同時期の審査申し込みがあることも、信用上できるだけ避けたほうがよいでしょう。

このようなことより、審査の条件を事前に知ることで自身が申し込むべき場所がわかり、審査に落る可能性をできるだけ低くしていただくためにも当サイトのインタビュー記事があります。

サイドバーや以下のページより気になっている銀行ローン審査について詳細を見てからローンを申し込みましょう。

即日で借りたいなら楽天銀行のカードローンへ

楽天銀行カードローンボタン

安心の大手銀行で借りたいなら三菱東京UFJ銀行バンクイックへ

三菱東京UFJ銀行バンクイックボタン

キャッシュカードがそのまま利用可能なみずほ銀行カードローンへ

みずほ銀行カードローンボタン
運営