更新日:2020-06-30

みずほ銀行カードローンは他社からの借入があっても利用できる?

他社借入があるけど、みずほ銀行カードローンの審査は通るの?
もしみずほ銀行のカードローン審査に落ちた場合、他の借入先はどこがいい?

他社の借入がすでにあるけど、みずほ銀行のカードローンも利用したい。こうしたことは可能なのでしょうか?また、利用できる可能性があるとして、実際の審査は厳しいのでしょうか?そもそもみずほ銀行カードローンの審査に通るための注意点には何があるのでしょうか。

そこで、みずほ銀行カードローンは他社からの借入があっても利用できるのかどうか、解説していきたいと思います。

この記事で伝えたいこと

  • 他社からの借入があっても、みずほ銀行カードローンの申込は可能。ただし、審査に通過するかは別問題
  • まとまった他社借入がある、延滞履歴がある、他社借入件数が多い場合は、みずほ銀行のカードローンの審査に通りにくい
  • みずほ銀行カードローンの審査に不安な人は、大手消費者金融のカードローンの検討を行う

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

申込を検討する前にみずほ銀行カードローンの特徴をおさらい

申し込みをする前に、まずはみずほ銀行カードローンの特徴を知りましょう。

みずほ銀行カードローンの概要

利用できる人 以下のすべての条件を満たす個人
・契約時の年齢が満20 歳以上満65 歳以下の人
・安定かつ継続した収入の見込める人
・保証会社の保証を受けられる人
資金使途 自由。ただし、事業性資金としては利用できない
利用限度額 10万〜800万円
担保・保証人 無し
(保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証を行う)
金利 年2.0%~14.0%(※)

(※)住宅ローンを利用している場合は金利が年0.5%引き下がります。適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

これらを確認した上で、他社で借入を行っている人は条件と比較してみましょう。もし今使っているカードローンよりも条件が有利なら、みずほ銀行カードローンの申し込みを行う価値はあります。

他社借入があるとみずほ銀行カードローンの審査に通りにくい理由

消費者金融などの他社のカードローンを利用している状態で、みずほ銀行のカードローンを申し込もうと考えている場合、審査が心配になります。
結論からいえば、他社の借入があっても、みずほ銀行カードローンに申し込むことは可能です。ただし、申込が可能であることと審査に通過するかどうかは別問題。

他社の借入があると、審査で落ちやすくなる要因がいくつかあるのは事実です。では、どのような事があると、審査に落ちやすくなるのか、以下で確認していきましょう。

他社の借入件数が2〜3件以上あると審査に落ちやすい

みずほ銀行に限った話ではありませんが、カードローンは多重債務者への融資を避ける傾向にあります。みずほ銀行はメガバンクということもあり、他社の借入件数が2~3件を超えてくると審査に通りにくいと考えられます。

みずほ銀行カードローンに申し込むなら、他社借入の件数がないか、あっても1件程度まで。なお、他社借入件数としてカウントされるのは、銀行のカードローン、消費者金融のカードローン、クレジットカードからのキャッシング借入などです。

他社借入と見なされるもの

  • 銀行のカードローン
  • 消費者金融のカードローン
  • クレジットカードからのキャッシング借入

など

また、他社借入には該当しないものの、審査で考慮されるものもあります。例えば、クレジットカードのショッピング枠、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンが該当です。こうしたローンなどは、他社借入の件数としてはカウントされませんが、次の返済負担率に影響を与えることになりますので注意が必要です。

他社借入とは見なされないが審査で考慮されるもの

  • クレジットカードのショッピング枠
  • 住宅ローン、自転車ローン、ブライダルローンなどの目的別のローン

など

返済負担率が30%を超えると落ちやすい

みずほ銀行に限らず、銀行など金融機関のカードローンでは返済負担率が重要とされています。返済負担率とは、年収に対してどのぐらいの割合で借金の返済があるかを示したものです。返済負担率は、以下の算式で計算されます。

返済負担率の計算方法

返済負担率=年間の返済総額÷年収×100(%)

一般的に、返済負担率が30%以上になると、銀行のカードローンの審査には通りにくいといわれています。例えば、年収450万円の人の場合、年収の30%は135万円なので、カードローンや住宅ローン、自動車ローンなども含めて、1年間の返済額が135万円を超えていると審査に通るのは難しくなる、ということです。

他社借入を行っていて延滞を起こすと審査に落ちやすい

他社でカードローンを利用すると、その利用情報は、信用情報に登録されます。信用情報とは「個人の信用取引に関する客観的な取引事実」のこと。氏名や生年月日といった個人を特定する情報のほか、クレジットカードやローンの申込・契約内容や返済・支払い状況、借入残高などにより構成されています。

審査では信用情報は必ず確認されます。仮に、遅延などを起こしてしまえば、その事実は審査の中でみずほ銀行にも把握される、ということです。
数日程度の遅延で、既に返済を済ませているのであれば、審査に大きな影響はないと考えられます。しかし、日数が長かったり遅延の回数が多かったりすると、その影響はどんどん大きくなります。

なお、遅延日数が61日以上になると、信用情報に長期延滞情報が登録されてしまいます。これが登録されると、延滞顧客と見なされて、どんな金融機関の審査にも通らなくなる、いわゆる金融ブラックとなります。

他社借入がある状態でみずほ銀行カードローンに申し込むのであれば、まずは延滞などをしていないことが前提になります。

他社借入と希望額の合計が年収の3分の1を超えると審査に通りにくい

他社借入がある場合、その合計額が年収の3分の1を超えると審査に落ちやすくなります。これは、貸金業法で定められている総量規制が原因。総量規制とは、年収の3分の1を超えた貸付は行ってはいけないというもので、利用者が過度な借入で首が回らなくなることを防ぐものです。

ただし、総量規制は貸金業法によるもの。銀行は銀行法によって運営されているので、法律上は総量規制の対象となっていません。ただし、利用者保護の観点から、総量規制に準じた自主規制ルールを設けていることがほとんどです。
メガバンクであるみずほ銀行も例外ではありません。このため、他社の借入額とみずほ銀行カードローンの希望額の合計が年収の3分の1を超えると審査に通らない可能性が高くなります。

みずほ銀行カードローンの審査が難しいと思った人は消費者金融を検討

上記のいずれかに該当する場合など、みずほ銀行のカードローン審査に通るのが不安、という人は無理に審査に申し込まない方が無難です。
なぜなら、カードローンの審査に申し込んだ場合でも、信用情報にはカードローンの申込履歴が残るからです。申込履歴が多いと、審査において、「この人は相当お金に困っているのでは?返済能力がないのではないか?」と見なされ、今後の審査に不利になることもあるからです。

みずほ銀行カードローンの審査が難しい、と思った人は消費者金融のカードローンの利用検討してみましょう。消費者金融と銀行のカードローンでは審査の基準が大きく異なります。そのため、審査に通ることも十分に考えられるからです。

ただし、総量規制については要注意。消費者金融は貸金業者なので、総量規制を超える借入を希望すれば確実に審査に落ちます。
借入額が総量規制の範囲内であり、みずほ銀行のカードローンの審査が不安、という人は、まずは大手の消費者金融である、アコム、アイフル、プロミスから検討してみてはいかがでしょうか。

アコム

  • 最短30分で審査回答がもらえる
  • 初めての利用であれば最大30日間無利息
  • 「Web申込+自動契約機(むじんくん)でカード発行」なら最短即日で借入れ可能

アイフル

  • 最短30分審査&最短1時間融資!必要な資金が、すぐに手に入る可能性が高い
  • Webからの申込後、専用電話への連絡で優先的に審査を開始
  • はじめての利用なら最大30日間金利ゼロ円

プロミス

  • 原則24時間振込も可能
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので、家族などに知られることなく、借り入れが可能です。

他社借入があると審査に通りにくいのは本当?口コミ情報

他社借入があると審査に通りにくいのは本当なのでしょうか。実際に、みずほ銀行カードローンに申込を行った人たちから、口コミを集めました。

みずほ銀行カードローンの審査に通らなかった人の例

属性 年収 他社借入の有無
20代/男性/会社役員 600万円〜700万円 ・レイクALSAから40万円
・クレジットカードのキャッシングで200万円
30代/男性/正社員 200万円〜300万円 ・千葉銀行から50万円
・レイクALSAから20万円
20代/男性/嘱託職員 200万円〜300万円 なし
20代/男性/正社員 500万円〜600万円 ・クレジットカードのキャッシングで400万円
・クレジットカードのショッピングで10万円(リボ払い)
20代/女性/派遣社員 200万円未満 なし

みずほ銀行カードローンの審査に通った人の例

属性 年収 他社借入の有無
30代/男性/正社員 400万〜500万 なし
40代/男性/自営業 400万〜500万 なし
30代/女性/正社員 200万~300万円 なし
50代/女性/正社員 300万~400万円 中央労働金庫から150万円
20代/男性/会社員 300万〜400万円 なし

こうしてみると、みずほ銀行カードローンの審査に落ちた人の例には、他社借入があるケースが多いことがわかります。
一方、みずほ銀行カードローンにおいて審査通過した例では、他社借入がない、もしくはあっても労働金庫からの借入があるといったケースが多いです。審査に通過しにくいといわれる自営業者でも、他社借入がなければ審査に通過しているようです。

やはり、他社借入が多くある場合は、みずほ銀行カードローンの審査に通るのは難しいととらえておいた方がよいでしょう。

審査に通らなかった人からは、次のような声が上がっていました。

Webでみずほ銀行カードローンを知り、おまとめローン目的で申し込んだ。借り入れが多すぎたため信用がなく落ちたのだと思う。審査に落ちた後は弁護士に相談した。(20代/男性/会社役員)

みずほ銀行カードローンは口座開設の時に勧められて知りました。急な出費があり、申し込んだが、信用がないため落ちたのだと思います。(30代/男性/正社員)

多少の延滞などだと大丈夫だろうと楽観視していましたが、お見通しでした。しっかり自らの延滞癖などを改めて申請はするべき。延滞癖のあるかたは気をつけてください。(20代/男性/嘱託職員)

Web広告で知り生活費に余裕がなかったので借りたかった。2年ほど前に任意整理を行っており、ブラックリストに登録されている可能性がある。(20代/男性/正社員)

大手ということもあり申し込みしました。年収が低かったのと、雇用形態が派遣だったから落ちたのだと思います。プロミス、アイフル 、レイクALSAなどは審査が通り、ここで借り入れをしました。(20代/女性/派遣社員)

こうした口コミからいえることは、他社借入をなくすか1社程度にする、延滞はしないことが審査に通るためには重要だということです。また、みずほ銀行カードローンの審査に落ちても、消費者金融の審査では通過する可能性があるようです。急な出費などあった場合、どうしても借入が必要な場合には、消費者金融も選択肢にいれて検討した方がよいかもしれませんね。

この記事のまとめ

  • みずほ銀行カードローンは、他社借入があると審査に通りにくい。
  • 延滞や遅延は審査に不利となる。絶対にしないこと。
  • 銀行など金融機関のカードローンの審査は返済負担率が30%を超えると落ちやすい。
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

関連記事

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査に通る方法

「バンクイックの増額審査に申し込んだけど結果が来なくて心配」 …

更新日:2020-07-02

みずほ銀行カードローンの申込から利用方法までを徹底解説

「みずほ銀行のカードローンを検討してみたい」「

更新日:2020-07-01

審査時間、利用時間…バンクイックの「時間」に関する疑問を解決!

「バンクイックはコンビニATMをほぼ24時間使えるって本当かな」「

更新日:2020-07-01

バンクイックの審査時間はどれくらい?申込方法によって差はある?

「すぐ借りたい!けど審査時間はどれくらいかかるのかな…」 「

更新日:2020-07-01

みずほ銀行カードローンの返済の流れや返済方法、月々の返済額を解説

「みずほ銀行カードローンの返済って、どのような流れで行うの?」…

更新日:2020-07-01