更新日:2020-06-30

みずほ銀行カードローンと消費者金融のサービス比較

みずほ銀行カードローンって、消費者金融のカードローンと何が違うの?
消費者金融のカードローンを金利の低い銀行のカードローンにまとめられる?

カードローンは少額から無担保で借りることができるので、急な出費のときにはとても助かる金融商品です。しかし一口にカードローンと言っても、取り扱っている銀行や消費者金融によって特徴が違います。

どちらで借りたほうが都合がよいのかを、みずほ銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比較してその違いを紹介します。

この記事で伝えていること

  • 銀行のカードローンと消費者金融は対象となる法律が異なる。
  • みずほ銀行カードローンと消費者金融とでは審査結果が出る日数に違いがある。
  • みずほ銀行カードローンの保証会社は、信販大手のオリエントコーポレーション(オリコ)がつとめている。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンに申し込むには、みずほ銀行に普通預金の口座を持っていることが必要です。

みずほ銀行カードローンとは

  • みずほ銀行のカードローン商品
  • 個人向けの無担保融資
  • 資金使途は、事業性資金は除き、自由
  • 金利は年2.0%~14.0%
  • みずほ住宅ローン利用者は年2.0%~14.0%の金利が年1.5%~13.5%になる年0.5%の金利優遇あり
  • みずほ銀行のキャッシュカードをローンカード として兼用可能

みずほ銀行カードローンと消費者金融のサービスの違い

みずほ銀行のカードローンでは、みずほ銀行の普通預金の口座の開設が必須なので、まだ口座を持っていない人は、消費者金融で借りるよりもひとつ手続きが増えることになります。

しかし、希望すれば、銀行ならではの「自動融資サービス」を申し込むことができます。「自動融資サービス」とは、公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済等で、みずほ銀行の返済用普通預金口座の残高が不足した場合に、利用限度額内で不足額を自動的に融資されるものです。

また、「キャッシュカード兼用型」を選んだ場合、普通預金のキャッシュカードでカードローンを使うこともできます

カードローン契約時に、既に、みずほ銀行に口座があり、住宅ローンを利用している人は、「みずほ銀行カードローン」の基準金利が年2.0%~14.0%の場合、金利が年1.5%~13.5%になるなど、金利が0.5%引き下げられるメリットもあります。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では金利が違う?

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%です。
初めてカードローンを申し込むときは、上限金利に近い金利になることが多いので、しっかりと上限金利を確認することが大切です。

みずほ銀行カードローンと他社の金利比較

カードローン名 金利 無利息期間
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 無し
アイフルキャッシング 年3.0%~18.0% あり *1
プロミスのカードローン 年4.5%~17.8% あり *2
レイクALSA 年4.5%~18.0% あり *3
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 無し

*1 契約日の翌日から(初回のみ)
*2初回借入日の翌日から(初回のみ)
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
*3借り入れのうち5万円まで(初回のみ)

みずほ銀行カードローンと消費者金融では借入できる場所や方法が違う?

みずほ銀行カードローンの借入方法は、みずほダイレクトを使った振込かATMでのカードを使った借り入れになります。

みずほ銀行カードローンと他社の借入場所

カードローン名 借り入れできる場所
みずほ銀行カードローン みずほダイレクト(パソコン・スマホ・電話)による振込、みずほ銀行ATM、提携ATM
アイフルキャッシング 銀行口座への振込、アイフルATM、提携ATM、スマホアプリ(セブン銀行ATM)
プロミスのカードローン パソコン、スマホによる振込(瞬フリ)、店頭窓口、プロミスATM、三井住友銀行ATM、提携ATM
レイクALSA 銀行口座への振込、新生銀行カードローンATM、提携ATM、公式アプリ「e-アルサ」(セブン銀行ATM)
SMBCモビット 銀行口座への振込、三井住友銀行ATM、提携ATM

みずほダイレクトとは、1つの契約でインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングが利用できるサービスです。メンテナンスなどで一部利用できない時間もありますが、ほぼ24時間、カードローンの借り入れ、返済ができます。

ATMは、みずほ銀行のATMはもちろん、提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニなどのATMで利用できます。

みずほ銀行カードローンでは、希望に合わせて、キャッシュカード兼用型とカードローン専用カードが選べるのですが、カードによって利用できるATMに違いがあります。

多くの消費者金融では、銀行口座への振込や自社ATM、提携ATMでの借り入れができます。利用できる時間帯や手数料の有無については、ATMによってそれぞれ違いがあるのでよく確認することが大切です。

それ以外に、プロミスでは店頭窓口で借り入れができたり、瞬フリ(振込キャッシング)を利用すると、最短10秒程度で指定の口座に振込が可能になったりします。また、金融機関によりますが、三井住友銀行やジャパンネット銀行などは、24時間365日土日・夜間でも振込可能です。

アイフルやレイクALSAでは、専用のアプリをスマホに入れると、セブン銀行ATMからカードレスで借り入れることもできます。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では審査の厳しさが違う?

カードローンの審査では、一般的に次のようなことが調べられています。

カードローン審査で見られるポイント

  • 他社借入の有無
  • 安定した収入の有無
  • 在籍確認

以下で詳しく見てみましょう。

他社借入がある人は審査に通らない可能性が高い?

他社借入がある人は、銀行のカードローン、消費者金融にかかわらずどこの金融機関でも、評価が低くなり審査に通らない可能性が高まります。消費者金融では、他社借入が4件以上あるとまず審査に通らない可能性が高いです。また、過去に返済トラブルがあると審査に通りづらくなってしまいます。

安定した収入がないと借りられない?

返済能力の有無を見るため、安定した収入があることも審査の基準となります。収入のない専業主婦は、消費者金融でお金を借りることはできません。借りられる可能性があるのは、配偶者貸付という本人と配偶者の合算年収の3分の1まで借り入れが認められる金融商品のある一部の中小消費者金融だけです。

銀行のカードローンは、これまでは専業主婦でもお金を借りることができていましたが、銀行の自主規制によって状況が変わり、専業主婦が審査を通る可能性が低くなっています。

したがって、みずほ銀行カードローンも申込はできるかもしれないですが、借りることは難しいでしょう。

在籍確認の電話は必ずかかってくる?

在籍確認については、銀行のカードローンも消費者金融も、勤務先に個人名で電話をかけることが多いようです。どうしても職場に電話をしてほしくない場合、相談することはできます。しかし、どんな状況を「やむを得ない」と判断するかは受け付けた担当者の判断による部分が大きいので、必ずしも職場への電話を避けることはできません。

在籍確認で、職場に電話をかけられるのに不都合がある人はSMBCモビットの「WEB完結申込」をすると、在籍確認が電話ではなく、書類で行われるのでおすすめです。ただし、「必要書類が多い」「カードが発行できない」というデメリットがあります。

「WEB完結申込」を利用するには、「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの銀行口座が必要で、さらに「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」などの書類提出を求められます。国民保険証では審査ができませんので注意してください。

SMBCモビット

  • 最短即日融資も可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • セブン銀行ATMならスマホのアプリだけで入出金可能

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる可能性があるのはどんな場合?

みずほ銀行カードローンでは、次のような場合審査に落ちる可能性があります。

審査に落ちる原因

  • 他社借入が多い
  • 同時に他社にも申込をしている
  • 自営業
  • 在籍確認が取れない
  • 過去に金融事故を起こしている

もしも、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまった、あるいは、まだ申し込んではいないけれど心配な人は、消費者金融のカードローンならば審査に通る可能性もあるので考えてみるのも良いでしょう。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では審査にかかる時間が違う?

みずほ銀行カードローンは申込方法にもよりますが、早くて翌営業日以降に審査の結果が出ます。これは、銀行のカードローンは審査に「警察のデータベースへの照会」というものが必要なため、どんなに早くても審査の回答が翌日以降になってしまうためです。

さらに、普通預金の口座開設、カード発行などにも時間がかかり、お金を実際に借りることができるまでに、数週間かかる場合もあります。

消費者金融の審査の結果は、即日出る場合が多いです。ですから、借り入れを急いでいる人は、消費者金融の利用も選択肢のひとつとして考えてみましょう

みずほ銀行カードローンと他社の審査時間

カードローン名 審査にかかる時間
みずほ銀行カードローン 最短でも翌営業日以降
アイフルキャッシングローン 最短30分
プロミスのカードローン 最短30分
レイクALSA 最短15秒(申込日当日)
SMBCモビット 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある)

審査スピードが早い理由は、自動与信システムによるスコアリング方式での審査を採用しているからです。 スコアリング方式とは、年収、勤続年数、雇用形態、個人信用情報などを項目化し、すべてに点数を付けて与信判断を行う審査方法のことです。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では申込方法、必要書類が違う?

消費者金融の申込方法や必要書類も、みずほ銀行カードローンとあまり違いはありません。

みずほ銀行カードローンには、「インターネット」「郵送」「電話」「店頭窓口」と、複数の申込方法があります。

みずほ銀行カードローンの申込条件

  • 契約時の年齢が、満20歳以上かつ満65歳以下であること
  • 安定・継続した収入が見込めること
  • 保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられること

 

みずほ銀行カードローンの必要書類

本人確認のための書類 ・運転免許証
・パスポート
・印鑑証明書
・特別永住者証明書
・運転経歴証明書
・各種健康保険証
・住民票
・在留カード
・住民基本台帳カード
収入を証明する書類 ・源泉徴収票
・納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
・住民税決定通知書または課税証明書

 

申込の流れ(インターネット申込)

  1. パソコンやスマートフォンで申込
  2. 申請内容を元に審査
  3. 審査結果の確定
  4. 本人確認書類・年収証明書類の提出
  5. 契約完了、借入開始

詳しくは「みずほ銀行カードローンの申込方法や借入までの流れを知りたい」」を御覧ください。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では返済方法や返済金額が違う?

みずほ銀行カードローンは、毎月10日に、みずほ銀行の普通預金から自動引落されます。消費者金融では、返済日が自身の都合に合わせて選べるところが多いです。

みずほ銀行カードローンと消費者金融の返済日

カードローン名 返済日
みずほ銀行カードローン ・毎月10日
アイフルキャッシング ・約定日制を選択
自身の都合に合わせて返済日を選択できる、返済日の10日前以内であれば返済可能

・サイクル制を選択
35日ごとに返済、返済日の何日前であっても返済可能
プロミスのカードローン ・5日、15日、25日、末日の中から、自身の都合に合わせて選択できる
レイクALSA ・自身の都合に合わせて選択できる
・ただし自動引落の場合は、14日または27日のどちらかのみ指定できる
SMBCモビット ・5日、15日、25日、末日の中から、自身の都合に合わせて選択できる

みずほ銀行カードローン以外は、いろいろな返済方法が選べますが、毎月決まった日に返済する約定返済分は、銀行の口座などから自動で引き落としされる口座振替を利用すると、支払いを忘れないようにできます

みずほ銀行カードローンと消費者金融の返済方法(約定返済)

カードローン名 返済方法
みずほ銀行カードローン ・みずほ銀行の普通預金の口座より自動引落(手数料無料)
アイフルキャッシング ・スマホアプリ(セブン銀行ATM)
・アイフルATM(手数料無料)
・提携ATM
・コンビニ(Famiポート)
・口座振替(自動引落)(手数料無料)
・銀行振込
プロミスのカードローン ・インターネット返済(手数料無料)
・店頭窓口(手数料無料)
・プロミスATM(手数料無料)
・提携ATM
・コンビニ(マルチメディア端末)(手数料無料)
・口座振替(自動引落)(手数料無料)
・銀行振込
レイクALSA ・Web返済(手数料無料)
・新生銀行カードローンATM(手数料無料)
・提携ATM
・口座振替(自動引落)(手数料無料)
・銀行振込
SMBCモビット ・三井住友銀行ATM(手数料無料)
・提携ATM
・口座振替(自動引落)(手数料無料)
・銀行振込

カードローンには、毎月必ず支払わなければならない返済金額があり、それを「最低返済額」と言います。

最低返済額は、直前の借入残高によって決まることが多いですが、カードローンによって違います

また、利用限度額によって、最低返済額の増え方が変わる場合もあるので、利用する前によく確認しておくとよいでしょう。借入残高が10万円の時は、以下の通りです。

みずほ銀行カードローンと消費者金融の最低返済額

カードローン名 最低返済額
(借入残高10万円の場合)
みずほ銀行カードローン 2,000円
アイフルキャッシング (約定日制)4,000円
(サイクル制)5,000円
プロミスのカードローン 4,000円
レイクALSA 4,000円
SMBCモビット 4,000円

毎月決まった、あるいは、自身の都合で決めた返済日に返済する金額の他に、お金に余裕があるときは、「繰上げ返済」(臨時で返済すること)ができます。繰り上げ返済をすると借入残高が減り、支払う利息も少なく済みます。

ただし、返済方法によっては、ATMの利用手数料がかかる場合もあります。せっかく利息を減らそうと繰上げ返済をしても手数料がかかってしまうと繰上げ返済の意味が半減してしまいます。

みずほ銀行カードローンは、「みずほダイレクト」やATMを使って繰上げ返済できますが、ATMの中には借り入れはできるけれども、返済ができないATMもあるので注意してください。

各社の繰上げ返済、一括返済ができる場所

カードローン名 繰上げ返済 一括返済
みずほ銀行カードローン ・みずほダイレクト*1
・みずほ銀行ATM
・提携ATM
※借り入れができても、返済ができないATMもあるので注意。
・店頭窓口
(インターネット支店の場合は電話連絡が必要)
アイフルキャッシング ・スマホアプリ(セブン銀行ATM)
・アイフルATM*1
・提携ATM
・Famiポート
・銀行振込
・銀行振込
・店舗窓口
・Famiポート
・アイフルATM*1
・提携ATM(コンビニ・銀行)*2
プロミスのカードローン ・インターネット返済*1
・店頭窓口*1
・プロミスATM*1
・提携ATM
・コンビニ(マルチメディア端末)*1
・銀行振込
・インターネット返済*1
・店頭窓口*1
・銀行振込
・プロミスATM*1
・提携ATM*2
・コンビニ(マルチメディア端末)*1
レイクALSA ・Web返済*1
・新生銀行カードローンATM*1
・提携ATM
・銀行振込
・Web返済*1
・銀行振込
・新生銀行カードローンATM*1
・提携ATM*2
SMBCモビット ・三井住友銀行ATM*1
・提携ATM
・銀行振込
・三井住友銀行ATM*1
・銀行振込
・提携ATM*2

*1:手数料無料
*2:硬貨非対応のATMの場合、1,000円単位の取引となり、多く入金された金額は振込などで返却される

一括で残りの全額を返済する場合は、返済総額を確認することが大切です。

一括返済の場合、端数をきちんと支払えるかも確認しましょう。端数が残ってしまうと「無利息残高(利息・手数料を付けず、支払期限も設定しない残高)」となり、完済していない状態が続き、解約もできません。放置しておくと、他の消費者金融を利用する場合、借り入れ1件とカウントされるため審査に影響する可能性があります。

みずほ銀行カードローンと消費者金融では利用限度額が違う?

消費者金融のカードローンには、貸金業法の総量規制という制度が適用されるので、銀行のカードローンである「みずほ銀行カードローン」とは利用限度額が違います。

みずほ銀行カードローンと他社の限度額比較

カードローン名 限度額
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
アイフルキャッシングローン 最大800万円
プロミスのカードローン 1万円~500万円
レイクALSA 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

総量規制とは、貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)は、融資申込者に対して他の貸金業者の借入分と合計して年収の3分の1までしかお金を貸してはいけないという法律です。

銀行は「貸金業法」の対象ではないので、総量規制はかかりませんが、最近では銀行も自粛をして厳しい審査を行なっています。

みずほ銀行カードローンと消費者金融の共通点は?

いろいろと違いのあるみずほ銀行カードローンと消費者金融ですが、以下のような共通点もあります。

  • 滞納したら遅延損害金が発生する。
  • 滞納し続けているといわゆるブラックリスト入りする。

みずほ銀行カードローンも消費者金融も滞納したら遅延損害金が発生する

みずほ銀行カードローンでは、毎月10日の返済日の自動引落の際に口座にお金が足りないと遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金とは、ローンの返済遅れに対する延滞料(=罰金)のことです。

また「いつ払えますか?」という電話がかかってきますが、それを無視していると信用情報にも傷がつきます。

消費者金融のカードローンの場合も同じく、返済に遅れた場合は遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、例えば、金利年14.0%の場合、「金利年14.0%が金利年20.0%になる」というような計算方法ではなく、「金利年14.0%の通常利息に金利年20.0%の遅延損害金が上乗せされる」ということも覚えておきましょう。

遅延延滞金の利率は会社によって異なりますが、上限の20%に近い利率で設定されているところが多いです。

銀行のカードローンならブラックリストに登録されないのは本当?

消費者金融で滞納すると、いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまうとはよく言われます。

一方で、銀行のカードローンは延滞してもブラックリストに載らないと思っている人もいるかもしれませんが、銀行のカードローンでも延滞すれば、消費者金融と同じくブラックリストに載ります

「ブラックリスト」に載っているというのはどういう状態かというと、カードローンなどを作ったり、ローンを組む際に登録された「信用情報機関」の顧客情報に、ある一定期間返済が滞ったり、破産したりしたという「事故情報」が載っているという状態です。

消費者金融からの借り換えやおまとめ目的で申し込める?

他社借入が多くなってしまった人の中には、金利が低めに設定されている銀行で借り換えをしたいと考える人もいるかもしれません。そんな場合は「みずほ銀行多目的ローン」という商品に一本化することもできます。

ただし、他社借入がある場合には審査に通りにくいので、既に返済が回らない状況であれば、新たにローンなどを契約するのではなく、債務整理などの選択肢も検討することをおすすめします。
詳しくは、「みずほ銀行 おまとめローン」をご覧ください。

銀行の保証会社が消費者金融って本当?

みずほ銀行に限らず、銀行のカードローンではその審査には保証会社がかかわっています。

みずほ銀行カードローンの保証会社は、クレジット会社のオリエントコーポレーション(オリコ)です

銀行のカードローンにおける保証会社は、審査の代行や、もしも利用者が返済できなくなってしまった場合にその代位弁済を行います。

代位弁済とは、返済が何度も繰り返し滞ったときに、保証会社などが実際に借金をした人に代わって、借入先の金融機関に一括返済してしまうことのことです。代位弁済が行われると、今度は銀行ではなく、保証会社にお金を返すことになります。それも一括で支払うように言われることも多いので、返済は遅れないようにしましょう。

また、過去にオリコのクレジットカードを利用し短期でも延滞したことのある人はみずほ銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

この記事のまとめ

  • 銀行のカードローンと消費者金融は対象となる法律が異なる。
  • 毎月決まった返済の他に繰上げ返済や一括返済をして利息を減らす方法があるが、返済するときの手数料がかかるともったいないこともある。
  • みずほ銀行におまとめローンという商品はない。
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

関連記事

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査に通る方法

「バンクイックの増額審査に申し込んだけど結果が来なくて心配」 …

更新日:2020-07-02

みずほ銀行カードローンの申込から利用方法までを徹底解説

「みずほ銀行のカードローンを検討してみたい」「

更新日:2020-07-01

審査時間、利用時間…バンクイックの「時間」に関する疑問を解決!

「バンクイックはコンビニATMをほぼ24時間使えるって本当かな」「

更新日:2020-07-01

バンクイックの審査時間はどれくらい?申込方法によって差はある?

「すぐ借りたい!けど審査時間はどれくらいかかるのかな…」 「

更新日:2020-07-01

みずほ銀行カードローンの返済の流れや返済方法、月々の返済額を解説

「みずほ銀行カードローンの返済って、どのような流れで行うの?」…

更新日:2020-07-01