更新日:2020-06-30

みずほ銀行カードローンを借り換え目的で利用したい

みずほ銀行カードローンに借り換えたいけど、どうすればよい?
他社でも借入しているけど、審査に通るかな?

ローンを借り換える主な目的は、金利の有利なローンへ借り替えを行い、利息を減らすことです。カードローンの毎月返済が苦しい人や、少しでも返済額を減らしたい人にとって、金利の有利なカードローンに借り換えできるのなら、借り換えたいですよね。

例えば、みずほ銀行カードローンに借り換えるのはどうなんでしょうか。借り換えた場合、どのくらい利息は減るのでしょうか。また、他社に借入があっても問題ないのでしょうか。

この記事でわかること

  • みずほ銀行では、みずほ銀行カードローンと多目的ローンが借り換えローンとして利用できる
  • みずほ銀行カードローンは、利用限度額の範囲で何度でも借入ができる
  • みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%~14.0%なのに対して、多目的ローンの金利は年5.875%(変動金利)と年6.65%(固定金利)
  • 多目的ローンの審査では借り換えであることも考慮してもらえる
  • Webのシミュレーション機能を使えば、簡単に返済期間や利息の差を計算できる

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:飯田 道子

監修者

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田 道子

いいだ みちこ

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

「カードローン」と「多目的ローン」が借り換えローンとして利用できる

みずほ銀行では、カードローン以外にも、多目的ローンが借り換えローンとして利用することができます。

みずほ銀行カードローン、多目的ローンともに、事業や投資に使わなければ原則使用目的は自由です。

みずほ銀行カードローンと多目的ローンでは、金利や返済方法、追加借入の可否などで違いがあります。事前に確認しておき、自分にはどちらの方が向いているのかを考えてみましょう。

みずほ銀行カードローンと多目的ローンの比較

みずほ銀行カードローン 多目的ローン
金利 年2.0%~14.0%(※1) 年5.875%(変動金利)(※2)
年6.65%(固定金利)(※2)
利用限度額 10万〜800万円 10万~300万円(※2)
返済方法 口座振替(毎月)、任意返済 口座振替(毎月)、任意返済(店舗のみ)
追加借入 できる できない

(※1)みずほ銀行の住宅ローンの利用で、金利は年0.5%引き下げられる。
(※2)みずほ銀行の住宅ローンの利用で、金利と利用限度額が優遇される。

みずほ銀行カードローンの魅力は自由に借入ができること

もう少し詳しく、みずほ銀行カードローンと多目的ローンの違いを紹介していきましょう。まず、みずほ銀行カードローンからです。

みずほ銀行カードローンの利用限度額は10万~800万円です。ただし、すべての人が800万円借りられるわけではありません。いくら借りられるかは申込時の審査で決まり、利用者ごとに異なります。

みずほ銀行カードローンは、利用限度額以内であれば何度でも借入ができます。一度借りたら、追加でお金を借りることができない多目的ローンとは、この点が大きく異なります。

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0%~14.0%です(※)。幅のある設定ですが、利用限度額によって金利は自動的に決まる仕組みです。利用限度額が高くなれば、金利は低くなっていきます。

みずほ銀行カードローンに借り換えた場合、一番高い金利は年14.0%です。つまり、それ以上の金利でお金を借り入れているのなら、みずほ銀行カードローンに借り換えれば利息、返済総額を抑えることができます。

(※)みずほ銀行の住宅ローンの利用で、金利は年0.5%引き下げられる。

みずほ銀行の多目的ローンは申込時に借入目的を申請する必要がある

次に、みずほ銀行の多目的ローンの特徴を紹介します。

多目的ローンの借入限度額は、10万~300万円になります。みずほ銀行カードローンと違って、最初に借り入れしたら、追加で借り入れることはできません。その分、最初の借入金額の設定が重要で、必要となるお金をきちんと計算しておきましょう。

多目的ローンは、お金を借りる目的自体は自由ですが、申込の際にどんなことにお金を使うのかを申請する必要があります。また、その目的に対してお金を借りるので、100万円を超える借入では支払った際の領収書などを提出する必要があります(※)。つまり、それ以外の目的で勝手にお金を使うことはできません。

多目的ローンでの注意点

  • 申込時に、見積書など借入目的と金額がわかる書類を用意しなくてはいけない。
  • 借入時に、請求書など実際に支払うことを証明する書類を用意しなくてはいけない。

(※)100万円以下の借入でも領収書の提出が必要になることがあります。

みずほ銀行の多目的ローンは変動金利と固定金利を借入時に選択

みずほ銀行の多目的ローンは、変動金利するか、固定金利にするかを選択する必要もあります。

変動金利と固定金利の違い

  • 変動金利
    →返済期間中の金利が金融情勢などによって変更になる可能性がある金利
  • 固定金利
    →借入期間中の金利は固定され、返済完了するまで変わらない金利

一度決めた金利方式は、変更することができませんので、じっくりと考えて決めましょう。多目的ローンの金利は、変動金利が年5.875%、固定金利が年6.65%です(2020年6月現在)

みずほ銀行の住宅ローンを利用していると金利が優遇される

みずほ銀行カードローン、多目的ローンの金利について、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、金利が優遇されるという点を補足しておきます。みずほ銀行カードローンは金利が0.5%引き下げられます。一方、多目的ローンは引き下げ後の金利が、変動金利で3.375%、固定金利で3.9%になります。

住宅ローン利用時のみずほ銀行カードローン、多目的ローン金利(2020年6月時点)

金利 住宅ローン利用 通常
みずほ銀行
カードローン
年1.5〜13.5% 年2.0%~14.0%
多目的ローン 変動 年3.375% 年5.875%
固定 年3.9% 年6.65%

多目的ローンの場合、「住宅ローン利用者専用口」が用意されています。金利の優遇はもちろんのこと、借入期間や借入額も優遇されます。通常の借入期間と借入額が、最長7年、最高300万円までなのに対して、住宅ローンを利用者は、最長10年、1,000万円までになります。

カードローンと多目的ローンの審査の違い

借り換え目的の場合、みずほ銀行カードローンと多目的ローンでどちらが借りやすいかも気になるポイントになるでしょう。審査の内容は非公表なので、どちらが借りやすいかを断定することはできません。しかし、ヒントになりそうなことはあります。

それは、多目的ローンの審査は、借り換え目的であることが考慮されるのに対して、カードローンの審査では、借り換えかどうかは考慮されないということです。

申込内容などを考慮すればわかることですが、それぞれ詳しく見ていきましょう。

多目的ローンは借り換え目的として審査が行われる

多目的ローンの場合、使用目的は自由なものの、申込時にきちんとその目的を申請する必要があります。つまり、審査は借り換え目的であることを踏まえて行われます

そのため、信用情報で他社借入が判明しても、その返済のために多目的ローンを申し込んでいることはすでにわかっています。そのため、多目的ローンのほうがカードローンより、他社借入がマイナスに響く可能性は低いかもしれません。

信用情報とは
信用情報とは、個人が利用するクレジットやローンなどの契約内容、利用実績に関する情報。個人が新たにクレジットやローンなどの申込を行った際に、クレジット会社やローン会社などが顧客の「信用力」の判断材料として確認する。

ただし、本人確認書類や収入証明書以外に、カードローンでは不要な、他社借入の残高がわかる書類など資金使途を証明できるものや、印紙代などの諸費用を用意する必要があり、手続きは若干面倒です。

また、多目的ローンで借りたお金を別の目的で使ってしまった場合は、一括返済を求められることがあるので注意してください。

カードローンの審査では借り換え目的であることは考慮されない

みずほ銀行カードローンの申込では、そもそも借りたお金の使用目的を記入する箇所がありません。そのため、カードローンの審査で、使用目的が考慮されることは一切ありません。

このように書くとしっかり審査が行われていない印象を抱くかもしれません。しかし、審査自体は、保証会社であるオリエントコーポレーションがしっかり行います。

保証会社とは
カードローンは、無担保・保証人なしが基本。そのような場合、万一、お金を返してもらえなくなったら、融資する会社が損をしてしまいます。保証会社は返済してもらえないかもしれないリスクがどれくらいあるのかを融資会社に代わって審査し、借り入れている人が返済できないときには、その人に代わって、融資会社へ返済することが業務です。

他社から借入があるかどうかも、多目的ローン同様、信用情報で確認されます。したがって、信用情報で他社借入があると判明したら、その分、利用限度額を減らされる可能性がありますし、他社借入が理由で審査に通らない可能性もあります。

借り換え後の返済額をシミュレーション

借り換えを行った場合、どのくらいの利息の差が生まれるか、シミュレーションを実施してみました。

下の表は、借入額90万円をみずほ銀行カードローンと多目的ローン、消費者金融のカードローンの最高金利である年18.0%の3つのパターンで、それぞれ毎月2万円返済した場合での比較です。みずほ銀行カードローンの金利は年14.0%、多目的ローンの金利は5.875%で計算しています。

返済回数と利息の比較(※1)

みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行
多目的ローン
消費者金融の
カードローン
金利 年14.0%(※2) 年5.875%(※3) 年18.0%(※4)
返済回数 67回 53回 80回
返済総額 130万5,924円 102万4,751円 155万2,195円
利息額 40万5,924円 12万4,751円 65万2,195円

(※1)みずほ銀行「カードローン 返済回数シミュレーション」を利用。
(※2)みずほ銀行の住宅ローンの利用で金利は年0.5%引き下げられる。
(※3)みずほ銀行の住宅ローンの利用で金利は年3.375%。
(※4)大手消費者金融の上限金利。

シミュレーションの結果、最も返済回数が少ないのは、みずほ銀行の多目的ローンの53回でした。利息額は12万4,751円になります。もっとも返済回数が多い、消費者金融の最大金利年18.0%の場合と比較すると、返済回数には最大27回(2年3ヶ月)の差があり、利息額では52万7,444円もの差があることがわかりました。

この利息額の差を考えれば、ぜひ借り換えを検討したいところでしょう。

カードローンは任意返済の柔軟性が魅力

毎月の返済が苦しくて借り換えを検討する場合は、返済方法も借り換え先を選ぶ重要なポイントになるでしょう。その点、みずほ銀行カードローンは、自由にATMやみずほダイレクト(インターネットバンキング)から任意返済ができるので魅力的です。

みずほ銀行カードローンの返済は、基本的には毎月10日にみずほ銀行の口座から自動引き落としされます。その引き落としにプラスして、経済的に余裕がある月にATMやみずほダイレクトから任意返済できれば、利息を減らせますし、さらに返済期間も短縮できます。

一方、多目的ローンの場合は、申込時に返済期間を6ヶ月以上、7年以内で設定する必要があります(※3)。任意返済も可能ですが、多目的ローンを申し込んだ店舗でしか受け付けてもらえないので、カードローンのように手軽に任意返済していくことは難しいかもしれません。

どちらも毎月定額で返済していくことに変わりありませんが、柔軟な返済で利息を減らしたいなら、カードローンの方が便利かもしれません。

(※3)6ヶ月ごとに増額返済、いわゆるボーナス払いの設定も可能。返済が厳しいときは、1ヶ月単位で最長6ヶ月間、「元金返済措置」と呼ばれる利息だけを払いつつ、元本の返済を免除してもらう仕組みも用意されている。

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

この記事のまとめ

  • みずほ銀行では、みずほ銀行カードローンと多目的ローンを借り換え目的で利用できる
  • みずほ銀行カードローンは利用限度額内で何度も借入ができるが、多目的ローンはできない
  • 多目的ローンは審査時に借り換え目的であることを考慮されるが、みずほ銀行カードローンでは考慮されない
  • シミュレーション機能を活用すれば、事前に返済額がわかる
  • 任意返済はみずほ銀行カードローンの方が簡単にできる
監修者画像:飯田 道子

監修者

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)

飯田 道子

いいだ みちこ

金融機関勤務を経て1996年にFP資格を取得。
各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などをおこなっている。
どの金融機関にも属さない独立系FP。

保有資格

ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

著書

「金儲けの落とし穴完全対策マニュアル―お金についての悪の手口への対策はこれで万全!」日本文芸社
「貯める!儲ける!お金が集まる94の方法」ローカス
ほか。

関連記事

伊予銀行の「新スピードカードローン」の特徴や申込方法を聞いてみ…

お金丸が実際に「伊予銀行」へ電話インタビューしたやりとりを完全再現! 伊予銀行「新スピードカードローン」 金利:年2.0%~14.5% 限度額: 10万円~500万円 目次「新スピードカードローン」の ...

更新日:2020-08-27

三井住友銀行カードローンの審査結果は最短翌営業日に判明?申込方…

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンならではの金利と、10万円~ 80…

更新日:2020-08-25

みずほ銀行カードローンの申込方法や借入までの流れを知りたい

「普段みずほ銀行を使っていないけど、申し込めるかな?」 「

更新日:2020-08-25

北洋銀行カードローンの「スーパーアルカ」の審査について

カードローン「スーパーアルカ」は、北海道の銀行、北洋銀行のカードローンです。 スーパーア…

更新日:2020-08-21

北日本銀行のカードローン「ASUMO(アスモ)」の審査の難易度とは?

北日本銀行の個人向けカードローン「ASUMO(アスモ)」は、北日本銀行の店舗がある地域の人に向いてい…

更新日:2020-08-21