更新日:2020-06-29

みずほ銀行カードローンの利用残高や毎月の返済額を知り早く完済する

みずほ銀行のカードローンでお金を借りているけど、早めに返済したい時はどうしたらいいの?
利用残高や返済額を確認する手段はある?
毎月の返済が厳しい!もし残高不足で引落としできなかったらどうなる?

みずほ銀行のカードローンを利用している人が利用残高や返済額を確認する方法や、なるべく早く返済するための方法を見ていきましょう。

また、毎月の返済が厳しく、返済額を下げたいと考えている人に役立つ情報や、万が一、口座の残高が不足して引落としできなかったとしたらどうなるのかといった情報も紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの利用残高と返済額について

  • みずほ銀行カードローンの利用残高を確認するには、ATMやみずほダイレクトを利用すると便利
  • みずほ銀行カードローンの返済には、預金口座から毎月定期的に自動引落する方法とATMやみずほダイレクトで任意返済する方法がある
  • できるだけ任意返済や一括返済を心がけ、支払う利息の総額を減らす
  • 残高不足で引落ができなくなると、追加の借入ができなくなったり、遅延損害金が発生したりする
  • 毎月の返済が厳しい場合は、利用限度額の増額の申請や、最低返済額の低い他社カードローンへの借換えも検討する

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:大久保 名美

監修者

ファイナンシャル・プランナー、キャリアコンサルタント

大久保 名美

おおくぼ なみ

みずほ銀行カードローンの利用残高の確認方法

すでにみずほ銀行のカードローンを利用している人は、自分の利用残高についてきちんと確認しておきましょう。利用残高を確認方法は3つあります。ATM、インターネットバンキング「みずほダイレクト」、そして電話で確認する方法です

(1)ATMで確認する

保有するカードが「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」かによって方法が異なります。

a)キャッシュカード兼用型の場合

カードを挿入→「みずほのカードローン」ボタンを押す→「残高照会」ボタンを押して確認

キャッシュカード兼用型で残高照会できるATM

みずほ銀行ATM コンビニATM 提携金融機関ATM ゆうちょ銀行ATM
イーネット銀行 ローソン銀行 セブン銀行
× × ×

b)カードローン専用型を利用する場合

カードを挿入 →「残高照会」ボタンを押して確認

カードローン専用型で残高照会できるATM

みずほ銀行ATM コンビニATM 提携金融機関ATM ゆうちょ銀行ATM
イーネット銀行 ローソン銀行 セブン銀行

(2)インターネットバンキング「みずほダイレクト」で確認する

インターネットバンキングにログイン→メインメニューの中の「残高照会」を選択→「カードローン」を選択→「照会」ボタンを押し残高を確認

(3)電話で確認する

みずほ銀行カードローン専用ダイヤルへ電話する。フリーダイヤル:0120-324-555
本人確認が必要になるため、みずほダイレクト利用カードか普通預金通帳を手元に用意しておく

なお、みずほ銀行カードローンの返済方法には以下の2種類があります。

  1. ATMやインターネットバンキング「みずほダイレクト」で、任意返済する方法
  2. 普通預金口座から毎月定期的に自動引落する方法

「任意返済」というのは、自分で希望するタイミングで返済することを言います。

普通預金口座からの自動引落しは、返済予定日に返済額分の口座残高があれば「残高スライド方式」で返済できるので手間がかかりません。「残高スライド方式」とは、借入残高に応じて月々の返済額が変動(スライド)する返済方式です。

引落しのタイミングは、毎月10日に、前月の10日現在の借入残高に応じて返済額が引落としされます。(注:いずれの日も銀行休業日の場合は翌営業日)「前月10日締めの今月10日引落し」という風に覚えておくといいでしょう。

いずれにしろ、自分の利用残高や返済予定額に関しては定期的に確認しておきましょう。

返済シミュレーションを使って返済計画を立ててみる

毎月の資金管理をしやすくするためにも、今後の返済計画を立ててみましょう。銀行のホームページにある「ローン返済シミュレーション」を利用すると便利です。

みずほ銀行のローン返済シミュレーションには以下の3種類があります。

  1. 返済金額シミュレーション

    毎月の返済額が分かる

  2. 返済期間シミュレーション

    約定返済額(※1)での完済期間が分かる

  3. 返済回数シミュレーション

    何回返すのかが分かる

※1「約定返済額」とは、契約で決められた毎月の「約定返済日」に、契約で決められた一定額を返済する場合の返済額で、借入金額に応じてローン会社ごとに決められています。また利用者の利用限度額に応じて、約定返済額は変わります。

それぞれ具体的な数字で見てみましょう。

(1)返済金額シミュレーション

例:50万円を借入れ、3年で返済すると、毎月いくら返せばいいのか
借入金額50万円、返済期間3年(36回)、金利14.0% → 毎月の返済額17,686円

(2)返済期間シミュレーション

例:50万円を14.0%の金利で借入れ、月々の約定返済で完済までどのくらいの期間かかるのか(注:利用限度額50万円の場合で、約定返済額は10,000円とする)
借入金額50万円、金利14.0% → 返済期間200回(約16年)

(3)返済回数シミュレーション

例:50万円を借りて、毎月17,000円を返済したら、返済回数はどのくらいか
借入金額50万円、毎月の返済額17,000円、金利14.0% → 返済回数39回

ここで注意して欲しい点は、カードローンの利用限度額によって金利が変わってくることです。

利用限度額とは、最大どのくらいのお金を融資ししてもらえるかを示した金額で、人によって設定される金額は変わります。利用者一人ひとりに対し、カードローンを提供している会社が設定するものです。

一般的に、利用限度額が高いほど金利は低く設定されます。金利によって返済額や期間などが変わってきますので、何パターンかシミュレーションして確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの利用限度額と金利

限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

みずほ銀行カードローンの場合は、カードローンを申し込む時に希望利用限度額を記入します。しかし銀行側の審査によっては、契約ができない場合や、希望の利用限度額を減額される場合もあるので注意が必要です。

また限度額50万円超の申込には、源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書などの年収証明書が必要ですので、覚えておきましょう。

任意返済や一括返済をして利息を減らす

返済を行っている時に金銭的に余裕が出たら、できるだけ任意返済や一括返済を行いましょう。それによって利息の総支払額を減らすメリットが期待できます。

利息は借入残高に対してかかるわけですから、借入残高を減らせば利息の総額を減らせます。そこで、できるだけ返済額を多くしたいところです。

ところが、毎月一定日に口座から自動引落される「約定返済」の場合、返済額の全てが借入残高の返済にあてられるわけではありません。一部が借入残高の返済に、残りが利息の返済に充てられています。

みずほ銀行カードローンは「残高スライド方式」で自動的に返済額が決定され、口座引落により返済する方式です。利用者自身が毎月の返済額を増やそうとしても、「約定返済」では残念ながらできません。

そこで、できるだけ利息を減らしたいと考えるなら、任意返済を行うことをおすすめします。任意返済とは、毎月の約定返済とは別に、自分の希望する時に返済する方法です。任意返済した場合の返済額は、全額借入残高にあてられます

例えば、借入残高が30万円の時に10万円を任意返済すると、借入残高は20万円に減ります。結果として、借入残高10万円分の利息が減らせることになるわけです。

任意返済は、みずほ銀行の店頭で行うほか、ATMやインターネットバンキング「みずほダイレクト」を利用して行うことができます。

ATMとみずほダイレクトを使った任意返済の方法を説明します。

(1)ATMで任意返済する

全国のみずほ銀行のATMやコンビニATMで任意返済できます。返済は1円単位で可能ですが、硬貨の取扱いをしていないATMでは1000円単位になります。

任意返済で使用できるATM

みずほ銀行 コンビニATM 提携金融機関ATM ゆうちょ銀行ATM
イーネット銀行 ローソン銀行 セブン銀行
× ×

各ATMの取扱時間

月曜日 火曜日〜金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行ATM 7:00~24:00
(返済・振替のみ8:45~18:00 ※1)
終日
(返済・振替のみ8:45~18
:00 ※1)
0:00~22:00 *2
(返済・振替のみ9:00~17:00
※1)
8:00~21:00
(返済・振替のみ9:00~17:00 ※1)
コンビニATM
(イーネット銀行、ローソン銀行、セブン銀行
終日 終日 0:00~22:00 ※2 8:00~24:00

上記は24時間稼働店舗での利用時間で、店舗によっては取引内容、利用可能日、利用時間が異なることがあります。ATMやCD(キャッシュディスペンサー)を利用する時間帯によっては、手数料がかかる場合があります。祝日は曜日に応じた利用時間となりますが、一部利用できない店舗があるので注意してください。

※1)キャッシュカード兼用型の場合の利用時間。カードローン専用型カードの場合は、記載の時間帯以外でも、ATMトップ画面の「預入」「振替」ボタンを選択すると利用できます
※2)第1・4土曜日の3:00~5:00までは利用できません

(2)みずほダイレクトで任意返済する

みずほダイレクトを利用している人は、パソコン、スマートフォン、携帯電話、固定電話から任意返済できます。その場合「カードローン取引」メニューから、任意返済の手続きを行います。

なお、任意返済を行った場合でも、借入残高があれば月々の約定返済は行われるので、口座の残高確認は忘れず行いましょう

また「一括返済」という方法もあります。まとまった資金がある場合に、借り入れた額を全額一度に返す方法です。ただし貸越利息も含めた貸越残高を全額精算するには、任意返済とは異なり、ATMではなく店頭で残高の精算を行う必要があります。

口座残高不足でカードローンの引き落としができないとどうなる?

もし何らかの理由で口座残高が不足し自動引落ができなかった場合、追加の借入ができなくなるとか、遅延損害金が発生することがあるので、くれぐれも注意が必要です。

なお、みずほ銀行カードローンの遅延損害金は、年20.0%となっています。

遅延損害金の計算式

(遅延損害金=借入残高×遅延損害金年率(20.0%)÷365(1年)×遅延日数)

例えば、借入残高30万円、残高不足で引落できず7日後に支払った場合の遅延損害金は、上の計算式で 約1,144円となります。この額を、遅れた返済額に上乗せして支払うことになります。

きちんと準備していれば、払わずに済むのが遅延損害金です。くれぐれも返済日までに口座残高をしっかり確認しておきましょう。また事情があってどうしても払えない時は、電話で相談すれば猶予期間がもらえる場合もありますので、覚えておきましょう。

毎月の返済が苦しい場合は利用限度額の増額を申請してみる

みずほ銀行カードローンの毎月の返済額は、残高スライド方式によって自動的に決定されるので、利用者の都合で返済額を減らしたり増やしたりすることはできません。

そこで、何らかの事情で毎月の返済が厳しくなり、できれば返済額を減らしたい場合には、カードローンの利用限度額の増額を申請してみましょう。利用限度額を上げることで金利を下げる効果が期待できます

カードローンの利用限度額とは、最大どのくらいのお金を借りられるかを示した金額で、人によって設定される金額は変わります。

具体的な数字を見てみましょう。例えば50万円の借入、返済期間が24回で利用限度額が200万円以上の場合と、それ以下の場合の月々の返済額をシミュレーションしてみました。

(1)利用限度額が200万円の場合、

適用金利9.0%  → 返済額23,927円

(2)利用限度額が100万円の場合

適用金利12.0% → 返済額24,687円

(3)利用限度額が50万円の場合

適用金利14.1% → 返済額25,202円

※参照:みずほ銀行HPの『返済額シミュレーション』より

利用限度額の増額申請の場合でも銀行の審査はあるので、申請がすべて通るとは限らないのですが、月々の返済金額を減らす方法として限度額の増額申請を試みてみることをおすすめします。

毎月の返済が苦しい場合は他社のカードローンを検討してみる

毎月の返済が厳しい場合に月々の返済額を減らすには、最低返済金額が低い他社のカードローンへ借換えする方法もあります。例えば、毎月1000円の返済から可能な三菱UFJ銀行の「バンクイック」なども、借換え先の候補の一つです。

ただし、返済額が低いということは、それだけ借入残高の減少が遅くなり、完済にも時間がかかることになります。完済までに時間がかかるということは、支払う利息が多くなってしまうということになります。

返済額を減らすと月々の支払いは楽になるかもしれませんが、利息を含めた返済総額としてはより多く支払うことにもなりかねません。そのことを念頭に、各社のHPから返済のシミュレーションを行った上で、月々返済可能な額を借り入れるなど、返済計画をしっかり立てることが大切です。

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

この記事のまとめ

  • 毎月の返済額や利用残高、利用限度額をきちんと把握しておくこと。
  • 早めの返済を心がけて、支払い利息額を減らして返済総額を減らすことを考える。
  • 返済シミュレーションなどを利用し、月々返済可能な額を借り入れることを心がける。
監修者画像:大久保 名美

監修者

ファイナンシャル・プランナー、キャリアコンサルタント

大久保 名美

おおくぼ なみ

岩手県花巻市出身。東日本大震災の経験を経て2013年にセミナー講師として独立。「マネー」「キャリア」「ビジネス」に関する情報を発信し続ける。2016年からシニア向け「脳いきいき教室」を盛岡市で運営。2019年から合同会社 福々舎 代表社員。地域社会の問題解決のために、ミドル及びシニア世代の活躍を目指し、割烹着の脳トレ漫談師「福々亭ナミ子」のプロデュースを行うなど、多方面で幅広く活動している。

保有資格

CDAキャリア・カウンセラー、AFP、FP技能士2級、生前整理アドバイザー2級、国内旅程管理業務主任者、盛岡市生涯学習指導者

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

関連記事

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査に通る方法

「バンクイックの増額審査に申し込んだけど結果が来なくて心配」 …

更新日:2020-07-02

みずほ銀行カードローンの申込から利用方法までを徹底解説

「みずほ銀行のカードローンを検討してみたい」「

更新日:2020-07-01

審査時間、利用時間…バンクイックの「時間」に関する疑問を解決!

「バンクイックはコンビニATMをほぼ24時間使えるって本当かな」「

更新日:2020-07-01

バンクイックの審査時間はどれくらい?申込方法によって差はある?

「すぐ借りたい!けど審査時間はどれくらいかかるのかな…」 「

更新日:2020-07-01

みずほ銀行カードローンの返済の流れや返済方法、月々の返済額を解説

「みずほ銀行カードローンの返済って、どのような流れで行うの?」…

更新日:2020-07-01