更新日:2020-06-16

みずほ銀行カードローンの申込方法や借入までの流れを知りたい

普段みずほ銀行を使っていないけど、申し込めるかな?
申し込んでからお金を受け取るまでどれくらいかかるの?

初めてみずほ銀行のカードローンを利用する場合、みずほ銀行の口座を持っていなくても申し込めるのか、申し込みにはどんな条件があるのかなど、分からないことがいろいろあるかと思います。

そして、申し込みはできるだけ簡単に済ませて早くお金を借りたいとも思うでしょう。

ここでは最も手間のかからない申込方法がどれか、最も早く借入ができる申込方法はどれか、必要な種類にはどんなものがあるかなど、みずほ銀行カードローンに申し込む際の手続について解説していきます。

みずほ銀行カードローンに申し込む際のポイント

  • みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金の口座開設が必要。
  • 普通預金口座の有無によって融資までのスピードが異なる。
  • 50万円を超える金額を借りたい場合、収入を証明する書類が求められる。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

みずほ銀行カードローンの利用条件は?みずほ銀行の口座開設が必要?

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金の口座開設が必要です。また、以下のすべての条件を満たす個人が申し込めます。

  • 契約時の年齢が、満20歳以上満66歳未満であること
  • 安定・継続した収入が見込めること
  • 保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられること

申込時に注意することは、虚偽の申告をしないということです。嘘はバレますし、嘘をつくと審査も通らない可能性が高いです。申込をスムーズに行うために、申込時には必要な書類をしっかりと準備し、記載ミスをしないように気をつけましょう。また、希望額を高く設定しないこともポイントです。

みずほ銀行カードローンとは

  • みずほ銀行のカードローン商品
  • 個人向けの無担保融資
  • 資金使途は、事業性資金は除き、自由
  • 金利は年2.0%~14.0%
  • みずほ住宅ローン利用者は年0.5%の金利優遇あり
  • みずほ銀行のキャッシュカードをローンカード として兼用可能

申込方法にはどのような種類がある?インターネットで申し込める?

申込方法には、「インターネット申込」「郵送申込」「電話申込」「店頭申込」の4つがあります

申込方法の対応時間と特徴

申込方法 対応時間 特徴
インターネット申込(WEB完結申込) 24時間、365日
  • パソコンやスマートフォンを使って、24時間、365日いつでも申し込める
  • ネット上で口座も開設できる
  • 既にみずほ銀行に口座を持っている人は、インターネット申込をしてキャッシュカード兼用型のカードを選ぶと、最も早く借り入れができる可能性が高い
郵送申込
  • ネットや電話が苦手な人でも申込がしやすい
  • 事前にみずほ銀行の普通預金口座を開設しておく必要がある
  • 審査結果も郵送で送られてくるため、借り入れまでに時間がかかる
電話申込 平日9時00分~20時00分
  • 電話口で、担当者と相談しながら申込ができる
  • フリーダイヤルなので通話料は無料
店頭窓口 平日9時00分〜15時00分
  • 担当者と相談しながら申し込める
  • 口座をまだ持っていない場合、同時に口座も開設でき、当日通帳が発行される
  • 店頭の窓口で口座開設をして、同じ日にカードローンを申し込むと、他の方法よりも早く借り入れできる可能性がある

カードは2種類あり、普通預金のキャッシュカードにローンカード の機能をまとめたキャッシュカード兼用型とカードローン専用型があります

カードの種類によって使用できるATMに違いがあり、ATM画面の操作方法や利用可能な取引内容が異なりますので、自分が使いやすい方を選ぶようにするとよいでしょう。カードローン専用型の方が、キャッシュカード兼用型よりも利用できるATMが現状では少し多いです。

キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の違い

キャッシュカード兼用型
  • 普通預金キャッシュカードにカードローン機能が付加され、そのままカードローン口座から借入ができる
  • 普通預金を引き出す際に残高が不足すると、自動的に不足額分をカードローン口座から借入ができる自動貸越機能がある
カードローン専用型
  • カードローンカードを新規に発行し、到着後、カードローン口座から借入ができる
  • 自動貸越機能なし

既にみずほ銀行に口座を持っている人は、インターネット申込で、キャッシュカード兼用型のカードを選ぶのが一番早く借り入れができる可能性が高いです。

一方、まだみずほ銀行に口座を持っていない人は、店頭の窓口で口座開設をして、同じ日にカードローンを申し込んだ方が、他の方法よりも早く借り入れできる可能性があります。

普通預金口座の開設と同時にカードローンに申し込む方法

みずほ銀行に口座を持っていない場合、口座開設とカードローン申込の2つの手続きが一度にできる「普通預金口座同時申込」というインターネットを使用した申込方法があります。

インターネットで「普通預金口座同時申込」を選ぶと、まずカードローンへの申込内容を元に審査が進み、審査の結果が出てから口座開設に進むことになります。仮に審査が通らなかった場合、口座開設の手続きがストップするので、必要のない通帳が手元に残るということはありません。

審査に通った場合は、通帳が郵送で手元に届いたことが確認できた後にカードローンの開設とキャッシュカードの送付が行われます。したがって、審査がスムーズに通った場合でも、融資を受けられるまで通常2〜3週間かかるようです。

普通預金口座とカードローンの申込を別々に行う方法

インターネットを使った申込には、口座開設を同時に申し込まない方法も存在します。ただし、その方法を選択する場合は、カードローンの申込、口座開設の申込のどちらも店舗で直接行った方が手続きが早く済みそうです。

窓口が混雑していると待ち時間が長くなることも考えられますが、当日に通帳を受け取れます。そしてキャッシュカードが発行されるまでの間に審査が進むので、審査に通ってキャッシュカードが郵送で手元に届けば、すぐにATMでお金を借りることができます。

審査に通ってキャッシュカードが届くまでの時間は1週間から10日となります。店舗の窓口で申し込んだ方が、少ない日数でお金を借りられる可能性が高いです。

店舗で申し込むと、審査の結果がわかる前に口座を開設することになるため、審査に通らなかった場合でも通帳が手元に残ります。

みずほダイレクトに登録するとインターネットバンキングと振込融資が可能に

普通預金口座とカードローンを同時に申し込む場合、「みずほダイレクト」への登録も同時に行われます。

「みずほダイレクト」とは、みずほ銀行のインターネットバンキングのことで、利用すると24時間いつでも借り入れと返済が可能になり、振込融資が受けられます。

申込時に必要な書類の種類と提出方法は?

申込時には、本人確認資料が必要です。

本人確認のための書類
運転免許証 変更事項がある場合は両面のコピーが必要。
パスポート 写真および住所のページのコピーが必要。
印鑑証明書 発行後3カ月以内のものを用意する。
特別永住者証明書 変更事項がある場合は両面のコピーが必要。外国人登録証明書は一定期間、特別永住者証明書とみなされる。
運転経歴証明書 変更事項がある場合は両面のコピーが必要。2012年3月31日以前の発行分は本人確認書類として取り扱えない。
各種健康保険証 被保険者および被扶養者のページのコピーが必要。
住民票 発行後3カ月以内のものを用意する。
在留カード 変更事項がある場合は両面のコピーが必要。
住民基本台帳カード 変更事項がある場合は両面のコピーが必要。

50万円以下の少額融資ならば収入を証明する書類を求められることはありませんが、50万円を超える金額を借りたい場合、返済能力があるのか見極めるため、収入を証明する書類が求められます
一般的な会社員であれば、源泉徴収票か課税証明書を用意しておけば大丈夫です。

収入を証明する書類

源泉徴収票 会社員:12月から翌1月頃に勤務先からもらえる
納税証明書その1・その2(個人事業者の人) 現在の住所地(納税地)を所轄する税務署で入手、すでに確定申告を済ませている場合に限る
納税証明書(その1)…納付すべき税額、納付した税額及び未納税額等の証明
納税証明書(その2)…所得金額の証明(個人は申告所得税にかかる所得金額)
※(その1)と(その2)の両方とも必要。
住民税決定通知書または課税証明書 会社員:5月か6月頃に勤務先からもらえる(扶養に入っている場合、就職して1年目は除く)
個人事業主:市区町村役場で入手

※個人事業主、会社経営者の人は住民税決定通知書、課税証明書または納税証明書(その1・その2)に限ります。

みずほ銀行カードローンの申込の流れ

「インターネット申込」「郵送申込」「電話申込」「店頭申込」それぞれの具体的な手続きの流れを見ていきます。

インターネットでの申し込みの場合

みずほ銀行に普通預金口座をまだ持っていない人で、普通預金の口座開設も同時に申し込める方法です。

既にみずほ銀行に口座を持っている人は、インターネット申込をしてキャッシュカード兼用型のカードを選ぶと、最も早く借り入れができる可能性が高いです

(1)申込

みずほ銀行の口座の有無に応じた申込ボタンを選択してください。
パソコンやスマートフォンで申込フォームに必要項目を入力し送信します。24時間受け付けています。
口座を持っている人は「キャッシュカード兼用型」の申込のみが対象です。
普通預金口座同時申込の場合は、ここで運転免許証などの本人確認資料と年収証明書類(利用限度額が50万円超の場合)の画像ファイルの登録も行います。

(2)審査

みずほ銀行と保証会社によって所定の審査が行われます。この際、申請内容について本人へ電話での問い合わせや勤務会社へ在籍確認の電話がくることもあります。

(3)審査結果の確定

申込から翌営業日以降に、メールアドレス宛に審査結果の連絡が届きます。

(4)本人確認書類・年収証明書類の提出

<みずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合>
メールにて「必要書類登録用URL」が送られてきますので、各種書類を提出します。なお、利用限度額が50万円以下であれば、年収証明書類は不要です。

<みずほ銀行の口座を持っておらず普通預金口座同時申込をした場合>
通帳などが郵送で送られてきます。受け取りが確認されたらカードローン口座の開設とキャッシュカードの送付がされます。

<みずほ銀行の口座を持っておらず普通預金口座同時申込をしていない場合>
カードローンの契約書類が郵送されます。
ただし、カードローンの契約には、みずほ銀行の普通預金の口座が必要なので、まず、普通預金口座を開設してください。
みずほ銀行の普通預金の口座は、住まいの近くの支店で開設するか、あるいは、インターネット支店に開設を希望する場合は、「みずほ銀行インターネット支店」のホームページから口座開設してください。
※インターネット支店とは、通帳を発行せず、店舗や窓口を持たない「インターネット専業支店」です。
普通預金口座の開設完了後、契約書類に必要事項を記入の上、返送することになりますが、その際に、各種書類も提出します。なお、利用限度額が50万円以下であれば、年収証明書類の添付は不要です。

(5)契約完了

カードローン口座の開設メールが届きます。また後日、「契約内容確認書」が自宅に郵送され契約完了。

(6)借入開始

<キャッシュカード兼用型を選択した場合>
すぐにキャッシュカードで借入可能です。

<カードローン専用型を選択した場合>
1~2週間でカードローン専用カードが郵送されてきます。

郵送での申し込みの場合

みずほ銀行に普通預金口座をすでに持っている人のみ郵送申込ができます。

(1)申込、本人確認書類・年収証明書類の提出

みずほ銀行の店頭やATMコーナーに備え付けのメールオーダー用の申込書を記入し、郵送で申し込みます。
(1)カードローン申込書(2)本人確認書類のコピー(3)本人の年収を確認できる書類のコピー(利用限度額が50万円以下であれば、年収証明書類は不要)を同封して郵送する。

(2)審査

みずほ銀行と保証会社によって所定の審査が行われます。この際、申請内容について本人へ電話での問い合わせや勤務会社へ在籍確認の電話がくることもあります。

(3)審査結果の確定・契約手続完了のお知らせ

申込書到着後、翌々営業日以降に、郵送で、審査結果と希望の利用限度額で契約できる場合は契約手続完了の連絡が届きます。
※希望の利用限度額よりも低い利用限度額であれば契約できる場合や契約できない場合も郵送で連絡が届きます。

(4)借入開始

<希望の利用限度額で契約できる場合(キャッシュカード兼用型のカードを選択した人)>
すぐにキャッシュカードで借入可能です。

<希望の利用限度額で契約できる場合(カードローン専用型を選択した人)>
1〜2週間でカードローン専用カードが郵送されてきます。

電話での申し込みの場合

既にみずほ銀行に口座を持っている人は、本人確認のため、「みずほダイレクトご利用カード」もしくは「普通預金通帳」を手元に用意してみずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話をしてください。フリーダイヤルなので通話料は無料で、携帯電話からも申し込めます。

まだ口座を持っていない人は、口座開設が必要になりますが、口座開設は電話ではできません。カードローンの申込と並行して、近くの店舗かインターネット支店で口座を開設しておくとその後の手続きがスムーズです。

ただし、先に口座を開設すると、もし審査に通らなかった場合に通帳が手元に残ってしまうので、必要のない通帳を持ちたくない場合は、審査の結果が出てから口座を作るようにしてください。なお、インターネット支店の場合、通帳は発行されません。

(1)申込

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル0120-324-555へ電話して申し込みます。音声ガイダンスに従って[1]を押すとオペレーターが出ます。

(2)審査

みずほ銀行と保証会社によって所定の審査が行われます。この際、申請内容について本人へ電話での問い合わせや勤務会社へ在籍確認の電話がくることもあります。

(3)審査結果の確定

申込受付後、翌々営業日以降に、電話または郵送で審査結果の連絡が届きます。
審査に落ちた場合は郵送で連絡がきます。

(4)契約手続、本人確認書類・年収証明書類の提出

<既にみずほ銀行に口座を持っている場合>
カードローンの契約書類が郵送されます。
必要事項を記入後、返送してください。
その際に、各種書類を提出します。なお、利用限度額が50万円以下であれば、本人確認資料のみで、年収証明書類の提出は不要です。

<まだみずほ銀行の口座を持っていない場合>
カードローンの契約書類が郵送されます。
ただし、カードローンの契約には、みずほ銀行の普通預金の口座が必要なので、まず、普通預金口座を開設してください。
みずほ銀行の普通預金の口座は、住まいの近くの支店で開設するか、あるいは、インターネット支店に開設を希望する場合は、「みずほ銀行インターネット支店」のホームページから口座開設してください。
※インターネット支店とは、通帳を発行せず、店舗や窓口を持たない「インターネット専業支店」です。
普通預金口座開設完了後、契約書類に必要事項を記入の上、返送することになりますが、その際に、各種書類も提出します。なお、利用限度額が50万円以下であれば、年収証明書類の添付は不要です。

(5)契約完了・借入開始

<キャッシュカード兼用型を選択した場合>
カードローン契約手続完了後、郵送で連絡がきますので、その後すぐにキャッシュカードで借入可能です。

<カードローン専用型を選択した場合>
カードローン契約手続完了後、1~2週間でカードローン専用カードが郵送されてきます。

店頭での申し込みの場合

住まいの近くに店舗があるか、既に口座を持っている場合は、取引のある支店で申し込むとスムーズに手続きを進められます。

カードローンの契約には、みずほ銀行の普通預金の口座が必要になりますが、口座をまだ持っていない場合、口座開設の手続きは窓口で同時にできます

窓口で口座開設をした場合、店舗の混み具合によって待ち時間はありますが、当日通帳が発行されます。

口座をまだ持っていない人の場合、店頭の窓口で口座開設をして、同じ日にカードローンを申し込むと、他の方法よりも早く借り入れできる可能性があります。

(1)申込

住まいの近くの店舗にて申し込みます。
(1)印鑑(2)本人確認書類のコピー(3)本人の年収を確認できる書類のコピー(利用限度額が50万円以下であれば、年収証明書類は不要)を持参してください。

(2)審査

みずほ銀行と保証会社によって所定の審査が行われます。この際、申請内容について本人へ電話での問い合わせや勤務会社へ在籍確認の電話がくることもあります。

(3)審査結果の確定・契約手続完了のお知らせ

申込から翌々営業日以降に、郵送で、審査結果と希望の利用限度額で契約できる場合は契約手続完了の連絡が届きます。
※契約できない場合や希望の利用限度額よりも低い利用限度額であれば契約できる場合も郵送で連絡が届きます。

(4)借入開始

<希望の利用限度額で契約できる場合(キャッシュカード兼用型の過カードを選択した人)>
すぐにキャッシュカードで借入可能です。(カードローンと口座開設を同時に申し込んだ場合には、カードが手元に届くまでに通常1週間から10日かかります)

<希望の利用限度額で契約できる場合(カードローン専用型を選択した人)>
1~2週間でカードローン専用カードが郵送されてきます。

みずほ銀行カードローンの審査はどのように行われる?電話連絡が来る?

みずほ銀行とみずほ銀行の指定保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)により審査が進められます。

本人確認と在籍確認はオリコが担当します。本人確認のための電話は本人宛にかかってきますが、在籍確認のための電話は職場にかかってきます

審査のスピードや審査の結果の連絡方法は、申込方法によって異なりますので下記の表を参考にしてください。

申込方法と審査にかかる時間

申込方法 審査時間 審査結果の通知手段
インターネット
(パソコン・スマートフォン)
翌営業日以降に審査結果を回答 メール
店頭 翌々営業日以降に審査結果を回答 郵送
郵送 申込書到着後、翌々営業日以降に審査結果を回答 郵送
電話 申込受付後、翌々営業日以降に審査結果を回答 電話&郵送
※審査に落ちた場合は郵送のみ

審査の際に申込内容や必要書類に不備がある場合には確認のため電話がかかってくる可能性があります。手続に余計な時間がかかってしまうので、書類を提出するときには間違いのないようにすることが大切です。

借り入れに必要なカードですが、キャッシュカード兼用型の過カードを選択した場合、カードローンの契約手続きが完了したら、すぐに手元にあるキャッシュカードで借入可能です。

カードローン専用型を選択した人は、カードローンの契約手続完了後、1~2週間でカードローン専用カードが郵送されてきます。

この記事のまとめ

  • みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金の口座開設が必要。
  • 申込方法によって必要書類を提出するタイミングなどの流れが異なる。
  • 既に口座を持っている人はインターネットでの申込が手間が少なく、新たに口座を開設する場合は窓口で申し込むのが最も早く融資を受けられる可能性が高い。
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

関連記事

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査に通る方法

「バンクイックの増額審査に申し込んだけど結果が来なくて心配」 …

更新日:2020-07-02

みずほ銀行カードローンの申込から利用方法までを徹底解説

「みずほ銀行のカードローンを検討してみたい」「

更新日:2020-07-01

審査時間、利用時間…バンクイックの「時間」に関する疑問を解決!

「バンクイックはコンビニATMをほぼ24時間使えるって本当かな」「

更新日:2020-07-01

バンクイックの審査時間はどれくらい?申込方法によって差はある?

「すぐ借りたい!けど審査時間はどれくらいかかるのかな…」 「

更新日:2020-07-01

みずほ銀行カードローンの返済の流れや返済方法、月々の返済額を解説

「みずほ銀行カードローンの返済って、どのような流れで行うの?」…

更新日:2020-07-01