更新日:2020-06-12

みずほ銀行カードローンの保証会社はどこ?審査は厳しい?

みずほ銀行カードローンに借り換えしたいけど、審査は厳しいのかな?
前に落ちたカードローンと同じ保証会社だったらどうしよう…

みずほ銀行といえば、知らない人はいないであろう日本の3大メガバンクの1つ。それだけに、みずほ銀行が提供する「みずほ銀行カードローン」には安心感があります。とはいえ、融資を受けるには審査を通過する必要があります。

公式サイトをみると、みずほ銀行カードローンを利用できるのは以下の人に限られているようです。

みずほ銀行カードローンの申込条件

  • ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

特に気になるのは3点目。「保証会社の保証」とはどんなものなのでしょうか。そこで今回は、みずほ銀行カードローンの保証会社と、保証会社が行う審査の中身についてご紹介します。

保証会社であるオリエントコーポレーションが審査を行う

  • みずほ銀行カードローンでお金を借りるには、オリコの審査に通過する必要がある
  • 過去にオリコ関連のサービスでトラブルを起こしている場合は、別のカードローンも選択肢に。
  • みずほ銀行カードローンの審査に落ちたら、オリコ以外の保証会社をつけているカードローンへ。

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、掲載カードローン各社の営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各社公式サイトをご確認ください

監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

みずほ銀行カードローンの保証会社はオリエントコーポレーション

みずほ銀行カードローンの保証会社は、株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)となっています

保証会社とは
カードローンの発行会社に代わって審査を行い、利用者が返済を延滞したり貸し倒れとなったりした場合に利用者に代わってお金を弁済する会社。

保証会社があるおかげで、カードの発行会社や利用者には以下のメリットがあります。

  • カードの発行者:貸し倒れリスクを回避できる。
  • カードローンの利用者:担保なし・保証人なしでお金を借りられる

みずほ銀行カードローンの保証会社がオリコになったのは2005年4月のこと。それまではユーシーカードが保証会社でした。オリコといえば「オリコカード」などクレジットカード事業で知られている会社ですが、一方では多くの銀行カードローンの保証会社を務めてもいます。

公式サイトによると、2019年3月末時点でオリコは567の金融機関の審査・保証を行っており、保証残高は1兆3000億円を超えています。

オリエントコーポレーションが保証している銀行のカードローンの例

みずほ銀行カードローン
みちのく銀行カードローン「トモカ」
北日本銀行カードローン「ASUMO」
福島銀行カードローン「イーペ」
福島銀行カードローン「ニューイーペ」
武蔵野銀行カードローン「シグナス」
千葉興業銀行カードローン「リリーフ」
八千代銀行カードローン「プラスユーネクスト」
北越銀行カードローン「ホクギンカードローン『プラスエル』」
福邦銀行カードローン「ベスパ」
スルガ銀行カードローン
清水銀行カードローン「しみずピアカードローン」
愛知銀行カードローン「リブレ」
中京銀行カードローン「カードローン ハイステージ」
第三銀行カードローン「エグゼクティブOne」
紀陽銀行カードローン
島根銀行カードローン「ウェブdeCan」
トマト銀行カードローン「トマト・カードローンMAX」
広島銀行カードローン「マイライフプラス」
もみじ銀行カードローン「マイカードプレミアム」
山口銀行カードローン「マイカードやまぐち君」
西京銀行カードローン「さいきょうゲットローンモア」
香川銀行カードローン「PaPaっとCard」
高知銀行カードローン「カードローン モア・プラス」
筑邦銀行カードローン「NEWエクセルローン」
福岡中央銀行カードローン「ザ・プライム」
佐賀銀行カードローン「Neoca」
佐賀共栄銀行カードローン「カードローンえびす」
肥後銀行カードローン「Back Up」
肥後銀行カードローン「BEST ASSIST」
豊和銀行カードローン「ほうわスーパーベスト」
宮崎太陽銀行カードローン「使い上手」
南日本銀行カードローン「ミナミネット カードローンWAZZECA」
琉球銀行カードローン「しあわせのカードローン」

※2020年5月現在

次に、保証会社が行う業務内容について説明します。

銀行のカードローンの保証会社は何をするの?

みずほ銀行カードローンの申込条件には、「保証会社による保証が受けられる方」という項目が入っています。

消費者金融のカードローンは、保証業務を自社で行っています。銀行がわざわざ保証会社をつけているのは、もともと銀行は法人向け融資が中心であり、個人向け融資のノウハウが不足しているため。そこで保証会社が、カードローンの発行会社に代わって、保証業務を行うのです。

ここでは、保証会社が行っている審査業務保証業務について説明します。

保証会社の役割(1)審査

審査業務とは
カードローンに申し込んだ人の返済能力をチェックする作業のこと。

審査に通らなければお金を借りることができません。

申込後、審査は仮審査、そして本審査へと進んでいきます。ただし、みずほ銀行の普通預金口座を持っていればすべての手続きをWeb上で完結できるのでスムーズです。

仮審査と本審査の内容

仮審査 仮審査では、申込時に記入した情報をもとに個人の信用度を点数化し、コンピューターが自動的にお金を貸せるかどうかを判断します。
本審査 本審査では、仮審査の内容を、本人確認書類や収入証明書などから裏付ける作業を行います。この時、保証会社から職場への電話連絡(在籍確認)があります。申し込み時に申請した勤務先に、本当に在籍しているかどうか、確かめるための電話です。

本審査では、警察庁のデータベースとの照合が行われ、暴力団などの反社会勢力ではないかどうかもチェックされます。

保証会社の役割(2)保証

保証業務とは
カードローンの利用者が借入金の返済を延滞したり、貸し倒れとなったりした場合に、利用者に代わって金融機関に返済する業務を指します。これを代位弁済ともいいます。。

保証会社が代位弁済を行うからといって利用者の返済義務がなくなるわけではありません。代位弁済以降、利用者は保証会社に対して返済義務を負います。

保証会社にしてみると、代位弁済をしないで済むならそれに越したことはありません。保証会社が審査を行うのは、まさに利用者の延滞や貸し倒れを防ぐため。「安定した収入があるのか、本当に返済できるのか」を審査によって厳しくチェックしているというわけです。

みずほ銀行カードローン

  • Web完結申込ができて来店・郵送不要
  • 24時間いつでも申込可能
  • 手持ちのキャッシュカードにローン機能を加えられる

続いて、審査基準について詳しく見ていきましょう。

オリコの審査基準は厳しい?

みずほ銀行カードローンの保証会社はオリエントコーポレーションですが、別の銀行カードローンには、また別の保証会社がついています。

そう聞くと、「審査基準が厳しい保証会社と、審査が甘い保証会社があるの?」と気になってくる人もいるのではないでしょうか。

結論からいうと、保証会社による違いはありません。現実には、審査の厳しさは、対象となるカードローンの貸付条件に左右されます。

例えば、金利が低い場合は審査が厳しくなるのが一般的です。銀行の立場で考えるとその理由がわかるでしょう。

利用者からお金が返済されない「貸し倒れ」のリスクに備えるためには、利息をある程度高くする必要があります。これは、もし貸し倒れが起こったら、他の利用者が支払う利息で採算をとらなければならないためです。

したがって、低金利で貸し出す場合は、貸し倒れのリスクを下げるため、審査が厳しくなるものと考えられます。

過去にオリコ関連サービスで滞納した場合、審査通過は難しい?

みずほ銀行カードローンの審査を担当するのは、オリエントコーポレーションです。そのため、オリコが提供しているサービスの利用状況が審査に影響することがあります。

例えば、過去にオリコカードの返済を滞納した場合などは、みずほ銀行カードローンに申し込んでも、審査落ちになる恐れがあります。同じように、みずほ銀行の他のローンやクレジットカードの支払の延滞などのトラブルがある場合も、審査通過が厳しくなります。その場合は他のカードローンも検討したほうがよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査を通過するための注意点

銀行のカードローンに限らず、どのカードローンも具体的な審査基準を明らかにしてはいません。それでも、審査を受けるうえでのポイントはあります。

(1)安定した収入があるか

安定した収入は、返済能力の高さを示すものです。雇用形態が正社員ではなく年収が少なかったとしても、勤続年数が長く、収入が安定していれば、審査に通過できる可能性は十分にあります。

(2)返済トラブルを起こしていないか

過去に返済トラブルを起こしていると、金融事故として信用情報機関に登録されてしまいます。

金融事故の例

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理(自己破産や個人再生など)

これがいわゆる「ブラックリストにのった」状態であり、審査通過は難しくなります。各金融機関は審査の段階で信用情報を照会するため、隠すこともできません。

(3)他社借入が多くないか

他社のカードローンなどからの借入件数や借入額がすでに多いようだと、「返済できないのでは?」と評価され、審査に落ちるケースが目立ちます。一般的に、他社借入と新たな借入を合わせた金額が年収の3分の1を超える場合は、審査通過が厳しいとされています。

他の銀行のカードローンの保証会社はどこ?

最後に、他の銀行のカードローンの保証会社もみてみましょう。

例えば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」はアコムを、三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマファイナンスを保証会社にしています。

メガバンクのカードローンの保証会社

カードローン 金利 保証会社
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% アコム
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% SMBCコンシューマーファイナンス

ここまで紹介してきたように、保証会社は審査結果を大きく左右します。保証会社が違えば審査基準も違うため、審査の結果も変わる可能性はあります。

つまり、仮にみずほ銀行カードローンの審査に落ちたとしても、ほかの金融機関に申し込めば、審査に通る可能性は残っているのです。

そのときポイントになるのは、保証会社がオリコではない金融機関を選ぶことです。また、短期間のうちに複数のカードローンに申し込むと、いわゆる「申込ブラック」となり、審査に通りにくくなるので注意が必要です。

この記事のまとめ

  • みずほ銀行カードローンの保証会社はオリエントコーポレーションが務めている
  • 保証会社は審査業務と保証業務を金融機関から委託されている
  • 過去にオリコ関連のサービスでトラブルを起こしている場合は、審査に落ちる可能性がある
  • 審査通過のポイントは「安定した収入があるか」「返済トラブルを起こしていないか」「他社借入が多くないか」
  • みずほ銀行カードローンの審査に落ちても、オリコ以外の保証会社をつけているカードローンならチャンスあり
監修者画像:伊藤 亮太

監修者

ファイナンシャル・プランナー

伊藤 亮太

いとう りょうた

慶大院修了後、証券会社にて営業・経営企画、社長秘書等を行う。投資銀行業務にも携わる。
現在、資産運用と社会保障を主に、FP相談・執筆・講演を行う。東洋大学経営学部ファイナンス学科非常勤講師

著書

「ゼロからはじめる! お金のしくみ見るだけノート」(宝島社)(監修)、「金融入門基本と常識」(西東社)(著作)

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

新規の口座開設不要

三菱UFJ銀行カードローン

申し込みは こちら

関連記事

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査に通る方法

「バンクイックの増額審査に申し込んだけど結果が来なくて心配」 …

更新日:2020-07-02

みずほ銀行カードローンの申込から利用方法までを徹底解説

「みずほ銀行のカードローンを検討してみたい」「

更新日:2020-07-01

審査時間、利用時間…バンクイックの「時間」に関する疑問を解決!

「バンクイックはコンビニATMをほぼ24時間使えるって本当かな」「

更新日:2020-07-01

バンクイックの審査時間はどれくらい?申込方法によって差はある?

「すぐ借りたい!けど審査時間はどれくらいかかるのかな…」 「

更新日:2020-07-01

みずほ銀行カードローンの返済の流れや返済方法、月々の返済額を解説

「みずほ銀行カードローンの返済って、どのような流れで行うの?」…

更新日:2020-07-01