住信SBIネット銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資しているネット銀行です。

住信SBIネット銀行のカードローンは、審査結果に応じて「プレミアムコース」と「スタンダードコース」に振り分けられます。2つのコースの違いは、金利と限度額です。
※コースを自分で選ぶことはできません。

住信SBIネット銀行のカードローンについて

基本情報

プレミアムコース スタンダードコース
金利 実質年率1.59%〜7.99% 実質年率8.99%〜14.79%
限度額 10~1,200万円
(10万円刻み)
10~300万円
(10万円刻み)
対象年齢 満20歳以上満65歳以下
審査時間 仮審査:最短60分、本審査:数日
融資時間 最短数日
口座 必要
無利息期間 なし
勤務先への在籍確認 あり
ローンカード発行 不要(ローン一体型キャッシュカード)
保証会社 住信SBIネット銀カード株式会社
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)

※条件を満たせば基準金利から最大年0.6%の引下も可能。

住信SBIネット銀行のカードローンは以下のような人におすすめです。

  • すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている人
  • 金利を重視したい人
  • 借入を急いでいない人

住信SBIネット銀行のカードローンの審査では在籍確認が必ず行われます

方法は勤務先への電話連絡となり、電話番号を通知したうえで担当者が個人名で電話をします。「住信SBIネット銀行」と社名を名乗ってもらうことも可能なので、希望があれば事前に伝えておきましょう。

住信SBIネット銀行ではクレジットカードも取り扱っているので、「クレジットカードを申し込んだ」という言い訳も自然に使えますので安心ですね。

こんな人は住信SBIネット銀行のカードローンの審査に不利!?気を付けるべきこと

一番気になるのは「住信SBIネット銀行のカードローンの審査を通過できるか」ということではないでしょうか。自分が審査を通過できるか、申し込む前にチェックしましょう。

過去にローンやクレジットカードを延滞した人は?

ローンやクレジットカードの支払いを長期(61日以上)に渡って延滞をした場合、約5年間は信用情報機関に事故情報としてその事実が記録されます。

住信SBIネット銀行のカードローンは、審査の際に必ず信用情報を確認して信用度を測るので、事故情報が記録されていると審査通過に影響を与えます。

5年以内に延滞したことのある人は、審査で不利になる可能性は高いといえるでしょう。

収入がない人はどう?主婦、学生、年金受給者は?

住信SBIネット銀行のカードローンを利用するためには、申込条件の「安定継続した収入がある人」に該当している必要があります。よって、収入のない人は申込ができません。

またアルバイトをしており、安定継続した収入があると認められれば審査に通る可能性はありますが、学生や収入のない主婦・年金受給者は申し込めません。

産休中や育児休暇中の人は?

産休や育児休暇を含め、休暇を取得している人や休職をしている人は申し込みができません

職場復帰後に申し込むようにしましょう。

住信SBIネット銀行のカードローンの審査時間は?

次に、審査時間と融資までにかかる期間を確認しましょう。

住信SBIネット銀行のカードローンは、口座を持っている人と持っていない人では、借入までの期間が異なります。

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

即日融資は不可能です。仮審査は最短60分で回答を得られますが、その後の本審査の結果回答に数日かかるためです。

口座を持っている人は、本審査通過後すぐに借入が可能です。

口座を持っていない人は、キャッシュカードを受け取ったあとに借入が可能となります。

口座開設の手続きは仮審査通過後から始まり、約1週間でキャッシュカードが届きます。審査時間も含めて、借入までは1週間以上かかると見ておいた方がよいでしょう。

即日融資を希望するなら消費者金融のカードローンという選択肢も

「どうしても今すぐお金が必要」という人は消費者金融のカードローンに申し込むのも選択肢の一つです。

プロミスは、最短30分で審査回答、Web契約なら最短1時間融資が可能です。

申込方法もWebだけでなく、自動契約機、電話、窓口、郵送と多数あるので、自分に合った方法が選べます。

プロミスの基本情報
金利 実質年率4.5%~17.8%
限度額 500万円
対象年齢 20歳以上69歳以下
融資時間 最短即日
口座 不要
無利息期間(※1) 最大30日間
ローンカード発行 カードレスも可能(※2)
親会社 三井住友フィナンシャルグループ

※1)プロミスをはじめて利用する人がWeb明細の利用登録とメールアドレスの登録をした場合に、初回利用日翌日から30日間利息0円
※2)Web完結の場合に郵送物なし・カードレスが可能。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

住信SBIネット銀行のカードローンを使うメリット・デメリット

ここからは、住信SBIネット銀行のカードローンを使うメリットやデメリットについてお伝えしていきます。

メリット

  • 条件を満たすと基準金利から最大年0.6%引下げ
  • 提携ATMの利用手数料が無料
  • キャッシュカードで借入可能

デメリット

  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要
  • 借入まで日数がかかる
  • 自分でコースを選べない

金利の引下げが行われた場合、年1.59%〜14.79%の金利が、最大0.6%引下げで年0.99%〜14.19%となります。

金利の引下げの条件は以下の通りです。

金利引下げ条件

条件1 条件2 条件1+2
ミライノカード(JCB)を保有し、住信SBI銀行の口座を引落口座に設定している人(※1) SBI証券口座を保有登録済みか、住信SBI銀行の住宅ローン残高がある人(※2) 条件1と条件2の両方を満たしている人
年0.1%引下げ 年0.5%引下げ 年0.6%引下げ

(※1)ミライノ カードとは、「ミライノ カード」、「ミライノ カード GOLD」、「ミライノ カード PLATINUM」を指します。また、オリックス・クレジット株式会社および株式会社ジェーシービーが保証するカードローンを契約している人は適用対象外です。
(※2)『フラット35(買取型)』、『ミスターパッケージローン』は対象外です。

条件を満たしてもすぐに金利引下げが適用されるわけではありません。詳しくは金利引下げの適用開始時期を見てみてください。

住信SBIネット銀行のカードローンの申込方法

住信SBIネット銀行のカードローンは、Webでのみ申込を受け付けています。申込から借入までWebで完結できるので、時間や場所を気にすることなく手続きができて便利です。

申込条件、必要書類、申込方法

住信SBIネット銀行のカードローンに申し込むには、次の5つの条件すべてを満たしている必要があります。

申込条件

  • 申込時点での年齢が満20歳以上満65歳以下であること
  • 安定継続した収入があること
  • 外国籍の場合、永住者であること
  • 保証会社の保証を受けられること
  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込OK)

審査に不安がある人は、用意されている借入シミュレーションを試してみましょう。5つの質問に答えるだけで、借入可否や利用限度額の目安がわかります。

提出する書類は、「本人確認書類のみ」か、「本人確認書類+収入証明書の2つ」のどちらかです。仮審査で承認された利用限度額が50万円を超える人は、収入証明書の提出が必要です。

パソコン・スマートフォンからアップロードするか、FAXで提出してください。

必要書類

本人確認書類 収入証明書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(写真つき)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与明細直近1ヵ月分
    (勤続年数が1年未満の人)

住信SBIネット銀行のカードローンは、すでに口座を持っている場合と口座を持っていない場合とで、申込の流れが異なります。

申込の流れ

口座を持っている場合 口座を持っていない場合
  1. カードローンを申し込む
  2. 仮審査が行われる
  3. 仮審査結果の通知が来る
  4. 必要書類を提出する
  5. 本審査、在籍確認が行われる
  6. 手続きが完了する
  7. 借入をする
  1. 口座開設とカードローンを申し込む
  2. 仮審査が行われる
  3. 仮審査結果の通知が来る
  4. 必要書類を提する
  5. 本審査、在籍確認が行われる
  6. カードローン口座開設をし、手続きが完了する
  7. キャッシュカード受取後、借入をする

住信SBIネット銀行のカードローンの借入・返済方法

最後に、借り入れや返済のしやすさもチェックしておきましょう。どのような借入・返済方法があるのか、ATM手数料にも触れながらお伝えしていきます。

返済日 毎月5日
約定返済額(毎月の返済額) 2000円~
(※借入額によって異なります)

毎月の返済額は、前月末の借入残高によって決まります。毎月1日に返済日と返済額をメールで通知してくれるので、返済忘れを防止できそうです。

Webからできる?

パソコン・スマートフォンサイト、スマートフォンアプリから借入が可能です。住信SBIネット銀行の普通預金口座に振り替えた後、提携ATMで引き出します。

口座から引き出す際のATM手数料と他行あての振込手数料は、利用状況によるランクに応じて最大で月15回までは0円となりますが、それ以降は1回につき手数料がかかります。

手数料をかけたくない人は、毎月自分のランクと無料となる回数を確認し、その範囲内で利用しましょう。

住信SBIネット銀行のカードローンの提携ATM

提携ATM一覧

  • イオン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行

どの提携ATMを利用しても時間帯や月間の利用回数に関係なく、借入・追加返済の手数料は0円です。

返済は、毎月5日に住信SBIネット銀行の普通預金口座から自動引き落としされます。あらかじめ提携ATMから、口座に返済額を入金しておきましょう。

窓口で借りられる?

住信SBIネット銀行はネット専業の銀行のため、実店舗はありません

Webで口座に振り替えるか、提携ATMから直接借り入れるかのどちらかとなります。

住信SBIネット銀行のカードローンのまとめ

住信SBIネット銀行のカードローンは借入まで少し時間がかかりますが、キャッシュカードで借り入れができたり、提携ATM手数料が0円だったりと、利便性が高いカードローンです。

もう一度、ポイントをおさらいしましょう。

こんな人におすすめ

  • すでに住信SBIネット銀行の口座を持っている人
  • 金利を重視したい人
  • 借入を急いでいない人

審査時間について

仮審査回答 最短60分
本審査回答 数日

住信SBIネット銀行のカードローンは借入できるまでに数日はかかります。なるべく早く借入をしたい人は消費者金融のカードローンを検討しましょう。

消費者金融のカードローンは最短即日での融資が可能です。

また「口座開設をしたくない」という人は、口座開設不要な三菱UFJ銀行カードローンを検討してみてください。

おすすめ度

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の審査・融資につてまとめて…

冠婚葬祭などの急な出費が続くと、「給料日までにお金が足りない」と困ってしまうことがあります。「お…

山形銀行カードローンの審査や融資までの時間などまとめ

山形銀行カードローンは個人事業主、主婦、パート・アルバイト、年金を受給されている人も申込可能です…

りそな銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

全国展開するりそな銀行のカードローンは、りそなに預金口座がなくても申…

百十四銀行のカードローン「114ニューカードローン」の審査・融資に…

百十四銀行は香川県に本店があり、東京都・愛知県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島…

長野銀行のカードローン「ユニティ」の審査について

長野銀行カードローン「ユニティ」は、Webで仮申込をすることができ、最大で50万…