セブン銀行のカードローン審査は甘い?申込条件や審査など

セブン銀行は、流通大手のセブン&アイ・ホールディングス傘下の銀行です。

セブンイレブンやイトーヨーカドーのグループ会社、というとわかりやすいかもしれませんね。

この記事では、セブン銀行のカードローンの概要や審査、メリットなどから、おすすめできるカードローンか検証していきたいと思います。

こんな人におすすめ

  • セブン銀行の口座を持っている人
  • 借りすぎ防止のために限度額が低いカードローンを探している人
  • 家族や職場にバレたくない人

審査について

在籍確認はできるだけ避けたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ブン銀行のカードローンは、勤務先への在籍確認電話は原則なし
在籍確認によって職場にカードローンを使うのがバレる可能性は低いでしょう。

セブン銀行のカードローンについて

基本情報
利率 実質年率15.0%
限度額 10万円、30万円、50万円(3種類)
対象年齢 満20歳以上70歳未満
審査時間 最短2営業日
融資時間 最短2営業日
口座 必要
無利息期間 なし
勤務先への在籍確認 原則なし
ローンカード発行 不要(ローン一体型キャッシュカード)
保証会社 アコム株式会社

こんな人はセブン銀行のカードローン審査に落ちる!?気を付けるべきこと

ここでは「どんな場合で審査に落ちるの?」といった疑問にお答えします。

過去にローンやクレジットカードを延滞した人は?

過去5年以内に3ヵ月以上の長期延滞をしたことがある人は、セブン銀行のカードローンを申し込んでも、審査に落ちてしまいます。
長期延滞の記録は、個人信用情報機関に最長5年間登録されてしまうのです。

また、3ヵ月未満の延滞であっても延滞情報がある人は、信用力や返済能力が低いと判断され、融資を断られる原因にもなります。

もし延滞をした経験がある人は、事前に延滞の登録があるかどうかを確認することをおすすめします。

収入がない人はどう?主婦、学生、年金受給者は?

セブン銀行のカードローンは、「安定した収入がある人」を申込条件にかかげていません。

一見すると収入がなくても借りられるように思えますが、返済の見込みがない人にお金を貸すとは考えにくいので、全く収入がない無職の人は厳しいと思われます。

ただし、配偶者に安定した収入があれば専業主婦や、年金受給者(収入が年金のみであっても可)も申込可能です。

学生は、同居の家族に安定した収入があったとしても申込はできません。

セブン銀行のカードローン審査時間は?

「お金を借りたい!」と思うときは、緊急性が高いことも多いですよね。セブン銀行のカードローンは急ぎの場面で利用できるのか?審査や融資のスピードについて説明していきます。

即日融資はできるの?審査~借入までどのくらい?

2018年1月以降、銀行では即日融資ができなくなりました。セブン銀行のカードローン審査結果は、最短3営業日後の回答となっています。

セブン銀行のカードローンはローン専用カードの発行はありません。キャッシュカードにローン機能を追加します。

セブン銀行の口座を持っている人は、審査結果通知後に契約手続きをすればすぐに借入が可能となりますが、セブン銀行の口座がない人は、キャッシュカードが手元に届いてから利用が可能となります。

キャッシュカードはデビットサービスあり・なしが選択でき、それぞれ借入開始までの期間が異なります。デビットサービスつきのキャッシュカードは手元に届くまで2週間程度かかるので、少しでも早く借り入れたいのであれば、1週間程度で届くデビットサービスなしのキャッシュカードを選びましょう。

なるべく早くお金を借りたいなら消費者金融のカードローンがおすすめ

即日融資も可能なサービスの一つとして、消費者金融のカードローンがあります。なるべく早くお金を借りたいのであれば、消費者金融のカードローンも選択肢の一つとなります。

即日融資も可能な消費者金融のひとつに、プロミスがあります。カードレスにもできるので、カードを紛失したり、借りたいときにカードを忘れたりといったこともありません。

加えて、の無利息期間は「初回利用日」の翌日から最大30日間(メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)となっているところがポイント。契約日が起算日になっている場合、契約後すぐに利用しないと無利息期間がどんどん短くなっていくことになります。
しかし、プロミスでは初回利用日が起算日となっているので、30日間の無利息期間を無駄なく利用できるのです。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

プロミスの基本スペック

金利 年4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
対象年齢 20~69歳
融資時間 最短1時間
口座 不要
無利息期間(※) 初回30日間
ローンカード発行 カードレスも可能
親会社 三井住友フィナンシャルグループ

※プロミスを初めて利用する人がメールアドレスWeb明細の利用登録をした場合に、初回利用日翌日から30日間利息0円

セブン銀行のカードローンを使うメリット・デメリット

セブン銀行のカードローンにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。後々「失敗した」ということがないように、マイナス面もしっかりと理解しておきましょう。

メリット

  • 利用手数料無料
  • キャッシュカードで借入可能
  • 原則勤務先への在籍確認の電話なし(審査の状況によってはあり)

デメリット

  • セブン銀行の口座が必要
  • 利用限度額が低いので高額融資を希望する人には不向き
  • セブン銀行以外のATMで借入できない

口座をすでに持っている人は、手持ちのキャッシュカードにローン機能を追加するだけなので、早めに借り入れできます。また、新規で口座を作る場合、自宅に郵送されるのはキャッシュカードなので、家族にバレにくいという特徴があります。

しかし、セブン銀行のカードローンは最大50万円までの少額融資しか利用できません。もっと高額な利用枠が欲しいという人は、初めから限度額が大きい他行のカードローンを選ぶとよいでしょう。

セブン銀行のカードローン申込方法

セブン銀行のカードローンに申し込むためには、満たさなければならない条件と指定された書類の提出が必要です。

セブン銀行のカードローン申込条件、必要書類、申込方法

セブン銀行カードローンに申し込む際の条件や手順を確認しましょう。

セブン銀行のカードローンの申込条件

申し込み条件は、以下のすべてを満たす人となっています。

  • セブン銀行の口座を持っている人
  • 満20歳以上70歳未満
  • 一定の審査基準を満たし、保証会社(アコム)の保証を受けられる人
  • 外国籍の人は永住者

セブン銀行のカードローンに申し込む際の必要書類

セブン銀行のカードローンの申込に必要な書類は、セブン銀行口座の有無で変わります。

ローン申し込みと同時に口座開設をする人は、次のような本人確認書類の提出が必要です。いずれか1点の画像をWebアップロードにて提出してください。

利用できる本人確認書類の一例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 各種年金手帳
  • 在留カード

一方で、口座を持っている人は口座開設時に本人確認が済んでいるため、申込時に書類の提出は必要ありません

一般的なカードローンは、限度額が50万円以上の契約をする場合には収入証明書を提出する必要があります。セブン銀行のカードローンは最大50万円までしか契約できないため、収入証明書の提出は原則不要です。

セブン銀行のカードローンの申込手順

申し込みはWebでのみ受け付けているので、PC・スマートフォンから手続きをしてください。口座を持っている人と口座を持っていない人で手順が異なります。

口座を持っている場合

  1. 申し込み、必要書類提出
  2. 審査結果通知(最短2~3営業日)
  3. 契約手続き完了

口座を持っていない場合

  1. メールアドレスを登録
  2. 届いたメールから申し込み、本人確認提出
  3. 審査結果通知(2~3営業日)
  4. キャッシュカード受け取り
  5. ダイレクトバンキングサービスの利用開始登録
  6. 契約手続き完了

※キャッシュカードは1~2週間程度で本人限定受取郵便にて郵送されます。受け取るためには、郵便配達員に本人確認書類を提示する必要があります。

セブン銀行のカードローンはセブン銀行口座がないと申し込めませんが、カードローンの申込と口座開設申込を同時に行うことが可能です。
セブン銀行のカードローンのTOPページにある、「ローンと同時に口座開設」ボタンから手続きを進めてください。

セブン銀行のカードローン借入・返済方法

セブン銀行のカードローンの利用方法は以下の通りです。気軽に借入・返済できる理由をチェックしましょう。

返済日 毎月27日
約定返済額(毎月の返済額)
  • 限度額10万円:原則5,000円
  • 限度額30万円、50万円:原則1万円

セブン銀行カードローンはWebから申込できる?

ダイレクトバンキングを利用した借入と返済が可能です。

借入は普通預金口座へ入金され、返済は普通預金口座から自動的に返済額が引き落とされます。借入も返済も手数料は無料ですが、普通預金口座から引き出す際に、ATMを利用する時間によっては手数料(108円)がかかる場合があります。 手数料をかけたくなければ、7時~19時の間にATMから引き出しをしましょう。

毎月の返済は、セブン銀行の口座から自動引落の方法のみとなります。

提携ATM

利用できるのはセブン銀行ATMのみで、提携ATMはありません

しかし、セブン銀行ATMはセブンイレブンやイトーヨーカドー、その他商業施設、空港・駅など、全国に2万5,000台以上設置されていて(2019年6月時点)、その数はメガバンクである三菱UFJ銀行の約8,000台の3倍にものぼります。そのため、提携ATMがなくてもあまり不便を感じないかもしれませんね。

ただし、鳥取県、高知県、沖縄県などATM設置場所が少ない地域もあります。念のため、自宅や職場の近くにセブン銀行ATMがあるかどうか調べたうえで申込をすることをおすすめします。

セブン銀行ATMでの借入・追加返済は原則24時間365日可能で、いつでも手数料無料です。時間や曜日、利用回数を気にする必要がないのは嬉しいポイントですね。

窓口で借りられる?

セブン銀行は全国に4店舗出張所がありますが、窓口では借り入れできません。借入と返済は、ダイレクトバンキングかセブン銀行ATMの2つの方法のみ可能です。

セブン銀行カードローンまとめ

セブン銀行のカードローンは、金利が極端に低いわけではないですが、在籍確認がないことやキャッシュカードで借入・返済ができるなど、バレにくさではトップクラスのカードローンと言えます。
限度額の上限も50万円なので、借りすぎて破産するといった心配も少ないです。

セブン銀行のカードローンの特徴をまとめると以下のようになります。

こんな人におすすめ

  • セブン銀行の口座を持っている人
  • 借りすぎ防止のために限度額が低いカードローンを探している人
  • 家族や職場にバレたくない人

審査時間など

審査結果回答:最短2営業日

銀行のカードローンの中でも金利は普通レベル。限度額も50万円と低く、在籍確認は原則ありません。

当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の審査・融資につてまとめて…

冠婚葬祭などの急な出費が続くと、「給料日までにお金が足りない」と困ってしまうことがあります。「お…

山形銀行カードローンの審査や融資までの時間などまとめ

山形銀行カードローンは個人事業主、主婦、パート・アルバイト、年金を受給されている人も申込可能です…

りそな銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

全国展開するりそな銀行のカードローンは、りそなに預金口座がなくても申…

百十四銀行のカードローン「114ニューカードローン」の審査・融資に…

百十四銀行は香川県に本店があり、東京都・愛知県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島…

長野銀行のカードローン「ユニティ」の審査について

長野銀行カードローン「ユニティ」は、Webで仮申込をすることができ、最大で50万…