りそな銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

全国展開するりそな銀行のカードローンは、りそなに預金口座がなくても申込可能です。

ただし、審査に通ったあとローン契約をする段階で口座が必要になるので、別途開設手続きを取ってください。

この記事では、りそな銀行カードローンの審査や融資について、詳しく見ていきます。

《りそな銀行カードローンについて》

基本情報
金利 年3.5%~年12.475%
(借入限度額によって変わる)
融資限度額 10万円~800万円
申込可能地域 日本国内どこでも可能
申込可能年齢 満20歳以上66歳未満

こんな人はりそな銀行カードローンの審査に落ちる!?気を付けるべきこと

銀行のカードローン審査は以下の5つのポイントがあると言われています。

  • 信用情報
  • 他社の借入状況
  • 住居の種類や住宅ローンの有無、居住年数
  • 職業と勤続年数
  • 年収

上記5つのポイントを踏まえて、「過去にローンやクレジットカードの支払いを延滞した人」や「収入がない人や主婦、学生、年金受給者」は審査に影響するのか見ていきましょう。

過去にローンやクレジットカードの支払いを延滞した人は?

審査では、ローンやクレジットカードの利用状況が記録されている信用情報の照会が行われます。

その際に、今までローンの返済において延滞があったかどうかも確認されます。延滞履歴がある場合、審査は厳しくなるでしょう。

収入がない人はどう?主婦、学生、年金受給者は?

主婦

全く収入のない専業主婦の場合、申込自体できません。これは、申込の条件として「継続的な収入」があることを求められるためです。

ただし、派遣社員・パート・アルバイトなどで継続的な収入があれば、主婦も申込できます

学生

りそな銀行カードローンではアルバイト収入の有無にかかわらず、学生の利用は不可としています。

年金受給者

年金受給者も、年金以外にも収入がある場合は借りられる可能性はありますが、申し込み可能年齢は66歳未満となっています。年金受給者でも66歳以上になっていれば申し込み自体ができないことは覚えておきましょう。

りそな銀行カードローンの審査期間は?

りそな銀行カードローンを申し込んでから、審査、借入までどのくらい時間がかかるのでしょうか。

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

基本的に銀行のカードローンは即日融資できません。2018年1月に審査が厳格化されたため、銀行のカードローンはすべて即日融資は不可能となっています。

実際に、りそな銀行のホームページには「全てのお手続きが完了するまでに2週間、長ければ1ヶ月程度お時間をいただく場合もございます。」と記載されています。

もしりそな銀行カードローンの申込を考えるならば、日数に余裕をもって検討した方がよさそうです。

最短即日融資を希望するなら消費者金融も検討してみよう

できるだけ早くお金を借りたいなら、スピード融資に対応している消費者金融のカードローンを検討してみるのもいいでしょう。

消費者金融のカードローンには例えば、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがあります。

プロミス利用のメリット

  • プロミスは契約から最短1時間の融資も可能
  • はじめて契約する人は最大30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • カードのありなしが選べるWeb完結も可能

融資までの時間が早めのため、急ぎでお金が必要な人に向いているカードローンです。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

りそな銀行カードローンのメリット・デメリット

りそな銀行カードローンのメリット

りそな銀行カードローンの特徴をまとめると以下の通りです。

りそな銀行カードローンのメリット3つ

  • 他の都市銀行などのカードローンに比べて金利が低め
  • 金利特典によってもっと金利を下げることもできる
  • オートチャージ機能がある

一般的な銀行のカードローンの上限金利は年14.5%が相場であるのに対し、りそな銀行は上限金利年13.5%となっています。

この金利ですが、金利特典によってもっと下げることもできます。住宅ローンや給与振り込みでりそな銀行を利用している人ならば、金利が年0.5%下がるのです。

ただし、この金利特典を受けるには以下の2つの条件があります。

  • カードローンを住宅ローンと同一口座で申し込むこと
  • インターネットバンキング利用者であること

また、オートチャージ機能があるというメリットも見逃せません。

普段から様々な支払いを引き落としで行っていると、引き落とし予定があるのに口座にお金がない、ということもあるでしょう。

そんなとき、りそな銀行カードローンではオートチャージ(自動融資)ができます。利用限度額の範囲内で不足分がチャージされるのです。

口座にお金を入れておくのをつい忘れてしまう人には使い勝手がいい機能ではないでしょうか。

りそな銀行カードローンのデメリット

りそな銀行カードローンのデメリットは、申込から融資までの期間が長めであるという点です。

消費者金融ならば最短で即日~2、3日で融資できることが多いのに対し、りそな銀行カードローンでは2週間ほどかかることがあります。余裕をもって申し込むようにしましょう。

りそな銀行カードローンの申込方法

りそな銀行カードローンの申込条件、必要書類、申込方法は以下になります。

申込条件、必要書類、申込方法

りそな銀行カードローンの申込条件

  • 申込可能な人
  • 日本国内に住む満20歳以上66歳未満の人
  • 安定的かつ継続的に収入を得ている人(フリーター・契約社員を含む)
  • 申込不可の人
  • 収入が全くない専業主婦(主夫)
  • 学生(アルバイトで安定収入があっても不可)

継続的な収入があれば年収制限はありませんが、申込には年収を記載する欄もあります。審査結果によっては希望する融資限度額に満たない可能性もあることを覚えておきましょう。

申込に際し提出する書類も確認しておきましょう。

申込に必要な提出書類

申し込み状況 必要書類
仮審査の場合 不要
契約時:融資限度額50万円以下の場合 本人確認書類(運転免許証など)
契約時:融資限度額50万円超の場合 本人確認書類
収入額の証明(住民税決定通知書など)

申込はWeb・窓口・郵送で行うことができます。ただし、条件によっては来店での契約が必要な場合もあります。その際は必ず本人が来店しなければいけません。

口座を持っていないと申し込めないのか

りそな銀行カードローンはりそな銀行の口座がなくても申込できます。

ただし、契約時にはりそな銀行の口座が必要になるので、口座開設もしなければいけません。口座がある場合に比べて融資までに時間がかかると考えておいた方がいいでしょう。

口座開設もWeb上で行うことができますので、来店は不要です。

りそな銀行カードローンの借入・返済方法

Webからできる?

りそな銀行カードローンの借入は基本的にATMから行います。返済は口座からの自動引き落としです。

追加返済をしたい場合は、ATMやインターネットバンキングから手続きを行うことができます。

りそな銀行カードローンは、ローンカードが別途発行されるのではなく、キャッシュカードにローン機能を付与する形になるので、カードの管理は比較的簡単といえるでしょう。

提携ATM一覧

りそな銀行カードローンで借入・返済ができるのは、以下のATMからです。

提携ATM一覧

  • りそな銀行グループ
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行(借入のみ)
  • その他の提携銀行(借入のみ)
  • ゆうちょ銀行
  • MICS提携銀行
  • BANCS提携銀行
  • コンビニATM
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

など

全国どこにいても借入・返済ができるのは便利なポイントですね。

まとめ

りそな銀行カードローンについて紹介してきました。最後に、内容を簡単にまとめておきましょう。

こんな人に向いている

申込から融資までにどうしても時間がかかってしまいます。そのため、できるだけ早くお金を借りたいと考えている人向けではありません。

数か月後にお金が必要になりそう、今は必要ではないけれども念のために融資枠を持っておきたい、と考える人にピッタリのカードローンといえそうです。

審査時間、難易度について

審査時間は他のカードローンに比べて時間がかかると考えられます。余裕をもって申し込みましょう。

また審査の難易度とは少し違うかもしれませんが、契約関連書類や借入・返済の明細は自宅に郵送で届くので、借入を家族に知られたくない人には不向きかもしれません。

消費者金融やメガバンクのカードローンも検討してみよう

りそな銀行カードローンは低めの金利が魅力的ではありますが、審査に時間がかかることや、口座を持っていなければ開設する必要があることから、お金を借りるまでに比較的時間がかかるでしょう。

急ぎで融資が必要な場合は最短即日融資も可能な消費者金融のカードローンや、口座を開設する必要のないメガバンクのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

関連記事

きらぼし銀行のカードローン「プラスユーネクスト」の審査について

きらぼし銀行のカードローン「プラスユーネクスト」は、東京都を中心に千葉…

栃木銀行(とちぎん)カードローンの審査は厳しい?特徴やメリットも

栃木銀行営業エリア内の人に向いている栃木銀行カードローン。幅広い使い道…

宮崎銀行のカードローン「おまかせくん」の審査・融資についてまと…

冠婚葬祭などの急な出費が続くと、「給料日までにお金が足りない」と困ってしまうことがあります。「お…

福井銀行のカードローンの審査・融資についてまとめてみた

福井銀行は、福井県福井市順化に本店があり、福井県内を中心に石川県や滋賀県などに支店を展開していま…

徳島銀行「SaSaっとカードローン」の審査って?Web完結型が便利

徳島銀行のカードローン「SaSaっとカードローン」には、四国島内および淡路…