横浜銀行カードローンがおすすめな人はどんな人?審査や融資時間

横浜銀行カードローンは、Webで申し込むことができます。横浜銀行ATMだけでなく 全国のコンビニATMで借入や返済をすることができるので、旅先で利用する場合にも 便利です。

おまとめローンとしての利用もでき、入会金や年会費がかかりません。 横浜銀行カードローンの審査や利用条件、申込方法などについて確認しましょう。

横浜銀行カードローンのスペック
審査対象者
  • 満20歳以上69歳以下
  • 安定収入がある人、及びその配偶者
審査時間 最短翌日
融資時間 最短翌日
審査結果 携帯、自宅、勤め先の中から指定。電話連絡
借入限度額 10~1,000
金利 年1.5%~14.6%
月々の返済額 2,000円
※審査結果や状況により異なる
申込可能地域
(居住または勤務)
  • 神奈川県内全地域
  • 東京都内全地域
  • 群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市

《横浜銀行カードローンまとめ》

  • 口座の有無にかかわらず申し込み可能
    ただし、口座があれば契約まで来店不要のweb完結
  • Webなら24時間365日申し込みできる。もちろん、土日祝日
  • 審査結果は指定の電話番号へ最短翌日に連絡

こんな人は横浜銀行カードローンの審査に落ちる!?

審査の結果が厳しいものになる人とは、どのような人でしょうか?

過去にローンやクレジットカードを延滞した人は審査に落ちる?

横浜銀行カードローンの申し込み条件は以下です。

  • 契約時満20歳以上69歳以下のであること
  • 安定した収入があること
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が得られること
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意すること

しかし、具体的な審査基準は明らかにされていません。

そのため一般的な情報ですが、

  • 利用者に返済能力があるか
  • 返済を誠実に行う人か

の審査が行われます。具体的には

  • 収入や資産の状況
  • 勤務先の状況
  • 過去に延滞の履歴があるか

などが審査されるようです。

過去に延滞や債務整理をしたことがあり、そのことが個人信用情報に登録されている人は、どのようなローンの利用も難しくなる可能性があります。ただし、返済を忘れたのが一、二度であり、短期間で返済を行っている場合には、あまり心配しすぎることはないでしょう。

収入がない人は横浜銀行カードローンの審査に落ちる?主婦、学生、年金受給者は?

「安定した収入がある人、およびその配偶者」であることが利用条件の1つなので、主婦(主夫)の人も利用申込ができます。

ただし、学生は利用できません。

契約時に満69歳以下ならば、年金受給者も利用申込ができます。

横浜銀行カードローンは即日融資不可?審査時間は長い?

申込後は、どのくらいでお金が借りられるのでしょうか?

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

横浜銀行カードローン公式ページには、

  • 審査結果の連絡は最短翌日
  • 借入まで最短翌日

と記されています。

カードが発行され、郵送(簡易書留郵便)で手元に届くまでは時間がかかりますが、利用希望者が指定する返済用普通預金口座へお金を振り込んでもらう方法で、より早くお金を借り入れることができます。

即日融資を希望するなら消費者金融がおすすめ

横浜銀行カードローンを申し込んでから、審査結果の連絡が届くのは翌日以降になります。

申し込んだその日に融資を受けたい場合は、横浜銀行カードローンでは間に合わない可能性もあります。急ぎの場合は消費者金融を利用するのも1つの方法です。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミスは、パソコンやスマホで24時間いつでも利用申込ができ、融資審査の結果もをスピーディーにわかります。

資金を早く借り入れたい人は、プロミスの利用を検討するとよいでしょう。

おすすめ度

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

横浜銀行カードローンのメリット・デメリット

横浜銀行カードローンの申込を決める前に、メリットとデメリットについて確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンのメリット

横浜銀行カードローンのメリットは以下の3つです。

横浜銀行カードローンのメリット

  1. 横浜銀行に普通預金口座があればWebだけで契約ができる
  2. 横浜銀行に口座がなくても申込が可能
  3. Web上での借入や返済、取引明細書の電子交付も利用できる

横浜銀行に普通預金口座を持つ人は、申込から契約までの手続きをWebだけで済ませることができます。

急ぎでお金が必要な人は、返済用普通預金口座にお金の振込を受ける形で、カードが届くより早くお金を借り入れることができます。

また、横浜銀行に普通預金口座を持っていない人も、申込ができます。その場合は審査後、カードローンの契約をするまでに普通預金口座を開設する必要があります。

なお、借入や返済は、横浜銀行ATMだけでなく、全国にある提携先ATMでもできるので、地元を離れた地域にいる時も利用できます

さらに、〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)を契約している人は、カードローン口座をサービス利用口座に追加することで、インターネット上での借入や返済、取引明細書の電子交付を利用することもできます。

おすすめ度

横浜銀行カードローン

  • 借入限度額10万円~1,000万円
  • 横浜銀行のATM、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、イオン銀行ならATM利用手数料がいつでも何回でも無料!
  • 月々の返済は2,000円からOK(借入10万円未満の場合)
  • 国内最大級の地方銀行グループという安心感

横浜銀行カードローンのデメリット

横浜銀行カードローンのデメリットは主に2つです。

横浜銀行カードローンのデメリット

  1. Webだけで契約まで完結するためには、横浜銀行に普通預金口座を持っていることが必要
  2. 神奈川県内、東京都内、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に住んでいるか、勤めている人でなければ利用できない

横浜銀行に普通預金口座を持っていないと、必ずカードを発行しなければなりません。カードは「簡易書留」で郵送されます。不在などの理由で受取が遅れると、ATMでお金の借入ができるようになるタイミングも遅れます

横浜銀行カードローンの申込に必要な書類と申込の手順

横浜銀行カードローンに申し込む時に必要な書類とWeb申し込みの手順を紹介します。

横浜銀行カードローンを申し込む時の必要書類

必要な書類は本人確認書類、収入証明書の二種類です。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • のいずれか
  • 収入証明書(50万円を超える借入限度額を希望する場合)
  • 源泉徴収票【勤務先の会社名の記載のあるもの】
  • 納税証明書【税務署の発行印があるもの】
  • 確定申告書【税務署の受付印があるもの】
  • 住民税決定通知書【市区町村長の発行印があるもの】
  • のいずれか

横浜銀行カードローンの申込方法

横浜銀行カードローンの申込方法・手順は以下の5ステップです。

  1. 利用申込をする
  2. Web申込の場合、横浜銀行カードローン公式ページから申込フォームに記入して送信します。郵送・FAXでも申込ができます。

  3. SMSが届く
  4. 「書類提出に関するお知らせ」がSMSで届きます。必要書類をアップロード・郵送・FAXのいずれかの方法で提出します。

  5. 審査結果が通知される
  6. 最短翌日に、審査結果が電話で通知されます。

  7. 契約手続きをする
  8. FAX、郵送、インターネットで契約手続きを行います。
    横浜銀行の普通口座を持っている人で、Web完結契約で申し込んだ人は、Web上で手続きが完了します

  9. カードが届く
  10. ATMで使用するカードが「簡易書留郵便」で送付されます。

※横浜銀行に普通預金口座がない人も申込ができます。ただし審査の後、契約までの間に口座開設をする必要があります。

横浜銀行に口座がある人はWeb申込がおすすめ

横浜銀行に普通預金口座を持つ人は、Webだけで手続きを完結できるWeb完結型申込を利用することができ、とても便利です。

分からないことがある人は電話で問い合わせよう

少しでも分からない点がある人、利用にあたって不安な点がある人は、電話で質問をして、疑問点がないようにしてから契約しましょう。

横浜銀行カードローン

  • 借入限度額10万円~1,000万円
  • 横浜銀行のATM、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、イオン銀行ならATM利用手数料がいつでも何回でも無料!
  • 月々の返済は2,000円からOK(借入10万円未満の場合)
  • 国内最大級の地方銀行グループという安心感

横浜銀行カードローンの借入・返済方法

申込方法や必要書類まで分かったところで、契約後の横浜銀行カードローンの利用方法について確認しましょう。

借入はATMからできる

借入は、横浜銀行ATMのほかに、横浜銀行が提携するATMおよびコンビニATMで行うことができます。

返済金額に注意

返済は、毎月の定例返済とATMを利用した随時返済があります。

定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)です。
毎月の返済額は最低2,000円からですが、前月の定例返済後の借入残高に応じて、一定の金額が、当月定例返済日に指定の普通預金口座から自動的に引き落とされます。

つまり、借りた金額によって毎月の最低返済額が決まるということです。

借入残高と定例返済額対応表

前月の定例返済後の借入残高(※1) 定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の借入残高(※1※2)
2千円超 10万円以下 2,000円
10万円超 20万円以下 4,000円
20万円超 30万円以下 6,000円
30万円超 40万円以下 8,000円
40万円超 50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円

(※1)前月の定例返済日にお借入残高があり、かつ定例返済がない場合は、前月の定例返済日のお借入残高とします。
(※2)2千円を上限として前日までの利息を含みます。

ここでは100万円以下の借入残高までしか紹介していませんが、100万円を超える借入残高についても同様に最低返済額が決まっています。

返済はWebからできる?

〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)を契約している人は、カードローン口座をサービス利用口座に追加することで、インターネット上での借入、返済ができるようになります。

提携ATM一覧

  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • JR東日本グループの駅ATM(ビューアルッテ)
  • 東日本銀行
  • 千葉銀行
  • きらぼし銀行
  • 常陽銀行
  • 筑波銀行
  • 武蔵野銀行
  • 千葉興業銀行
  • 山梨中央銀行
  • 神奈川銀行
  • 北陸銀行
  • 北海道銀行
  • 東邦銀行
  • 群馬銀行
  • その他提携金融機関

窓口で借りられる?

借入は横浜銀行ATM、提携先ATMで行うことになり、窓口では借り入れできません。

ただし窓口のある本支店にはATMが設けられていることがほとんどなので、ATMで借入を行うことはできます。

横浜銀行

申し込みは こちら

横浜銀行カードローンまとめ

ここまで、横浜銀行カードローンの利用申込の方法、実際の借入、返済方法などについてご紹介してきました。その特徴や審査について振り返りましょう。

こんな人におすすめ

  • 横浜銀行に普通預金口座があってWebで契約を完結したい人
  • 資金計画を早めに立てたい人

審査時間、難易度について

  • 最短翌日には審査結果がわかる
  • 最短翌日には利用が可能

審査の詳細や難易度については公開されていないので何とも言えませんが、消費者金融に比べ審査が厳しい可能性があります

難しければ消費者金融やメガバンクを検討しよう

何らかの理由で、横浜銀行カードローンの利用が難しい場合は、消費者金融やメガバンクでニーズを満たす商品を選ぶ、という方法もあります。

三菱UFJ銀行カードローン

詳細は こちら

関連記事

今日中に5万円借りたいなら避けたい!カードローン申込3つの注意点

「急な出費でお金が足りない!あと5万円あったら乗り切れるのに…」 …

住宅ローン滞納後どうなる?差し押さえ・競売までの期間と4つの対策

「住宅ローンを滞納した…どうなる?」 「競…

審査甘い借入先でお金を借りる方法は?意外な2つの事実と審査のコツ

「審査甘い借入先ってあるのかな?」「お金が必要…

お金を借りる審査に落ちる人の5つの特徴と「審査甘い」がダメな理由

「急にまとまったお金が必要になったけど、審査に自信ない...。」

バンクイック審査時間意外と長い!最短30分の消費者金融2選と比較

「バンクイックの審査時間ってどのくらい?」 「