肥後銀行の「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」を比較

熊本市に本店がある肥後銀行は「WEBカードローン」「カードローン Back Up」「カードローン BEST ASSIST」の3つのカードローンを提供しています。

その中から今回は「WEBカードローン」「カードローン Back Up」の情報をまとめました。

肥後銀行「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」比較

肥後銀行「WEBカードローン」

すべての手続きをWEBで完結したい人向け
金利 年4.5%~年14.0%
借入限度額 10万円~500万円(10万円単位での借入)
申込可能地域 住所が九州各県内(佐賀県・沖縄県を除く)、東京都、大阪府にある人

肥後銀行「カードローン Back Up」

自動融資機能付きなので、急な出費で残高が心配な人向け
金利 年12.5%または年14.0%(保証会社による)
借入限度額 30万円、50万円、100万円の3コース
申込可能地域 指定なし

「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」を比較

「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」、双方の商品の基本スペックや申込できる条件を比べてみましょう。

商品比較

WEBカードローン カードローン Back Up
金利 年4.5%~年14.0% 年12.5%(肥銀カード(株)の保証を受ける場合)
年14.0%((株)オリエントコーポレーションの保証を受ける場合)
限度額 10万円~500万円(10万円単位) 30万円、50万円、100万円の3コース
申込可能年齢 満20歳以上満65歳未満 満20歳以上満65歳未満
特徴 WEBですべての申込を完結できる 自動貸越機能が利用できる

両方のローンとも、金利は最高で年14.0%です。ただし、「WEBカードローン」の最低金利は年4.5%なので、申請内容によっては 「カードローンBack Up」よりも低い金利で借入できるかもしれません。

融資限度額は「WEBカードローン」が10万円~最高500万円、「カードローン Back Up」は30万円、50万円、100万円の3つのコースが用意されています。

それぞれどんな人におすすめか

2つのローンの特徴を踏まえて、どんな人におすすめかを紹介します。

WEBカードローンはこんな人におすすめ

  • すべての手続きをスマホやパソコンで済ませたい人
  • ローンカードを新たに発行する手間を省きたい人

カードローン Back Upはこんな人におすすめ

  • 自動貸越機能を利用したい人
  • 既にハモニカカードを持っていてカードを増やしたくない人/li>

それぞれのローンの特徴を知り、自分のニーズに合うものを選ぶようにしましょう。

「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」のメリット・デメリット

肥後銀行の「WEBカードローン」と「カードローンBack Up」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

「WEBカードローン」のメリット・デメリット

「WEBカードローン」のメリット

  • 最高で500万円と余裕を持った額を設定できる。
  • スマホやパソコンで申込を完結できる。
  • 手持ちの肥後銀行キャッシュカードをローンカードとして利用可能
  • スマホやパソコンで申込から契約まで完結することが可能。

「WEBカードローン」のデメリット

  • 自動貸越機能はない

「WEBカードローン」は原則として店舗に出向くことなく、スマホやパソコンで手続きが完結できます。すでにお持ちの肥後銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用することも可能です。

「WEBカードローン」に申し込むには、その時点で肥後銀行の口座を持っている必要があります。ローンカードを新たに発行するのではなく、手持ちのキャッシュカードをローンカードとして利用することができるので、カードの数を増やしたくない人にも向いています。

また、「WEBカードローン」は申込から契約まですべての手続きをWEB上で完結させることができます。

ただし、「WEBカードローン」の申込には肥後銀行の口座が必要です。また、本人確認書類の提出や、場合によっては店頭での本人確認が必要となる場合もあります。

続いて「カードローン Back Up」について確認しましょう。

「カードローンBack Up」のメリット・デメリット

「カードローンBack Up」のメリット

  • 手持ちのハモニカカードにBack Upの機能を加えることが可能
  • 自動貸越機能が利用できる

「カードローンBack up」のデメリット

  • 公式サイトに手続方法が明記されておらず、肥後銀行の個人総合コンサルティングプラザや店舗、電話での問合せが必要

「カードローン Back Up」のメリットとしては、自動貸越機能があります。たとえば公共料金の支払いのタイミングで口座残高が不足した場合、自動貸越機能で不足金額が補われます。銀行に行く時間がないなど、口座の資金不足に気づいても資金移動をしづらい人に向いている機能です。

「カードローンBack Up」は、専用のローンカードを発行してもらう方法のほかに、肥後銀行が発行する「ハモニカカード」(キャッシュカード・クレジットカードが一体となったカード)に、「カードローン Back Up」の機能をプラスすることもできます。

「WEBカードローン」「カードローンBack Up」の比較

利用限度額が最高500万円までであること、スマホやパソコンで申込から契約まで完了できることから、利用限度額や申込の手軽さに関しては「WEBカードローン」に軍配が上がるでしょう。

一方、「カードローン Back Up」は自動貸越機能を利用できる点が便利です。資金移動などが手間だと感じる人には、こちらが合っているでしょう。

ただし、自動貸越機能の利用には注意点もあります。慣れてしまうと「今、口座残高がいくらあるのか?」「いくらの支払いが待っているのか?」の確認をつい怠ってしまうリスクがあります。資金計画をきちんと立て、口座残高も常に確認しておきましょう。

「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」の最高金利を比べると、どちらも年14.0%です。しかし、「WEBカードローン」の最低金利は年4.5%と、「カードローン Back Up」に比べて低めの設定をしてもらえる可能性もあります。

「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」の審査時間は?

2つのローンの審査時間はどのくらいかかるでしょうか?比べてみましょう。

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

両方のカードローンとも、審査にかかる時間は公開されていません。

「WEBカードローン」を申し込んだあとは、「肥後銀行ハローサービスプラザ」による本人確認や、本人確認資料等の提出に関して電話で連絡があります。一般的にこのような手続きには時間がかかるため、即日融資を受けるのは難しいでしょう。

なお、肥後銀行からの電話がつながらない場合や、電話で指示された内容の手続きが行われない場合、申込を断られることもあるので注意しましょう。

「カードローン Back Up」を申し込んだ場合、まず肥銀カード株式会社で審査が行われ、保証が得られない場合は、自動的に株式会社オリエントコーポレーションで2次審査が行われます。この場合はより審査に時間がかかると考えられます。

そのため、「WEBカードローン」「カードローン Back Up」ともに、即日融資を受けることはできないと考えてよいでしょう。

最短即日融資を希望するなら

肥後銀行のカードローンは、利用申込から審査、そして融資が行われるまで、一定の時間がかかるものと思われます。

急に資金が必要になり、どうしてもすぐにお金を借りたい場合は、消費者金融のカードローンの利用も視野に入れましょう。

SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」は、スマホやパソコンで利用申込ができます。Webからの申込であれば、最短1時間の融資を受けることもできますよ。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

肥後銀行カードローンの申込方法

続いて、「WEBカードローン」と「カードローン Back Up」の申込方法をみていきましょう。

「WEBカードローン」について

申込条件

「WEBカードローン」の申込条件は以下の通りです。

  • 住所が九州各県内(佐賀県・沖縄県を除く)、東京都、大阪府にある人
  • 満20歳以上で満65歳未満の個人
  • 肥後銀行口座を持つ人
  • 肥後銀行で他にカードローン契約がない人(教育カードローンを除く)
  • 保証会社の保証を受けられる人

また、利用申込の時点で肥後銀行に口座を開設している必要があります。

必要書類

申込には次のような書類が必要です。

本人確認書類(運転免許証、健康保険被保険者証等のうちいずれか1点)

所得確認資料(借入限度額が50万円を超える契約の場合)

申込方法

「WEBカードローン」はすべての手続をWEBで完結することができます。

1.利用申込

「WEBカードローン」公式サイトの申込フォームの必要事項を入力し、申し込みます。

2.肥後銀行ハローサービスプラザから電話が来る

「肥後銀行ハローサービスプラザ」から後日、本人確認や本人確認資料等の提出について連絡があります。電話連絡がつかない場合や電話で指示された手続をしない場合は、申込を断られることがあります。

3.正式な契約手続

審査手続が済んだ人は、「WEBカードローン」公式サイトから契約手続をすることができます。

「カードローン Back Up」について

「カードローン Back Up」はどのように申し込めるのでしょうか?

申込条件

「カードローン Back Up」の申込条件は、次の通りです。

  • 満20歳以上で満65歳未満の個人
  • 肥後銀行で他にカードローン契約がない人(教育カードローンを除く)
  • 保証会社の保証を受けられる人

必要書類など

必要書類は、30万円・50万円・100万円のどのコースを選んだかによって異なります。いずれのコースにおいても必要なのは、次の3点です。

  • 本人確認資料(運転免許証、健康保険被保険者証など)
  • 返済用普通預金口座通帳
  • 届け出印

※100万円コースを選択した人のみ

  • 所得を確認できる資料(源泉徴収票、公的所得証明書など)

※30万円コース、50万円コースを選択した人のみ

  • 所得を確認できる資料は原則として不要ですが、審査の手続上、必要になる場合もあります。

申込方法

「カードローン Back Up」の具体的な申込方法は、公式サイト等には明記されておらず、申込フォームや申込用紙なども公開されていません。

そのため、以下の問合せ先に直接出向くか、電話などで確認する必要があります。

問合せ先

  • 肥後銀行の各店舗
  • 肥後銀行ハローサービスプラザ
  • 個人総合コンサルティングプラザ
  • ※土曜・日曜、平日15時以降でもローンに関して相談することができます。公式Webサイトからの来店予約も可能です。

肥後銀行カードローンの借入・返済方法

続いて、「カードローンWEB」や「カードローン Back Up」の具体的な借入・返済方法を見ていきましょう。

「WEBカードローン」の借入・返済方法

手持ちのキャッシュカードに「WEBカードローン」のローンカードとしての機能がプラスされます。 肥後銀行ATMもしくはコンビニATM( セブン銀行、ローソン銀行、E-net)で借入や返済ができます。ただし、セブン銀行ATMでは返済ができません。

返済方法は、毎月、決まった日に支払いをする約定返済に加えて、随時返済をすることができます。

「カードローン Back Up」の借入・返済方法

ローンカードを発行してもらう他、手持ちのハモニカカードにローン機能を持たせることもできます。

借入や返済は肥後銀行ATMやコンビニATM(セブン銀行、ローソン銀行、E-net)を通して行うことができます。セブン銀行ATMでは返済ができません。

「カードローンBack Up」も、毎月1度の約定返済に加えて、随時返済を選択することもできます。

「約定返済」と「随時返済」について

「WEBカードローン」も「カードローンBack Up」も、返済方式は約定返済臨時返済のふたつの選ぶことができます。

約定返済とは
毎月決まった日に、決まった金額を返済すること。「WEBカードローン」も「カードローンBack Up」も、毎月5日に指定口座から口座振替が行われます。

毎月の返済額は「残高スライド式」という方法で決定されます。

残高スライド式とは、前月の支払日の時点で借り入れていた金額に応じて、毎月の支払額が決まる方法です。

返済の例

8月5日時点で5000円以上30万円未満の借入がある場合

9月5日に指定口座から5000円が引き落とされる

8月5日時点で30万円以上50万円未満の借入がある場合

9月5日に指定口座から1万円が引き落とされる

随時返済とは
利用者に資金的余裕があるときに、好きな金額を返済できる方法。ATMでカードを使って入金するか、窓口で入金することで返済できます。

いずれの返済方式においても、あといくら返済しなければならないのか把握することが大切です。

「もうどれくらい利息を払っているかわからない…」「予定よりも返済期間が長い気がする…」などという事態にならないよう、返済額は定期的に確認しましょう。

肥後銀行のカードローンまとめ

ここまで肥後銀行のカードローン「WEBカードローン」と「カードローンBackUp」を紹介してきました。

改めてふたつの商品について、おさらいしましょう。

  • 「WEBカードローン」は、手続きをWebで済ませたい人や、ローンカードを新たに発行する手間を省きたい人向け
  • 「カードローン Back Up」は、急な出費で残高が心配な人や、すでにハモニカカードを持っていてカードを増やしたくない人向け
  • いずれのカードローンも審査時間や、審査の難易度は公開されていない。一定の時間を見込んでおこう
  • なるべく早く融資を受けたい場合は、消費者金融やメガバンクのカードローンの利用を検討しよう

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

関連記事

バンクイック審査時間意外と長い!最短30分の消費者金融2選と比較

「バンクイックの審査時間ってどのくらい?」 「

三井住友銀行カードローンの審査は最短翌営業日に判明?申込方法は?

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンならではの金利と、10万円~ 800…

大垣共立銀行カードローン「ザ・マキシマム」の審査について解説!

岐阜県大垣市に本店を置く大垣共立銀行が扱う複数のカードローンのうち、「ザ・マ…

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の審査とは?申込条件も解説!

岐阜市に本店がある十六銀行では、カードローン商品「Q-LOAN(キューローン)」を取り扱っています。こ…

第四銀行のカードローン「解決スピーディー」の審査について解説!

新潟市に本店がある第四銀行は、2つのカードローン商品を扱っています。今回紹介するのは