紀陽銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

紀陽銀行は和歌山市本町に本店があり、紀陽銀行カードローンは和歌山県、大阪府、奈良県に住む人が利用できるカードローンで、紀陽銀行に普通預金口座を持っていなくても申込可能です。
※契約の際に普通預金口座の開設手続きをする必要があります。

普通預金口座のキャッシュカードを使ってお金を借りることができ、全国のATMで借入や返済が可能です。

冠婚葬祭が重なってお財布がピンチになったときや、旅行先で急にお金が必要になったときも活用しやすいのがポイントです。何らかの事情で銀行口座残高が不足したときは、自動融資機能で不足部分を補ってもらうこともできます。

便利な紀陽銀行カードローンについて紹介します。

紀陽銀行カードローンについて

紀陽銀行カードローンの利率は年3.8%~14.9%(変動金利)。利用限度額は10万円~最大800万円です。

借入限度額と利率

借入限度額 利率
変動金利、保証料込)
10万円型・30万円型・50万円型 年14.9%
70万円型・100万円型 年11.8%
150万円型・200万円型 年9.8%
250万円型・300万円型 年7.8%
350万円型・400万円型 年6.8%
450万円型・500万円型 年5.8%
600万円型・700万円型 年4.8%
800万円型 年3.8%

※利率と利用限度額は審査の結果決まります。

まずは紀陽銀行の基本情報について見ていきましょう。

利用条件の概要

  • 申込時かつ契約時の年齢が、満20歳以上満65歳未満であること
  • 安定継続した収入があること
  • 他に紀陽銀行の無担保カードローンを持っていないこと

申込可能地域

紀陽銀行本支店(東京支店を除く)の営業地域内に住む人、または勤務先が同エリア内の人が紀陽銀行カードローンを利用できます
(和歌山県67店舗、大阪府40店舗、奈良県2店舗)

こんな人におすすめ

  • 紀陽銀行に口座を持っていてWebだけで契約を完結したい人
  • 安定継続した収入がある人
  • お金が必要な場面に備えたい人

会社員、パート・アルバイト、自営業、年金収入の人など、安定継続した収入がある人が申し込むことができます。

紀陽銀行に口座を持つ人で、借入希望額が300万円以下の人は、Webだけでカードローン契約を完結できます。

手数料なども不要なので、急にお金が必要になる事態に備えておきたい人は、時間に余裕がある間に契約を済ませておくという方法もあります。

審査について、担保、保証人などは不要ですが、阪和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられることが必要です。

こんな人は紀陽銀行カードローンの審査に落ちる!?気を付けるべきこと

紀陽銀行カードローンの審査基準は明らかにされていませんが、一般的にローンやキャッシングの利用審査にあたり、気をつけなければならない人はいます。

過去にローンやクレジットカードを延滞した人は?

個人信用情報に過去の延滞が記録されている人は、利用審査の結果が厳しくなる傾向があります。

過去の延滞の例

  • クレジットカードの返済が遅れたことがある
  • 携帯電話を割賦購入したが何らかの理由で返済が完了していない
  • 奨学金の返済が何らかの理由で滞っている

収入がない人はどう?主婦、学生、年金受給者は?

紀陽銀行カードローンの申込条件として「安定継続した収入のある方」とあります。

専業主婦は配偶者に継続安定的な収入がある場合に申込ができますが、利用限度額が30万円以内に限られます。
http://www.kiyobank.co.jp/personalloan/card/「ご利用いただける方」より)

紀陽銀行カードローンの審査時間は?

紀陽銀行カードローンは、申し込んでからどのくらいの期間で利用できるようになるのでしょうか?

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

利用申込をした後、最短で翌営業日に仮審査結果の連絡を受けることができます。

ただし、申込時間や審査状況によってはより時間がかかることもあります

どうしても最短即日融資を受けたい場合は、消費者金融のカードローンを利用するのが便利でしょう。

最短即日融資を希望するなら消費者金融のカードローンを検討しよう

紀陽銀行カードローンは、仮審査の結果がでるのが翌営業日以降なので、申し込んだその日に融資を受けることは、難しいです。

なるべく早くお金を借りたい場合は、消費者金融のカードローンを検討してみるのも一つの手だと考えられます。

消費者金融のカードローンの中でもおすすめは、SMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」です。

プロミスのおすすめポイント

  • Webなら最短1時間も可能
  • はじめて契約する人は最大30日間無利息(※メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • Web完結なら郵送物なし・カードレス

急ぎでお金が必要な人はプロミスを検討してみてください。

おすすめ度

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

紀陽銀行カードローンのメリット・デメリット

紀陽銀行カードローンを申し込む前に、メリットとデメリットを確認しましょう。

紀陽銀行カードローンのメリット

  • 資金の使い道は原則自由
    ※事業性資金は除く
  • 全国の提携ATMで借入や返済が可能
  • 普通預金のキャッシュカードで借入が可能
  • 自動融資機能が利用できる

借り入れた資金の使い道は原則自由なので、急な飲み会、資格取得、生活費などに使うことができます。

全国のATMで借入や返済ができるので、旅行や出張で地元を離れたときでも活用の幅は広がります。

専用のローンカードではなく、普通預金で利用するキャッシュカードを利用して借り入れることができます。

何らかの理由で、普通預金口座の残高が不足した場合、自動融資機能で不足額を自動的に借り入れることができるようになり、「残高不足で水道料金が支払えなかった」「電気代の支払い日を忘れていた」などの心配がなくなります。

紀陽銀行カードローンのデメリット

  • 審査結果が分かるのは翌営業日以降
  • 普通預金口座の残高不足に気づきにくくなる恐れがある

審査結果がわかるのは、利用申込日の翌営業日以降になるので、資金が必要となるタイミングまで余裕をもって申し込むことが大切です。

普通預金口座の残高不足分を自動融資機能で補ってもらえる点は便利なのですが、残高不足になっていることに気づかず、不足分の資金を補充しなかったり、借り入れた金額の返済が遅れたりすると、利息分がかさみます。

普通預金口座の残高について注意を払いましょう。

紀陽銀行カードローンの申込条件・必要書類・申込方法

紀陽銀行カードローンの申込条件や必要書類、申込方法を確認しましょう。

申込条件、必要書類、申込方法

申込条件

  • 申込時かつ契約時の年齢が、満20歳以上満65歳未満であること
  • 安定継続した収入があること
  • 紀陽銀行本支店(東京支店を除く)の営業地域内に住む人、または同エリア内に勤務先がある人
  • 他に紀陽銀行の無担保カードローンを持っていない人

Web契約は、必要な手続きがWebで完結します。必要書類の提出や、審査結果連絡後の正式契約まですべてWeb上で手続きができて便利です。

なお、Web契約は紀陽銀行普通預金口座のキャッシュカードを保有していることや、借入希望額が300万円以下であることなど、一定の条件があります。

必要書類

  • 運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか
  • 借入極度額が50万円を超える場合は所得証明資料
  • Web契約の場合、紀陽銀行キャッシュカード、e-mailアドレスが必要

申込方法

Web契約の場合(※) 店頭契約の場合
  • 紀陽銀行カードローン公式サイト、電話、FAX、窓口のいずれかから「仮審査申込」を行う
  • 紀陽銀行から申込確認の連絡がある
  • 仮審査結果について電話などで連絡がある
  • 正式な契約手続きをし、融資が実行される
  • 紀陽銀行カードローン公式サイト、電話、FAX、窓口のいずれかから「仮審査申込」を行う
  • 紀陽銀行から申込確認の連絡がある
  • 本人確認資料を提出し仮審査の結果を待つ
  • 窓口で契約書類(正式申込書)および必要書類を提出して正式契約を結ぶ

※紀陽銀行普通預金口座のキャッシュカードを保有し、借入希望額が300万円以下の場合、Web完結できます。

契約手続き時における必要書類

  • 本人確認資料(運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれか)
  • 借入極度額が50万円を超える場合は所得証明資料

口座を持ってないと申し込めないのか

仮審査申込の時点では、紀陽銀行に口座がなくても申込が可能です。ただし、紀陽銀行キャッシュカードがない人はWeb契約ができませんので、店頭での手続きが必要です。

紀陽銀行カードローンの借入・返済方法

実際の借入と返済は、紀陽銀行ATMや提携先ATMを通して行うことになります。返済は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)に、返済指定預金口座から一定額が引き落とされます

口座貸越残高別、返済額

前月の定例返済日の
当座貸越残高
毎月の返済額
10万円以下 2千円
10万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円
500万円超600万円以下 7万円
600万円超700万円以下 8万円
700万円超800万円以下 9万円

また、資金に余裕があるときに、ATMを通して追加・繰上返済をすることができます。

Webからできる?

紀陽銀行カードローンのWeb上での利用は、現在のところできません。ATMを通して利用するか、普通預金口座が残高不足となった場合の自動融資機能に限られます。

提携ATM一覧

紀陽銀行カードローンは、同行ATMだけでなく、次の提携ATMでも利用することができます。

タイトルタイトル

  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • イーネット
  • セブン銀行

窓口で借りられる?

紀陽銀行窓口での借入はできませんが、窓口業務を行っている支店には、ATMが設置されている場合がほとんどですので、ATMを利用するとよいでしょう。

まとめ

ここまで、紀陽銀行カードローンについて紹介しました。押さえておくべきポイントを振り返り、契約するかどうかの判断にお役立てください。

こんな人におすすめ

  • 紀陽銀行のキャッシュカードを既に持っている人
  • お金が必要な場面に備えておきたい人

紀陽銀行のキャッシュカードをすでに持っている人は、一定の条件を満たせばカードローンのWeb契約をすることができます。店舗に出向いて手続きをする時間がない人にも便利です。

契約をした時点では入会金や手数料などはかかりません。万が一の場合に備えて、カードローン契約を済ませておきたいという人も、安心して申し込むことができます。

審査時間、難易度について

審査結果が分かるのは、仮審査申込をした日の翌日以降なので、できるだけ余裕をもって利用申込をするほうが良いでしょう。

担保、保証人などは不要ですが、阪和信用保証株式会社または株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられることが必要です。

難しければ消費者金融やメガバンクのカードローンを検討してみよう

紀陽銀行カードローンは住まいや勤務先が、紀陽銀行本支店の営業エリア内にある人でないと申し込めません。

また、なるべく早くお金を借りたい人もいるでしょう。

そのような場合は、消費者金融やメガバンクで、条件を満たすローン、キャッシングが提供されていることもありますので、利用を検討してください

おすすめ度

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

おすすめ度

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK
当サイトおすすめのカードローン

急いでいる人におすすめ

プロミス

申し込みはこちら

楽天会員ならココ!借り換えにもおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

申し込みはこちら

関連記事

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の審査・融資につてまとめて…

冠婚葬祭などの急な出費が続くと、「給料日までにお金が足りない」と困ってしまうことがあります。「お…

山形銀行カードローンの審査や融資までの時間などまとめ

山形銀行カードローンは個人事業主、主婦、パート・アルバイト、年金を受給されている人も申込可能です…

りそな銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

全国展開するりそな銀行のカードローンは、りそなに預金口座がなくても申…

百十四銀行のカードローン「114ニューカードローン」の審査・融資に…

百十四銀行は香川県に本店があり、東京都・愛知県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島…

長野銀行のカードローン「ユニティ」の審査について

長野銀行カードローン「ユニティ」は、Webで仮申込をすることができ、最大で50万…