三井住友銀行カードローンの審査は最短翌営業日に判明?申込方法は?

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンならではの金利と、最大で800万円という極度額の設定、そしてローン契約機での申込もできる点が特徴です。この記事では、三井住友銀行カードローンの利用方法、メリットやデメリットについてご紹介します。

こんな人におすすめ

  • Webやローン契約機での申込がしたい人
  • 土日、祝日にしか申込をする時間がない人

三井住友銀行カードローンの基本スペック

基本情報
金利 4.0%~14.5%(変動金利)
契約極度額 10万円~800万円
申込可能年齢 満20歳以上満69歳以下
提携ATM 全国の提携コンビニATM

三井住友銀行カードローンの審査基準とは?

三井住友銀行カードローンが利用するためには、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられることが前提条件となります。では、具体的な審査基準はどうでしょうか?

過去にローンやクレジットカードを延滞した人は?

三井住友銀行カードローンの審査基準そのものは、明らかにされていないません。

一般論にはなりますが、「過去、ローンやクレジットカードの返済に遅れてしまったことがある」という記録が個人信用情報に記録されている人は、どのようなローンでも審査が厳しくなる可能性があります。

収入がない人はどう?主婦、学生、年金受給者は?

三井住友銀行カードローンは、下記の条件をすべて満たす本人でなければ申し込みができません。

  • 満20歳以上、満69歳以下の人
  • 原則安定した収入の人
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
  • 使いみちが事業性資金以外の人

そのため、専業主婦でまったく収入がない人の申込は難しいと考えられます。学生やパート、アルバイト、年金受給者の人も「原則安定した収入の人」と認められるかどうかが審査の結果を左右するでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査時間は?

三井住友銀行カードローンの審査結果がわかるまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

即日融資は不可能?審査~借入までどのくらい?

利用申込を行い、本人確認書類の提出が完了してから、審査結果が届くまでの時間は、最短で翌営業日です。

審査の結果、利用可能となった場合、三井住友銀行に口座を持つ人は、手元のキャッシュカードですぐに借入ができます。口座を持っていない人は、ローン契約機(ACM)もしくは郵送で専用カードを受け取り、借入をすることができます。

最短即日融資を希望するなら、消費者金融という手も

三井住友銀行カードローンは、審査結果が出るのは最短でも翌営業日で、即日融資を受けることはできません。

なるべく早い融資を希望する人は、「プロミス」がおすすめ。Webでの契約なら、最短30分で審査の回答があります。(※審査にかかる時間は、状況によって異なります。)

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンの利用を決める前に、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

メリットとして、次のような点がげられます。

三井住友銀行カードローンのメリット

  • 三井住友銀行の口座がなくても申し込める
  • 三井住友銀行の住宅ローンを利用している人は、金利の引き下げもあり得る
  • 店舗に出向くことなく申込ができる

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座がない人もカードローンの申込ができます。ただし、借入の際には指定の支店でカードローン口座を作ることになります。

また、カードローンの申込時に三井住友銀行の住宅ローンを利用中で、返済の遅延がない人は、金利の引き下げが受けられる可能性もあります。

利用申込は手持ちのパソコンやスマホで済ませられます。面倒な本人確認書類の提出も、Webで行うことができますよ。

デメリット

続いて、デメリットも確認しましょう。

三井住友銀行カードローンのデメリット

  • 審査結果が出るのは最短でも翌営業日になり、即日融資は受けられない
  • 勤め先等へ在籍確認の電話がかかる場合がある

三井住友銀行カードローンの審査結果がわかるのは、本人確認書類の提出から最短で翌営業日です。そのため、即日融資を受けることはできません。

また、申込の際には勤め先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。在籍確認の連絡がとれない場合には、申込が取り下げられることがあるので、きちんと対応するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの申込方法

実際に三井住友銀行カードローンを申し込むには、どのようにすればいいのでしょうか?ここでは、具体的な申込方法をみていきましょう。

申込条件

申込の際には、以下の条件をすべて満たすことが必要です。

  • 満20歳以上、満69歳以下であること
  • 原則安定した収入の人
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
  • 資金の使いみちが事業性資金以外であること

なお、申込ができるのは本人に限られます。

必要書類

申込にあたっては、次の書類が必要です。

  • 本人確認書類
    運転免許証、健康保険証 等
  • 収入証明書類(※申込金額が50万円を超える場合)
    給与明細、確定申告書 等

上記の必要書類はWebで提出(アップロード)することができます。

申込方法

三井住友銀行カードローンは、パソコンやスマホで公式サイトから申し込むことができます。手順は次の通りです。

  1. PC・スマホで公式サイトにアクセスし、申込画面に必要事項を入力して送信する
  2. 本人確認書類をWebで提出する
  3. 審査結果が届く。入力した電話番号もしくはメールアドレスに連絡がある
  4. ローン専用カードの受取

三井住友銀行に口座を持つ人は、手元のキャッシュカードですぐに借入ができますが、三井住友銀行に口座がない人はローン契約機(ACM)もしくは郵送にてローン専用カードを受け取る必要があります。

また、ローン契約機でもカードローンの利用申込ができます。ローン契約機が設置されている場所は、住友銀行カードローン公式サイトで確認しましょう。申込時は、画面の指示に従って操作してください。

三井住友銀行カードローンの借入・返済方法

ここからは、実際の借入・返済の方法を確認しましょう。当たり前ではありますが、カードローンは借りたあとにきちんと返す必要があります。

借りたあとはいつまでに、どうやって返済すればよいのかみていきましょう。

借入について

三井住友銀行カードローンは全国のATMを通して、借入ができます。ローン専用カードと普通預金キャッシュカードで、対応しているATMに違いがあります。

対応ATM一覧

対応ATM 借入方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM ※
ゆうちょATM ×
提携金融機関ATM ×

※ゆうちょ銀行ATM、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMが利用可能。

また、三井住友銀行の普通預金口座を返済用預金口座とした場合は、自動融資(バックアップ)での借入ができます。返済用預金口座の残高不足により、下記の引き落としができないときは、不足金額をカードローン口座から自動融資する仕組みです。

  • 公共料金
  • 各種クレジットカードの利用代金(年会費も含む)
  • その他の各種自動払いサービス

自動融資の申込は、三井住友銀行本支店の窓口での手続きが必要です。

返済について

三井住友銀行カードローンを利用した場合、実際に適用される金利、契約極度額は審査の結果決まります。以下の表の「借入利率」に幅があるのは、そのためです。

三井住友銀行カードローンの借入利率

契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

なお、カードローンの新規申込時に三井住友銀行の住宅ローンを利用中で、返済の遅延がない人は、上記借入利率より引き下げとなる場合があります。

返済は、毎月決まった日に返済をする「約定(やくじょう)返済」と、資金に余裕があるとき返済ができる「臨時返済」の2つの方法があります。

約定返済

約定返済の返済日は、次の4つのいずれかを選ぶことができます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

指定した期日(銀行休業日の場合は翌営業日)までに、借入残高に応じた約定返済金額を返済します。

なお、約定返済の返済方法は次の3つから選ぶことができます。

  • ATMでの返済
  • 振込による返済
  • 口座振替による返済
ATMでの返済

三井住友銀行のATM、イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMで返済ができます。

対応ATM一覧

対応ATM 返済方法
ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょATM ×
振込による返済

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座へ振込をすることで返済します。

口座振替による返済

指定の約定返済期日までにカードローン口座へ入金がなかった場合、カードローンの返済用預金口座から、借入残高に応じた約定返済金額が自動で引き落とされます。

臨時返済

資金に余裕があるときに、利息金額以上の好きな金額を返済する方法です。ATM、振込、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングで、返済できます。

消費者金融や大手銀行のカードローンに申し込むのも手

急いでお金が必要な場合は、消費者金融のカードローンの利用を検討するのも手です。最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンを選びましょう。

また、引越しや転勤などで、第四銀行の営業エリアから移動する予定があるなら、全国展開している大手銀行のカードローンに申し込むのもいいでしょう。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

三菱UFJ銀行カードローン

  • 利用限度額:10万~500万円
  • 三菱UFJ銀行の口座新規開設不要
  • 借入状況によっては返済は月1,000円からOK

三井住友カードローンのまとめ

  • 三井住友銀行カードローンの審査結果は、最短で翌営業日にわかる
  • 三井住友銀行カードローンは、Webやローン契約機で申込を済ませたい人や、土日祝日にしか申込をする時間がない人に向いている
  • 三井住友銀行カードローンの利用が難しいときは、消費者金融のカードローンを検討するという手もある

関連記事

大垣共立銀行カードローン「ザ・マキシマム」の審査について解説!

岐阜県大垣市に本店を置く大垣共立銀行が扱う複数のカードローンのうち、「ザ・マ…

十六銀行カードローン「Q-LOAN」の審査とは?申込条件も解説!

岐阜市に本店がある十六銀行では、カードローン商品「Q-LOAN(キューローン)」を取り扱っています。こ…

第四銀行のカードローン「解決スピーディー」の審査について解説!

新潟市に本店がある第四銀行は、2つのカードローン商品を扱っています。今回紹介するのは

「イオン銀行カードローン」審査について解説!借入に向いている人…

「イオン銀行」も展開しています。 この記事では、イオン銀行が扱…

八十二銀行カードローン<ニューマイティー®>の審査について解説!

長野市に本店がある八十二銀行で取り扱っているカードローンは2種類です。…