みずほ銀行カードローンの審査時間が待てない人が試すべき1つの方法

みずほ銀行の審査時間ってどのくらいかかるの…?
みずほ銀行カードローンに申し込んだけど、まだ審査結果が来ない...

実はみずほ銀行カードローンの利用開始までには2週間程度必要。銀行のカードローンだと、借りるまでにある程度の時間が必要になるのです。

すでに申し込んでいる人は、審査を待ちながら他のカードローンに申し込むのも一つの手です。

みずほ銀行カードローン審査時間まとめ

  • 利用開始までには2週間程度必要
  • 急ぎで借りたい人はプロミスを検討
  • webなら、最短1時間で借りることも可能
  • 初回最大30日間金利0円(※メールアドレス登録&Web明細利用登録が必要)

※プロミスの無利息サービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

おすすめ度

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

もし、みずほ銀行カードローンにまだ申し込んでいない人はコチラ

みずほ銀行カードローン

詳細は こちら

みずほ銀行の口座がある人はみずほ銀行カードローンの審査に申し込もう

みずほ銀行の口座を持っている方は、持っていない方に比べて申込にかかる所要時間や審査時間を短縮できます

Webで申し込めば来店は不要で、ATMからお金をおろす要領で借りられます

また、ローン専用のカードを発行する必要がなく、キャッシュカードでお金が借りられます。口座を持っているなら、「幅広く活用しやすい」みずほ銀行カードローンでお金を借りることはおすすめです。

みずほ銀行カードローン概要
金利 年2.0%~14.0%
※住宅ローンのご利用で、カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ後の適用金利は年1.5%~13.5%
借り入れ限度額 最大800万円
申込条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象です
※審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
※みずほ銀行の普通預金口座の開設が必要です。
(普通預金口座をお持ちでない方は、カードローンの審査完了後に普通預金口座の開設が必要です。
無利息期間 無し

みずほ銀行カードローン公式HPへ

利用開始まで約2週間も待てない!緊急でお金が必要な人は他のカードローンも検討

みずほ銀行カードローンは、利用開始まで2週間程度要します。

「早く審査結果を知りたい」「今すぐにお金が必要」そんな場合はみずほ銀行のカードローンではなくその他のカードローンも検討してみると良いでしょう。

プロミス

おすすめ度 ★★★★

  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 金利:年4.5%~17.8%

プロミスは審査時間が最短30分という驚異的なスピード感!Web申込を選択すれば最短1時間融資も

審査に時間をかけれない場合は、下記も参考にしてみてください。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

【利用開始まで約2週間かかっても大丈夫な方】みずほ銀行カードローンの楽々4ステップ申込

みずほ銀行カードローンの申込はたったの4ステップで完了します。一連の流れを説明しますので、参考にしてください。

申込の4ステップ

  1. ネットや電話で申込をする
  2. 在籍確認の電話連絡がある
  3. みずほ銀行の通帳を受け取る
  4. キャッシュカードを受け取る

1.まずは申込!メールにて仮審査結果が届く

はじめに重要事項や個人情報の取扱いに関する記述があるので、しっかり読んでおきましょう。

同意すると、ご希望極度額を入力する画面が出て来ます。運転免許証がある人は、「お手元に運転免許証がある方」を選択しましょう

限度額と極度額の違い

  • 限度額…現時点で実際に借りることができる最高額
  • 極度額…その時点で契約上借りられる最高額
  • つまり、「今は100万円までしか借りれないけど、将来的に信頼できたら、200万円まで貸します」という場合、限度額は100万円、極度額が200万円ということになります。

その後、個人情報や勤め先の情報やお取引希望支店を入力し、確認をボタンを押します。 確認ページが出てくるので、しっかり入力項目を確認した後、「お申込」ボタンを押せば申込完了です。

その後、お申込内容に基づいて審査が行われます。

2.職場に在籍確認の連絡がある

審査の過程で、みずほ銀行の保証会社であるオリエントコーポレーション(オリコ)が申込者の職場に在籍確認を行います。

在籍確認は、勤務先に個人名で電話をします。「みずほ銀行」や「オリエントコーポレーション」と名乗りませんので安心してください。

在籍確認は次のような流れです。

在籍確認の流れ

勤務先「はい、○○会社でございます」
オリコ「△△と申しますが、Aさん(契約者)はいらっしゃいますか?」
勤務先「あいにくAは本日、席を外しております」
オリコ「わかりました。それなら結構です」
勤務先「折り返し連絡いたしましょうか?」
オリコ「いいえ大丈夫です。失礼します」

上記のようなやり取りですぐ終わってしまうので、職場にばれる可能性は低いでしょう。

3.みずほ銀行の通帳を受け取ろう!受け取れるのは本人だけなので注意

無事審査に通過すると通帳が送られてきます。本人以外は受け取れない本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で送られるので注意しましょう。

4.キャッシュカードを受け取ろう

通帳が送られてきた後、キャッシュカードが送付され、無事キャッシングできるようになります。

利用開始までに2週間程度必要にはなりますが、お金に困ったときにいつでもキャッシングできるようになります。そのため、持っておくと活用の幅が広がるかもしれません。

審査時間が長いけど、もしかして審査落ち?審査落ちする3つの原因

【1】記入情報に偽りや記入ミスがある!

記入情報にミスがあると審査落ちする可能性が非常に高いです。 記入や確認には細心の注意を払いましょう。

また審査する人は、正しい情報が入力されているかどうかをチェックしています。虚偽の記載があると判明した場合、審査に通過することはできません。

【2】在籍確認ができない

「申込み時に記載した情報に偽りがある」と似ていますが、職場で本当に働いているかを確認するために行われる在籍確認。これができない場合、審査落ちする可能性がとても高いです。

在籍確認できない=収入が保証できない、ということになります。在籍審査はしっかりクリアしましょう。

【3】事故情報(ブラックリスト登録)がある

審査担当者は、必ずその人の過去の信用情報を見ます。そこに事故情報が見つかった場合は、審査落ちになる可能性が高いです。

事故とは、その人が過去に以下の経験がある場合を指します。

  • 延滞
  • 代位弁済
  • 債務整理、自己破産
  • 強制解約

信用情報は各社間で共有されているため、事故情報を隠そうと嘘をついてもバレます。

どうしたら審査に通る?合否を左右する「スコアリング」とは?

みずほ銀行カードローンの審査は、みずほ銀行が直接審査をしているわけではありません。保証会社である、オリエントコーポレーション(オリコ)に委託しています。

その際、申込者の信用度を点数化し、一定の基準に達したら審査通過、という方法を取っています。これはスコアリングと呼ばれ、このスコアが高いと審査に通る可能性が高まります

スコアリングの基準については以下のような傾向があるようです。
(※お金丸調べ。すべての金融機関・保証会社の傾向を保証するものではありません。)

  • 年齢:収入が安定している20代後半~50代
  • 職業:公務員 > 上場企業の社員 > 中小企業の社員 > 契約社員 > 派遣社員 > フリーターなど
  • 勤続年数:同一の職場で勤続年数が長いほどスコアが高い
  • 年収:高いほどスコアが高い
  • 居住年数:長いほどスコアが高い
  • 居住形態:ローン完済済み持ち家 > ローン中持ち家 > 賃貸
  • 家族:配偶者や家族がいるとスコアが高い

増額申請は審査時間が長くて厳しい!?自分の信用情報で判断される

新規申込以外に、「限度額を増額したい」という場合にも審査があります。申込はWEBと電話でできます。

  • WEBで増額申請をする場合:新規申込と同様の方法
  • 電話で申し込む場合:カードローン専用ダイヤルに掛け、音声ガイダンスに従って[1]を押します。すると、カード番号と暗証番号が聞かれ、その後、担当者と増枠の相談や申込ができます

増額申請には追加で提出書類が求められることが少ないため、初回の申込時よりも書類準備の手間が省けます。

しかし、限度額はもともと「あなたの信頼や年収で貸すことができる最大の金額」を意味しているため、増額申請は時間がかかる傾向にあるようです。

もしみずほ銀行カードローンの審査が不安なら、プロミスなど別のカードローンも併せて検討してみると良いでしょう。

プロミスの審査なら最短1時間。銀行のカードローンに比べて審査時間が短い傾向にあります。

さらに30日間の無利息期間があるので、1か月以内に返済すれば1円も利子を払う必要がありません。

プロミス

  • Webなら入力項目が少なく最短3分で申込が完了
  • 最短1時間で借りることも可能
  • 郵送物なし・カードレスのWeb完結も可能なので周りにバレにくい

借入金額と返済額をシミュレーション

ご利用限度額が50万円の場合、金利は年14.0%となります。 例えば10万円を30日間キャッシングした場合の利息は1,150円になります (50,000×14.0%×30日÷365=1,150円)。

みずほ銀行カードローンの利用限度額と金利は次のようになっています。 ただし、住宅ローンで利用する場合、引き下げ金利が適用されます。

利用限度額と金利
ご利用限度額 基準金利 引き下げ適用後の金利
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

みずほ銀行カードローンは3種類の返済方法がある

みずほ銀行カードローンは返済方法が3種類用意されています。

  • 返済用普通口座から自動引き落とし
  • ATMによる任意返済
  • みずほダイレクトを使った任意返済

それぞれ詳しく解説していきます。

返済用普通預金口座からの自動引き落とし

毎月10日が返済日になっており、前月の10日現在の利用残高に応じて残高から引き落とされます。

引き落とし額は、残高スライド方式という計算方法で適用されます。 利用限度額が200万円未満の場合は以下の返済額を毎月返済します。

利用限度額が200万未満の場合
毎月10日の利用残高 毎月の返済額
2,000円未満 前月10日現在の利用残高
2,000円以上~10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超 利用残高が10万円増すごとに2,000円を追加

利用限度額が200万円以上の場合は次の返済額が適用されます。

利用限度額が200万円以上の場合
毎月10日の利用残高 毎月の返済額
2,000円未満 前月10日現在の利用残高
2,000円以上~20万円以下 2,000円
20万円超~40万円以下 4,000円
40万円超 利用残高が20万円増すごとに2,000円を追加

ATMでの返済(任意返済)

全国のみずほ銀行ATMやコンビニに設置されているATMで随時、返済できます。 ボーナスや臨時収入が入った時などまとまったお金が入った時などに活用しましょう。ただし任意返済は、夜間などはATMが利用できない場合があるので注意が必要です。

みずほダイレクトを使った返済(任意返済)

みずほダイレクトのアカウントがあれば、パソコン・スマホ(携帯電話)・固定電話から返済ができます

携帯電話が1つあれば返済ができてしまうので、残業でATMに行けない時などに便利です。

いかがでしたか?みずほ銀行のカードローンは、審査時間が比較的長い傾向にあるので、すぐにお金が必要だという人には向きません。

しかし、みずほ銀行は誰もが知っているメガバンクです。 そのため、長期的にキャッシングしようと考えている方や50万100万単位でキャッシングを考えている人は検討してみる価値があると言えるでしょう。

この記事のまとめ

  • みずほ銀行カードローンの審査時間は2週間程度
  • みずほ銀行の口座を持っていると利用開始できるのが早い
  • すぐにお金を借りたい人は別のカードローンを検討してみること
>

関連記事

バンクイック審査時間意外と長い!最短30分の消費者金融2選と比較

「バンクイックの審査時間ってどのくらい?」 「

三井住友銀行カードローンの審査は最短翌営業日に判明?申込方法は?

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンならではの金利と、10万円~ 800…

横浜銀行カードローンがおすすめな人はどんな人?審査や融資時間

横浜銀行カードローンは、Webで申し込むことができます。横浜銀行ATMだけでなく 全国のコンビニATMで借…

スルガ銀行のカードローン「リザーブドプラン」の審査・融資につい…

スルガ銀行は静岡県に本店があり、神奈川県・東京都・北海道・宮城県・埼玉県・千…

十八銀行カードローンの審査・融資についてまとめてみた

十八銀行は長崎県に本店があり、福岡県・山口県・熊本県・大阪府・東京都に支店があります。

「イオン銀行カードローン」審査について解説!借入に向いている人…

「イオン銀行」も展開しています。 この記事では、イオン銀行が扱…