自宅を売却するときに、最低限知っておくべき7項目!!

自宅を売却するときに、最低限知っておくべき7項目!!

記事の概要

マイホームの売却は大きく分類すると7つのステージに分けることができます。

この7項目を最低でも理解しておけば、そうそう失敗することはありません。
今回は、マイホーム売却の基礎中の基礎だけを解説して行こうと思います。

これだけは知っておきたいマイホーム売却の基礎

人生の中で1度経験するかしないかというのが、マイホームの売却でしょう。
そのため知識不足のまま売却を進めてしまい、失敗する人も少なくありません。

そうならないためにも、ココではマイホーム売却の基礎中の基礎だけをアドバイスしておきますので、これからマイホームの売却を考えている人は、最低でもココで紹介する項目だけは理解しておくようにしましょう。

マイホーム売却の基礎となる7項目


1:売却を決断する時期

※売却したい時期から逆算して、遅くても4ヶ月前までには売却を開始するようにしましょう。マイホームの平均売却期間は2ヶ月~3ヶ月と言われており、売買契約から更に1ヶ月後くらいしなければ売却代金が手元には入ってきません。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・売却の理由
・戸建てとマンション売却の違い
・住宅ローン残債務とマイホームの売却

2:不動産業者選び
※マイホーム売却の成功と失敗のカギを握っているのは、売却依頼をする不動産業者の頑張りに掛かっていると言っても過言ではありません。高い査定額だったからという安易な理由だけで業者選びをしないようにしましょう。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・一括見積り査定
・売却が得意な不動産業者の見分け方
・不動産査定額の算出方法


3:売り出し価格

※売り出し価格で失敗すると、売却期間が長期になるケースが多いように思います。最初の売り出し価格は慎重に決めるようにしましょう。「査定額=売り出し価格」でないことも理解しておきましょう。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・マイホーム売却するときの3つの価格
・同じマンションで他に売り物件が出ている


4:内覧

※早期売却のカギを握っているのが内覧時の対応です。内覧者が買いたいと思うようなシチュエーションで迎えるようにしましょう。また、内覧時の対応なども購入の判断材料になっていることを忘れないでください。内覧者は、あなたにとって「お客様」です。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・内覧者を迎えるときの準備
・内覧を迎えるときのポイント
・内覧時の対応
・内覧でチャックされる場所


5:値引き交渉

※マイホームの売却時に値引きの交渉が入る確率は9割以上です。値引き交渉があるという前提で売り出し価格を決めておくのが大事ですし、いざ値引き交渉を受けてから考えるよりも、最初にどこまでなら値引きに応じるか決めておきましょう。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・値引き交渉されたときの対応
・売り出し価格の値下げ時期

6:契約
契約書などは基本、不動産業者が準備してくれますが、契約書の内容はしっかり目を通しておきましょう。どうしても面倒だというのであれば、最低でも「重要事項説明書」だけは、しっかり目を通し把握しておいてください。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・マイホーム売却の契約時に準備するもの
・マイホーム売却時の手付金
・売買契約書でチェックするポイント
・住宅ローン特約
・瑕疵担保責任

7:引渡し
※売買契約から1ヶ月ほどで残金の決済と物件の引渡しが実行されます。これは買主側が住宅ローンを利用するため、融資の実行までに期間が掛かるからです。
物件の引渡しは、契約から何日後と決まっている訳ではないので、転勤や転校など売主側の希望があれば、それを条件に買主を探すようにしましょう。

【この項目で調べておきたい検索キーワード】
・売買契約から引渡しまで
・物件引渡しまでに準備すること
・引越し業者の選び方

~記事のまとめ~
今回はマイホーム売却時に知っておきたい7つの項目を簡単に紹介しましたが、関連キーワードとして挙げているように、知っておかなければならない項目はまだまだあります。
しかし、全てを理解するには相当な労力と時間が必要になるので、それらを補う方法として「信頼できる不動産業者」を探すようにしましょう。

本当に誠実な不動産業者であれば、今回紹介しているような基礎的な項目を噛み砕いて解りやすく教えてくれます。
結論になってしまいますが、マイホームの売却で一番重要となるのは、いかにして信頼できる不動産業者と巡り合うことが出来るかに掛かっていると言っても過言ではありません。

運営