自宅を売却すると税金ってかかる?ほとんどのケースでは税金はかからない!

自宅を売却すると税金ってかかる?ほとんどのケースでは税金はかからない!

記事の概要

「マイホームを売却すると税金を相当取られる」って話を聞いたことがありませんか?
私が脆弱なだけかもしれませんが、私も不動産業界で働くまではそう思っていました。
ですが実際には、自分が住んでいた家を売却しても、税金を徴収されるというケースは非常に稀です。

マイホームを売却しても税金は掛からない!

いきなり結論になりますが、ほとんどのケースでは、マイホームを売却しても税金を徴収されることはありません。
マイホームや土地などの不動産を売却して、税金を徴収されるケースというのは、譲渡益が発生したときに限られます。

譲渡益とは、買った金額よりも高くで売却したときの利益のことを言います。
3000万円で購入したマンションを3500万円で売却したら、500万円の譲渡益が発生したことになり、2800万円で売却したら200万円の譲渡損失が発生したことになります。

譲渡損失が発生した場合は、当然売却による税金を徴収されることはありません。
買った金額よりも高値で売却できるケースは稀ですし、仮に売却益が出たとしても3000万円の特別控除なども利用できるので、不動産売却で税金を徴収されることは稀だと思って大丈夫です。

相続した不動産を売却する場合

親や兄弟から相続した実家や土地を売却する場合には、マイホームの売却と違い少し注意が必要です。
相続した実家や土地というのは、古くから所有しているケースが多く、実際にどれくらいの費用で取得したか不明の場合が多いからです。

取得費がわからないと、正確な譲渡益の計算が出来ません。
このような場合、特別な方法を用いて譲渡益の計算をするのですが、かなりの確率で譲渡益が発生していることになり、多額の税金を請求されることも珍しくありません。
詳しくは別記事「遺産相続した自宅を売却した場合、相続税っていくら払えばいいの?」で解説していますので、そちらの記事を参照して頂ければと思います。

とくに先祖代々から所有している田や畑など、広大な土地を売却する場合は注意してください。
売却した金額の半分くらいを税金で取られることもあります。

マイホームを売却した場合の税金に関する特例

マイホームを売却する場合、譲渡益もそうですが、それ以外にも「所有していた期間」だったり、「買い替え」など、特例を受けれるポイントがいくつかあります。

代表的な5つの特例をわかりやすく解説しているサイトを紹介しておきます。

★三井不動産リアリティさんのHP
http://www.mf-realty.jp/tebiki/mtebiki/12.html

~記事のまとめ~
不動産売却に関する税金の話は誰もが気になる所でしょうが、よほど特別なケースでない限り、税金を徴収されることはありません。
相続や贈与、投資物件でなければ税金を気にする必要は、ほぼ無いと思います。

それよりも確定申告することで、払いすぎていた税金が戻ってくるケースも珍しくありませんので、不動産の売却後は必ず確定申告するようにしましょう。

運営