メルカリの発送方法はどこがおすすめ?荷物の大きさと重さで比較!

メルカリの発送方法はどこがおすすめ?荷物の大きさと重さで比較!

メルカリの発送方法について

メルカリは出品者で送料を負担したほうが売れやすくなるので、送料を負担することが多くなりますね。

でも、売上を確保するためにはできるだけ送料は低価格に抑えておきたい…

ここでは、そんな送料を最小限に抑えるテクニックを伝授します。

①商品が小さくて軽い場合(~4kg、3辺合計90cmまで)

日本郵便の「定形外郵便」がオススメです。

荷物が小さくて軽い場合、封筒に入れられるサイズであれば、封筒に入れてしまうのが一番安くできます。

封筒に入らない場合は、他のサイズの紙袋などに入れて窓口で送れば、普通郵便として送れるので、もっとも安い方法です。

ただし、発送中の商品の扱いは保証できないため、貴重品や高価な商品を送る際は注意が必要です。

②商品が小さくて重い場合(~30kg、3辺合計170cmまで)

日本郵便の「ゆうパック」がオススメです。

集荷サービスがあり、自宅まで荷物を取りに来てくれるため、「重いものをお店まで持っていくのが面倒!」という方でも簡単に大きな荷物を発送できます。

もちろん集荷サービスは無料です。

③商品が大きくて軽い場合(~25kg、3辺合計160cmまで)

ファミリーマートで手続きできる「はこBOON」がオススメです。

もともとヤフオクのために作られたサービスのため、yahooIDが必要になりますが、アカウントは無料で作れるため心配いりません。

ただし、佐川急便や日本郵便と違って集荷サービスがないため、近くにファミリーマートがない方は注意が必要です。

④商品が大きくて重い場合(~50kg、3辺合計600cmまで)

佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅配便」がオススメです。

集荷サービスが無料で利用できます。電話、インターネットどちらでも集荷を依頼できます。

個人商品を50kgまでの重さで送れるサービスはなかなかありません。

他にヤマト運輸の「家財宅急便」がありますが、サイズによって料金が決まる仕組みで、3辺合計が、200cm以上で値上がり率が高くなっています。

大きな荷物を送りたい場合は大抵200cmを超える事が多いので、「飛脚ラージサイズ宅急便」をおすすめします。

メルカリの発送方法のまとめ

いかがだったでしょうか。このように、商品のサイズや重量が同じでも、業者ごとに送料に差が出ます。

発送する商品のサイズと重量から判断して最適な業者を見つけましょう。

最後に、1つだけ忘れてはいけないことがあります。それは

「あくまでも商品を安全に届けることが最優先事項である」ということです。

いくら安いからといって、保証のない発送で商品が郵送事故になる購入者とトラブルに発展してしまっては本末転倒です。

安さと安全性のバランスを考えて発送方法は慎重に選ぶようにしましょう。

運営