転職の面接の時「給料」などのお金に関する質問をする時の注意するポイントとは

転職の面接の時「給料」などのお金に関する質問をする時の注意するポイントとは

面接の時に気になることは「給料は本当のところいくらもらえるのか?」ということ。

転職先を決める場合とても重要となる「給与の項目」求人誌や求人サイトで確認できる範囲でも、各種手当や経験によって優遇などと書いてあるだけで、求人情報だけでは給与の詳細がわからないことがありますよね。
しかし、給料の話は聞き方を間違えると募集側からの心象を悪化させる可能性があり、とてもデリケートな話題です。

そこで、このページでは、給与の事を聞くタイミングや聞き方についてなど、転職時のお金をテーマについて書いていきます。

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_m

デリケートな質問はメールでの問い合わせを避け、面接時に質問をしましょう。
面接の際も、唐突に給料に関して質問するのはNG。

上手な聞き方やタイミングがあります。

それでは面接の時の質問の仕方についてチェックしていきましょう。

待遇・給与に書かれている内容

例)基本給:20万円+各種手当 ※年齢・経験を考慮して優遇

上記は、わかるようでわからない、給料の書き方の一例です。

タイミングを計る

給料の質問タイミングとして良いのは、面接の後半です。
面接後半は待遇面の話になりやすいので、このタイミングで質問するのがスムーズで心象を悪くさせないコツです。

また、「最後に質問はありますか?」と聞かれた時、聞き方に注意しながら聞くのも良いでしょう。

前フリを上手に利用する

当たり前ですが、唐突に「給料はいくらもらえるのですか?」などストレートには聞かないようにしましょう。

「大変不躾な質問で申し訳ないのですが、給与面のことについてわからない点がございましたので、質問させていただいてもよろしいでしょうか?」など、前フリの言葉を上手に利用しましょう。

聞きたい理由を言う

家族構成、住宅ローンなどを家庭の事情を説明し、それとなく給与を聞いておきたいと説明する方法もあります。

「わたくしごとで大変恐縮なのですが、住宅ローンを背負っているということと、3人の家族を養っていかなくてはならないという事情がございまして、給与面でわからない部分の質問をさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

デリケートなお金の質問は、細心の注意を払って聞いてみましょう。

住宅ローンのボーナス払いに注意

住宅ローンのボーナス払いがある方は、ボーナスの支給開始時期について気をつけてください。
賞与夏冬2回と記載があっても、勤続1年以上が支給対象である場合があり、注意が必要です。

転職時にボーナス支給がなく、住宅ローンのボーナス払いが重くのしかかり、返済に苦しむ方が多くいらっしゃいます。

これは危険!給料をはっきり言えない会社。はぐらかす会社。

さらに注意してほしいことは、給与面の質問で丁寧にタイミング良く聞いたのにもかかわらず、嫌な顔をされたり、はぐらかされたりする会社です。

もしかすると、言えない事情のあるブラック企業の可能性もあります。

求職者にも会社を選ぶ権利がありますので、違和感を覚えたらきっぱりお断りするのも一つの手段です。

給料を面接時にそれとなく聞くまとめ

なかなか聞きづらいお金のことですが、聞いておきたい就職時の質問のマナーや質問方法について書いていきました。

失敗しないように上手にお給料の詳細を聞いて、納得のいく転職ができるように頑張ってくださいね。

 

運営