転職で会社を辞める時、トラブルにならない円満退職をするための流れ

転職で会社を辞める時、トラブルにならない円満退職をするための流れ

「そろそろ会社辞めたいな・・・」就職したことのある人ならだれもが一度は考える転職や会社を辞めたいということ。
しかし、転職するにしても、転職しないにしても、会社に不満があるからすぐに辞めると言うのはかなり高いリスクが高いですよね。
できることなら安全、安心に次の就職先の内定がある状態で今の会社を円満退職することが理想です。

その失敗しないための退職から再就職までの流れをご紹介します。

転職の流れと期間

19e67d99b236c2efac6c8976f75a5618_m

転職プランを立てる

転職活動:0~2週間目 

転職を決心したら、最初に自分なりのプランを立ててみましょう。
活動期間は一般的に1~3ヶ月くらいと言われています。

早く転職したいがために、プランを立てずに退職願いを提出するのは、いざ辞めても希望する就職先がないなどの重大な想定外がおこりやすく、大変危険です。

業種によっては、転職時期も異なり求人の量や応募条件も変わってきます。

未経験分野を志望するなら、業界の動向、会社の財務状況、ネットの掲示板などで評判を把握する時間も大切です。
新たな仕事の場合は、技能や資格が必要かどうかをチェックし、自分が募集要項に該当するか確認します。

転職活動は、退職してから専念するのか、在職したままするのかも決めておきたいところです。

もし、退職後からの転職活動である場合も、ある程度の事前準備は必要です。

会社探しと書類作成

転職活動:1~4週間目

仕事の内容、勤務環境や待遇など、会社選びとして優先順位や譲れる部分、譲れない部分を決めて、会社を絞り込みます。

求人を探し出す場所は、求人サイト、求人誌、ハローワークなど複数の角度から探していきます。
会社の選び方や求人媒体の使い方に関しては、別ページで詳しく説明していきますので、ここでの解説は省略します。

実際に働いていた人の意見は「転職会議」などのネット口コミサイトで手に入りますので、一度確認してみましょう。
あくまでネット上の口コミなので、すべてを信じるのには問題がありますが、参考程度確認するのはよいことです。

会社探しとともに、応募書類の下書き、清書を進めていきます。
好印象をアピールするための写真の撮影、面接への準備もはやめに済ませておきましょう。

問い合わせと事前準備

転職まで:2~6週間目

求人情報に不明な点があれば、応募の前に電話やメールで問い合わせをしましょう。
現在自身が在職中で即入社が厳しい場合や、応募条件の資格について入社後に取得可能かどうかなど、自分に就職チャンスがあるのかのチェックをしていきます。

募集方法が紙媒体の新聞求人、チラシ広告、求人誌などは情報が短期間でみられなくなってしまうため、求職側、募集側も短期勝負が多く、求人募集の終了が早いのが特徴です。
紙媒体の時は、気になる求人はすぐ問い合わせをした方が良いでしょう。

複数の会社に申し込む場合は、情報の混乱を避けるために、面接日時の調整、面接会場への行き方、移動時間など、手帳やカレンダーなどでしっかり管理します。

面接と事前準備

転職まで:3~11週間目

面接は質疑応答の準備が必要です。
面接時の身だしなみや持ち物にも配慮し、基本動作、面接時の内容の想定や敬語の練習もしておきましょう。
特に中途採用の面接では、コミュニケーション力やビジネスマナーが合否の決定打になることがあります。
面接の事前準備や質疑応答の練習は念入りに行いましょう。

求人サイトでは、面接マナー、面接時の話し方など有益なコンテンツがありますので、参考にすると良いですよ。

採用の合否

内定の返事は即答でなくても良いですが、2~3日中に返答するのがマナーです。

内定が決まったら、雇用契約書、就業規則をもらえるのか確認しましょう。

また、内定を辞退する場合は、あまり間を空けずにお断りの電話をしましょう。

入社までにすること

会社に入ってみたら、思っていたイメージとは違った!という誤解を防ぐために、就業規則・雇用契約書は良く読んで、わからないことがあれば質問をします。

雇用契約書には給与などの具体的なことが細かく書いているため、実際の働いた時にもらえる金額がわかります。

就業規則も良く読み、前職との働き方やルールの違いを確認しておきます。

円満退社

前職の退社が決まっている場合は良いのですが、決まっていない場合は、円満に退社できるように引継ぎや退社時期を直属の上司と相談しましょう。

安易に周りの同僚に退職の話をせず、まずは直属の上司に退職の意思を説明することがマナーです。

退職届を出してから退職までの期間までは、最低限必要な期間は2週間となっていますが、元いた会社の引き継ぎや調整の時間もあるでしょうから、一か月くらい前には退職の話をしておくべきです。

あまりにも突然だとトラブルにもなりますので、できる限り円満に転職できるよう、今の会社にも配慮を欠かさないようにしましょう。

会社を辞めたいと思ったら。まとめ

退職する前に、準備から転職までの流れを頭に入れていただき、再就職までのイメージを作っておきます。
失敗を防ぐためには転職の全容を把握し、まちがいのない準備をしてみてください。

みなさまの転職成功をお祈りして、準備の章は終わりにします。

また、別ページにも、転職時の参考になるような文章を書いていきますので、いろいろと見て参考になさってください。

運営