自分の条件にあった会社の探し方!求人サイトを使いこなそう!

自分の条件にあった会社の探し方!求人サイトを使いこなそう!

「自分の条件に会った求人はどこにあるのか?」

いざ新しい仕事を探す際に「転職に失敗したくない」「良い転職をするための転職術はないかな」「ネット求人の攻略法はないかな」などいろいろ考えることがあるでしょう。

そこで、効率よくネットもアナログも利用した、最新の転職方法についてまとめていきます。

就職先の探し方、考え方やコツについて考えていきましょう。

求人の種類と現在の環境

最初に現在の求人環境について理解を深めていきます。

現在は求人の方法がインターネット中心となってきています。

求人・転職サイトは、大手や中小サイトなどたくさんの数がありますので、就職活動の主軸として考えておきます。
専門職特化型や、大手の包括的な求人サイト、転職コンサル付き求人サイトなど多岐にわたっています。

また、たくさんのネット求人がありますが、ネット以外の複数の情報源も合わせて探し、自身の希望条件の求人を探すのが基本セオリーです。

求人情報の種類

ネット求人 紙媒体 その他
企業のホームページ 新聞 ハローワーク
転職サイト 職業専門誌 転職イベント
ハローワーク(ネット) チラシ 人脈・紹介・口コミ
人材紹介会社 フリーペーバー

【主軸】ネット求人を効率よく利用!

ネット求人のいいところは、求人情報だけでなく転職のノウハウを入手できるなど、就職活動中のユーザーへのサービスが魅力的なところです。

大手転職サイト(リクナビなど)には適職診断テスト、スカウト機能などがありますので、上手に使いこなして転職先との接触機会を増やすことが可能です。

 

適職診断テストとは

複数の質問に答えることで、自分に合った職業や会社を診断してくれるというシステムで、自分のやりたい仕事を客観的に判断することができ、転職の際のヒントになることがあります。

現職が忙しく、ハローワークなどに足を運べない人は、積極的に活用していきましょう。

しかし、ネット求人だけを頼るのはキケン!

現在の求人は確かにネット中心ですが、探す方法がネットだけのワンパターンだと、得られる情報が偏り、思い描いている希望の会社に出会えない場合があります。

誰もが見られる無料のネット求人情報は、利用が容易なためライバルが多く、いい条件の仕事はすぐに募集を打ち切るなど、自分の条件と相性のいい仕事と出会えるチャンスも限られ、狭き門となります。

ネット求人をたくさん探しても気になる会社がなかなかみつからない場合などは、ネット以外の求人にも目を向けてみましょう。

 

侮れない地元密着企業の求人の出し方

会社創業50年、100年といった老舗で、会社規模は小さくてもお客様に愛され、地域にはなくてはならない、というような会社ほど、ネット求人利用は進んでいません。
良い会社ほど社員はやめませんし、求人にお金をかけなくても、良い人材が向こうから入りたいと言ってくるものです。

転職は求職者に対し、給料だけでなく仕事のやりがいという幸せを運んで来てくれます。
会社規模が大きければ良いという時代は終わり、やりがいがある仕事で社会に役に立つような仕事を選ぶのも、転職後の人生において重要なことではないでしょうか。

やりがいがある仕事とは、といっても感じ方は人それぞれですので定義づけが難しいです。
しかし、地域の方に愛され続けて社会性のある商品、サービス提供ができる会社はやりがいのある仕事が多いものです。

このような会社を探し出すには、ネット求人だけに焦点を当てるだけでは視野が狭くなりがちです。

会社によって求人募集を出す場所が違うので、情報のギャップがあります。
良い求人と出会うポジション取りに注意が必要です。

会社によって、新聞チラシのみ、人材派遣会社のみ、転職イベントのみ、知り合いのつて、店舗に求人の張り紙をするなど、募集方法はさまざまです。
多様な視点をもって会社の求人情報を手に入れていきましょう。

とは言っても、まずはネット求人を押さえておきたいところです。

 

転職サイトをどう使いこなせばいいのか?

効率的にネット求人をつかっていく方法について書いていきます。

自分で探すパターン・・・職種分野、勤務地、キーワードなど自分で絞り込んでいく方法

リクナビNEXTなど

 

プロに提案をうけるパターン・・・転職エージェントを利用してみる

リクルートエージェント、DODA、マイナビエージェントなど
(登録すると、専任のアドバイザーがついてくれて相談や適職を紹介してくれる)

 

企業に見つけてもらうパターン・・・スカウト機能を利用してみる

リクナビNEXT、マイナビ転職など
(スカウト機能に申し込むと自分の履歴書を匿名で公開。その内容に興味をもった求人側からスカウトのアプローチがある)

 

会員登録は無料なので、様々な求人サービスを併用して使いこなしていきましょう。

一つの転職サイトに全サービスがあるということはないので、複数サイト利用してご自身にあったパターンを探し、情報の幅を広げてみてください。

 

注意してみる部分

サイトに登録する前に注意する点は、個人情報の取り扱いに慎重かどうかを確かめてください。

求人サイトは求職者の個人情報の宝庫です。

そんな大事な個人情報の管理がずさんな会社が、良い求人情報の管理ができているとは思えません。

プライバシーに関する方針などの管理体制についての説明や対策ない場合は用心が必要です。
プライバシーマークがサイトに掲載されていることが一つの目安となりますので、チェックしてみましょう。

求人サイトの登録の際に注意してもらいたいのは、メールの登録です。
携帯のメールは、堅く長い文書や考え抜いた文章を送るのに適しません。
緊急連絡先としての登録を除いて、携帯キャリアのメール登録は避けるべきです。

パソコンがない方はネットカフェなどを利用し、GmailやYahooメールなど無料の新規メールアカウントを作ることをお勧めします。

携帯キャリアからの応募は採用担当者の受けるイメージがよくなく、ご挨拶や問い合わせなどの長い文章を考え、チェックするのにも苦労します。

 

転職サイトをどう使いこなせばいいのか?

高収入でご自身にあった転職情報を手に入れる方法

1.ネット求人情報を軸に、新聞、ハローワーク、イベント、人脈などありとあらゆるパターンから探す。
2.求人サイトは無料でサービスもさまざまなので、複数利用してみる。
3.得た複数の求人情報は見やすくまとめ、客観的に比較して絞り込みをする。

 

「実は」著者が一番感じていること

仕事を転職する、独立するなどいろんなことを経験してみて思うことがあります。

「転職する本当の意味はなにか?」
「本心から仕事に、自分は何を求めているのか?」

ということを自問し、しっかりと自身の気持ちと向き合って、本心とマッチした会社や仕事を選ぶことが最重要だと感じています。

本心でやりたい仕事であれば、仕事の質も上がり、やりがいも出て、結果として良い仕事をすることで周りからも認められ、お客様にも喜んでもらえる。
社内の雰囲気も良くなり、働く自分自身にも会社にも、プラスのスパイラルを作り出すことができるはずです。

仕事を辞める時や辞めたいと考えている時、その原因の多くを、会社がダメだ!人間関係がだめだ!将来性がこの会社にはない!など自分以外の問題や外部のせいにしがちです。
もちろん、現在の仕事に外部のマイナス要因も事実としてあるかもしれません。

しかし、自分がなにをしたいか、なにをすると心から喜びを感じるのか、それを理解することができれば、現在の仕事、転職後の仕事で起こるマイナス要因を乗り越えられるかもしれません。

例えば、物作りが好きで地道に積み上げる仕事に喜びを感じる人。
新規開拓で新しい仕事を立ち上げ、成功に向かって仲間と走りたい人。
とにかく周りの人のサポートがしたい人。

人それぞれの喜びのパターンがあります。
せっかく仕事をするのですから、自分の性格にあった仕事は何なのかを自分自身と会話をして導き出せれば、楽しく仕事ができますよ。

次の職場でも、自分が本当にしたい仕事だと思いながら取り組めるかどうか、一度自分の心が喜ぶ仕事とは?ということに立ち返って考える時間があると、よりよい転職ができると思います。

仕事自体、楽なものはありませんし、不満の全くない仕事は皆無でしょう。
高収入を求める一方でも、ご自身のやりたいことはなにかという、自身への問いも忘れないようにしましょう。

皆様の転職の成功を心より祈っております。

運営