食費を節約する方法/ネットやアプリを活用のほかも

食費を節約する方法/ネットやアプリを活用のほかも

お金を節約する賢い方法とは

お金を節約する賢い方法!

お金を貯めたくても、なかなか貯めることができず悩んでいる人もいるでしょう。 ”U.S News”やアメリカのファイナンスに関するサイトで発表されたお金を節約する賢い方法をご紹介しましょう。お金を貯めるにはまずは節約が肝心です。

1.(はじめに)世界の貯蓄率はどれくらい?

2.節約術その1:出来るだけ安く商品を手に入れる!

3.節約術その2:セールに惑わされない。

4.節約術その3:飲食費を節約する。

1.世界の貯蓄率はどれくらい?

全体として世界の貯蓄率は下がっています。これは経済不況を受けてのことですが、日本の下がり方が異常なくらいです。
1970年代には20%だった貯蓄率が、2011年のOECDのレポートによると
2011年の日本の貯蓄率はなんと2.3%

ちなみに、OECDのレポートで貯蓄率が高かった国のフランスで16.2%。ドイツが10.4%。
イギリスが6.5%。アメリカが4.2%になっています。

日本で急激に貯蓄が減ったのは、少子高齢社会になり、高齢者の多くが貯金を崩して生活をしているからだと言われています。

経済の先行き不透明な今、ちょっとした贅沢のためだけでなく、老後のためにも出来るだけ貯金をしたほうがいいのは言うまでもありません。

2.節約術その1:出来るだけ安く商品を手に入れる!

【工夫その1】

商品を買う前に、どのお店が安いかをチェックしましょう。当たり前ですが、なるべく値段の安いお店で買うようにしましょう。

値段の差は商品によって変わりますが、何千円も変わることもあります。
今ではインターネットで価格が調べられるので、とても便利です。

日本での商品の価格を調べるサイトとして価格.comがよく知られていますが、
楽天市場、アマゾンなどのオンラインショッピングのサイトに商品名を入れても価格を比較することができます。

チラシアプリなどを活用するのもよいでしょう
チラシアプリ shufoo!
http://www.shufoo.net/contents/about/smartphone.html

【工夫その2】

買い物に行く前には、行くお店のサイトをチェックしましょう。
お店のサイト上で、割引などのキャンペーンなどの特典を紹介していることがあります。
こうした特典を利用することが節約につながります。

【工夫その3】

例えばスーパーとかでは、曜日によって「ポイント2倍デー」や「2割引き!」といったお得な日が決まっていることがあります。

同じ買い物をするのでも、お得な日に行ったほうが節約できます。
ちなみに” U.S News”によると、水曜日にお得になる日が多いといいます。

水曜日はお客さんの数が少なくなる傾向があるので、売上が減る水曜日にお客を呼び込むためのスーパーなどのお店の戦略なのです。

【工夫その4】

お気に入りのお店をつくり、そのお店のメンバー会員になるといいでしょう。
そして会員限定のポイントや割引のサービスを受けることが節約に効果があるのです。

また、こうした特典を効果的に受けるためには、お気に入りのお店を1つ、2つ絞るのがいいでしょう。
例えばポイントも、お店の数を絞った方が多く貯めることができます。

3.節約術その2:セールに惑わされない。

セールの時に得をした気分になっていませんか?でもよく考えてみて下さい。
セールで本当に得をするのは、必要なものを安く手に入れた時です。
セールで安いからと必要以上のものを買わないように気をつけましょう。

セールをうまく利用する方法は、常に先を考えて買い物をすること。
具体的には、翌年に何が足りないかかを書き留めておくといいでしょう。セールは、シーズンの終わりにやってくることが多いです。

言うまでもありませんが、例えば夏のセールだったら、夏物のシーズンの終わりに夏物が安くなります。
夏物のセール時には、翌年の夏に必要だと思われるものを買うようにするのです。

もちろん次の年のための買い物をするのは早すぎで、また流行も変わっていそうですが、安さには変えられません。
セールの時には、翌年に本当に必要なものを買うようにしましょう。

4.節約術その3:飲食費を節約する

「エンゲル係数」という言葉を聞いたことがありますか?
エンゲル係数は、家計の消費支出に対する飲食の費用をパーセンテージで表したものです。

先進国でこのエンゲル係数が上がっているというのです。その主な理由は、食糧不足や気候変動の影響で農作物の収穫量が減ることによる食材や食品の値上げと経済不況による所得の減少です。

エンゲル係数が上がっている飲食費を減らすことが出来ると、かなりの節約になります。

飲食費を節約する賢い方法は次の通りです。

【工夫その1:スーパーでは端から買い物をする】

アメリカの場合に多いですが、新鮮な野菜や果物、お肉などはスーパーの端の方で売られていることが多いです。

これは、すでに作られた食材や加工食品をスーパーの真ん中に置き、
消費者を新鮮な野菜や果物、お肉よりも、こうした食材や加工食品を買わようとするスーパーの戦略です。

すでに出来た食材や加工食品は、新鮮な野菜や果物、お肉を買って、家で料理するよりもお金がかかることが多いです。

買い物をする時には、値段が高いすでに出来た食材や加工食品を衝動買いしないようにするために、
まずは野菜や果物、お肉やお魚のコーナーを見るようにしましょう。

【工夫その2:一人で買い物をする】

飲食費の節約を長年行っている、あるアメリカ人女性によると、
複数の人達と食料品の買い物をする時の方が、一人で買い物をするよりも多く買ってしまう傾向があると言います。

一人で、ショッピングリストをにらめっこをしながら必要な物だけを買う方が無駄遣いをしないのです。

〔工夫その3:オーガニックの食材や食品を買う時にはより注意する〕

オーガニックの食材や食品が身体にいいのは言うまでもありませんが、難点は値段が普通のものに比べると、とても高くなること。

オーガニックの食材や食品を好んで買う場合には、値段が高くなる分、より工夫が必要です。

皆さんにお勧めしたい工夫の1つは、比較的安い食材でできるレシピを集めていくこと。
野菜や果物の中では高いものからそうでないものまで、値段は様々です。

値段が高いオーガニックの食材を買う時には値段が安めのものを買う必要があります。
そのためには、値段が安い食材でできるレシピを幾つか持っているといいのです。

また、オーガニックでもお肉の方が、野菜よりもはるかに値段が高くなります。

オーガニックにこだわり、さらに節約する場合にはお肉を買う回数は減らす必要があります。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営