ふるさと納税を利用する人が急増している理由

ふるさと納税を利用する人が急増している理由

ふるさと納税をすると、どんな特典があるのか?

ふるさと納税というのは、あなたがサポートしたい自治体に寄附をすることで、その自治体からお礼を貰うことができ、なおかつ税金面で優遇される制度だと思ってください。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税を紹介しているサイトなどで、
『1万円を寄附すると8000円分の控除が受けられ、さらに数千円相当の特産品をゲットできるのでお得』
などと書かれていますよね。

まず始めに伝えたいことは、1万円の寄附をした場合、現金で8000円が戻ってくるわけではないということです。

確かに、8000円の控除が受けられることに間違いありません。
しかし、実際には所得税から現金で還付されるのは、約800円になります。
残りの7200円については翌年度の住民税が安くなるという仕組みであることを理解しておきましょう。

ネットの質問サイトなどをみると、
「1万円ふるさと納税に寄附したのに800円しか還付されなかったので騙された気分です。」
などの書き込みを見かけることがありますが、実際に同じように思っている人は相当多いと思います。

1万円寄附することで8000円の還付が受けられ、さらに5000円相当の特産品がもらえると思っていた人にとっては、拍子抜けした気持ちになるのも当然だと思います。

ですので、ふるさと納税という制度をきちんと理解しておく必要があります。

ふるさと納税を利用するメリット

ふるさと納税というのは、今や日本全国の自治体が参加しており、その地域の特産品を格安でゲットできるとして話題沸騰です。
実際に私も2014年度は1万円ずつ3つの自治体に寄附を行いました。

私が実際に利用してみて感じたメリットを紹介します。

1:その地域の特産品がゲットできる

私は特産品から寄附する自治体を選びました。
頂いた特産品は「お米5kg」「焼肉用A5ランクの牛肉」「地魚詰め合わせ」です。
これだけの食材を頂いて、実質の負担額は2000円なのですから大変お得だということは理解いただけると思います。

2:日本全国どこの自治体にも寄附できる

正直これは私的にはそんなに魅力を感じませんでした。
それはきっと私が生まれて一度も地元を離れたことがないからだと思います。
もし大学生活をおくった街だったり、転勤でしばらく住んでいた街など、第二の故郷的な町があれば思いいれも違ったと思います。

3:税の使い道を自分で決めることができる

自治体によっては寄附されたお金を何に使うとハッキリ明示しているケースがあります。
復興支援に使用したり、図書館の建設費や、小学生の通学路整備などに使うというように使い道がハッキリ名言されているのは、寄附をする側としても安心です。

4:税金面で優遇される

私の場合は1万円ずつ3自治体ですから3万円を寄附したことになります。
この場合、適用下限額である2000円を差し引いた28000円が控除の対象となります。
所得税から2800円、住民税から25200円が控除されます。
本音としては28000円全額が所得税から還付されるのが一番嬉しいのですが、住民税が実質25200円安くなるので、結果としては同じことです。

記事のまとめ

2014年に私も初めて「ふるさと納税」を体験したので、半信半疑の部分はあったのですが、やはり多くの人が利用しているだけあり、十分に満足できる内容でした。

実質2000円くらいしか寄附をしていないのと同じなのに、なんだか良いことをした気分になれるし、日本全国の特産品をタダ同然でゲットできるのですから、2015年も当然利用するつもりでいます。
今の段階では2015年は10万ほど寄附をし、温泉のペア宿泊券などを狙うつもりです。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営