ふるさと納税の寄付の限度額が2倍!牛肉、海産物、お米も2倍も手に入る

ふるさと納税の寄付の限度額が2倍!牛肉、海産物、お米も2倍も手に入る

ふるさと納税の限度額が2倍になるってどういう意味?

これまでふるさと納税を利用したこと無い人にしてみれば、いまいち意味が理解できないと思います。
ふるさと納税の利用者は年々増加しており、今では地方創生の大きな切り札となっています。

しかし、利便性の高い減税制度でもあることから、寄附の限度額を決めておかなければいけません。
寄附をする人が際限なく増えてしまいまうためです。

そうなると、自治体がパンク状態になってしまう恐れがあります。
そのため、ふるさと納税を利用できる限度額は、その人の年収などによって決められているのです。

寄附の限度額

これまでは、夫婦子供一人の3人世帯で、年収が400万円の場合、ふるさと納税を利用できる限度額は1年間で2万円まででした。

つまり、
「良い制度だから5万円寄附をしたい。」
と言っても、それは出来ませんでした。

それが2015年の税制改正で、ふるさと納税の限度額が現行より2倍に引き上げられることとなりました。
これまで2万円までしか寄附できなかった世帯であれば、4万円までの寄附が認められることになります。

つまり、わずか2000円程度の負担額で4万円相当の特産品が手に入ることになります。

私の場合、2014年度に3万円のふるさと納税をし、「お米5kg」「焼肉用A5ランクの牛肉」「地魚詰め合わせ」を頂きました。
もちろん税の優遇も受けられますので、今度の確定申告を行うことで約28000円ほどの税の優遇が受けられます。

そうなると実質2000円で「お米5kg」「焼肉用A5ランクの牛肉」「地魚詰め合わせ」を買ったのと同じになります。

それが2015年から2倍になります。

ふるさと納税は一度利用すると、その素晴らしさが良くわかります。
それと同時に寄附できる上限を設定しておかなければ、お金を持っている人が一人勝ちになることも理解できます。

そのため寄附の額には上限が設けてあるのですが、それが2倍になることで選択肢も広がります。
さらに多くの自治体が参加してくることも予測できます。

ぜひ皆さんもこの機会にふるさと納税で得をしてみては如何でしょうか。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営