コンサートチケット詐欺にあった女性の体験談。個人間のチケット売買は現物がないと危険

コンサートチケット詐欺にあった女性の体験談。個人間のチケット売買は現物がないと危険

詐欺被害というとテレビではお年寄りを狙った振り込め詐欺などを聞きますが、今回は若い女性も被害にあう可能性があるチケット詐欺被害について、被害者にインタビューすることができました。

みなさんも同じ被害に会わないよう、被害の内容などをまとめていきます。

▷ どのような内容のイベントでのチケット詐欺だったでしょうか?

ジャニーズのアイドル
中山 優馬さん公演

「DREAM BOYS」の舞台のチケットでの取引でした。

詐欺被害にあった状況を教えていただいても良いですか?

とても行きたかった舞台だったのですが、私はチケットを取ることができませんでした。

そんな時に、知り合いからチケットを取ることができたけど、公演日に行くことができないのでチケットを買わないか?と誘われました。

その友人について詳しく教えてもらえますか?

その友人と知り合った経緯はツイッター経由で知り合いになりました。
同じジャニーズ好きとしてツイッターでの交流もあり、以前から仲良くしていました。
はじめて会ったわけではなく、かなり前から複数回会う機会もあり、まさかそんな人からだまされるとは思ってみませんでした。

チケットの取引について詳しく教えてください

彼女は現在チケットが手元にないけど、いまお金がないから先にお金を払うようにと言ってきました。
そこで会う約束をして手渡しで現金を渡しました。

チケット一枚が12,500円で二枚分だったので25,000円をその時に手渡しました。

その後の状況について教えてください

彼女の連絡先は、ツイッター、LINE、電話番号を知っていました。
おもにLINEで連絡のやり取りをしていたのでLINEでチケットの状況を聞いたのですが、返答がなかったので不審に思い電話をかけてみました。

すると電話が「この電話番号は現在使われておりません」となり、音信不通の状態。
その時チケット詐欺にあったことを理解しました。

彼女はツイッター上からも、もちろん姿を消しましたし、それ以外の連絡方法がなかったので泣き寝入りするしかありませんでした。
その後、相談のみなら無料だったので弁護士と電話で被害について話をしました。
訴訟となると数十万円単位の費用がかかってしまうので結果諦めることしかできませんでした。

弁護士からのアドバイスは、相手の周辺の知人に居場所等の情報を求めることなどがありましたが、連絡を取れる状況にはなりませんでした。

お金も返ってこないし、舞台にも行けないし、友達だと思っていた人に裏切られるし。
本当に嫌な気分になり凹みました。

▷ 被害者だからこそ言えるみなさんへのアドバイス

今思うと当たり前のことなのですが、チケットの取引をする際は、チケットの商品現物がある状況での売買をしないと絶対に危険性が高いため辞めたほうがよいと断言できます。

ジャニーズが好きな子達は、若い子が多いこともあり、あまり人を疑うというのに慣れていない人も多いと思います。
しかし、このような被害にあった私からすると、事実としてこういうことがあるので私以外の被害者は出てほしくありませんね。

すべての人や事を疑うことは難しいですが、チケット詐欺ということもあるということを頭に入れて、楽しく舞台やコンサートにいけるようにしてほしいです。
お金も時間も友人も失うことになると本当にテンションが下がり、人間不信に陥ります。

今後私以外に被害者が増えないようにという願いから今回はインタビューを受けたいと思いました。

みんなも気をつけ下さいね。

まとめ

今回、詐欺被害にあった方の募集を広くクラウドソーシングで行わせていただのですが、当初振り込め詐欺などの被害者が集まるかと予想していました。

ところが、そういった被害報告はなくチケット詐欺の被害者の経験をお持ちの方が複数応募がありました。
この事実からも、被害者は少なくないことがわかります。

人気のあるアイドルやアーティストのチケットは手に入れたい気持ちもわかりますが、そのファン心理につけこむ輩もいます。

詐欺被害の危険性もあることを理解したうえで、十分注意して取引をしてください。

運営