学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

学生ローン

友達に誘われた旅行に行くお金がない…
サークルの合宿に行くお金がない…
免許合宿のお金がない…

お金を借りるなら親にバレずに借りたいですよね。

しかし学生ローンは親や知り合いにバレる可能性が高いんです。

誰にもバレたくないなら大手のキャッシングがオススメです。
大手のキャッシング会社なら、来店しなくてよい、本人宛て以外への連絡がないといった理由から、バレずに借りられます。

《親バレしにくい大手キャッシングや銀行のカードローン》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行カードローンバナー スマホから簡単申込
楽天ポイントもらえる
楽天銀行カードローンの詳細
おすすめ度 ★★★
アコムバナー 在籍確認の電話は個人名でくる
アコムの詳細
おすすめ度 ★★
レイクバナー カードレス契約なら自宅にカードが届かない
新生銀行カードローンレイクの詳細

奨学金ではなく学生向けの消費者金融?学生ローンとは

学生ローンとは、名前の通り学生向けの消費者金融のことです。奨学金や教育ローンとは違い、一定の条件を満たせば、保証人や担保がなくても学生自らお金を借りることができます。

《一定の条件》

  • 原則20歳以上であること
  • 安定した収入があること

「学生ローン」と聞くと、学生ならだれでも簡単に借りられるイメージが浮かびませんか?

実は学生ローンだからといって審査が甘かったり、金利が低かったりすることはありません。

さらに、学生ローンは他の人にバレる可能性が高いのです…
では学生ローンの何がいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

未成年もOK!学生ローンのメリット

学生ローンの一番のメリットは「18歳や19歳の未成年でも借りられる」ということです。
一般消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは、未成年は利用することができません。

学生ローンの中には、18歳や19歳の未成年でも利用できるものがあるので、未成年の方は学生ローンを利用するのがよいでしょう。
未成年で利用できる学生ローンは以下のものがあります。

《未成年でも借りられる学生ローン》
学生ローン 融資条件
アイシーローン 首都圏に在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生であれば融資可能
(高校生、予備校生不可)
カレッヂ 高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校の学生で、アルバイト等の収入があれば融資可能
フレンド田(DEN) 満18歳以上の大学生・短大生・大学院生・専門学校生・予備校生であれば融資可能

実は学生に優しくない!学生ローンの3つのデメリット

「学生ローン」という名前を見ると、一般の消費者金融やカードローンと違い、審査や金利などの点で学生に優しいイメージを持ちますよね。しかしそんなことはありません。基本的には一般の消費者金融やカードローンと同じと考えてください。

更に学生ローンには3つのデメリットがあります。

  • 周りの人にバレやすい
  • 借入・返済方法が少ないので不便
  • 使用目的の書類提出が必要

なぜバレやすくて不便なのでしょう?以下詳しく見ていきます。

学生ローンは周りの人にバレやすい!?その理由を徹底解説

なぜ学生ローンだと周りの人にバレやすいのでしょうか?

まず、学生ローンは基本的に、店舗に来店しないと申し込めません。ネットでの申込ができるところもありますが、その日にお金を借りたい場合は午前中までに契約を完了させなければならないので、基本的には来店がほとんどになります。

そのためお店に出入りするところを見られてバレる可能性が高いのです。
そして学生ローンは借入・返済方法が4つしかありません。

  • 来店
  • 銀行振込
  • 現金書留
  • 専用ATM

来店だと先ほど説明した通り、入店するところを偶然知り合いに見られる可能性があります。専用ATMも同様です。
銀行振込だと、通帳の振込履歴などを家族に見られることもありますよね。
現金書留の場合は、郵便物が家に届くので、家族と一緒に住んでいる方は、それを見られてバレる可能性があります。

学生ローンは優しくない!借入・返済方法が少ないのでとても不便

先述の通り、学生ローンは借入・返済方法が基本的に4つしかありません。
そのため「すぐにお金が必要」「今返済できるのに…」といったときに、いちいちお店や銀行、専用ATMに行かなければならないのです。Webで全て終わらせたいところなのに、これではとても不便ですよね…

これら3つのデメリットを解決するためには、一般の消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンが1番です。

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンだと、来店不要・WEB上で契約を完結できるところもあるので、周りの人に見られてバレる可能性がありません。

またコンビニのATMが利用できるので、借入や返済がとてもしやすく便利です。わざわざお店や専用ATMに行かなくてもいいのは嬉しいですね。

学生ローンは学校からの書類が必要

学生ローンを申請する際にはそのお金の使用目的を伝えなければなりません。

そしてその「使用目的」を証明する書類を提出しなければならないのです

例えば「学校に行くためのお金」なら、学校からもらった入学金や授業料が記載されている書類を提出しなければならないため準備に時間がかかりますし、学校にバレる可能性もありますよね…
だからといって、「ギャンブル」や「遊ぶお金」などと正直に言ってしまうと審査に通らない可能性があります。

しかし、一般消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンだと、使用目的を証明する書類の提出は不要なのです!
こう考えると、学生ローンよりも一般消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの方がいいですね。

また一般の消費者金融や銀行のカードローンの中には、無利息サービスといって、初めて利用する人は一定期間であれば金利が0円のサービスもあります。

多くの消費者金融会社や一部銀行のカードローンでは、契約時から30日間が無利息期間となっています。契約をしてから一ヵ月ほどアルバイトをしてお金を貯めると、その給料で金利ゼロで返済できるのでいいですよ。

親バレせずにお金を借りるなら学生ローンよりも一般の消費者金融や銀行のカードローンがおすすめ

ここまで学生ローンのメリットやデメリットについて紹介してきましたが、結論を言うと、学生ローンよりも一般の消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンをおすすめします。

「消費者金融」と聞くと、なんだか怪しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。きちんと法律に則って営業している貸金業者です。特に、大手の消費者金融のほとんどが銀行グループに属しているので安心できますし、申込や審査の段階で周りの人にバレない配慮もしてくれます。
学生でもアルバイトをしていて、本人に収入があれば申し込めるので心配はいりません。

ここからは、学生ローンと一般のキャッシングについてみていきます。

学生ローンと消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの違い

学生ローンと一般消費者金融のキャッシング・銀行カードローンとでは、主に上限額や金利、借入・返済方法など様々な違いがあります
詳しい内容を以下違いをまとめました。

《学生ローンとキャッシング・カードローン比較》
学生ローン キャッシングやカードローン
金利 13.0%〜17.0% 5.0%〜18.0%
借入・返済方法 ・銀行振込
・店頭窓口(来店)
・現金書留
・銀行振込
・店頭窓口(来店)
・インターネット返済
・口座振替
・コンビニATM
・コンビニマルチメディア端末
・専門ATM
融資までの期間 最短即日 最短1時間
使用目的の書類提出 あり
(例:学校の授業料)
なし
総合評価

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは、ネットやコンビニATMが利用できるので、借入・返済がしやすいのが特徴です。
専用のATMを使ったり、来店したりする必要がないので周りの人に見つかるリスクを抑えられます。

また、大手の消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンになると、こちらの「周りの人にバレたくない」という意向を聞いてもらえます。例えば、会社名を名乗らず個人名で電話をかけてきてくれたり、自宅に書類が届くときも、消費者金融であることが分かりづらい会社名が書いてあったりなど、工夫を凝らしてくれます。
彼らもプロですからローンなどの人にあまり知られたくない個人情報には最大限の注意を払ってくれるので安心ですね。

申込方法も消費者金融やカードローンで異なりますが、来店不要・web上で完結できるところを選ぶと、他の人に見られる可能性はありません。

在籍確認についても書類の提出のみで契約完結でき、電話の確認がないところもあります。電話がかかってこないのでバレる可能性はほとんどありません。
電話での在籍確認がある場合は、電話をかけてもらう日時指定ができるところもあります。

学生におすすめのキャッシングと銀行のカードローン

学生ローンと消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは、大手消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンをおすすめします
理由は5つ。

  • 来店不要でweb完結のところもある
  • 他の人にバレないよう配慮してくれたり郵送物なしを選択できたりする
  • 大手だからこその安心感がある
  • 借入・返済方法が多いため利用しやすい
  • 借りるまでのスピードが早い

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは、来店不要・webで契約完結できたり、他の人にバレないよう電話の時間や郵送物の有無など、様々な点で配慮してくれます。

また大手の方が安心できますし、様々な借入・返済方法があるのは便利ですよね。
消費者金融のキャッシングやカードローンの中には、カードレスや最大30日間無利息を行なっているところもあります。

もちろん消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは、学生でもアルバイト等で安定した収入があれば申し込むことができます。

ここからは安定した収入のある学生におすすめのキャッシングやカードローン3つを紹介していきます。

《親バレしにくい大手キャッシングや銀行のカードローン》
おすすめ度 ★★★★★
楽天銀行カードローンバナー スマホから簡単申込
楽天ポイントもらえる
楽天銀行カードローンの詳細
おすすめ度 ★★★
アコムバナー 在籍確認の電話は個人名でくる
アコムの詳細
おすすめ度 ★★
レイクバナー カードレス契約なら自宅にカードが届かない
新生銀行カードローンレイクの詳細

金利や無利息期間については各カードローンによって異なります。詳細を見て、自分に合ったカードローンを選びましょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利が1.9%~14.5%で、限度額は最大800万円と、銀行ならではのスペックです。

ネットで申込を完結できるので来店する必要がなく、周りにバレる可能性も低くなります。またコンビニのATMを利用できるので、いつでも気軽に振込・支払いができます。

申込も、楽天IDを持っていればフォームに情報を入力する手間が省けるのでとても簡単です。

もちろん、楽天IDを持っていなくても自分が普段使っている口座に振り込んでもらえます。ちなみに、併せて楽天会員に入会すると、1,000ポイント分の楽天スーパーポイントを、利用すると、その利用残高に応じて最大30,000ポイント分がプレゼントされます(※合計で最大31,000ポイントがプレゼント)。

楽天銀行カードローンボタン

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローンレイクは、土日の申込でも在籍確認の日時指定が可能です!また、初めて契約する人なら、「選べる2つの無利息ローン」を利用することができます。
これは、「借入額(※200万円まで)のうち5万円まで、180日間無利息」と「借入額の全てが30日間無利息」のいずれかを選ぶことができるというものです。
もし返済額が10万円以上なら、30日間無利息を選ぶといいでしょう。

レイクボタン

アコム

通常アコムに申し込んだらアルバイト先に、在籍確認の電話がかかってきます。しかし、審査の内容によっては在籍確認が電話ではなく書類の提出で済む場合があります。これならアルバイト先の人にバレる心配もありませんね。
アコムでも、初めて契約する人で返済期日を「35日ごと」にした場合、「最大30日間無利息」サービスを利用可能です。ただし、無利息開始日は「契約日の翌日から」となるので注意が必要です。
アコムの審査は最短なら30分で完了するので、急ぎでお金が必要な人には便利です。
(※ただし、申し込む時間帯や審査状況により異なります。)

アコムボタン

友達との旅行や趣味など、今しかない学生生活を楽しむためには何かとお金が必要ですよね。そのために、カードローンやキャッシングの利用は非常に便利な手段の一つです。

しかし、借り過ぎや延滞は禁物ですよ!後で大変なことになるので、必ず借りる前によく調べましょう。すぐに返せそうな少額を計画的に借りて、審査をクリアし、充実した学生生活を送ってください。

運営