学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

学生ローンはリスクあり?学生が親バレなしでお金を借りる唯一の方法

学生ローンを組むならどこ?条件別おすすめカードローン

学生ローンは原則20歳以上で安定した収入がある学生に向けたカードローンです。学生カードローンは一定の条件を満たせば、保証人や担保が無くてもお金を借りられます。

また、学生ローンの中には未成年でも借入可能・即日融資可能なものもあります。ここでは、その2つの条件でおすすめの学生ローンを紹介します。

今日中にお金を借りられる5つの学生ローン

  

「今すぐお金を借りたい」という学生も多いと思います。ここでは即日お金を借りられるカードローンを紹介します。

学生ローン 即日融資条件
イーキャンパス 電話申込で即日融資希望の場合は午前中までに連絡。来店の場合は最短30分で融資可能。
カレッヂ 申込手続き(電話連絡後、必要書類の送信)が14時20分までに完了すれば即日融資可能。
アミーゴ 平日の14時までに手続きが完了すれば即日融資可能
キャンパス 銀行への融資希望の場合14時30分までに審査完了すれば即日融資可能。(ゆうちょ銀行への融資希望の場合は17時までOK)

14時ごろまでに審査が完了すれば、今日中にお金を借りられます。審査時間は最短でも30分かかるので、13時過ぎには申込を完了させましょう。申込は電話での申込が多いです。

18歳や19歳でも借りられる4つの学生ローン

  

18歳や19歳などの未成年の方でも、お金を借りたいと考えている人は少なくないと思います。未成年となると融資してくれるカードローンも少なくなりますが、その中でも比較的有名な学生ローンを紹介します。

カードローン 融資条件
アイシーローン 首都圏に在住、在学の安定した収入のある18歳以上の学生であれば融資可能(高校生、予備校生不可)
カレッヂ 高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校の学生で、アルバイト等の収入があれば融資可能
フレンド田(DEN) 満18歳以上の大学生・短大生・大学院生・専門学校生・予備校生であれば融資可能

学生ローンは組んでも大丈夫?あなたの不安点を解消します

学生ローンの審査に通ることができるのか、そもそも学生ローンを組んでも本当に大丈夫なのか、不安ですよね。ここでは審査基準や学生ローンで考えられるデメリットをお伝えします。

学生ローンの審査に通過できる?3つの審査基準

  

学生がカードローンで審査されるとき、どの項目をみられるのでしょうか?
詳細は学生ローン会社によって異なりますが、審査の基本的な基準を以下にまとめました。

条件1:特定のアルバイト先で勤務して毎月安定した収入がある。
条件2:満20歳以上の学生である
条件3:学生カードローンの利用目的

上記の基準の中で学生ローン会社が融資するときに1番重視しているのが、返済する能力があるかどうかです。学生ローンでお金を借りるには、安定した収入があることが重要です。

また学生ローンは原則として20歳以上の学生が対象です。18歳や19歳の未成年であったり、社会人・フリーターでも利用できるカードローンも中にはあります。学校の種類は、大学・専門学校・短大・予備校など、高卒以上のものであれば問題ありません。

利用目的はほとんどの学生が車やパソコンを買ったり、旅行に行くためだったりと「娯楽費」に当たるのではないでしょうか。

「娯楽費のために使うと言ったら審査に落ちそう…」と不安になる方もいると思いますが、多くの場合娯楽目的などで利用しているので、不利になることはありません。

ここで大切なことは「ウソ」を書かないことです。万が一「ウソ」の内容がわかると、審査に不利になる可能性があります。

また最近では学費の足しにする学生も増えています。学費目的の理由を伝えた場合、学費等が書かれた書類の提出を求められる可能性があります。

やめたほうがいい?学生ローンを組むことのデメリット

  

学生ローンを利用するに当たって考えられるデメリットは、借入・返済方法が少ないことです。基本的には銀行振込、店頭窓口(来店)、現金書留の3つになります。銀行振込の場合、15時以降は翌日反映となってしまいます。すぐに金を借りたいというときに借りられないことがあります。

学生ローンが不安なら消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンがおすすめ

学生ローンは不安だけど、お金は必要…そんな方には「消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン」がおすすめです。その理由は、即日借りられるところが多く、また借入・返済方法が多いので便利だからです。以下、学生ローンと消費者金融のキャッシングやカードローンとの違いを詳しく見ていきましょう。

学生ローンと消費者金融のキャッシングやカードローンとの違い

  

学生ローンと消費者金融のキャッシングやカードローンとでは具体的に何が違うのでしょうか?以下違いをまとめました。

学生ローン 消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン
上限額 30万円〜50万円 300万円〜800万円
金利 13.0%〜17.0% 5.0%〜18.0%
借入・返済方法 銀行振込
店頭窓口(来店)
現金書留
銀行振込
店頭窓口(来店)
インターネット返済
口座振替
コンビニATM
コンビニマルチメディア端末
専門ATM
融資までの期間 最短即日 最短1時間
提出書類 学生免許証
・本人確認書類
本人確認書類
収入証明書
総合評価

消費者金融のキャッシングやカードローンではコンビニTAMが利用できるので、借り入れや返済がしやすいのが特徴です。例えば、旅行先で借りたいとなった際にコンビニから借り入れることができます。

学生におすすめの消費者金融のキャッシングと銀行カードローン

学生ローンと消費者金融のキャッシングやカードローンでは、消費者金融のキャッシングやカードローンをおすすめします。理由は2つ。

  • 大手だからこその安心感がある
  • 借入・返済方法が多いため利用しやすい
  • 借りるまでのスピードが早い

やはり大手の方が安心できますし、様々な借入・返済方法があるのは便利ですよね。消費者金融のキャッシングやカードローンの中には、カードレスや初月利息0円等を行なっているところもあります。

ここからはさらにおすすめの消費者金融のキャッシングやカードローン5つを紹介していきます。

おすすめポイント 詳細
楽天銀行 楽天IDで手続き簡単 詳細
プロミス 書類等の郵送物なし・カードレス 詳細
アイフル カード配達時間が選べる 詳細
アコム 書類で在籍確認できれば電話不要 詳細
モビット Web完結で在籍確認の電話なし 詳細

金利や無利息期間については各カードローンによって異なります。
詳細を見て、自分に合ったカードローンを選びましょう。

運営