本を一番高く売る方法とは?ネット買取と店舗型買取を比較してみた

本を一番高く売る方法とは?ネット買取と店舗型買取を比較してみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさん本を売る時どこの業者に売っていますか?

ほとんどの方は近所のブックオフなどに持ち込んでいるようです。(72名アンケートより)
買取店の査定額を比較するのは時間もかかりますし面倒ですよね。

しかし、「できるだけ高い買取をしてほしい!」

そこで本当に高額買取をする業者はどこなのか査定実験をしてみました。
みなさんの買取店の比較の参考になれば幸いです。

最初に、みなさんの本の買取方法の利用動向をネットアンケートで調べました。

①利用者が多い買取先は?

WS000014 WS000016 WS000013

 

クラウドソーシングサービスを利用し、72名にアンケートを取り、本の売却方法の調査をしました。
アンケート構成は、女性の回答が多く70%を超え、店舗に持参して本の売却する方が70%を超える結果となりました。

続いてアンケートユーザーの業者の利用動向についてみていきます。

②売る場所はどこが多いのか?

上図より本の売却方法は3種類に大きく分類されます。

  • 店舗買取店に自分で持ち込む
  • ネットオークションなど個人出品で売却
  • 本のネット買取店の利用

アンケートより約75%が店舗型買取店へ売却しています。
ネット売却を利用する方が少ない状況です。

これらのアンケートから、多くの売却ユーザーは「近場」で「手軽」に本を手放したいという思いがあると推測できます。

③実際にどこへ売るべきか考える

先ほどの推測で、多くのユーザーは面倒なことを避けたいということがわかりました。
本を高く売ることができるネットークションも、実際は手間が多く利用は避けているというのが現実のようです。
ネットオークションは手間がかかるため「手軽に売りたい」というユーザーニーズからかい離するため、この記事の中で比較実験の対象にしないこととします。

そうなると、売却場所として比較するのは「店舗買取」と、「ネット買取」の二択を調べる必要が出てきました。

査定比較の前に、本を高く売るテクニックについてアンケート回答がありました。
これも本を売る時に必要なノウハウですので、高額売却の方法として確認していきましょう。

④本を高額売却するコツとは?

人気マンガ、最新刊など

最新刊発行後やワンピースなど人気があるものを売却すると比較的高価で売れます。
新しい話題の本はすぐに売れるので店舗側のメリットもあり価格転嫁もしやすいので高額買い取りされやすいです。

本が汚れないように工夫する

状態によって値段の変動がありますので、売却を予定している場合は注意が必要です。

本を購入する際には、いつもブックカバーをかけてもらい汚れないようにする。
本に書き込みをしないようにする。
古本屋で買った本などは値段のシールは剥がす。
(値札シールはドライヤーに少しあててやるとキレイに剥がすことができます。)

売る時の季節や時期に注意

本にも需給バランスがあります。

みんなが売りやすい時期を避けて売りましょう。
特に年末年始など大掃除で出てくる本の片付けの売却需要
3月~4月の引っ越しシーズンに合わせて売却する需要
受験後のいらなくなった参考書の売却需要

同じような本が売却される時期、売る人が増える時期などをずらす工夫も必要です。

 

以上、本を高く売るためのテクニックでした。

それでは、本の買取店の査定比較実験を公開していきます。

売る本やDVDの内容はこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文庫本、最新の書籍、マンガ本、料理本、旅行本、DVD、雑誌などを今回は実験として売却してみます。

まずは定番!ブックオフ査定の結果から

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

査定額の合計は「2,640円」です

最新の書籍が300~400円、少女まんが480円、文庫本840円となかなかの高額査定でした。

今回査定のDVDはヤフオクで売れば1,000~2,000円のものが100円と残念な結果になりました。

次にネット買取のブックオフオンラインの査定

査定額の合計は「1,324円」です

ブックオフ店舗持ち込みのほぼ半額査定になってしまいました。
コミックが1円と低評価です。

査定額が伸びなかった理由の一つとして、ブックオフオンラインは雑誌全般を取り扱ってもらえません。

最後にネット買取専門店のフルイチオンラインさんの査定結果

査定額の合計は「715円」です

最新の書籍すら評価してもらえませんでした。
ここまでくるとがっかりも通り過ぎて驚きの感覚です。

結果

すべての査定結果を終え、返品をしてもらい再度近くのブックオフでの売却という流れになりました。

初回のブックオフ査定額が2,640円でしたが、すこし時間が経ってしまったため2,485円と買取額が低くなってしまいました。

最新の本がある場合は出来る限り早めに売ることが良いとここからわかります。

ネット買取会社からそれぞれの返品に、約1,200円と約1,700円と返品費用がかかるのでトータルではマイナスとなってしまいましたが、このような結果をお知らせすることができました。

本を高く売る方法 まとめ

ネット買取業者は自分で本を持ち込む場合と比べ、無料の宅配業者を利用して届けるため、その費用は買取業者の負担となります。

この宅配の費用は買取金額に転嫁しないとビジネスとして継続できないのではないでしょう。
査定結果から考察しまとめると、手軽に高額買取してくれるのは、皆さんがお使いの店舗型のブックオフにもっていくのが正解です。

ご自身でヤフオクなどネット販売が可能で、高額売却の可能性がある商品はヤフオクの利用を考え、面倒な場合はブックオフにもっていくのが最も簡単でお得な利用方法ですね。

今回の実験はかなり無駄な経費と労力を使いましたが、みなさんは同じようなことはしないようにしてください!苦笑

 

売却査定の実験当初、なにか新しい発見があるかと思いましたが、あまり発見がなかったのでちょっとがっかりです。

しかし、これでみなさん迷いなく売却していただく一助になれば幸いです。

運営