家計を把握し、余計な出費を抑えるための長続きできる簡単な家計簿のつけ方

家計を把握し、余計な出費を抑えるための長続きできる簡単な家計簿のつけ方

reina-1

こんにちは!節約アドバイザーのれいなです。

いきなりですが、みなさんは家計簿を付けていますか?

「家計簿をつけるなんて面倒くさい!」みなさんそのように感じますよね。
しかし、家計の無駄な出費を防ぐには、ご家庭でのお金の流れを掴むのに家計簿はとても有効な手段。

細かく正確に家計簿を付けるのは結構根気がいりますし難しいもので、頑張りすぎると長続きしません。

そこで今回は、上手に長続きできちゃう『カンタン家計簿』のつけ方をご紹介していきます。

簡単な家計簿のつけ方

ポイント その1

家計簿を付けるにあたり、知りたいのは『収支の大まかな流れ』と『何にどれくらいお金を使っているのか』ということです。

クレジットカードや自動引落しなど、様々な支払い方法が存在する現代では銀行口座とお財布内のお金を帳簿に1円単位で合わせるのはとても困難です。
また、筆者は家計を把握することにおいては1円単位で帳簿と現金を合わせる必要性は薄いと感じています。

そこでまずは現金と合わせることは忘れて収入と支出を書いていくだけの家計簿を付けてみましょう。

ポイント その2

市販の家計簿は項目が多く、付けるだけでも大変でなかなか挑戦出来なかったりしませんか?

会社の経理の様に家計を隅々まで把握し、しっかり管理するならそれも良いのですが、少しでも溜まってしまうと億劫になり長続きしない家計簿になってしまいがちです。

そこでますはじめにノートや方眼紙を使ってみるのが◎。
日常的にパソコンでExcelをお使いの方ならExcelで付けるのも良いでしょう。

カンタン家計簿のつけ方とは?

最初は出来るだけ簡素に、正確さよりもつけやすさを重視していきましょう。

帳簿への苦手意識がある方でも段階を踏み、まずはStep1、Step2…と増やしていけば少しずつ家計を把握出来て家計簿に慣れていくことが出来ます。

Step1

1ページ目に固定費として毎月決まって出て行くお金と年間通して掛かるお金を書き出します。

<毎月の固定費>

○日:新聞代      3,200円
○日:NHK受信料    1,310円
・・・

<年間の固定費>

1月:帰省          30,000円
2月:車両保険      80,000円
5月:車検          100,000円
・・・

など、年間に必ず掛かるお金を書き出しておくことで気持ちの準備が出来て、急な出費の際に起こる家計の混乱を避けることができます。

金額の部分は鉛筆書きにしておくと実際に支払った金額へ書き換えることが可能です。

Step2

上部に10行ほどの収入欄を作ります。
わが家のお給料は毎月25日なので前月の給料を書く様にしています。

例えば2月の家計簿だとすると…

1月分 パパお給料           100,000円
1月分 ママお給料         30,000円
2/15 リサイクルショップ      1,500円
・・・

という感じです。
月の最後に合計を出しましょう。

次に支出をつけていきます。

まず上から、固定費だけれど金額が変動するものを書いていくのが良いでしょう。電気代、携帯代、ガス代、水道代…等課金制のものですね。
まだ金額が出ていない場合もひとまず欄だけを作っておくと月ごとの比較もしやすく付け忘れもなくなります。

そこから2行ほどあけて日々の購入したものを付けて行く様にします。

これは変動固定費が増えた時に対応する為です。

20160121115102

 

つけ方の例

項目は自分のご家庭で使いやすい項目を自分で決めて行くのが良いでしょう。

子供がいるご家庭では『こども費』を作ったり、わが家ではらーめん屋さんめぐりが趣味の様になっていますので『らーめん費』など、ご家庭にあった項目を作ると楽しく分かりやすい家計簿になると思います。

Step3

月末に収支のバランスを分析していきます。

収入合計から支出合計を引き、収支がプラスなのか、マイナスなのか確認をしましょう。
【月の固定費(1ページ目)の合計】+【変動固定費】+【変動費(食費や日用品費など)】+【特別出費】が支出になりますね。

余裕があれば、最後にその月の反省として『がんばった点』や『ムダだった点』を書いていくとやる気につながり、改善点も明確になるので良いかも知れませんね!

ご家庭に合った家計簿づくりを!

 

いかがでしたか?

毎日つけるのは大変なのでレシートをもらっておき、まとめてつける方法でも問題ありません。
レシートが貰えない場合も覚えている分だけは付けておこう!くらいの感覚で良いと思います。

最初はなるべく簡素につけていき1年後、項目や付け方を見直して改良していくとラクに進められます。

さぁ!少しずつ自分らしい家計簿を作り上げていきましょう♪

運営