初心者も簡単!いまからできる電力自由化で得するための「情報の取り方」

初心者も簡単!いまからできる電力自由化で得するための「情報の取り方」

reina-1

電力自由化が始まった我が国日本。

実際のところ得するためには何をすれば良いのでしょうか?

損しない様、電気料金、サービスはもちろんプラン選びなど電力自由化と私たち消費者は今後のどのように付き合っていくべきかを一緒に考えましょう!

電力自由化のメリットとデメリット

今まで新しい土地での生活を始める時にはその地域の電力会社に電話をし“でんきのお引っ越し”を当たり前のようにしていました。

電力の小売りが自由化されたことでこれからは携帯電話やインターネットの通信会社を決める様に電力会社を決めていく様になるでしょう。

自分の生活スタイルによってプランが決められるので私たち消費者からするとメリットばかりの様に思えますが、一方で選択肢が増え過ぎたことにより選びづらくなったり多少面倒になったり…とデメリットも考えられます。

しかし、この選択を何度もしていくことこそが電力自由化と上手に向き合っていくのに重要になってきます。

得する電力プランの受信アンテナを立てよう!

今は自由化がまだ始まって間もない為、各自でメリット、デメリットを見極めて良い電力会社を選んでいかなくてはなりませんが、長期契約しないといけないという決まりがあるわけではないので生活スタイルに合わなかったら変えていこうと思うくらいの意識があると良いかもしれません。

この様に、電力プランを上手に選んでいく為には常にオトクなプランの情報を受信出来る様、アンテナを立てておくことが大切です。

例え話として、住宅ローンをあげてみましょう。

35年ローンで自宅を購入した場合、35年固定金利で行くのか、3年、5年の短期金利で満期を迎える度に金利の低い銀行に借り換えをしていくのか、で何十万あるいは何百万と最終支払い金額が変わってくると言われています。

実は電力についてもこれと同じことが言えるのです。
電力プランが時代に合わせたおトクなプランを見逃すことなく関心を保ち続けることで最安または自分に取って最良のプランを利用し続けることが出来るでしょう。

自分自身で常に一番オトクなプランを選ぶのは至難の様に思えますが、今後それぞれのご家庭でどの電力プランがいいのかなどの相談に乗ってもらえる『ほけんの窓口』ならぬ『でんりょくの窓口』の様なものが登場するかもしれません。
近い将来、価格どっとこむなどの比較サイトも必ず料金比較サービスを展開するでしょう。

電力会社を自分では決めかねてしまう場合はそんなサービスが登場次第、利用してみるのも良いでしょう。

イマご家庭できること=生活スタイルを見直すこと

突然ですが、ご家庭で現在の電力使用状況をしっかり把握していますか?

例えば夫婦共働きでいわゆる“夜家事”をしているご家庭と奥様が主婦で日中に家事をするご家庭では電力消費のタイプが違いますね。

従来の電力会社の料金プランでも生活スタイルに合わせて朝型、夜型のプランが用意されていると思いますが各家庭の生活スタイルをしっかり把握しておくことでよりオトクなプランを選ぶことが可能になるでしょう。

また、ガス、灯油や携帯会社などでもセットプラン等があるので生活に関する利用サービスの確認や見直しをするのも良いですね。

2017年には電力の自由化に続きガスでも小売り自由化が実施されますのでそれも見越して見積もりの際に確認をしてみるのも面白いかもしれません。

いかがでしたか?

今回の電力自由化で新規参入した企業の他にも続々と電力の販売会社が増えてくるでしょうから、それに伴いサービスの多様化や料金プランが出てくるのは必至です。

電力だけではなく“無関心”であることが節約から遠ざかってしまう一番の要因ですから、いつもご家庭で出来ることをしっかりと行い、いつもオトクなプランを見逃さぬ様目を光らせておいてくださいね!

運営