主婦でもわかる!電力自由化入門。初心者が失敗しないための電力会社の選び方

主婦でもわかる!電力自由化入門。初心者が失敗しないための電力会社の選び方

reina-1

とうとう2016年4月、電力自由化が始まりました。

電力会社を選べる様になる。ということは『得も出来れば損をする可能性もある』ということです。
この電力自由化を上手に利用する為にも、まずはしっかりと電力について学びましょう。

そもそも電力自由化って?

みなさんは電力をどこから購入しているでしょうか?
東京に住んでいる方なら東京電力、北海道なら北海道電力…という方が多いかもしれません。

今までは地元の電力会社から買うのが当たり前だったシステムが、この度の電力自由化で他の地域のしかも電力会社ではない会社からも購入出来る様になります。
今まで私たち一消費者は電力自由化と言ってもなんだかピンときませんが、既に10年以上前から企業やスーパーなどでは売電の自由化は行なわれていました。

今回の電力自由化ではそれに加えて私たちの様な一般家庭や個人商店などでも自由に“電力屋さん”を選ぶことが出来る様になると言うわけです。

電力自由化には費用はかかるの?

電力会社を変えるのだから手続きはもちろん、配線工事や設備などの切換えも大変なのでは?と疑問に思いますよね。

例え、電気料金が多少安くなったとしても諸費用が掛かってしまっては…と一歩踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。

電力を購入している会社を変えたとしても電気があなたのご自宅まで届く経路は現在と何ら変わりありません。
もちろん、電線の張り替えなども必要ありませんからあとはしっかりと見積もりを行い、自分に合った電力小売り会社を選ぶと良いでしょう。

場合よってメーター新設(切換え)工事なども行なうかもしれませんがその費用は全て小売り会社の負担ということになっています。
手続きは切換え先電力会社に連絡をし、必要書類を提出さえすれば切換え先の電力会社が切換え手続きを全て行なってくれます。

どうやって電力会社を選べばいいの?

新規参入の“電力屋さん”がこれからどんどん増えること予想されますが、その際にどうやって電力会社を選べばいいのかというところを詳しくご説明したいと思います。

電力料金プランの見積り依頼を行なう

今回、様々な分野の企業が新規参入を行なっています。
中には通信会社でインターネット回線と一緒に使うと安くなったり、雪の降る地域では灯油やガスと一緒にする○%値引きになったりとプランもさまざまです。

しかし、必ずしも安くなるとは限らない為『替えたのはよいけれど今よりも高くなってしまった…』なんてことにならない様、各企業に見積もりを依頼するのが安心な方法です。

電力会社の信用度、安全面を見分ける

本当ならば電気料金も今よりも安くなり、安心出来て…という企業がすぐに見つかれば良いのですが、小さい企業を含めると現在約800社の小売り会社が電力の小売り登録をしていると言われています。

その中の全てが安心安全に電力のサービスを出来るかと言うとそうでもなさそうで、経済産業省や国も制度の見直しをしているということです。
安いだけでサービスが悪かったり、途中で倒産しまったりなんてケースに当らない様、しっかりと安全面を見極めましょう!

エネルギーの種類、電力のつくり方で決める

電力の購入先が選べる様になると『どのようなエネルギーを使って作った電力なのか』というところまでも選んで購入出来る様になります。

A企業では太陽光、地熱、風力などの自然エネルギーを採用した電力を使っているから…などと自分の信条や価値観などでも選ぶことが可能です。
また、地元をする応援目的で地元企業を選ぶという方法も考えられますね。

電力自由化で『得する人』になろう!

いかがでしたか?電力自由化には『電気料金の料金』だけでは計り知れない複雑な部分も見え隠れしています。

安さに飛びつくこと無く中身を知った上で本当に得するかどうかを見極めることが重要ですね。

運営