生活保護になったら一か月いくら支給額がある?大まかな例のまとめ

生活保護になったら一か月いくら支給額がある?大まかな例のまとめ

主なモデル世帯の生活保護基準額

生活保護が申請された場合、その世帯の最低生活費が計算されます。

この最低生活費と収入を比べて、収入が多ければ生活保護は適用されず、収入の方が少なければ足りない分だけが支給されることになります。

最低生活費は全国を6つの級地に分け、それぞれ基準額が違っているので、自分の住む自治体がどの級地に当たるのかを調べましょう。

住んでいる地域がどの級なのかは厚生労働省のページで確認できます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

大まかに分けると大都市及びその周辺、2級地は県庁所在地をはじめとする中都市、3級地はその他になっています。

基準額についての、詳しい計算式は厚生労働省のHPを参照してください。

生活扶助基準額について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/kijun_3.pdf

世帯の人数や年齢を入力すると計算結果を表示してくれるサイトやソフトもあるので、利用してみてください。

以下に、主なモデル世帯の最低生活保障水準の具体的事例(月額)を挙げます。

1:表の額は冬季加算(地区別に別途計上される冬の暖房費など)を年間5カ月受給した時の一年の平均月額です。実際に支給される金額ではありません。
2:住宅扶助は住宅費が表の額を超える場合、地域別に定められた上限額まで支給されます。
3:医療費などの実費が必要に応じて給付されます。
4:勤労収入がある場合は、収入に応じた額が勤労控除として控除されます。例えば10万円勤労収入がある場合は23,600円が控除され、保護費に23,600円を足した分が消費水準となります。

 

夫婦子2人世帯(35歳、30歳、9歳(小学生)、4歳)
1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
世帯当たり最低生活費合計 214,820 206,950 199,070 191,150 178,300 172,090
生活扶助 176,980 169.110 161,230 153,310 145,460 139,250
児童養育加算 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000
教育扶助 4,840 4,840 4,840 4,840 4,840 4,840
住宅扶助 13,000 13,000 13,000 13,000 8,000 8,000

 

夫婦子1人世帯(33歳、29歳、4歳)
1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
世帯当たり最低生活費合計 173,110 166,760 159,730 155,730 144,910 139,640
生活扶助 150,110 143,760 136,730 132,730 126,910 121,640
児童養育加算 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
住宅扶助 13,000 13,000 13,000 13,000 8,000 8,000

 

高齢者夫婦世帯(68歳、65歳)
1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
世帯当たり最低生活費合計 133,730 128,620 122,250 119,770 110,090 105,860
生活扶助 120,730 1155,620 109,250 106,770 102,090 97,860
住宅扶助 13,000 13,000 13,000 13,000 8,000 8,000

 

高齢者単身世帯(68歳)
1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
世帯当たり最低生活費合計 93,870 90,450 86,190 84,530 76,390 73,560
生活扶助 80,870 77,450 73,190 71,530 68,390 65,560
住宅扶助 13,000 13,000 13,000 13,000 8,000 8,000

 

障害者を含む2人世帯(65歳、25歳(障害者))
1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
世帯当たり最低生活費合計 186,160 181,080 172,910 170,420 158,920 154,710
生活扶助 120,230 115.150 108,820 106,330 101,670 97,460
障害者加算 26,310 26,310 24,470 24,470 22,630 22,630
重度障害者加算 14,480 14,480 14,480 14,480 14,480 14,480
重度障害者家族介護料 12,140 12,140 12,140 12,140 12,140 12,140
住宅扶助 13,000 13,000 13,000 13,000 8,000 8,000

 

以上が大体の保護費のモデルケースです。

ご自身がもらえる保護費の参考になさってください。

運営