車を担保にお金を借りる注意!車乗ったまま融資のリスク

車を担保にお金を借りる注意!車乗ったまま融資のリスク

車を担保にした借り入れについて

「あなたの愛車で即日融資!」「乗ったままでも融資可能!」といったキャッチコピーの広告を、街中で見かけたことがありませんか?

これを一般的に「車担保融資」と呼びます。

車を担保にして借り入れをする方法なのですが、実際にどういったものなのか詳細を理解している人は少ないかもしれません。

大手の金融業者がこの「車担保融資」を商品として提供しているのを見たことがありませんし、この融資を利用したという話もあまり聞きませんよね。

現在は自己担保での借り入れが可能なキャッシングやカードローンが最も一般的な金融商品となっていますが、これらは担保や保証人を必要としないため高金利で借入限度額も低く設定されています。

「総量規制」という法律により、すでに高額の借り入れを行っている場合はこれらの金融商品を利用することは難しいため、それ以外での借り入れ手段を求めている方は少なくない現状です。

「車担保融資」などの有担保融資は、無担保融資であるキャッシングやカードローンと違い、返済不能となった場合には車として担保を処分して回収できますよね。

そのため審査に通る確率が高く、担保価値によっては“高額融資”も可能になってくるので、一般的な融資方法として多くの金融機関で利用されています。

車を担保にする場合は評価に要注意

ですが「車担保融資」の場合に注意しなければならないのは、担保となる車の評価が期待通りではないかもしれない点です。

車の下取り査定による評価額が担保価値とされるのですが、所有する車の評価は車種や状態、自己履歴などによって新旧関係なく評価が違ってくるので、期待したほどの融資が受けられないケースも少なくありません。

また返済不能となった場合には、担保としている車を手放さなければならないという大きなリスクも伴います。

「車担保融資」にはリスクを伴う可能性大

「車担担保融資」における他のリスクとしては、信頼性と安全性の高い大手の金融会社がこのサービスを行っていないことでしょう。

大手以外のノンバンク系の金融業者を利用しなければならないため、何かと心配なことが付いてくるかもしれません。

また、「車担保融資」の経験者からは以下のような声も上がっています。

・審査は甘いが金利が高い
・金利以外の手数料が掛かり、返済額が高くなる
・車を手放さなければならないケースが多い
・手放した車が名義変更されずにそのまま第三者に使用されている

特に名義変更されずに第三者に使用されているということは、名義はそのままで犯罪に使用されることも考えられるので、後々大きなトラブルとなってくることも考えられます。

全ての業者がこのような悪質業者というわけではありませんが、大手金融会社が参入していない「車担保融資」では、そのような可能性が高いようです。

これらの理由から、「車担保融資」での借り入れはおすすめできる方法とはいえないでしょう。

どうしてもの場合には、「車担保融資」を利用するよりも、高い車の下取り条件を提示してくれる中古車業者を探して、現在の車を売却して所有している車のランクを下げるというのも一つの手段です。

諸経費はかかってしまいますが、その方が借金を負う必要もなく、とんでもないトラブル(明らかな車の価値よりも低い借金で車を失うという)に巻き込まれることもないので、安全で確実に現金を手にすることができる方法だといえますよ。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営