4.「代位弁済」の通知書が届いた 代位弁済とは?

4.「代位弁済」の通知書が届いた 代位弁済とは?

「代位弁済」の通知書が届いた

この代位弁済に関するハガキや通知書は、今までのように融資を受けている金融機関から届くものではありません。

この代位弁済とは、住宅ローンの保証会社があなたに代わり、
金融機関に住宅ローンを一括返済したことを意味しています。

つまり、住宅ローンの債権者(貸す側)が金融機関(銀行)から保証会社へ移行したという通知書なのです。

当然、保証会社は代位弁済した住宅ローンを回収しようと行動していますので、
あなたに一括返済のチカラがないと判断した場合には、
マイホームを強制的に売却する手続に入ることになります。

つまり、強制執行の競売が目前に迫っていることになります。

しかし、この時期までであれば、話し合い次第では、競売を避けて任意での売却を認めてもらえることもあります。

事態は1日の猶予もありません。

早急に任意売却の専門家に相談することをお薦めします。

任意売却と競売では圧倒的に任意売却の方がメリットがあるからです。

数千万単位で競売の場合は損をする可能性がありますので、
専門家への無料相談を早急に行ってください。

最後にこちらの「代位弁済」の通知を無視した場合を記載します。

 

競売開始決定の通知書が届きます。

 

この通知書は裁判所から届くことになります。

つまり、あなたのマイホームの競売が決定したことを知らせる通知書という訳です。

競売が開始されてしまっては、任意での売却という選択肢はなくなります。

残念ですが、競売で落札されるのを待つしかありません。

一度の競売で売却が終了しなければさらに安い値段になり競売の入札が行われ、
借金を背負っている住宅ローン延滞者には残債が大量に残ってしまうという結果がまっています。

  • 銀行ボタン
  • 即日ボタン
  • 主婦ボタン
  • おまとめボタン
  • 無利息ボタン
  • 審査が通らない
運営